パス上文字は、オープンパスまたはクローズパスに沿って文字を入力できます。水平方向に入力すると、文字はベースラインとなるパスに対して平行になります。 垂直方向に入力すると、文字はベースラインとなるパスに対して垂直になります。 どちらの場合でも、文字は、パスにポイントが追加された方向に沿って並べられます。

パス上のテキストの入力

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • パスに沿って横組み文字を作成するには、文字ツール またはパス上文字ツール を選択します。

    • パスに沿って縦組み文字を作成するには、文字(縦)ツール またはパス上文字(縦)ツール を選択します。

  2. コントロールパネル、文字パネル、または段落パネルでテキストの書式オプションを設定します。
  3. ポインターをパス上に置き、クリックします (パスに塗りや線の属性が適用されていても自動的に削除されるため影響はありません)。

    注意:

    オープンパスではなくクローズパスの場合は、パス上文字ツールを使用する必要があります。

  4. 文字を入力します。
  5. 文字を入力したら、選択ツール をクリックしてテキストオブジェクトを選択します。Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらテキストをクリックして選択することもできます。

文字がエリア内またはパス上に収まらない場合は、テキストエリアの下にプラス記号(+)付きの小さいボックスが表示されます。

オーバーフローテキストの例
オーバーフローテキストの例

テキストエリアのサイズを変更するか、パスを拡張すると、オーバーフローした文字が表示されるようになります。 テキストを別のオブジェクトにつなげてスレッドテキストを作成することもできます。

パステキストの作成に関するビデオについては、「パステキストの作成」を参照してください。

パスに沿った文字の移動または反転

  1. テキストオブジェクトを選択します。

    文字列の先頭、パスの末尾およびその中間点にブラケットが表示されます。

  2. ポインターを文字列の先頭のブラケットに合わせると、ポインターの横に小さいアイコン が表示されます。
  3. 次のいずれかの操作を行います。
    • テキストをパスに沿って移動するには、中央のブラケットをパスに沿ってドラッグします。 パスの反対側にドラッグしないようにするには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。

    パスに沿った文字の移動
    パスに沿った文字の移動

    • テキストの方向を反転してパスの反対側に移動するには、パスを横切るようにブラケットをドラッグします。 または、書式/パス上文字オプション/パス上文字オプションを選択し、「反転」を選択して、「OK」をクリックします。

    パスの反対側への文字の移動
    パスの反対側への文字の移動

    注意:

    ヒント:文字の方向を変更しないでパスの反対側に文字を移動するには、文字パネルの「ベースラインシフトを設定」オプションを使用します。たとえば、円のパス上に文字を左から右に入力した場合、「ベースラインシフトを設定」テキストボックスに負の値を入力して文字の位置を下げます。これにより、円の内側に文字の上部を揃えることができます。

    パステキストの作成に関するビデオについては、「パステキストの作成」を参照してください。

     

パス上に入力する効果の適用

パス上文字に効果を使用すると、パス上に配置した文字の向きや位置を変えることができます。効果を適用する前に、まずパス上文字を作成する必要があります。

  1. テキストオブジェクトを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • 書式/パス上文字オプションを選択し、サブメニューから効果を選択します。

    • 書式/パス上文字オプション/パス上文字オプションを選択します。 効果メニューからオプションを選択して、「OK」をクリックします。

      注意:完全な円形パス上の文字に引力効果を適用すると、初期設定の虹効果を適用したような結果になります。楕円形、正方形、長方形、またはその他の不規則な形状のパスで同じ結果を得ることができます。

    パス上文字の効果
    パス上文字の効果

パス上文字の垂直方向位置の調整

  1. テキストオブジェクトを選択します。
  2. 書式/パス上文字オプション/パス上文字オプションを選択します。
  3. パス上の位置ポップアップメニューでオプションを選択し、テキストパスに対する文字の整列方法を指定します。ここでは、フォント全体の高さを基準にします。

    アセンダ

    フォントの上端をパスに揃えます。

    ディセンダ

    フォントの下端をパスに揃えます。

    中央

    フォントの上端と下端の中間点をパスに揃えます。

    ベースライン

    ベースラインをパスに揃えます。 これが初期設定値です。

    注意:アセンダまたはディセンダのない文字(アルファベットの e など)や、ベースラインのない文字(アポストロフィなど)は、アセンダ、ディセンダおよびベースラインのある文字に合わせて整列されます。このようなフォントの寸法はフォントデザイナーによって指定されています。

    ヒント:垂直方向の位置をさらに調整するには、文字パネルの「ベースラインシフトを設定」を使用します。たとえば、文字の位置を下げるには、「ベースラインシフトを設定」ボックスに負の値を入力します。

鋭いカーブ上の文字間隔の調整

鋭いカーブや鋭角上に文字を配置すると、文字が扇形に広がり余分なスペースが入っているように見えることがあります。 カーブ上の文字の間隔は、パス上文字オプションダイアログボックスの「間隔」オプションを使用して調節することができます。

  1. テキストオブジェクトを選択します。
  2. 書式/パス上文字オプション/パス上文字オプションを選択します。
  3. 「間隔」に値をポイントで入力します。 値を大きくするほど、鋭いカーブや鋭角上にある文字間の間隔が狭くなります。
    文字間隔
    調整していない文字列(左)と間隔を調整した文字列(右)

    注意:

    「間隔」の値は、直線上にある文字には影響しません。 パス上の任意の位置にある文字の間隔を調整するには、文字を選択してからカーニングまたはトラッキングを適用します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー