Illustrator を起動すると、ドキュメントの編集中に使用する様々なツールを含むツールバーが画面の左側に表示されます。ツールバーのツールを使用すると、オブジェクトの作成、選択、操作と、画像の選択、文字、ペイント、描画、サンプル、編集、移動などの様々なタスクを実行できます。

toolbar-types_4
A. 基本ツールバー B. 高度ツールバー C. すべてのツールドロワー D. フライアウトメニュー E. ツールのカテゴリー F. ツールバーで使用できるツール G. ドロワーで使用できるツール 

Illustrator では、ツールは、主に次のカテゴリーに分かれています。

  • 選択
  • 描画
  • 文字
  • ペイント
  • 修正
  • 移動
Tool-bar-chart
Illustrator のツール

ツールバーの種類

Illustrator では、次の種類のツールバーを使用することができます。

  • 基本:このツールバーは、Illustrator の起動時にデフォルトで表示されます。Illustrator での作業中によく使用する一部のツールが含まれています。ツールの完全なリストを表示するには、基本ツールバーの下部に表示されるツールバーを編集(...)アイコンをクリックします。すべてのツールドロワーが開き、Illustrator で使用できるすべてのツールが表示されます。
  • 高度:このツールバーには、Illustrator で使用できるすべてのツールが含まれています。基本ツールバーから高度に切り替えるには、次のいずれかの操作を実行します。
    • Windowsツールバー高度を選択します。
    • ドロワーのフライアウトメニューで「高度」を選択します。

基本ツールバーから高度ツールバーに切り替わります。

ツールバーのカスタマイズ

ツールバーをカスタマイズするには、ツールバーとドロワーの間でツールを移動します。ドロワーからツールをツールバーに追加したり、ツールバーからツールを削除したりすることができます。

ツールの追加と削除

すべてのツールドロワーからツールを 1 つ追加するか、複数のツールをまとめてグループとしてツールバーに追加することができます。

  • 一度に 1 つのツールをツールバーに追加するには、ツールをドラッグしてツール間の分割線にドロップします。

ツールバーからツールを削除するには、ツールバーからツールをドラッグしてドロワーの任意の場所にドロップします。ツールは、属するカテゴリーに自動的に追加されます。

元の設定に戻すには、ドロワーのフライアウトメニューにある「リセット」をクリックします。

add-single-tool_1
A. ツールバーにグループとしてツールを追加 B. ツールバーに 1 つのツールを個別に追加 

グループに複数のツールを追加する

属するカテゴリーに関係なくドロワーからツールを複数選択し、1 つのツールグループとしてツールバーに追加できます。

複数のツールをまとめて選択して 1 つのカスタムグループとして追加するには、次の手順に従います。

  1. Shift キーを押しながら、ツールバーに追加するツールをクリックします。または、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら複数のツールを選択します。
  2. 選択範囲をドラッグし、ツールバーでツールとツールの間にドロップします。

最初に選択したツールのアイコンがツールバーに表示されます。

同様に、複数のツールをまとめて削除するには、Shift キーを押しながら選択し、ツールバーからドロワーにドラッグします。

add-multiple-tools_2
A. ツールバーのツール内にグループとしてツールを追加 B. ツールバーの別のグループに複数のツールを追加 

ツールグループのツールを表示する

ツールグループ内のすべてのツールのリストを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • ツールを左クリックして、ツールグループ内のすべてのツールのリストを表示します。
  • Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらツールをクリックすると、グループのツールが順に切り替わり、選択できます。

  • ツールのキーボードショートカットを押します。キーボードショートカットはツールヒントと「すべてのツール」ドロワーに表示されます。例えば、移動ツールを選択するには、V キーを押します。

View-tools-in-a-tool-group
ツールグループのツールを表示する

ヒント:ツールヒントを表示しないようにするには、編集/環境設定/一般(Windows)または Illustrator/環境設定/一般(macOS)を選択し、「ツールヒントを表示」の選択を解除します。

注意:

サードパーティツールをインストールした場合、デフォルトでツールバーに表示されます。カスタムツールバーをさらに追加すると、サードパーティツールをドロワーから使用できるようになります。

コントロールの表示と非表示の切り替え

ツールバーの以下のコントロールの表示と非表示を切り替えるには、ドロワーの下部に表示された「表示」セクションでアイコンを選択します。

  • 塗り/線コントロールの表示を制御
  • カラーコントロールの表示を制御
  • 描画モードコントロールの表示を制御
  • スクリーンモードコントロールの表示を制御
Toolbar_show

ツールバーを使用した描画モードとスクリーンモードの変更

ツールバーの下部にあるアイコンをクリックして、「標準描画」()から「背面描画」()または「内側描画」()に描画方法を変更することもできます。

また、スクリーンモードを変更するには、ツールバーの下部にあるスクリーンモードを変更アイコン()をクリックして、目的のスクリーンモードを選択します。

すべてのツールを含むフル機能のツールバーである高度ツールバーに切り替えるには、次のいずれかの操作を実行します。

  • Windowsツールバー高度を選択します。
  • ドロワーのフライアウトメニューで「高度」を選択します。

基本ツールバーから高度ツールバーに切り替わります。

ツールバーの作成と管理

カスタマイズしたツールバーを作成するには、次の手順を実行します。

  • ツールバーのドロワーで、フライアウトメニューから「新しいツールバー」を選択します。
  • ウィンドウツール新しいツールバーを選択します。

名前を指定して「OK」をクリックすると、空白のツールバーが作成されます。「ツールバーを編集」ボタンをクリックしてドロワーを開き、ツールをツールバーに追加します。

ツールバーを管理

使用可能なツールバーが複数ある場合は、次の手順を実行してツールバーを管理します。

  1. 次のいずれかの操作をおこなって、ツールバーを管理ダイアログボックスを開きます。
    • ウィンドウツールツールバーを管理をクリックします。
    • ドロワーのフライアウトメニューで「ツールバーを管理」を選択します。
    Manage_toolbars
  2. ツールバーを管理ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を実行します。

    • 名前の変更:リストからツールバーを選択し、テキストボックスにツールバーの新しい名前を入力して、「OK」をクリックします。
    • 新規作成/コピー:リストからツールバーを選択し、コピーボタンをクリックします。必要に応じてツールバーの名前を変更し、「OK」をクリックします。ツールバーを選択していない状態でこのボタンをクリックすると、新しいツールバーが作成されます。
    • 削除:リストからツールバーを選択し、「削除」ボタンをクリックします。

ツールバーの使用

非表示状態のツールの表示

一部のツールを展開すると、その下に非表示になっているツールが表示されます。ツールアイコンの右下の小さな三角形は、非表示状態のツールがあることを示します。表示可能なツール上でマウスボタンを押し続けて、その下に非表示になっているツールを表示します。

ツールオプションの表示

ツールバー内の一部のツールでは、プロパティパネルにオプションが表示されます。また、ツールバーでツールをダブルクリックして、目的のツールの設定を表示したり、変更したりすることもできます。

ツールバーの移動

ツールバーを移動するには、タイトルバーをドラッグします。

2 段または 1 列でのツールバーの表示

タイトルバーの二重の矢印をクリックし、ツールパネルの 1 列表示と 2 段表示を切り替えます。

ツールバーの非表示

ツールバーの表示と非表示を切り替えるには、次のいずれかの操作を実行します。

  • ウィンドウツールを選択します。
  • タイトルバーにある閉じるボタンをクリックします。

ツールバーのツールを選択します

複数のツールを選択するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • ツールバーのツールをクリックします。ツールの右下隅に小さな三角形がある場合は、マウスボタンを押したままにすると非表示状態のツールが表示され、クリックして必要なツールを選択できます。

  • Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらツールをクリックすると、非表示状態のツールが順に切り替わり、選択できます。

  • ツールのショートカットキーを押します。 ショートカットキーはツールヒントに表示されます。 例えば、選択ツールを選択するには、V キーを押します。

ヒント:ツールヒントを表示しないようにするには、編集環境設定一般(Windows)または Illustrator環境設定一般(macOS)を選択し、「ツールヒントを表示」の選択を解除します。

ツールポインターの変更

ほとんどの場合、ツールのポインターの形はツールのアイコンと同じです。効果やアクションを開始するポイントは、ポインターのホットスポットと言い、ポインターごとに異なります。多くのツールでは、十字の交点がホットスポットになった十字カーソルに切り替えることができ、アートワークで細かい作業をするときの精度を向上させることができます。次のいずれかの操作をおこないます。

  • 編集環境設定一般Windows)または Illustrator環境設定一般macOS)を選択し、「十字カーソルを使う」を選択します。
  • キーボードの CapsLock キーを押します。

注意:

ツールバーは、作成したワークスペース内で保持されます。別のワークスペースを開いてから、また元のワークスペースに戻ると、そのワークスペースで作成したすべてのツールバーが表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー