線パネル(ウィンドウ)を使用して、実線または破線のどちらを使用するか、破線の配列などの調整(破線の場合)、線幅、線の位置、角の比率、矢印、線幅プロファイル、および角の形状や線端の形状を指定します。

線パネル
線パネル

線オプションをオブジェクト全体に適用することも、ライブペイントグループを使用して、オブジェクト内部の様々な輪郭線に異なる線を適用することもできます。

塗りと線の適用について、Layers Magazine の講師である Dave Cross 氏が、Illustrator で塗りと線を適用する方法と共に、塗りと線を使用するときに便利なショートカットを紹介しています。このビデオ(英語)を参照してください。

線のカラー、幅、整列の適用

  1. オブジェクトを選択します。(ライブペイントグループの輪郭線を選択するには、ライブペイント選択ツールを使用します)。
  2. ツールパネル、カラーパネル、またはコントロールパネルの「線」ボックスをクリックします。これにより、塗りではなく線が適用されます。
    「線」ボックス
    「線」ボックス

  3. カラーパネルからカラーを選択するか、スウォッチパネルまたはコントロールパネルからスウォッチを選択します。または、「線」ボックスをダブルクリックしてカラーピッカーでカラーを選択することもできます。

    注意:

    「線」ボックスの現在のカラーを使用するには、そのカラーを「線」ボックスからオブジェクトにドラッグするだけです。ライブペイントグループではドラッグは機能しません。

  4. 線パネルまたはコントロールパネルで線幅を選択します。
  5. オブジェクトがクローズパスの場合(かつライブペイントグループではない場合)は、線パネルからオプションを選択し、線をパスに揃えます。
    • 線を中央に揃える

    • 線を内側に揃える

    • 線を外側に揃える

    注意:

    • 最新バージョンの Illustrator では、Web ドキュメントの作成時に、既定で「線を内側に揃える」オプションが適用されます。一部の以前のバージョンの Illustrator では、「線を中央に揃える」オプションが既定で適用されていました。
    • 異なる線の位置が設定されているパスを整列させようとしても、パスが正確に整列できないことがあります。整列したときにパスの端を正確に揃えたい場合は、線の位置を同じ設定にしてください。

点線または破線の作成

お勧めのコンテンツ

お勧めのコンテンツ
Mordy Golding

オブジェクトの線の属性を編集することにより、点線または破線を作成できます。

  1. オブジェクトを選択します。
  2. 線パネルで「破線」を選択します。「破線」オプションが表示されていない場合は、線パネルメニューの「オプションを表示」を選択します。
  3. 長さを調整しながら、線分をコーナーやパス先端に合わせて整列アイコン をクリックします。このオプションを使用すると、コーナーやパス先端の破線が一定で予測可能になります。整列せずに破線のアピアランスを維持する必要がある場合は、線分と間隔の正確な長さを保持アイコン を選択します。
    破線の角調整
    破線の角調整

    A. 線分と間隔の正確な長さを保持 B. 長さを調整しながら、線分をコーナーやパス先端に合わせて整列 
  4. 破線の長さと間隔を入力することにより、破線の線分と間隔を指定します。

    入力した値は自動的に繰り返して適用されるので、必要なパターンを設定したら、残りのテキストボックスすべてに値を入力する必要はありません。

  5. 線端の形状のオプションを選択して破線の端の形状を変更します。「バット線端」 オプションは、直角の端を持つ破線を作成します。「丸型先端」 オプションは丸い破線を作成します。「突出先端」 オプションは破線の端を延長します。
    間隔オプション
    2、12、16、12 の間隔を指定した 6 ポイントの破線

    A. バット線端 B. 丸型線端 C. 突出線端 

    完全な破線の作成方法に関するビデオについては、コーナーを揃えた破線の作成を参照してください。

線端の形状または角の形状の変更

線端の形状は、オープンパスの端です。角の形状は、直線の方向が変化する場所(角)です。オブジェクトの線の属性を変更することにより、パスの線端および角の形状を変更できます。

  1. オブジェクトを選択します。
  2. 線パネルで、先端の形状のオプションまたは角の形状のオプションを選択します。

    これらのオプションが表示されない場合は、パネルメニューの「オプションを表示」を選択します。

    バット線端

    線の端が直角になります。

    丸型線端

    線の端が半円になります。

    突出線端

    線の端が直角になり、線幅の半分だけパス端から線が延長されます。このオプションを選択すると、パスの全周囲に同じ長さだけ線幅が延長されます。

    マイター結合 

    尖った角の線になります。「角の比率」には 1 ~ 500 までの値を指定します。角の比率とは、マイター結合(尖った角)からベベル結合(切り落とした角)に切り替える比率です。初期設定の角の比率は 10 です。これは、ポイントの長さが線幅の 10 倍になると、プログラムがマイター結合からベベル結合に切り替えるという意味です。角の比率に 1 を設定すると、常にベベル結合になります。

    ラウンド結合

    角が丸い形になります。

    ベベル結合

    角を切り落としたような形になります。

矢印の追加

Illustrator では、線パネルや関連するコントロールから矢印にアクセスし、サイズを調整することができます。デフォルトの矢印は、線パネルの矢印ドロップダウンリストから選択できます。線パネルを使用すると、矢印を簡単に変更できます。

線パネルの矢印
線パネルの矢印

「倍率」オプションを使用して矢印の始点と終点それぞれのサイズを変更できます。矢印の始点と終点をリンクするには、「倍率」オプションに隣接する矢印の始点と終点の拡大・縮小をリンクアイコンをクリックします。

「先端位置」オプションを使用して、矢印の始点と終点をパスに整合するように調整できます。オプションは次のとおりです。

  • 矢の先端をパスの終点から配置

  • 矢の先端をパスの終点に配置

    注意:オブジェクトから矢印を削除するには、ドロップダウンリストから「なし」を選択します。

矢印のカスタマイズ

カスタム矢印を定義するには、(Mac OS の場合)Illustrator の起動アイコンを control を押しながらクリックし[パッケージの内容を表示]/Resources/ja-JP/ および(Windowsの場合)Illustrator アプリケーションフォルダー¥Support Files¥Required¥Resources¥ja_JP¥にある「矢印.ai」ファイルを開きます。ファイルの説明に従ってカスタム矢印を作成します。

更新した「矢印.ai」ファイルは、<Illustrator アプリケーションフォルダー>¥Plug-ins¥ に配置してください。既存の「矢印.ai」ファイルと置き換えないようにしてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー