注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

外部編集の環境設定を使用して、Photoshop Elements や、Camera Raw ファイル内のモザイクセンサーデータを読み込むことができない外部画像編集アプリケーションで、Camera Raw ファイルや DNG ファイルを編集するときのファイル形式やその他のオプションを指定します。外部編集の環境設定で指定するオプションは、Lightroom Classic CC の Camera Raw ファイルや DNG ファイルを Photoshop で保存するときに Photoshop でも使用されます。外部編集の環境設定は、外部画像編集アプリケーションの選択にも使用します。

  1. 編集/環境設定(Windows)または Lightroom Classic CC/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 「外部編集」をクリックします。

外部エディターで Camera Raw ファイルを使用するための環境設定

Lightroom Classic CC では、Camera Raw ファイルや DNG ファイルは直接 Photoshop CS3(10.0.1)以降で開きます。ただし、Photoshop Elements や、Raw データを読み込むことができないその他の外部エディターには、Camera Raw ファイルや DNG ファイルの TIFF 形式または PSD 形式のコピーを送信する必要があります。外部編集の環境設定では、Lightroom Classic CC からこれらのエディターに送信される TIFF ファイルや PSD ファイルのファイル形式、カラースペース、ビット数および圧縮を指定します。Lightroom Classic CC から送信された写真のカラーディテールを保持するには、16-bit ProPhoto RGB を使用することをお勧めします。Lightroom Classic CC の Camera Raw ファイルを直接 Photoshop で開いて保存するとき、Lightroom Classic CC の外部編集の環境設定で指定した設定が使用されます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで、次の各メニューからオプションを選択します。

    ファイル形式

    Camera Raw 画像を TIFF 形式または PSD 形式で保存します。詳しくは、サポートされているファイル形式を参照してください。

    カラースペース

    写真のカラースペースを sRGB、AdobeRGB または ProPhoto RGB に変換し、そのカラープロファイルに応じたタグを写真に付けます。Lightroom Classic CC カラーマネジメントの方法を参照してください。

    bit 数

    カラーチャンネル(レッド、グリーン、ブルー)あたり 8 ビットまたは 16 ビットのビット数で写真を保存します。8 ビットのファイルは 16 ビットのファイルに比べてサイズが小さく、各種アプリケーションとの互換性にも優れていますが、16 ビットの方が階調を豊かに再現できます。

    圧縮

    (TIFF のみ)写真を ZIP 形式で圧縮するか、圧縮しないかを指定します。ZIP はデータ劣化のない圧縮形式なので、広い単色領域を含む画像に最適です。

    テンプレート

    ファイルに名前を付けるために指定したテンプレートを使用します。テンプレートを選択し、カスタムテキストまたはファイル名の開始番号を指定します。詳しくは、ファイル名テンプレートエディターとテキストテンプレートエディターを参照してください。

外部エディターの選択

外部エディターとして使用するアプリケーションは、環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで指定できます。いったんアプリケーションを選択した後でも、環境設定でいつでも別のアプリケーションに変更できます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「外部編集」タブで、「追加外部エディター」領域にある「選択」をクリックします。
  2. 使用するアプリケーションに移動して選択し、「開く」(Windows)または「選択」(Mac OS)をクリックします。

    注意:

    ライブラリモジュールまたは現像モジュールで写真/他のツールで編集/他のアプリケーションで編集を選択し、外部エディターを選択することもできます。使用するアプリケーションを選択するためのダイアログボックスが表示されます。外部エディターを選択すると、そのアプリケーションの名前が写真メニューの「[アプリケーション名] で編集」コマンドに表示されるようになります。

外部エディタープリセットの作成

外部編集の環境設定のダイアログボックスでは、外部エディター用のプリセットを作成できます。外部エディターのプリセットによって、複数のアプリケーションを外部エディターとして指定して、1 つまたは複数の外部エディターによる複数の使用方法に対してさまざまな写真処理オプションを作成できます。

  1. 外部編集の環境設定でアプリケーションを選択して、Camera Raw ファイルのオプションを指定します。
  2. プリセット/現在の設定を新規プリセットとして保存を選択します。
  3. プリセットの名前を入力して、「作成」をクリックします。

    新しいプリセットがプリセットメニューに追加されます。

外部エディタープリセットの編集

  1. 外部編集の環境設定で、プリセットメニューから外部エディターのプリセットを選択します。
  2. アプリケーションまたは Camera Raw ファイルのオプションを変更します。

    Lightroom Classic CC によってプリセット名の末尾に「(編集済み)」と追加されます。

  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • プリセット/現在の設定を新規プリセットとして保存を選択して新しいプリセットを作成します。新しいプリセットの名前を入力して、「作成」をクリックします。

    • プリセット/プリセット “[プリセット名]” を更新を選択して、既存のプリセットに変更内容を上書きします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー