Lightroom Classic の 2019 年 11 月(バージョン 9.0)リリースの主な新機能および機能強化について説明します。
エッジを塗りつぶす

パノラマの不均等なエッジを塗りつぶす

新しい「エッジを塗りつぶす」オプションを使用して、パノラマの不均等なエッジを自動的に塗りつぶします。

複数のプリセットを使用した書き出し

複数の一括書き出し

写真を複数のプリセットでハードディスクに書き出します。

新しいカメラとレンズのサポート

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧を参照できます。

https://chl-author-preview.corp.adobe.com/content/help/en/lightroom-classic/help/whats-new.html#flatfieldcorrection

その他の拡張機能

このリリースでのその他の新しい拡張機能に関する情報を提供します。

現像プリセットの書き出し

現像プリセットとプリセットグループを書き出し

Lightroom Classic からカスタムプリセットまたはプリセットグループを書き出します。

カラーラベルフォルダーとコレクションのフィルター処理

カラーラベルフォルダーとコレクションのフィルター処理

割り当てられたカラーラベルに基づいて、フォルダーとコレクションをフィルター処理します。

パノラマの不均等なエッジを自動的に塗りつぶす

写真を結合してパノラマを作成すると、エッジが不均等な画像が生成されることがよくあります。「エッジを塗りつぶす」は、コンテンツ対応の塗りつぶし技術を使用して、パノラマの不均等なエッジを自動的に塗りつぶすオプションです。

Before pano fill edges After pano fill edges

エッジを塗りつぶす」オプションを選択する前(左)と選択した後(右)のパノラマを表示するには、スライダーを使用します。

エッジを塗りつぶす」オプションは、写真を結合してパノラマ/HDR パノラマを作成するときにパノラマ結合プレビューHDR パノラマ結合プレビューダイアログボックスで選択できます。

エッジを塗りつぶす
エッジを塗りつぶす

詳しくは、「写真を結合してパノラマおよび HDR パノラマを作成」を参照してください。

複数の一括書き出し

同じ設定の複数の書き出しジョブを一度に実行できるようになりました。Lightroom Classic は、選択したプリセットごとに 1 つの画像を書き出します。

  1. 書き出しダイアログボックスで、右側のチェックボックスをオンにして、目的の書き出しプリセットを選択します。 

  2. 書き出し」をクリックします。必要に応じて、次のウィンドウで書き出し先を指定できます。

複数の一括書き出し
プリセット名の前にあるチェックボックスをオンにして、複数の一括書き出しを実行します。

注意:

  • プリセットがオンの場合、書き出しの設定は変更できません。
  • プリセットがオンの場合、後処理セクションと、サードパーティプラグインによって作成されたその他のセクションが非表示になります。

詳しくは、「複数の一括書き出し」を参照してください。

現像プリセットとプリセットグループを書き出し

このリリース以降、Lightroom Classic からのカスタムプリセットまたはカスタムプリセットグループの書き出しが可能になりました。 

  1. 現像モジュールに切り替えます。

  2. プリセットパネルで、書き出すプリセットまたはプリセットグループを選択します。

    注意:

    Lightroom Classic に付属のプリセットは書き出しできません。書き出しできるのはユーザープリセットのみです。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • プリセットを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)して、「書き出し」を選択します。
    • プリセットグループを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)して、「グループを書き出し」を選択します。
    プリセットの書き出し
    プリセットの書き出し
    プリセットグループの書き出し
    プリセットグループの書き出し
  4. ファイル名を指定して、「保存」をクリックします。

詳しくは、「現像プリセットの使用」を参照してください。

カラーラベルに基づくフォルダーとコレクションのフィルター処理

割り当てられたカラーラベルに基づいて、フォルダー、コレクション、コレクションセット、スマートコレクションをフィルター処理できるようになりました。 

  1. フォルダーまたはコレクションパネルの上部にある検索バーで、 アイコンをクリックします。

  2. ドロップダウンリストから「カラーラベル」を選択し、フィルターを適用するカラーを選択します。

    カラーラベルでフィルター
    カラーラベルフォルダーのフィルター処理
    コレクションをフィルター
    カラーラベルコレクションのフィルター処理

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

その他の拡張機能

選択したステップの上の履歴を消去

このリリースには、ヒストリーパネルで選択したステップの上にある履歴を消去するオプションがあります。特定のステップの上にある履歴を消去するには、次の操作を行います。

  1. ヒストリーパネルで、それより上の履歴を消去したいステップを選択します。
  2. 選択したステップを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(macOS)し、「このステップの上の履歴を消去」を選択します。
このステップの上の履歴を消去

深度マップがある画像のフィルター処理

ライブラリフィルターバーの「メタデータ」オプションを使用し、メタデータルールとして「深度」を選択することで、写真を深度情報で検索できるようになりました。

画像のフィルター処理
深度マップがある画像のフィルター処理

また「深度あり」をルールとして指定することで、スマートコレクションの作成時に、深度マップがある写真をフィルター処理することも可能です。

スマートコレクションのフィルター処理
深度マップがある画像でのスマートコレクションの作成

写真の削除

ルーペ表示の場合に、ライブラリモジュールまたは現像モジュールで複数の画像を削除できるようになりました。フィルムストリップで削除する画像を選択し、キーボードの Shift + Delete/Backspace キーを押します。

切り抜きの機能強化

GPU アクセラレーションが有効になっている場合、切り抜き中でも、切り抜き後の周辺光量補正効果をライブでプレビューできるようになりました。

キーワードのパフォーマンスの向上

キーワードリストパネルおよびキーワードパネルでは、特に起動時や複数の画像を選択する際のパフォーマンスが向上しました。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー