注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

読み込みに関連する環境設定は、環境設定ダイアログボックスの「一般」タブと「ファイル管理」タブで行います。自動読み込み設定ダイアログボックスでいくつかの環境設定を変更することもできます(自動読み込み設定の指定を参照)。最後に、カタログ設定ダイアログボックスでプレビューの読み込みを指定します(カタログ設定のカスタマイズを参照)。

  1. Lightroom Classic CC のメインメニューから、編集/環境設定(Windows)または Lightroom Classic CC/環境設定(Mac OS)を選択します。
  2. 環境設定ダイアログボックスの「一般」タブで、次のいずれかの読み込みオプションを指定します。

    メモリカードの検出時に読み込みダイアログを表示

    コンピューターにカメラまたはメモリカードリーダーを接続したときに読み込みダイアログボックスが自動的に開きます。

    読み込み中に現在/前回の読み込みコレクションを選択

    読み込みプロセスが終了すると、コレクションで完了した読み込みが開きます。

    フォルダー名を付けるときにカメラが生成したフォルダー名を無視

    カメラによって作成されるフォルダー名を使用しないように設定します。

    RAW ファイルの隣にある JPEG ファイルを別の写真として処理する

    カメラで RAW と JPEG の写真を撮影する場合に使用します。このオプションを選択すると、JPEG の写真がスタンドアロンの写真として読み込まれます。このオプションが選択されていると、RAW ファイルと JPEG ファイル の両方が表示され、Lightroom Classic CC で編集できます。選択を解除すると、重複する JPEG がサイドカーファイルとして扱われ、RAW ファイルは、RAW ファイル拡張子と jpg が付いて表示されます。

  3. ファイル管理パネルで、次の各オプションを指定します。

    DNG 読み込み時の設定

    読み込んだ DNG ファイルのファイル拡張子の種類(大文字または小文字)、Camera Raw バージョンの互換性および JPEG プレビューサイズを選択します。DNG ファイルおよび DNG 作成オプションについて詳しくは、写真の DNG への変換を参照してください。

    メタデータの読み込み

    キーワード間のピリオド(. )またはスラッシュ(/)を、キーワード階層の指定として認識するオプションをオンにします。

    ファイル名の生成

    読み込まれた写真のファイル名に含まれる無効な文字やスペースを指定し、それらの置き換え方法を設定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー