シェイプ形成ツールを使用してシェイプを作成するには次の操作をおこないます。

  1. シェイプ形成ツールを適用したいシェイプを作成します。

  2. 選択ツールを使用して、シェイプを作成するために結合する必要があるパスを選択します。

    注意:

    ツールを適用するパスのみを選択してください。結合する前にすべてのパスを選択すると、パフォーマンスに問題が発生する場合があります。

  3. ツールパネルからシェイプ形成ツールを選択するか、Shift + M キーを押します。異なるパスを結合できる場合、ツールは初期設定で結合モードになります。このモードのポインターは のように表示されます。

  4. 抽出または結合したい領域を指定します。

  5. 領域をシェイプの他の部分から分割または抽出するには、ポインターを移動し、選択した領域をクリックします。

    シェイプを分割できる位置で別のアンカーポイントになります。

    シェイプ形成ツール
    シェイプ形成ツールを使用したクローズ領域の結合(クローズ領域上にポインターを移動すると、領域の選択範囲が表示されます)

  6. パスを結合するには、領域に沿ってドラッグして放します。2 つの領域が結合して新しいシェイプが作成されます。

    パスの結合
    領域に沿ってドラッグして結合

    結合後の新しいシェイプ
    結合後の新しいシェイプ

    新しいシェイプが保持するアートスタイル(オブジェクトに設定されている効果やブラシなど)の適用は、次のルールによって異なります。

    • マウスでドラッグを開始したオブジェクトのアートスタイルが、結合シェイプに適用されます。

    • マウスでドラッグを開始した場所にアートスタイルがない場合は、マウスボタンを放した場所のアートスタイルが結合シェイプに適用されます。

    • マウスをドラッグしたときも放したときもアートスタイルがない場合は、レイヤーパネルで最初に選択したオブジェクトのアートスタイルが適用されます。

    カラーの場合、シェイプ形成ツールオプションダイアログボックスで、次のカラーを利用ドロップダウンリストから「スウォッチ」を選択すると、このルールを無効にできます。詳しくは、シェイプ形成ツールオプションの設定を参照してください。

    Shift キーを押しながらドラッグすると、長方形の選択範囲が表示され、複数のパスを簡単に結合できます。

  7. シェイプ形成ツールの消去モードを使用するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押して削除したいクローズ領域をクリックします。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押すと、ポインターは に変化します。

    消去モードでは、選択したシェイプ内の領域を削除できます。複数のオブジェクトが共有する領域を削除すると、選択範囲で選択した領域をシェイプから削除するようにシェイプが分割されます。

    消去モードでは境界も削除できます。このオプションは、必要なシェイプを作成した後、残った部分を消去したいときに役立ちます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー