破損した Illustrator ドキュメントの修復

コンテンツ復元モードを使用して、損傷または破損した Illustrator ドキュメントを最小限のデータ損失で修復する方法について説明します。

Illustrator ドキュメントが開かない場合、 ドキュメントに破損したデータが含まれているために、開かない可能性があります。 Illustrator のコンテンツ復元モードでは、破損したデータのみを削除し、最小限のデータ損失でドキュメントを復元することができます。 以下では、Illustrator でコンテンツを修復、復元する方法について説明します。

コンテンツの復元手順は、慎重に、自己責任で実行してください。 作業を進める前に、Illustrator ドキュメントのバックアップを作成してください。

コンテンツ復元モードを有効にする

ドキュメントを修復する前に、コンテンツ復元モードを有効にする必要があります。 現在のバージョンの Illustrator でコンテンツ復元モードを有効にするには、次の手順を実行します。

  1. Illustrator を終了します。
  2.  Illustrator の環境設定ファイルに移動します。

    macOS:/Users/<ユーザー名>/Library/Preferences/Adobe Illustrator <現在のバージョン> Settings/en_US/Adobe Illustrator Prefs

    Windows: C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Illustrator <現在のバージョン> Settings\en_US\x64\Adobe Illustrator Prefs

    MacOS にライブラリフォルダーが見つからない場合は、「Mac OS でユーザーライブラリフォルダーを表示できない」の手順を実行して、表示してください

  3. Text Edit(macOS)やメモ帳(Windows)などのプレーンテキストエディターで、環境設定ファイルを開きます。 次のテキストブロックの中にある enableContentRecovery を探します。

    /aiFileFormat {
    /PDFCompatibility 1
    enableATEReadRecovery 0
    /enableContentRecovery 0
    /enableATEWriteRecovery 0
    /clipboardPSLevel 3
    }
  4. enableContentRecovery の値を 0 から 1 に変更します。

    /enableContentRecovery 1

    /aiFileFormat セクションに enableContentRecovery 行が存在しない場合は、この行を追加します。

  5. ファイル名や拡張子を変更せずに、環境設定ファイルを保存します。 


ドキュメントを修復する

コンテンツ復元モードが有効になったら、次の手順を実行して、破損したドキュメントを修復し、コンテンツを復元します。

  1. Illustrator を起動してファイル開くに移動するか、command+O キー(macOS)または Ctrl+O キー(Windows)を押します。 

    ドキュメントをダブルクリックしたり、最近使用したファイルリストから開いたり、Illustrator 上にドラッグしたりしないでください。

  2. 修復するドキュメントを選択しますが、開かないでください。

  3. command + Opt + Shift(macOS)または Ctrl + Alt + Shift(Windows)を押したまま、「開く」を選択します。

    空白のドキュメントが開きます。

  4. 空白のドキュメントを保存せずに閉じます。

作成したドキュメントが含まれている同じフォルダー内で、名前が同じで先頭にアンダースコアが付いた複製コピーを探します。 例えば、MyFile.ai というドキュメントの場合、_MyFile.ai という名前のコピーを探します。

複製コピーは、元のドキュメントの作業可能な修復バージョンです。 修復されたドキュメントは、テキストエディターで開いてドキュメント内のテキストを変更することもできます。


関連リソース

その他のヘルプが必要な場合

Adobe Illustrator コミュニティに参加すると、エキスパートユーザーからトラブルシューティングのヒントを聞いたり、他のユーザーに情報を提供したりすることができます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン