注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

メタデータと XMP について

メタデータは、作者名、解像度、カラースペース、著作権、適用されているキーワードなどの写真に関する標準化された情報セットです。例えば、ほとんどのデジタルカメラでは、縦横のサイズ、ファイル形式、画像を撮影した日時などのファイルに関する基本情報が添付されます。Lightroom Classic CC は、IPTC(国際新聞通信委員会)によって開発された、転送テキストと画像を識別する情報の標準規格にも対応しています。この規格には、説明、キーワード、カテゴリ、クレジット、作成元が含まれます。メタデータを使用すれば、ワークフローを合理化でき、効率よくファイルを整理することができます。

ファイル情報は、XMP(Extensible Metadata Platform)標準規格で保存されます。XMP は XML をベースとする規格です。独自のファイル形式を持つ Camera Raw ファイルの場合は、元のファイルに XMP が書き込まれることはありません。ファイルが壊れないように、XMP メタデータはサイドカーという名前の別のファイルに保存されます。Lightroom Classic CC でサポートされているその他すべてのファイル形式(JPEG、TIFF、PSD、DNG)の場合、XMP メタデータは、そのデータに対して指定されている場所にあるファイルに書き込まれます。XMP は、Adobe アプリケーション間および印刷出版関連の工程でのメタデータの交換に役立ちます。例えば、あるファイルのメタデータをテンプレートとして保存し、そのメタデータを別のファイルに読み込むことができます。

EXIF、IPTC(IIM)、TIFF など別の形式で保存されたメタデータは、同期されてから XMP で記述されるので、表示も管理もしやすくなります。

メタデータの変更を書き込む場所の指定

調整や設定のメタデータは自動的にカタログに書き込まれます。また、変更内容を XMP に書き込むよう指定することもできます。Lightroom Classic CC での変更内容が他のアプリケーションでも認識されるようにするには、メタデータを XMP に書き出す必要があります。

  1. 編集/カタログ設定(Windows)または Lightroom Classic CC/カタログ設定(Mac OS)を選択します。

  2. 「メタデータ」タブをクリックし、次のいずれかの操作を行います。

    • 調整および設定に関するメタデータを XMP に書き込む場合は、「変更点を XMP に自動的に書き込む」を選択します。

    • 調整および設定に関するメタデータをカタログだけに書き込む場合は、「変更点を XMP に自動的に書き込む」の選択を解除します。

調整および設定に関するメタデータを XMP に自動的に書き込まない場合は、ファイルを選択してメタデータ/メタデータをファイルに保存を選択できます。

メタデータの変更内容をファイルに手動で保存

Lightroom Classic CC の写真に対するメタデータの変更を手動で保存するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ライブラリモジュールのグリッド表示で写真を 1 枚または複数枚選択し、メタデータ/メタデータをファイルに保存を選択するか、Ctrl キーを押しながら S キー(Windows)または Command キーを押しながら S キー(Mac OS)を押します。
  • ライブラリモジュールのグリッド表示のサムネールでメタデータファイルを更新する必要がありますアイコン  をクリックし、「保存」をクリックします。
  • DNG ファイルで作業している場合は、メタデータ/DNG プレビューとメタデータを更新を選択すると、メタデータの変更内容がファイルに保存され、現在の RAW 処理設定に基づくプレビューが生成されます。

写真のメタデータの表示

ライブラリモジュールのメタデータパネルには、選択した写真のファイル名、ファイルパス、レーティング、テキストラベル、Exif および IPTC メタデータが表示されます。ポップアップメニューを使用して、メタデータフィールドセットを選択します。Lightroom Classic CC 付属のセットでは、様々な組み合わせでメタデータを表示できます。

  1. グリッド表示で任意の数の写真を選択するか、ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合はフィルムストリップで 1 枚の写真を選択して、メタデータパネルの上部にあるポップアップメニューから次のいずれかを選択します。

    初期設定

    ファイル名、コピー名、フォルダー、レーティング、テキストラベル、IPTC および Exif メタデータのサブセットを表示します。

    すべてのプラグインメタデータ

    サードパーティプラグインによって作成されたカスタムメタデータを表示します。プラグインがインストールされていない場合は、ファイル名、コピー名およびフォルダーが表示されます。

    Exif

    ファイル名、ファイルパス、寸法および Exif カメラメタデータ(露光量、レンズ焦点距離、ISO スピードレート、フラッシュなど)を表示します。使用しているカメラで GPS メタデータが記録される場合、その情報は EXIF メタデータとして表示されます。

    EXIF と IPTC

    ファイル名、サイズ、タイプ、場所、メタデータのステータスとともに、すべての EXIF および基本 IPTC メタデータが表示されます。

    IPTC

    ファイル名と基本 IPTC メタデータ、連絡先、コンテンツ、画像、ステータス、著作権メタデータが表示されます。

    IPTC Extension

    ファイル名とモデルの IPTC メタデータ、アートワークリリースおよびその他のライセンス権限が表示されます。

    詳細説明

    詳細説明の編集ボックスと著作権情報ボックスを表示します。

    場所

    ファイル名、コピー名、フォルダー、タイトル、説明、場所の各フィールドを表示します。GPS 測定位置も含まれます。

    最小

    ファイル名、レーティング、説明と著作権情報のメタデータを表示します。

    簡易情報

    ファイル名、コピー名、ファイルパス、レーティング、テキストラベル、Exif および IPTC メタデータ(寸法、撮影日時、カメラ、タイトル、説明、著作権情報、作成者、撮影場所)を表示します。

    注意:

    メタデータパネルで IPTC メタデータフィールドに矢印が表示されている場合は、矢印をクリックすると、特定のメタデータを含んでいるすべての写真をすばやく検索および表示できます。

    メタデータ設定が異なる複数の写真を選択した場合は、メタデータフィールドに「< 混在 >」と表示されます。複数選択した写真のうちターゲット(アクティブ)になっている写真のメタデータを表示するには、メタデータ/ターゲット写真のみのメタデータを表示を選択します。ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合、フィルムストリップで複数の写真が選択されていると、アクティブな写真のメタデータのみがメタデータパネルに表示されます。

IPTC メタデータの追加と編集

メタデータを写真に追加するには、メタデータパネルで情報を入力します。付属メタデータセットを使用すれば、簡単に写真のメタデータの一部または全部を追加し、編集できます。

注意:

同じメタデータを共有する写真にメタデータをすばやく追加する方法としては、メタデータプリセットの選択、別の写真からのメタデータのコピー&ペースト、メタデータの同期があります。

  1. グリッド表示で任意の数の写真を選択するか、ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合はフィルムストリップで 1 枚の写真を選択し、メタデータパネルの上部にあるポップアップメニューからメタデータセットを選択します。詳しくは、写真のメタデータの表示を参照してください。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • メタデータを追加するには、メタデータテキストボックスに入力します。

    • プリセットからメタデータを追加するには、プリセットメニューからメタデータプリセットを選択します。

    • メタデータを編集するには、メタデータテキストボックスに入力されているテキストを上書きします。

    • 関連する操作を実行するには、メタデータフィールドの右にあるアクションアイコンをクリックします。例えば、特定のラベルの付いた写真を全て表示するには、ラベルフィールドの右にあるアイコンをクリックします。

      ヒント:個別のフィールドを使用して、電子メールを送信したり、Web サイトへジャンプしたりすることが可能です。例えば、「Web サイト」の右にあるリンクをクリックすれば、ブラウザーが起動してその Web サイトを開くことができます。

ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合、フィルムストリップで複数の写真が選択されていると、アクティブな写真にのみメタデータが追加されます。

写真の撮影日時の変更

写真を撮影した日時を変更しなければならないことがあります。例えば、時間帯の異なる地域に旅行して、写真の撮影を開始する前にカメラの日時設定の変更を忘れた場合や、スキャンして Lightroom Classic CC に読み込んだ写真の日付が撮影日ではなくスキャンした日付になっている場合などでは、撮影日の変更が必要です。

編集した撮影日時を RAW 写真に保存するには、カタログ設定ダイアログボックスで該当するオプションを有効にする必要があります。カタログ設定のカスタマイズを参照してください。

撮影日時を変更すると、メタデータパネルの原画像データの生成日時 EXIF メタデータが変更されます。ほとんどのカメラでは、原画像データの生成日時とデジタルデータの作成日時は同じなので、デジタルデータの作成日時も変更されます。日時のメタデータは写真が更新された最後の時間を表しており、撮影日時を変更する際に影響はありません。

注意:

「撮影日時を編集」コマンドは、Ctrl + Z キー(Windows)または Command + Z キー(Mac OS)を押して取り消すことはできません。「撮影日時を元に戻す」コマンドを使用する必要があります。

  1. グリッド表示で任意の数の写真を選択するか、ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合はフィルムストリップで 1 枚の写真を選択して、次のいずれかの操作を行います。
    • メタデータ/撮影日時を編集を選択します。

    • メタデータパネルに Exif 情報を表示して、日時フィールドの矢印をクリックします。

  2. 撮影日時を編集ダイアログボックスで、次の中から調整タイプを選択します。

    指定した日付と時刻に調整

    指定した日付と時刻に撮影日時を変更します。

    設定時間数シフト(タイムゾーン調整)

    元の時刻に指定した時間数を加減して、撮影日時を変更します。

    各画像のファイル作成日への変更

    カメラの Exif データの撮影日時をファイルの作成日に変更します。このオプションを選択した場合は、手順 3 を省略します。

  3. ダイアログボックスの「新規日付」領域で、次のいずれかの操作を行います。
    • 「指定した日付と時刻に調整」を設定した場合は、「修正日時」に新しい日時を入力します。日時の値を選択し、上向きまたは下向き矢印ボタンを使用して値を増減することもできます。

    • 「設定時間数シフト(タイムゾーン調整)」を選択した場合は、ポップアップメニューから値を選択して、時間を前後に調整します。

    注意:

    グリッド表示で複数の写真が選択されている場合は、指定された調整でアクティブな写真の撮影日時が変更されます(アクティブな写真は、撮影日時を編集ダイアログボックスでプレビューされているもの)。選択された他の写真は、同じ時間だけ調整されます。ルーペ表示、比較表示または選別表示の場合、フィルムストリップで複数の写真が選択されていると、アクティブな写真の撮影日時のみが変更されます。

  4. (オプション)撮影日時を元に戻すには、グリッド表示またはフィルムストリップで写真を選択し、メタデータ/撮影日時を元に戻すを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー