Lightroom Classic CC の 2017 年 10 月のリリース(バージョン 7.0)

注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

注意:

以前のバージョンの Lightroom から Lightroom Classic CC にアップグレードするには?この記事を参照し、コンピューターにインストールした以前のバージョンを削除せずにアップグレードする方法を確認してください。

lr_classic_cc_logo

Lightroom CC の 2017 年 10 月のリリースでは、デジタル画像処理エクスペリエンスを強化する様々な新機能と拡張機能が投入されています。これらの機能の簡単な説明と、詳細情報を提供するリソースのリンクが記載されています。

以前のリリースで投入された機能の概要については、機能の概要 | Lightroom CC 2015.x/Lightroom 6.x リリースを参照してください。


パフォーマンスと安定性の向上

このリリースの Lightroom Classic CC で拡張された機能

アプリケーションの読み込み時間
読み込み/書き出し時のカタログのアップグレードと圧縮
最小プレビュー、標準プレビュー、1 : 1 プレビューを使用した読み込み速度の向上
読み込み時の埋め込みプレビューを使用した画像選択速度の向上。詳細
スマートプレビュー生成
ライブラリモジュールから現像モジュールに切り替え

ライブラリモジュールと現像モジュールで画像を表示
ライブラリモジュールと現像モジュールの画像をスクロール
ブラシとスライダーの動作を向上
コレクションの削除
人物表示で顔を認識


新機能

このリリースの Lightroom Classic CC の新機能

色域マスクと輝度範囲マスクで選択内容を細かく調整。詳細
最新の処理バージョン 4 に更新してカメラキャリブレーションの自動マスクのノイズ軽減が向上
スマートコレクションのフィルター条件:タイトル - 記入なしまたは空ではありませんレンズプロファイル適用済みまたは未適用
書き出しダイアログのメタデータプリセット – Camera Raw 情報以外のすべて.設定や変更が書き出しの対象にならないようにします。

読み込みダイアログのフィルター条件 – ファイル形式。必要に応じて指定のファイル形式をすばやく除外します。
HDRパノラマの複数の結合バッチ処理を改善し、GUI の応答速度が向上
システムのアイドル時に最近編集した画像(2 日以内)のプレビューを生成。「編集を同期」機能を使用した一括編集のケースで該当します。


埋め込みプレビューによる読み込み画像のスクロールの高速化

このリリースの Lightroom Classic CC で拡張された機能

Creative Cloud メンバーだけが利用可能

埋め込みプレビューは、読み込み時に「埋め込みとサイドカー」オプションを選択した場合に生成されます。

読み込みウィンドウ内の「埋め込みサイドカー」オプション
読み込みウィンドウ内の「埋め込みサイドカー」オプション

「埋め込みとサイドカー」プレビューオプションを選択した場合、ライブラリモジュールで多くの画像をすばやくスクロールできます。また、1:1 へのズームをよりすばやく実行することもできます。組み込みプレビューのレンダリングでは、閲覧しているフォルダーによってプレビューの優先順位付けが行われます。例えば、複数のフォルダーに画像を読み込んで追加する場合は、画像が追加されたらすぐに、画像をスクロールし始めることができます。

ヘルプについては、埋め込みプレビューの使用を参照してください。

色域マスクと輝度範囲マスクですばやく選択

このリリースの Lightroom Classic CC の新機能

Creative Cloud メンバーだけが利用可能

新しいカラー輝度範囲マスクコントロールを使用すると、写真上に正確なマスキング領域をすばやく作成して、部分補正を適用することができます。これらの新しい高精度なマスキングツールでは、カラーと階調をベースに光源の変化やエッジのコントラストの変化を検出できます。補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して、初期マスク選択をすばやく作成できます。その後、範囲マスク(現像モジュール内の[自動マスク]の下にあります)を使用して、選択範囲を微調整します。

カラー範囲マスク

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、カラー範囲マスクを使用して、マスク領域内でサンプリングしたカラーに基づいて選択マスクを微調整します。

カラー範囲マスク

輝度範囲マスク

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、輝度範囲マスクを使用して、選択範囲の輝度範囲に基づいてマスク領域を微調整します。

輝度範囲マスク

ヘルプについては、カラー範囲マスクまたは輝度範囲マスクを使用した部分補正の適用を参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

このリリースの Lightroom Classic CC で拡張された機能

Creative Cloud メンバーだけが利用可能

現在サポートされているレンズの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー