注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

スタックを作成して視覚的に類似した写真をグループ化し、管理しやすくすることができます。スタックは、グリッド表示やフィルムストリップが煩雑にならないように、類似タイトルを持つ複数の写真や、単一の写真とその仮想コピーを 1 つの場所にまとめるのに役立ちます。

例えば、スタックを作成して、同一のポーズで撮影した単一ポートレイトセッションの写真をグループ化したり、バーストモードまたはオートブラケット機能を使用して撮影した写真をグループ化することができます。一般的に、この方法で写真を撮影すると、同一写真のバリエーションがたくさんできますが、そのような場合、本当に必要なベストショットのみをグリッド表示やフィルムストリップに表示する必要があります。写真をスタックすれば、何行にも連なるサムネールから探すことなく、1 つの場所から容易に目的の写真にアクセスできます。

スタック内で写真をグループ化すると、グリッド表示での並べ替え順に応じて写真がスタックされ、アクティブな写真がスタックのトップに配置されます。

スタックを折りたたむと、グリッド表示またはフィルムストリップでは、スタックされた写真がトップの写真のサムネールの下にグループ化されます。スタックを展開すると、グリッド表示またはフィルムストリップでは、スタックされたすべての写真が表示されます。

スタックは、それが作成されたフォルダーまたはコレクション固有のものです。スタックに含まれる写真は、すべて同じフォルダーまたは同じコレクションに含まれていることが必要です。スマートコレクションまたは公開済みのコレクションではスタックを作成できません。

スタックを表示できるのは、該当するフォルダー(または他のフォルダー)がソースとして選択されている場合、または「すべての写真」が選択されている場合のみです。コレクションに含まれるスタックを表示できるのは、ソースとして選択されているコレクションが単一の場合のみです。フォルダーやコレクションが混在して選択されている場合、スタックは表示されません。

Lightroom Classic CC 折りたたまれたスタックと展開されたスタック
折りたたまれたスタック(上)と展開されたスタック(下)

ここで、スタックを使用する際のヒントをいくつか紹介します。

  • 折りたたまれたスタックに適用した現像調整、レーティング、フラグ、カラーラベルは、スタックのトップの写真のみに反映されます。

  • スタック内の写真を選択し、クイックコレクションまたはコレクションに追加した場合は、スタック全体ではなく、選択した写真のみが追加されます。

  • 写真を検索すると、スタックのトップの写真の左上隅に、スタック内の写真の数が示されます。

Lightroom Classic CC のスタック
スタックのトップの写真には、スタック内の写真の数が表示されます。

ビデオチュートリアル:画像スタックの操作

ビデオチュートリアル:画像スタックの操作
Infinte Skills

写真のスタック

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、スタックする写真を選択します。

    注意:

    スタックされる写真は、同じフォルダーまたは同じコレクションに含まれていることが必要です。写真がスマートコレクションまたは公開済みコレクションにある場合はスタックできません。

  2. 写真/スタック/スタックでグループ化を選択します。

    スタックした写真は、隣接して並べ替えられ、サムネールの左上にスタック順の番号が表示されます。スタックのトップの写真が「1」、次の写真が「2」と続きます。

注意:

2 つのスタックを選択して写真/スタック/スタックでグループ化を選択すると、2 番目のスタックのトップの写真のみが最初に選択したスタックに移動します。

写真のスタック解除

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、折りたたんだスタックのサムネールを選択します。または、スタックが展開している場合は、スタック内の任意の写真を選択します。スタックのすべての写真を選択する必要はありません。
  2. 写真/スタック/スタックを解除を選択します。

スタックへの写真の追加

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、スタック、およびスタックに追加する任意の数の写真を選択します。
  2. 写真/スタック/スタックでグループ化を選択します。

スタックの展開と折りたたみ

スタックを展開すると、スタック内の写真がすべて表示されます。スタックを折りたたむと、すべての写真がトップの写真のサムネールの下にグループ化されます。スタック内の写真数がサムネールの左上に表示されます。

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、次のいずれかの操作を行います。
    • 特定のスタックを展開するには、折りたたまれているスタックを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、スタック/スタックを展開するを選択するか、写真の左上隅に表示されているスタック番号をクリックします。折りたたまれているスタックを選択し、写真/スタック/スタックを展開するを選択して展開することもできます。

    • すべてのスタックを展開するには、任意の写真を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、スタック/すべてのスタックを展開を選択するか、任意の写真を選択して、写真/スタック/すべてのスタックを展開を選択します。

    • 特定のスタックを折りたたむには、スタック内の写真を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、スタック/スタックを折りたたむを選択するか、写真の左上隅に表示されているスタック番号をクリックします。スタック内の写真を選択し、写真/スタック/スタックを折りたたむを選択して折りたたむこともできます。

    • すべてのスタックを折りたたむには、任意の写真を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、スタック/すべてのスタックを折りたたむを選択するか、任意の写真を選択して、写真/スタック/すべてのスタックを折りたたむを選択します。

スタックからの写真の除去または削除

スタックから写真を除去しても、Lightroom Classic CC カタログには残っています。スタックから写真を削除すると、スタックからもカタログからも除去されます。「写真を削除」コマンドでは、カタログから写真を除去し、ハードディスクから削除するかどうかを選択することもできます。

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、スタックを展開します。
  2. スタック内の任意の数の写真を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • スタックから写真を除去するには、写真/スタック/スタックから削除を選択します。

    • スタックから写真を削除するには、写真/写真を削除を選択します。または、サムネールを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、メニューから写真を削除を選択します。

2 つの写真が入ったスタックから一方の写真を除去または削除すると、残りの写真のスタックが解除されます。

スタック内の写真の並べ替え

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、展開したスタックから写真を選択し、次のいずれかの操作を行います。
    • トップの写真にするには、写真/スタック/スタックの最上部に移動を選択します。

    • 写真をスタックの上位に移動するには、Shift キーを押しながら左カギ括弧キー([)を押すか、写真/スタック/スタック内を上に移動を選択します。

    • 写真をスタックの下位に移動するには、Shift キーを押しながら右カギ括弧キー(])を押すか、写真/スタック/スタック内を下に移動を選択します。

スタックの分割

スタック内の写真は、「スタックを分割」コマンドを使用して、新たに分割したスタックにグループ分けすることができます。分割すると、新しいスタックにグループ分けした後の残った写真が元のスタックに入ります。

  1. ライブラリモジュールのグリッド表示またはフィルムストリップで、スタックを展開します。
  2. 別のスタックにグループ分けする写真を選択します。

    注意:

    「スタックを分割」コマンドは、スタックのトップの写真のみが選択されている場合には使用できません。

  3. 写真/スタック/スタックを分割を選択します。

撮影日時に基づく写真の自動スタック

Lightroom Classic CC では、同じフォルダーまたはコレクション内の写真を撮影日時に基づいて自動スタックできます。新しいスタックを作成する撮影日時の間隔を指定します。例えば、間隔を 1 分と指定します。そうすると、撮影日時が 1 分未満の連続する写真がすべて 1 つのスタックにグループ化されます。連続する写真の撮影日時の間に 1 分以上の差があると、新しいスタックが作成されます。今度は新しいスタックに 1 分未満の間に撮影された連続する写真がグループ化され、同様に処理が続きます。

間隔は 0 秒から 1 時間の間で指定できます。間隔を短くするとスタック数が多くなり、間隔を長くするとスタック数が少なくなります。

  1. 「フォルダー」パネルでフォルダーを選択するか、「コレクション」パネルでコレクションを選択します。

    Lightroom Classic CC では、コンテンツ領域またはフィルムストリップで選択されている写真とは関係なく、フォルダーまたはコレクション内のすべての写真が自動スタックされます。

  2. 写真/スタック/撮影日時による自動スタックを選択します。

  3. 撮影日時による自動スタックダイアログボックスで、スタック間の時間スライダーをドラッグし、新しいスタックを作成する撮影日時の最小間隔を指定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー