オブジェクトを日本語のグリフの境界に正確にスナップおよび描画する方法を説明します。

グリフにスナップ」機能を使用すると、アウトラインやリファレンスガイドを使用せずに、アートワークコンポーネントをテキストに正確にスナップすることができます。 スナップオプションを選択するだけで、オブジェクトの描画、拡大・縮小、回転、移動時にライブテキスト上にスナップガイドが表示されます。これらのガイドに従って、ライブテキストに正確にスナップします。

ラテン文字だけでなく、日本語のグリフとフォントでも「グリフにスナップ」機能を使用することができます。ここでは、日本語のグリフを使ってスマートガイドを表示および使用する方法について説明します。

グリフにスナップ

日本語グリフのスマートガイドにアクセス

日本語グリフのスマートガイドにアクセスするためには:

  • 環境設定テキスト言語オプションを選択し、「東アジア言語のオプションを表示」チェックボックスをオンにします。
  • 日本語版の Illustrator をインストールします。

次に文字パネルを開くと、「グリフにスナップ」セクションに日本語のスナップオプションが表示されます。デフォルトではすべてオンになっています。

グリフにスナップのオプション
グリフにスナップのオプション

この機能を使用するには、グリフのスナップ(表示グリフにスナップ)およびスマートガイド(表示スマートガイド)が有効になっていることを確認してください。

表示グリッドにスナップが有効で、環境設定スマートガイド整列ガイド が無効、かつ「スナップの許容値」が 0 の場合、この機能は動作しません。

日本語のグリフガイドを使用したスナップ

文字パネルの「グリフにスナップ」セクションで、次の手順を実行します。日本語固有のオプションには、「仮想ボディ」および「仮想ボディの中心」があります。その他のオプションは、日本語とラテン文字の両方のグリフで機能します。

日本語フォントのグリフにスナップ
A. 仮想ボディ B. グリフの境界 C. 仮想ボディの中心 D. グリフの境界 E. 仮想ボディ 
オプション 説明
仮想ボディ」は、描画、移動、拡大・縮小時に、オブジェクトを日本語フォントの仮想ボディにスナップします。このオプションを選択すると、横書きの日本語テキストでは仮想ボディの上下に、縦書きの日本語テキストでは仮想ボディの左右にスナップガイドが表示されます。
仮想ボディの中心」は、描画、移動、拡大・縮小時に、オブジェクトを日本語グリフやフォントの仮想ボディの中心線にスナップします。このオプションを選択すると、横書きと縦書きの両方の日本語で、仮想ボディの中心にスナップガイドが表示されます。

グリフの境界」:グリフの上、下、左、右の境界にスナップします。
ベースライン」:グリフの基準線にスナップします。

角度ガイド」:テキストフレームを回転しているとき、または(コンテキストメニューから)角度曲線のあるグリフを選択したときに表示される角度ガイドにスナップします。

アンカーポイント):描画してグリフのアンカーポイントにスナップします。

注意事項:

  • 2 つの日本語ガイドが非常に近いか、「仮想ボディ」と「グリフの境界」(横書きまたは縦書きのテキスト)または「仮想ボディの中心」と「ベースライン」(縦書きテキスト)が同じ位置に置かれている場合、優先順位に基づいて 1 つのガイドだけが表示されます。
  • グリフの境界、ベースライン、角度ガイド、アンカーポイントのオプションも、ラテン文字フォントに影響します。
  • x ハイトガイドと近接ガイドは、「東南アジア言語のオプション」設定が無効になっているとき、「グリフにスナップ」オプションの設定に基づいて表示されます。
  • グリフガイドでは、選択したテキストに適用されている場合、線、パターン塗り、エフェクト、アピアランスは考慮されません。グリフガイドは、元のグリフのシェイプに基づいて生成されます。

日本語とラテン文字のグリフガイドを一緒にスナップ

同じテキストボックス内の各グリフに 1 つの日本語フォントと 1 つのラテン文字フォントを同時に適用すると、両方のフォントに関連するスナップガイドが表示されます。

ラテン文字のガイドには、グリフの境界、ベースライン、x ハイトが含まれ、日本語のガイドには、グリフの境界のみが含まれます。

グリフにスナップ
日本語とラテン文字のグリフにスナップ

注意事項:

  • 大文字と小文字が混在するすべてのシナリオでは、ポイント文字でのみ有効です。
  • x ハイトは、テキストボックスにラテン文字(x、v、w、z)があり、「東アジア言語のオプション」の設定が無効になっているとき、かつ「グリフにスナップ」設定で「x ハイト」のオプションが有効になっている場合にのみ表示されます。
  • 複数のフォントとサイズの日本語文字とラテン文字が同じテキストボックスに配置されている場合、「x ハイト」、「仮想ボディ」、「仮想ボディの中心」は現在計算できません。
  • 合成フォントを使用している場合は、アンカーポイントのみが機能します。
  • 縦中横を適用すると、グリフの境界のみが表示されます。
  • 割注を適用すると、グリフの境界のみが表示されます。

選択した個々のグリフにスナップ

テキスト内の個々のグリフにオブジェクトをスナップするには:

  • グリフを右クリックし、「グリフにスナップ <グリフ名>」を選択します。
    選択されたグリフが強調表示され、グリフ上のグリフの境界、中心、線形、および角度セグメントにグリフガイドが表示されます(グリフの形状に基づいて表示されます)。
角度ガイドにスナップ
選択したグリフにスナップ

注意事項:

  • 現在、選択した個々の日本語グリフについて、仮想ボディと仮想ボディの中心を計算することはできません。
  • グリフガイドは、グリフの曲線以外の直線セグメント(直線および角度)にのみ生成されます。
  • 選択したテキストに線、パターン塗り、エフェクト、アピアランスが適用されている場合、選択時にグリフはハイライト表示されません。 

グリフの選択解除

個々のグリフの選択とスナップを解除するには:

  • グリフを右クリックし、「グリフにスナップを解除 <グリフ名>」を選択します。
  • コントロールパネルで「グリフを解除」ボタンをクリックします。
  • 別のグリフを選択すると、前のグリフへのスナップが解除されます。

テキスト編集など、他のアクションをおこなうと、自動的にグリフが解除されます。

グリフにスナップを解除
右クリックメニューを使用してグリフを選択と選択解除

角度ガイドを使用したスナップ

グリフにスナップ角度ガイドオプションを選択すると、オブジェクトの移動、拡大・縮小、回転の際、およびオブジェクトをペンツールで描画した際に、オブジェクトをグリフ上の特定の角度にスナップさせることができます。角度ガイドは、次の場合にのみ表示されます。

  • スナップ対象として 1 つのグリフが選択されている場合
  • テキストフレームまたは特定のグリフが斜めに回転している場合

現在、斜めに設定されているオブジェクトは、バウンディングボックスとオブジェクトの中心からスナップします。

個々のグリフにスナップ
テキストフレームの回転時に角度ガイドを使用してスナップ

描画してグリフのアンカーポイントにスナップ

文字パネルで、グリフにスナップアンカーポイントオプションを使用すると、グリフ上にシェイプを描画してスナップさせることができます。

アンカーポイントのスナップは、ペンツールを使用するか、オブジェクトをグリフ上のアンカーポイントに近付けた場合のみ機能します。

これには次の操作をおこないます。

  1. ペンツールを選択し、グリフの上にマウスポインターを合わせると、アンカーポイントが表示されます。
  2. ペンツールを使用してシェイプを描画します。描画されたシェイプは、テキスト上のアンカーポイントにスナップします。
アンカーポイントにスナップ
アンカーポイントにスナップ

エリア内文字にスナップ

グリフにスナップ機能は、ポイント文字とエリア内文字の両方に適用されます。テキストが 1 行しかない場合は、その行のすべてのガイドとアンカーが表示されます。段落がある場合は、操作を容易にするために、グリフの境界のみが表示されます。段落内のグリフに正確に合わせるには、グリフを選択してから、グリフガイドを使用してさらにスナップさせることができます。

割注をエリア内文字に適用すると、グリフの境界のみが表示されます。

エリア内文字にスナップ
エリア内文字にスナップ

グリフガイドのカラーの変更

デフォルトでは、グリフガイドは緑色で表示されます。グリフガイドのカラーを変更するには、環境設定スマートガイドグリフガイドに移動して、ドロップダウンリストからカラーを選択します。

関連トピック

ご質問またはアイデアの共有

ask the community

アドビは、最高のグラフィックデザイン体験の提供に取り組んでいます。ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。