問題

Nikon D810 カメラの raw 画像を Lightroom CC 2015.1/6.1 または Camera Raw 9.1 で開くと、前に Adobe 標準カラープロファイルを開いて割り当てた Nikon D810 カメラの画像カラーが違います。

Lightroom CC 2015.1/6.1 と Camera Raw 9.1 では、Nikon D810 の raw 画像の Adobe 標準カラープロファイルは無視されます。代わりに、カメラプロファイルポップアップメニューにある次の使用可能なプロファイル(カメラフラット)にデフォルト設定されるため、画像は予期しないカラーで表示されます。

解決策

この問題は、Lightroom CC 2015.1.1/6.1.1 および Camera Raw 9.1.1 アップデートで解決します。

Photoshop または Lightroom を起動して、「ヘルプ/アップデート」を選択して更新プログラムをインストールします。

Lightroom でプロファイルアップデートを複数の対象ファイルに同期するには、以下を行います。

1. Nikon D810 ファイルを選択します。
2.現像モジュールへ移動します。
3.カメラキャリブレーションパネルを拡張します
4.プロファイルポップアップメニューから「アドビ標準」を選択します。
5.このファイルをアクティブな選択として選ばれたままにします。
6.アップデートする他のすべての D810 ファイルを選択します(shift-クリックまたは cmd/ctrl-クリックを使用)。
7.「同期…」ボタンを押します。
8.「チェックなし」を選択して、以前にチェックマークを入れた設定すべてを選択解除します。
9.「プロセスバージョン」および「キャリブレーション」チェックボックスにチェックマークを入れます。
10.「同期」をクリックします。

Camera Raw でプロファイルアップデートを複数の対象ファイルに同期するには、以下を行います。

1. アップデートする D810 ファイルをすべて複数選択(Bridge または Photoshop を介して)して Camera Raw で開きます。
2.フィルムストリップビューで画像を選択します。
3.カメラキャリブレーションパネルに進みます。
4.プロファイルポップアップメニューから「アドビ標準」を選択します。
5.画像を選択した状態で、フィルムストリップビューメニューから「すべて選択」(crtl/cmd+a)を選択します。 
6. フィルムストリップビューメニューから「設定を同期...」(alt+s)を選択します。
7.「チェックなし」を選択して、以前にチェックマークを入れた設定すべてを選択解除します。
8.「プロセスバージョン」および「キャリブレーション」チェックボックスにチェックマークを入れます。
9.「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー