ツールパネルの概要

Illustrator を起動すると、画面の左にツールパネルが表示されます。ツールパネルにあるツールを使用して、オブジェクトを作成、選択、操作できます。一部のツールでは、ツールをダブルクリックしたときにオプションが表示されます。このようなツールには、画像を選択、入力、ペイント、描画、サンプル、編集および移動するためのツールがあります。ツールの名前を表示するには、ツールの上にポインターを合わせます。

tools-panel
概要:ツールパネル

ツールパネルの操作

非表示状態のツールの表示

一部のツールを展開すると、その下に非表示になっているツールが表示されます。ツールアイコンの右下の小さな三角形は、非表示状態のツールがあることを示します。表示可能なツール上でマウスボタンを押し続けて、その下に非表示になっているツールを表示します。

view_hidden_tools
ツールパネルでの非表示になっているツールの表示

ツールオプションの表示

ツールパネル内の一部のツールでは、状況依存のオプションバーにオプションが表示されます。また、ツールパネルでツールをダブルクリックして、目的のツールの設定を表示したり、変更したりすることもできます。

ツールパネルの移動

タイトルバーをドラッグして、ツールパネルを移動できます。

move-tools-pane_1

2 段または 1 列でのツールパネルの表示

タイトルバーの二重の矢印をクリックし、ツールパネルの 2 段表示と 1 列表示を切り替えます。

stack-tools-panel

ツールパネルの非表示

ウィンドウツールを選択して、ツールパネルの表示と非表示を切り替えることもできます。

非表示状態のツールの独立したパネルへの切り離し

非表示になっているツールパネルの端にある矢印上でポインターをドラッグし、マウスボタンを放します。

separate-tools-panel

独立したツールパネルを閉じる

パネルのタイトルバーにある閉じるボタンをクリックします。 ツールはツールパネルに戻ります。

ツールパネルを使用した描画モードとスクリーンモードの変更

ツールパネルの下部にあるアイコンをクリックして、「標準描画」()から「背面描画」()または「内側描画」()に描画方法を変更することもできます。

また、スクリーンモードを変更するには、ツールパネルの下部にあるスクリーンモードを変更アイコン()をクリックして、目的のスクリーンモードを選択します。

カスタムツールパネルの作成

例えば、一定のツールのみを使って作業する場合に、それらのツールのみを表示する独自のツールパネルを作成できます。

  1. ウィンドウツール新規ツールパネルをクリックし、新しいツールパネルの名前を入力して、「OK」をクリックします。

    新しいツールパネルが作成され、表示されます。

    CustomToolbar_CreatingNew
    A. 新しいツールパネルの名前を入力 B. デフォルトの塗り/線ボックスが表示された新しいツールパネル 

    注意:

    塗り/線ボックスは、デフォルトで追加されます。このボックスをカスタムツールパネルから削除することはできません。

  2. 新しいまたは既存のカスタムツールパネルに、既存のツールパネルからツールをドラッグします。ツールがツールグループの一部である場合は、最上部に表示されているツールがコピーされます。カーソルの下にプラス記号()が表示されたら、マウスボタンを放します。

    Custom-tools-panel
    3 つのツールグループ(左)からツールパネル(右)にツールを追加した状態

    注意:

    カーソルの下に操作のキャンセル記号()が表示された状態でツールをドラッグ&ドロップしても、ツールは追加または削除されません。

  3. ツールグループの最上部に表示されていないツールをコピーするには、次のいずれかの操作を行います。

    1. AltOption)キーを押したまま、ツールグループをクリックします。この操作によって、ツールグループ内のすべてのツールが順に表示されます。
    2. コピーしたいツールがグループの最上部に表示されたら、そのツールをカスタムツールパネルにドラッグします。カーソルの下にプラス記号()が表示されたら、マウスボタンを放します。

    または

    1. ツールグループをワークスペースの空白部分にドラッグして、ツールストリップとして表示します。
    2. コピーしたいツールをツールストリップから新しいツールパネルにドラッグします。カーソルの下にプラス記号()が表示されたら、マウスボタンを放します。
  4. ツールを削除するには、削除するツールをカスタムツールパネルからドラッグし、カーソルの下にマイナス記号()が表示されたらドロップします。

    注意:

    ツールをツールパネルから削除するには、ドキュメントが開いている必要があります。

  5. カスタムツールパネル内のツールの位置を換えるには、Alt キーまたは Option キーを押し、位置を交換するツールの上にツールをドラッグし、カーソルの下に両側矢印記号()が表示されたらドロップします。

注意:

カスタムツールパネルは、作成したワークスペース内で保持されます。別のワークスペースを開いてから、また元のワークスペースに戻ると、そのワークスペースで作成したすべてのツールパネルが表示されます。

カスタムツールパネルの管理

  1. ウィンドウツールツールパネルの管理をクリックします。

    Manage-tools-panel
    ツールパネルの管理ダイアログボックスで実行できる操作

    A. カスタムツールパネルのリストを表示 B. 選択したツールパネルを削除 C. ツールパネルを作成、または選択したツールパネルをコピー D. 選択したツールパネルの名前を変更 
  2. ツールパネルの管理ダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。

    • 名前の変更:リストからツールパネルを選択し、テキストボックスにパネルの新しい名前を入力して、「OK」をクリックします。
    • 新規作成/コピー:リストからツールパネルを選択し、新規ツールパネルアイコンをクリックします。必要に応じてツールパネルの名前を変更し、「OK」をクリックします。ツールパネルを選択していない状態でこのボタンをクリックすると、新しいツールパネルが作成されます。
    • 削除:リストからツールパネルを選択し、ツールパネルを削除アイコンをクリックします。

ツールの選択

次のいずれかの操作を行います。

  • ツールパネルでツールをクリックします。 ツールの右下隅に小さな三角形がある場合は、マウスボタンを押したままにすると非表示状態のツールが表示され、クリックして必要なツールを選択できます。

  • Alt キー(Windows)または Option キー(macOS)を押しながらツールをクリックすると、非表示状態のツールが順に切り替わり、選択できます。

  • ツールのショートカットキーを押します。 ショートカットキーはツールヒントに表示されます。 例えば、選択ツールを選択するには、V キーを押します。

非表示状態のツールの選択
非表示状態のツールの選択

A. ツールパネル B. アクティブなツール C. 非表示状態のツール用の切り離しパネル D. 非表示状態のツールがあることを示す三角形 E. ツール名とショートカット 

ヒント:ツールヒントを表示しないようにするには、編集環境設定一般(Windows)または Illustrator環境設定一般(macOS)を選択し、「ツールヒントを表示」の選択を解除します。

ツールポインターの変更

ほとんどの場合、ツールのポインターの形はツールのアイコンと同じです。効果やアクションを開始するポイントは、ポインターのホットスポットと言い、ポインターごとに異なります。多くのツールでは、十字の交点がホットスポットになった十字カーソルに切り替えることができ、アートワークで細かい作業をするときの精度を向上させることができます。

  • 編集環境設定一般Windows)または Illustrator環境設定一般macOS)を選択し、「十字カーソルを使う」を選択します。

    または、キーボードの CapsLock キーを押します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー