Illustrator の環境設定で発生した問題の回避策と解決策について説明します。

次の解決策を試してください。

環境設定を削除する

[クラッシュした場合の推奨]

次の場所にある環境設定ファイルを削除します。

Windows:

ユーザー名/App Data/Roaming/Adobe/Adobe Illustrator バージョン番号 Settings

macOS:

/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/Adobe Illustrator 24 Settings

:フォルダー名は、インストールされている言語バージョンによって異なります。

環境設定のファイルは、次に Illustrator を起動するときに新たに作成されます。

環境設定をリセットする

Windows:

  • 編集環境設定一般環境設定をリセット の順に選択します。
  • Alt + Ctrl + Shift キーを押しながらクリックし、Illustrator を起動します。 

macOS:

  • Illustrator環境設定一般環境設定をリセット の順に選択します。
  • Option + Command + Shift キーを押しながらクリックし、Illustrator を起動します。 

環境設定のファイルは、次に Illustrator を起動するときに新たに作成されます。

注意:

起動時に環境設定の問題が検出されると、Illustrator は環境設定を自動的にリセットします。環境設定ファイルのコピーが Adobe Illustrator Prefs.err という名前で保存します。

環境設定の問題を回避するためのヒント

次のことを確認してください。

  • Illustrator の前のセッションが正常に終了している。
  • 環境設定ファイルを手動で編集していない(環境設定の追加、削除、変更など)
次の場合に、設定が破損します。
  • 破損した環境設定フォルダーを使用して、Illustrator の新しいバージョンにアップデートします。 
  • サードパーティのプラグインが環境設定ファイルを自動的に更新します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー