アドビでは、Mac OS 10.11 (El Capitan) での Lightroom CC 2015 または Lightroom 6 の実行で以下に示す互換性の問題を発見しました。

お客様においても、非運用パーティションでそれぞれ独自のテストを行って、新しい OS が現在のハードウェアとドライバーで動作することを確認していただくことをお勧めいたします。

まだ文書化されていない問題が発生したした場合は、弊社フィードバックサイトまで、お気軽にご報告ください。

既知の問題

ニコンカメラでテザリング

Lightroom CC 2015.4 および Lightroom 6.4 以降、El Capitan でニコンカメラのデザリングがサポートされます。

Lightroom を起動し、「ヘルプ/アップデート ...」を選択して 2015.4 / 6.4 アップデートをインストールします。

ライカカメラでテザリング

Lightroom CC 2015 および Lightroom 6 を使用したライカカメラによるテザリングは、El Capitan では現在サポートされません。Lightroom CC 2015.4 および Lightroom 6.4 以降、El Capitan でニコンカメラのデザリングがサポートされます。

アドビでは、ライカカメラによるテザリングについて Lightroom をお使いのお客様は、現時点では El Capitan にアップグレードされないようお勧めします。

弊社のエンジニアリングチームは、今後パートナーと連携してこの問題を修正し、互換性を提供させていただく予定です。

Lightroom CC 2015.2 および Lightroom 6.2 での処理速度の低下とクラッシュの発生

クラッシュが発生したり、スピードが遅くなったりした場合は、Lightroom を Lightroom 2015.3/6.3 にアップデートします。

ネイティブフルスクリーンモードでの一貫性に関する問題

Lightroom をネイティブ Mac OS X フルスクリーンモードにすると、次のような一貫性のない動作が発生することがあります。

  • Esc キーを押しても Lightroom はネイティブフルスクリーンモードを終了しない

回避策

ネイティブフルスクリーンモードを終了するには、カーソルを画面上部に移動します。最小化/最大化ボタンの付いたアプリケーションバーが表示されます。緑色のボタン(3 つのボタンの右側にあるボタン)をクリックすると、ネイティブフルスクリーンモードは終了します

  • エクスポート、プラグインマネージャーなどのダイアログでは、Lightroom がネイティブフルスクリーンモードのときに呼び出すとネイティブフルスクリーンになる
回避策

ネイティブフルスクリーンモードでダイアログが開いている間に cmd キー + tab キーを使用して Lightroom から別のアプリケーションに移動し、「cmd」キー + 「tab」キーを使用して Lightroom に戻ると、ダイアログではなく、Lightroom アプリのメインウィンドウがアクティブになります。ダイアログウィンドウにアクセスするには、3 本指操作でスワイプアップします。アクセスする対象のダイアログのあるスペース/ウィンドウを選択して実行またはキャンセルします。

「ライブラリ/検索」ではなく、キーボードショートカット cmd キー+「f」キーを使用すると、ネイティブフルスクリーンモードが起動する

弊社のエンジニアリングチームは、パートナーと連携してこの問題の修正を行っています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー