注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

自動読み込み機能は、監視フォルダーに写真があるかどうかを随時確認し、見つかった写真を Lightroom Classic CC カタログに自動的に読み込みます。ユーザーは自動読み込み設定を指定した後、写真を監視フォルダーにドラッグするだけで、Lightroom Classic CC が自動的に写真を読み込むので、読み込みウィンドウでの作業を省略することができます。

自動読み込み機能は、使用しているカメラが Lightroom Classic CC のテザー読み込みでサポートされていない場合に便利です。使用しているカメラのソフトウェアを使用して、カメラから監視フォルダーに写真をダウンロードすることができます。

注意:

カメラまたはカードリーダーをコンピューターに接続したときに Lightroom Classic CC が自動的に起動する場合、この機能をオフにするには読み込み環境設定を変更します。読み込みの環境設定を参照してください。

写真の自動読み込みの有効化

ファイル/自動読み込み/自動読み込みを有効にするを選択します。

自動読み込み設定の指定

  1. ファイル/自動読み込み/自動読み込み設定を選択します。

  2. 自動読み込み設定ダイアログボックスで、次のいずれかのオプションを指定します。

    監視フォルダー

    Lightroom Classic CC で随時確認し、自動的に読み込む写真を検出するフォルダーを選択または作成します。監視フォルダーには、空のフォルダーを指定する必要があります。自動読み込み機能は、監視フォルダーのサブフォルダーは監視しません。

    保存先

    自動的に読み込んだ写真の移動先となるフォルダーを選択または作成します。

    ファイルの名前

    自動的に読み込んだ写真の命名方法を指定します。詳しくは、命名オプションを参照してください。

    情報

    自動的に読み込んだ写真に現像設定、メタデータ、またはキーワードを適用します。

  3. 写真ファイルの埋め込みプレビューを使用する代わりに、読み込まれた写真のプレビューが Lightroom Classic CC で生成されるように設定するには、プレビューメニューから標準を選択します。詳しくは、初期プレビューの指定を参照してください。

監視フォルダーの設定

  1. 自動読み込み設定ダイアログボックスで、「監視フォルダー」の横にある「選択」ボタンをクリックします。

  2. 目的の場所に移動して、次のいずれかの操作を行います。

    • 監視フォルダーを作成するには、「新しいフォルダーの作成」をクリックし、「新しいフォルダー」というテキストを新しい名前で上書きするか(Windows)、「新規フォルダー」をクリックしてフォルダー名を指定し、「作成」をクリックします(Mac OS)。
    • 既存のフォルダーを監視フォルダーとして指定するには、目的のフォルダーを選択します。

    注意:

    既に写真が含まれているフォルダーを新しい監視フォルダーとして選択することはできません。

  3. 「OK」(Windows)または「選択」(Mac OS)をクリックします。

自動的に読み込まれた写真の保存先フォルダーの選択

Lightroom Classic CC では、監視フォルダーに追加された写真を検出すると、その写真は保存先フォルダーに移動され、自動的にカタログに読み込まれます。

  1. 自動読み込み設定ダイアログボックスの「保存先」領域で、「移動先」の横にある「選択」ボタンをクリックします。

  2. フォルダーの参照ダイアログボックス(Windows)または開くダイアログボックス(Mac OS)で目的の場所に移動し、次のいずれかの操作を行います。

    • コピー先フォルダーを作成するには、「新しいフォルダーの作成」をクリックし、「新しいフォルダー」というテキストを新しい名前で上書きするか(Windows)、「新規フォルダー」をクリックしてフォルダー名を指定し、「作成」をクリックします(Mac OS)。
    • 既存のフォルダーをコピー先フォルダーとして指定するには、目的のフォルダーを選択します。
  3. 「OK」(Windows)または「選択」(Mac OS)をクリックします。

  4. (オプション)「サブフォルダー名」テキストボックスに、コピー先フォルダーの名前を入力します。

自動的に読み込まれた写真への現像設定とメタデータの適用

自動読み込み設定ダイアログボックスの「情報」領域で、次のいずれかの操作を行います。

  • 自動的に読み込んだ写真に現像設定を適用するには、現像設定メニューからプリセットを選択します。詳しくは、現像プリセットの作成と適用を参照してください。
  • 自動的に読み込んだ写真にメタデータを適用するには、メタデータメニューからプリセットを選択します。詳しくは、メタデータプリセットの作成を参照してください。
  • 自動的に読み込んだ写真にキーワードを適用するには、「キーワード」テキストボックスにキーワードを入力します。複数のキーワードはコンマで区切って指定します。
  • 写真ファイルの埋め込みプレビューのみを使用するのではなく、読み込まれた写真のプレビューを Lightroom Classic CC で生成するように設定するには、プレビュー/標準を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー