Lightroom Classic の 2019 年 2 月(バージョン 8.2)リリースの新機能および機能強化について説明します。
ディテールの強化

RAW 画像のディテールの強化

RAW 画像の微細なディテールの高品質かつ正確なレンディションを取得します。

テザリングの高速化

Nikon のカメラのテザリングの高速化

Nikon のカメラを Lightroom Classic にテザリングしたときの処理速度と安定性が向上しました。


新しいカメラとレンズのサポート

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧を参照できます。



RAW 画像のディテールの強化

Adobe Sensei の技術を活用

ディテールの強化」で、RAW 画像の微細なディテールをすばやく強化できるようになりました。「ディテールの強化」を使用することで、解像度の向上、微細なディテールのより正確なレンディションの取得、bit 数が小さい場合のディテール保持機能の向上、モアレパターンおよび偽色の低減を実現します。

この機能を使用するには:

  1. ライブラリまたは現像モジュールで、強化する RAW 画像を選択します。
  2. メニューバーで写真ディテールの強化を選択します。
  3. 表示されるプレビューダイアログで、ハンドカーソルを押したままにすると元の画像が表示され、カーソルを放すと「ディテールの強化」の効果が表示されます。
  4. 強化」をクリックして画像に効果を適用します。

強化した新規 DNG 画像(元のファイル名の末尾に「-強化」を加えたもの)が、元のソースファイルの隣に作成されます。

詳しくは、RAW 画像の微細なディテールの強化を参照してください。

注意:

「ディテールの強化」を使用する場合は、必要なシステム構成をコンピューターが満たしていることを確認してください。

Nikon のカメラのテザリングの高速化

サポートされている Nikon のカメラ機種を Lightroom Classic にテザリングしたときの処理速度と安定性が向上しました。また、テザー撮影が単一のメニューで提供されるとともに、コンピューターに接続されているカメラが Lightroom Classic で自動的に検出されます。

  1. サポートされているカメラをご使用のコンピューターに接続し、ファイルテザー撮影テザー撮影を開始を選択します。
  2. テザー撮影の設定ダイアログボックスで、「セッション」、「名前」、「保存先」、「情報」、「自動切り替えを無効にする」を使用して、写真の読み込み方法を指定します。
  3. OK」をクリックして、写真の撮影セッションを開始します。カメラ検出ウィンドウが表示されます。カメラが検出された後にテザーバーが表示されます。
  4. 浮動のテザー撮影バーを使用して、カメラコントロールと現像設定を調整します。

詳しくは、テザーカメラからの写真の読み込みを参照してください。

また、次のカメラのテザーサポートにもこのリリースから対応しています。

  • Nikon Z6
  • Nikon Z7

Lightroom Classic でテザー撮影可能なカメラについては、テザーカメラサポートを参照してください。

新しいカメラとレンズのサポート

サポートされているカメラとレンズプロファイルの詳細な一覧については、次のリソースを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー