注意:

Photoshop Lightroom Classic CC(旧 Lightroom CC)のヘルプが表示されています。
お使いのバージョンではない場合まったく新しい Photoshop Lightroom CC のヘルプを表示してください。

Lightroom Classic CC から写真を電子メールで送信

Lightroom Classic CC では、電子メールメッセージを作成し、初期設定の電子メールアプリケーションと同じアプリケーションを使用するユーザーに写真を送信することができます。また Gmail などのインターネットまたは Web ベース電子メールプロバイダーを使用することもできます。

Lightroom 用電子メールアカウントの設定Classic CC

Lightroom Classic CC から電子メールで直接写真の送信を開始するには、まず Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーを使用して電子メールアカウントを設定します。Lightroom Classic CC では、様々なサービスプロバイダーに関連付けられた複数の電子メールアカウントを設定できます。   

  1. ブックモジュール以外のモジュールで、ファイル/写真を電子メールで送信を選択します。

    電子メール作成ダイアログ

    電子メール作成ダイアログが表示されます。

  2. 電子メール作成ダイアログで、送信元ポップアップメニューをクリックし、「電子メールアカウントマネージャーに移動」を選択します。

    注意:

    送信元メニューで、コンピューターで設定されている Microsoft Outlook(Windows)や Apple Mail(Mac)などの初期設定の電子メールアプリケーションが自動的に追加されます。

    Go_to_email_account_manager

    Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーウィンドウが表示されます。

  3. 新しい電子メールアカウントの設定を開始するには、ウィンドウの左下隅にある「追加」をクリックします。 

    Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャー

    表示される新規アカウントウィンドウで、以下を指定します。

    Lightroom の新規アカウントウィンドウClassic CC

    アカウント名

    アカウントのエイリアス名を指定します。このアカウントと関連付ける電子メールを識別するのに役立つ名前を選択します。

    サービスプロバイダー

    ドロップダウンリストから、サービスプロバイダーを選択します。お使いのサービスプロバイダーが表示されない場合は、「その他」を選択します。 

    OK」をクリックします。

    注意:

    表示されるプロバイダーの AOL MailGmailWindows Live HotmailYahoo! Mail のいずれかを選択すると、送信サーバー設定(次の手順で説明します)が自動的に入力されます。「その他」を選択する場合、お使いの電子メールサービスプロバイダーに問い合わせるか、プロバイダーの Web サイトを参照して、アカウントの正しい詳細を入手してください。

  4. Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーウィンドウで、以下を指定します。

    送信サーバー設定と資格証明設定
    Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーでの Gmail アカウントの設定

    送信サーバー設定

    Gmail などの一般的なサービスプロバイダーを使用する場合、SMTP サーバーとポートの設定、さらにはセキュリティと認証の各オプションが Lightroom Classic CC によって自動的に追加されます。

    これらの設定の指定方法について詳しくは、電子メールサービスプロバイダーに問い合わせるか、プロバイダーの Web サイトを参照してください。

    資格証明設定

    電子メールアドレスパスワードを入力します。 

    注意:

    「ユーザー名」テキストボックスで、完全な電子メールアドレスを入力したことを確認します。 

    ウィンドウの左側の列の、アカウント名の横にある灰色の丸いアイコンと「未検証」ラベルは、アカウントの資格証明が Lightroom Classic CC で検証される必要があることを示しています。    

  5. 前の手順ですべてのアカウントの資格証明を指定したら、「検証」をクリックして、送信電子メールサーバーとの接続を確立します。

    注意:

    正常に検証を実行するには、次を確認してください。

    • コンピューターのインターネット接続が機能していることを確認してください。
    • 特定のネットワークアクセスをブロックするアンチウィルスプログラムがインストールされている場合は、アンチウィルス設定の信頼されたプログラムのリストに Adobe Lightroom Classic CC の実行ファイルを手動で追加してください。
    • 会社のネットワークを使用している場合は、ネットワーク管理者に、ネットワークのファイアウォール設定および送信電子メールサーバーの正しい設定方法について相談してください。

    検証が正常に実行されると、アカウント名(左側の列)の横にある丸いアイコンが緑色になり、「検証済み」のラベルが表示されます。これで、この電子メールアカウントを使用して、Lightroom Classic CC から電子メールで直接写真を送信できるようになりました。 

    Lightroom Classic CC での Gmail アカウントの検証で問題が発生する場合は、Lightroom Classic CC で電子メールアカウントの検証ができないで解決策を参照してください。

電子メールアカウントの削除

Lightroom Classic CC で既存の電子メールアカウントを削除するには、次の操作を実行します。

  1. ブックモジュール以外のモジュールで、ファイル/写真を電子メールで送信を選択します。
  2. 電子メール作成ダイアログで、送信元ポップアップメニューをクリックし、「電子メールアカウントマネージャーに移動」を選択します。
  3. Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーウィンドウが表示されたら、左側の列から削除する電子メールアカウントを選択します。
  4. ウィンドウの左下隅にある「削除」をクリックします。 

電子メールのパスワードの更新

Lightroom Classic CC で既存の電子メールアカウントのパスワードを更新または変更するには、次の操作を実行します。

  1. ブックモジュール以外のモジュールで、ファイル/写真を電子メールで送信を選択します。
  2. 電子メール作成ダイアログで、送信元ドロップダウンメニューをクリックし、「電子メールアカウントマネージャーに移動」を選択します。
  3. Lightroom Classic CC 電子メールアカウントマネージャーウィンドウが表示されたら、左側の列から更新する電子メールアカウントを選択します。
  4. 「資格証明設定」セクションで、新しいパスワードを入力します。 
  5. 「検証」をクリックして、送信電子メールサーバーとの接続を確立します。

電子メールの添付ファイルとしての写真の送信

  1. ライブラリモジュールまたはフィルムストリップのグリッド表示で、電子メールによって共有するファイル(複数可)を選択します。写真またはビデオを選択できます。

  2. ファイル/写真を電子メールで送信を選択するか、Cmd(Mac)/Ctrl(Win)と Shift キーを押しながら M キーを押します。

    Lightroom Classic CC での電子メールの添付ファイルとしての写真の送信
    複数受信者への電子メールの添付ファイルとしての写真の送信

  3. 電子メールメッセージウィンドウで、次の操作を実行します。

    宛先

    1 つまたは複数の電子メールアドレスを入力します。複数の受信者に送信する場合、電子メールアドレスの間にセミコロン(;)を使用して区切ります。ウィンドウの右上にある「アドレス」をクリックして、Lightroom Classic CC アドレス帳から電子メールアドレスまたはグループを追加することもできます。詳細については、Lightroom Classic CC アドレス帳での電子メールアドレスの追加とグループ作成を参照してください。

    件名

    (オプション)電子メールの件名を入力します。

    本文

    (オプション)Gmail などの Web ベース電子メールアカウントを使用して電子メールを送信する場合、電子メールの本文またはメッセージを入力することができます。電子メールメッセージウィンドウにある「書式設定」オプションを使用することもできます。

    送信元

    (オプション)メッセージを送信する電子メールアカウントを変更するには、送信元ポップアップメニューをクリックし、異なる電子メールアカウントを選択します。新しい電子メールアカウントの設定方法については、Lightroom Classic CC 用電子メールアカウントの設定を参照してください。

    注意:

    送信元メニューで、コンピューターで設定されている Microsoft Outlook(Windows)や Apple Mail(Mac)などの初期設定の電子メールアプリケーションが自動的に追加されます。

    注意:

    電子メールの本文で説明メタデータを写真と一緒に送信するには、「説明メタデータを説明ラベルとして含める」を選択します。

  4. 「プリセット」ボタンをクリックし、添付する写真のサイズを選択します。

    注意:

    選択されたプリセットに基づいて、選択した写真(RAW 画像を含む)は電子メール送信用に JPEG の添付ファイルに変換されます。 

  5. 送信」をクリックします。

    • お使いのコンピューターに保存されている電子メールアプリケーションを選択した場合、そのアプリケーションで電子メールメッセージが開きます。必要に応じてメッセージを追加し、電子メールアプリケーションで「送信」をクリックします。 
    • または、検証済み Web ベース電子メールアカウントを選択した場合、電子メールが直接送信されます。 

Lightroom Classic CC アドレス帳で、電子メールアドレスを追加して、グループを作成します。

Lightroom Classic CC アドレス帳では、連絡先の電子メールアドレスを保存したり、1 つまたは複数の電子メールアドレスから構成されるメールグループを作成することもできます。

アドレスを保存して、電子メールメッセージウィンドウの宛先ボックスに入力を開始すると、一致する連絡先が自動的に表示されます。詳細については、電子メールの添付ファイルとしての写真の送信を参照してください。  

  1. ブックモジュール以外のモジュールで、ファイル/写真を電子メールで送信を選択します。

  2. 電子メールメッセージウィンドウの右上隅にある「アドレス」をクリックします。

    Lightroom Classic CC アドレス帳に移動
  3. 表示される Lightroom Classic CC アドレス帳ウィンドウで、「新規アドレス」をクリックします。

    Lr_address_book

    新規アドレスのウィンドウで、次の操作を実行します。 

    名前

    追加する連絡先のエイリアス名を入力します。 

    アドレス

    連絡先の有効な電子メールアドレスを入力します。

    OK」をクリックします。

    これで、Lightroom Classic CC アドレス帳ウィンドウにアドレスが表示されるようになりました。

  4. グループを作成するには、Lightroom Classic CC アドレス帳ウィンドウで「新規グループ」をクリックします。

    新規グループのウィンドウで、次の操作を実行します。 

    名前

    作成するグループの名前を入力します。

    左側の列で、1 つまたは複数のアドレスを選択し、(>>)アイコンをクリックして、アドレスを右側の列に移動します。   

    OK」をクリックします。

    選択したアドレスがグループに追加されます。これで、Lightroom Classic CC アドレス帳ウィンドウにグループが表示されるようになりました。

カスタム設定が適用された写真の電子メールへの書き出し

写真を電子メールに書き出す場合(書き出し先/電子メール)、書き出した写真にカスタム設定(「ファイルの名前」、「ビデオ」、「ファイル設定」、「画像のサイズ調整」、「シャープ出力」、「メタデータ」、「透かし」)を適用することができます。また、電子メールを使用している相手に添付写真を送信するための電子メールメッセージウィンドウが開きます。書き出し設定はプリセットとして保存し、再利用することもできます。

カスタム設定または書き出しダイアログのプリセットに基づいて、書き出し用に選択した写真(RAW 画像を含む)は JPEG の電子メール添付ファイルに変換されます。 

Lightroom Classic CC から電子メールに写真を書き出すには、以下の手順に従います。

  1. ライブラリモジュールまたはフィルムストリップのグリッド表示で、電子メールによって共有するファイル(複数可)を選択します。写真またはビデオを選択できます。

  2. ファイル/書き出しを選択するか、ライブラリモジュールで「書き出し」ボタンをクリックします。次に、書き出しダイアログボックスの上部のポップアップメニューで、書き出し先/電子メールを選択します。

    カスタム設定が適用された写真の電子メールへの書き出し
  3. 保存先フォルダーや命名方法などの書き出し設定に関するオプションを書き出しダイアログボックスの各パネルで指定します。

    ファイル設定パネルを使用して、カラースペース、出力画質、およびファイルサイズを選択します。電子メールに書き出す場合、画像形式JPEG に設定され、変更することができません。詳細については、ファイル設定を参照してください。

    画像のサイズ調整パネルでは、画像サイズ(寸法や解像度)を設定する方法を指定します。詳細については、画像のサイズ調整を参照してください。 

    他のパネルでの設定については、ファイルのディスクまたは CD への書き出しを参照してください。

    注意:

    左側のプリセット列では、電子メール用 Lightroom Classic CC プリセットを使用することもできます。このプリセットでは、72 dpi の JPEG 画像を生成して、電子メールを自動的に送信します。

  4. (オプション)書き出し設定を再利用できるように保存するには、書き出しダイアログボックスの左側にあるプリセットパネルの下部で「追加」をクリックします。詳しくは、書き出し設定のプリセットとしての保存を参照してください。

  5. 「書き出し」をクリックします。

    書き出した写真を添付ファイルとして送信するための、電子メールメッセージウィンドウが開きます。

    • 前の手順でカスタム書き出し設定を保存した場合、電子メールメッセージウィンドウの左下隅にプリセットの名前が表示されます。
    • または、電子メールメッセージウィンドウに書き出しオプションダイアログで定義されたカスタム設定として「プリセット」オプションが表示されます。

    この先の手順に進むには、電子メールの添付ファイルとしての写真の送信を参照してください。 

Lightroom Classic CC から Facebook への公開

注意:

Lightroom Classic CC で Facebook パブリッシュサービスを使用して、写真をアップロードできなくなりました。詳細については、この技術情報を参照してください。

ライブラリモジュールの公開サービスパネルを使用すると、Lightroom Classic CC から Facebook に直接写真を送信することができます。まず Facebook と Lightroom Classic CC の間の接続を作成した後、公開する写真の公開コレクションを作成します。最後に写真をアップロードします。

ビデオチュートリアル:Facebook で写真を共有

Facebook 接続の作成

公開サービス接続を作成すると、Lightroom Classic CC と Facebook アカウントの間のやり取りが可能になります。

  1. ライブラリモジュールの左側にある公開サービスパネルで、Facebook 接続の「設定」ボタンをクリックします。
    Lightroom Classic CC 公開サービスパネル
    公開サービスパネル

  2. Lightroom Classic CC 公開マネージャーダイアログボックスの Facebook のアカウントで「Facebook での認証」をクリックします。
  3. プロンプトに従って操作し、Facebook と Lightroom Classic CC の間の通信を許可します。
  4. 公開マネージャーで、追加の書き出しオプションを指定します。

    公開サービス

    公開サービスパネルの接続名の横に表示される説明です。

    Facebook アルバム

    アップロードする Facebook アルバムを選択します。

    Facebook のタイトル

    写真のファイル名または IPTC タイトルのメタデータを使用して写真のタイトルを設定するか、空白のままにします。写真を更新するときの動作を選択します(「既存のタイトルを置き換え」または「既存のタイトルを残す」)。

    注意:

    ファイルの名前、ファイル設定、画像のサイズ調整などの書き 出しオプションについて詳しくは、ファイルのディスクまたは CD への書き出しを参照してください。

  5. (オプション)Facebook 接続の設定を随時変更するには、公開サービスパネルの上部にあるプラス(+)ボタンをクリックし、Facebook/設定を編集を選択します。

Facebook コレクションでの写真の追加と管理

Facebook にアップロードする写真は、Facebook の公開コレクションで管理されます。

  1. Facebook に書き出す写真のコレクションを作成するには、公開サービスパネルで Facebook 接続を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、次のいずれかを選択します。

    コレクションの作成

    選択した任意の写真のコレクション。コレクションに名前を付け、選択した写真を含めるかどうかを指定し、アップロード先の Facebook アルバムを選択または作成します。

    スマートコレクションの作成

    定義したルールに基づいて作成される写真のコレクション。詳しくは、スマートコレクションの使用を参照してください。スマートコレクションに名前を付けて、アップロード先の Facebook アルバムを選択または作成します。

  2. 通常の Facebook コレクション  では、公開サービスパネルでグリッド表示からコレクションに写真をドラッグします。スマートコレクション  を作成した場合は、ルールに一致した写真がコレクションに表示されます。
  3. Facebook コレクションを管理するには、次のいずれかの操作を行います。
    • コレクションの編集、名前の変更または削除を行うには、公開サービスパネルでコレクションを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「コレクションを編集」、「名前変更」または「削除」を選択します。

    • 通常のコレクションから未公開の写真を削除するには、公開コレクションで写真を選択して Delete キーを押します。

    • スマートコレクションで写真を追加したり削除したりするには、スマートコレクションのルールを変更します。

    • コレクションの写真を表示するには、公開サービスパネルでコレクションを選択します。写真は、画像表示領域内で、次のカテゴリーまたはキューに整理されます。

      公開する新しい写真

      まだ公開されていない写真。

      再公開対象の変更された写真

      書き出し後にライブラリまたは現像モジュールで編集された写真。

      公開済み写真

      公開後に編集されていない写真。

      除去予定の削除された写真

      Delete キーを押して書き出し済みの写真をコレクションから削除すると、それらの写真が「除去予定の削除された写真」としてマークされます。これらの写真は、次に「公開」をクリックしたときに Lightroom Classic CC のコレクションから削除されます。Facebook から削除するには、Facebook Web サイトでブラウザーを使用して削除する必要があります。

Facebook へのアップロード

公開予定の写真は、「公開する新しい写真」または「再公開対象の変更された写真」のいずれかのキューに表示されます。Lightroom Classic CC でコレクションを公開すると、これらの両方のキューにあるすべての写真がアップロードされます。

  1. Facebook に公開するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 公開サービスパネルで Facebook コレクションを選択し、「公開」をクリックします。

    • Facebook コレクションを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「今すぐ公開」を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、「置き換え」を選択し、公開された写真を新しいバージョンで更新します。

注意:

公開サービスパネルを使用して Facebook にアップロードできない場合は、最新のアップデートを使用していることを確認してください。これには Lightroom Classic CC でヘルプ/アップデートを確認を選択します。また Facebook ヘルプセンターで、写真およびアルバムの制限に関するトピック、写真とプロフィール写真のアップロードを参照してください。例えば、アルバムには 200 枚を超える写真を含めることはできません。

Lightroom Classic CC から Flickr への公開

ライブラリモジュールの公開サービスパネルを使用すると、Lightroom Classic CC から Flickr に直接写真を送信することができます。まず Flickr と Lightroom Classic CC の間の接続を作成した後、公開する写真の公開コレクションを作成します。最後に写真をアップロードします。また Lightroom Classic CC のライブラリモジュールにあるコメントパネルで、Flickr コメントを作成したり表示したりすることもできます。

Flickr 接続の作成

公開サービス接続を作成すると、Lightroom Classic CC と Flickr アカウントの間のやり取りが可能になります。

  1. ライブラリモジュールの左側の公開サービスパネルで、Flickr 接続の「設定」ボタンをクリックします。
    Lightroom Classic CC 公開サービスパネル
    公開サービスパネル

  2. Lightroom Classic CC 公開マネージャーダイアログボックスの Flickr のアカウントで「ログイン」をクリックします。
  3. プロンプトに従って操作し、Flickr と Lightroom Classic CC の間の通信を許可します。
  4. 公開マネージャーで、追加の書き出しオプションを指定します。

    公開サービス

    公開サービスパネルの接続名の横に表示される説明です。

    Flickr のタイトル

    写真のファイル名または IPTC タイトルのメタデータを使用して写真のタイトルを設定するか、空白のままにします。写真を更新するときの動作を選択します(「既存のタイトルを置き換え」または「既存のタイトルを残す」)。

    注意:

    ファイルの名前、ファイル設定、画像のサイズ調整などのオプションについて詳しくは、ファイルのディスクまたは CD への書き出しを参照してください。

  5. (オプション)Flickr 接続の設定を随時変更するには、公開サービスパネルの上部にある「+」ボタンをクリックし、Flickr/設定を編集を選択します。

Flickr フォトセットでの写真の追加と管理

Flickr にアップロードする写真は、公開コレクションフォトセット)で管理されます。

  1. Flickr フォトセットを作成するには、公開サービスパネルで Flickr 接続を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)次のいずれかを選択します。

    フォトセットの作成

    Flickr Photostream に保存するように選択した写真のコレクションまたは写真セット。

    スマートフォトセットの作成

    定義したルールに基づくフォトセット。詳しくは、スマートコレクションの使用を参照してください。

  2. 通常のフォトセット  では、公開サービスパネルでグリッド表示から Flickr フォトセットに写真をドラッグします。スマートフォトセット  を作成した場合は、ルールに一致する写真がコレクションに表示されます。
  3. Flickr フォトセットを管理するには、次のいずれかの操作を行います。
    • フォトセットの編集、名前の変更または削除を行うには、公開サービスパネルでフォトセットを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「コレクションを編集」、「名前変更」または「削除」を選択します。

    • 通常のフォトセットから未公開の写真を削除するには、フォトセットで写真を選択し、Delete キーを押します。

    • スマートフォトセットの写真を追加または削除するには、スマートフォトセットのルールを変更します。

    • フォトセットの写真を表示するには、公開サービスパネルでフォトセットを選択します。写真は、画像表示領域内で、次のカテゴリーまたはキューに整理されます。

      公開する新しい写真

      まだ書き出されていない写真。

      再公開対象の変更された写真

      書き出し後にライブラリまたは現像モジュールで編集された写真。

      公開済み写真

      書き出し後に編集されていない写真。

      除去予定の削除された写真

      Delete キーを押して公開済みの写真をフォトセットから削除すると、それらの写真が「除去予定の削除された写真」としてマークされます。これらの写真は、次に「公開」をクリックしたときに Lightroom Classic CC のフォトセットと Flickr から削除されます。

Flickr へのアップロード

公開予定の写真は、「公開する新しい写真」または「再公開対象の変更された写真」のいずれかのキューに表示されます。Lightroom Classic CC でフォトセットを公開すると、これらの両方のキューにあるすべての写真がアップロードされます。

  1. Flickr に写真を公開するには、次のいずれかの操作を行います。
    • フォトセットを選択し、「公開」をクリックします。

    • フォトセットを右クリックするか(Windows)、Control キーを押しながらクリックして(Mac OS)、「今すぐ公開」を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、「置き換え」を選択し、公開された写真を新しいバージョンで更新します。

注意:

公開サービスパネルを使用して Flickr にアップロードできない場合は、最新のアップデートを使用していることを確認してください。これには Lightroom Classic CC でヘルプ/アップデートを確認を選択します。

Lightroom Classic CC から Adobe Stock への公開

Lightroom CC 2015.7 で導入された機能

ライブラリモジュールの公開サービスパネルを使用すると、Lightroom Classic CC から Adobe Stock に直接写真を送信することができます。既存の Creative Cloud アカウントの資格証明を使用して、Adobe Stock Contributor ポータル(https://contributor.stock.adobe.com/)と Lightroom Classic CC の間の接続を確立し、グリッド表示から公開サービスパネルの Adobe Stock フォトセットに写真をドラッグします。最後に Lightroom Classic CC から写真を公開します。

これで、Adobe Stock Contributor ポータルに移動し、アップロードされた画像にタグを付けて、モデレートのために Adobe Stock に送信することができます。Adobe Stock Contributor ポータルでは画像に関連付けられている Lightroom Classic CC キーワードが自動的に抽出され、それがタグ付けされたキーワードとして表示されます。詳細については、Adobe Stock | Contributor 向けの FAQを参照してください。

Adobe Stock 公開サービスの設定

Lightroom の Adobe Stock 公開プラグインClassic CC

Adobe Stock 公開サービスを設定すると、Adobe Stock Contributor ポータルと Lightroom Classic CC 間のリンクが確立されます。

  1. ライブラリモジュールの左側にある公開サービスパネルで、Adobe Stock 接続の「設定」ボタンをクリックします。

  2. Lightroom Classic CC 公開マネージャーダイアログボックスの Adobe Stock の下を確認します。

  3. Lightroom Classic CC 公開マネージャーで設定を指定します。

    公開サービス

    公開サービスパネルの接続名の横に表示される説明です。

    Adobe Stock アカウント

    最初のリンクを選択します。初めて公開サービスを設定するときには、オンボーディングシーケンスが示されます。既存の Creative Cloud の資格証明を使用してログインします。

    注意:

    Adobe Stock アカウントの作成については、Adobe Stock Contributor | 今すぐ始めるを参照してください。

  4. オンボーディングプロセスの完了後、ダイアログで「保存」が選択されていることを確認します。

  5. (オプション)Adobe Stock 接続の設定を随時変更するには、公開サービスパネルの上部にある「+」ボタンをクリックし、Adobe Stock/設定を編集を選択します。

Adobe Stock へ送信コレクションでの写真の追加と管理

Adobe Stock にアップロードする写真は、公開済みコレクションに追加されます。このコレクションの初期設定名は Adobe Stock へ送信です。

  1. 写真を追加するには次のいずれかの操作を行います。

    • 公開サービスパネルの Adobe Stock コレクションを対象コレクションに設定します。
      1. Adobe Stock コレクションを右クリックするか、Command キーを押しながらクリックし、「対象コレクションに設定」をクリックします。
      2. 公開する準備が整っているファイルのキューにファイルを追加するには、次のいずれかの操作を行います。
        • B を押します。
        • ファイルを右クリックするか、Command キーを押しながらクリックし、もう一度クリックします。 
    • グリッド表示から公開サービスパネルの Adobe Stock 公開済みコレクションに写真をドラッグします。
  2. Adobe Stock コレクションを管理する方法は、次のとおりです。

    • コレクション名を変更するには、公開サービスパネルでコレクションをダブルクリックして、新しい名前を入力します。コレクションの初期設定名は Adobe Stock へ送信です。

    • コレクションから写真を削除するには、写真を右クリックし、「コレクションから削除」を選択します。

    • コレクションの写真を表示するには、公開サービスパネルでフォトセットを選択します。写真は、画像表示領域内で、次のカテゴリーまたはキューに整理されます。

    公開する新しい写真

    まだ Adobe Stock に公開されていない写真。

    公開済み写真

    公開後に編集されていない写真。

    除去予定の削除された写真

    Delete キーを押して公開済みの写真を削除すると、それらの写真が「除去予定の削除された写真」としてマークされます。これらは、Lightroom Classic CC の公開サービスパネルのコレクションから削除されます。ただし、これらの削除された写真は Adobe Stock Contributor パネルからは自動的に削除されません。手動で削除する必要があります。

Adobe Stock へアップロード

公開予定の写真は、「公開する新しい写真」キューに表示されます。Lightroom Classic CC で「公開」をクリックすると、このキューにあるすべての写真が Adobe Stock Contributor ポータルの新規セクションにアップロードされます。

注意:

Adobe Stock にアップロードするために選択した画像が、写真の技術的要件を満たしていることを確認してください。

選択した中にファイルの仕様を満たさない画像が含まれている場合、すべてのアセットをアップロードすることはできませんというエラーのダイアログが表示されます。続行するには、選択内容から非準拠画像を除外してもう一度公開してください。

  1. Adobe Stock に写真を公開するには、次のいずれかの操作を行います。

    • 公開サービスパネルでコレクションを右クリックするか、Command キーを押しながらクリックし、「今すぐ公開」を選択します。

    • (画像表示領域の上にある)モジュールボタンの下の「公開」ボタンをクリックします。

  2. アップロードが正常に完了すると、画像を正常にアップロードできましたというダイアログが表示されます。

    このダイアログの 「Adobe Stock に進む」リンクをクリックして、Adobe Stock Contributor ポータルに進みます。

    詳細については、Adobe Stock | コンテンツのアップロードと管理を参照してください。

  3. https://contributor.stock.adobe.com/にアクセスして送信を確定します。

    Adobe Stock Contributor ポータルのアップロードページで、アップロードされた画像を選択して、タイトル、カテゴリ、およびキーワードを追加します。画像に関連付けられている Lightroom Classic CC キーワードが、自動的にキーワードセクションに表示されます。これらのキーワードの確認と編集を行うことができます。

    注意:

    「認識可能なユーザーおよび/またはプロパティをファイルに示しますか?」という質問に対する答えに「はい」と選択した場合、モデルリリースプロパティリリースをアップロードする必要があります。既存のリリースが既にある場合は、検索して、以前アップロードしたリリースのリストから選択することができます。

    新しいリリースを作成するには、新しいリリースを作成テンプレートをダウンロードをクリックして、そのリリースをダウンロードし、完了したら、.JPEG ファイルとしてアップロードします。

  4. タイトル、キーワードセクション、およびカテゴリに対して要求されたすべてのフィールドを入力したら、「保存」「送信」の順にクリックして、アドビで写真を確認します。

    注意:

    初めて写真を送信するときには、身分証明書(運転免許証やパスポートの .JPEG ファイルなど)をアップロードする必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー