PostScript によるプリント

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツールデフォルトのキーボードショートカット | Illustrator
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. 3D カメラをズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. 画像を操作
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. アートワークの書き出し
      2. アセットの収集と一括書き出し
      3. ファイルのパッケージ
      4. Adobe PDF ファイルの作成
      5. CSS の抽出 | Illustrator CC
      6. Adobe PDF オプション
      7. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. 起動時にクラッシュが起こる問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

PostScript プリンターは、PPD ファイル(PostScript プリンター記述ファイル)を使用して、特定の PostScript プリンターのドライバーの動作をカスタマイズします。PPD ファイルには、出力デバイスの搭載フォント、使用可能な用紙のサイズと方向、最適なスクリーン線数、スクリーン角度、解像度、カラー出力性能などの情報が保存されています。プリントする前に正しい PPD を設定することが重要です。使用する PostScript プリンターやイメージセッタに対応した PPD を選択すると、その出力デバイスのプリントダイアログボックスで使用できる設定が決まります。

PPD ファイルについて

PPD(PostScript プリンター記述)ファイルは、特定の PostScript プリンタードライバーの動作をカスタマイズするために使用するものです。PPD ファイルには、出力デバイスの搭載フォント、使用可能な用紙のサイズと方向、最適なスクリーン線数、スクリーン角度、解像度、カラー出力性能などの情報が保存されています。 プリントする前に正しい PPD を設定することが重要です。使用する PostScript プリンターやイメージセッタに対応した PPD を選択すると、その出力デバイスのプリントダイアログボックスで使用できる設定が決まります。 用途に応じて、別の PPD に切り替えることもできます。アプリケーションでは、PPD ファイルの情報を使用して、ドキュメントをプリントするときにプリンターに送る PostScript 情報が決定されます。

最適なプリント結果を得るには、出力デバイスの最新バージョンの PPD ファイルを出力デバイスの製造元から入手することをお勧めします。 多くの印刷・出力会社は、自社で使用するイメージセッタの PPD を保有しています。 PPD ファイルは、オペレーティングシステムによって指定された場所に保存してください。 詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

PPD ファイルの変更

PostScript プリンター、PostScript ファイル、または PDF ファイルに出力する場合、Illustrator では自動的にそのデバイス用の初期設定の PPD(PostScript プリンター記述)が使用されます。用途に応じて、別の PPD に切り替えることもできます。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. PPD メニューで、次のいずれかを選択します。
    • 現在の出力機器に対応する PPD。

    • 「その他」は、出力センターまたは印刷会社から特定のプリンター用に提供された PPD などのカスタム PPD を指定するときに選択します。PPD のファイル名は、プリンターまたは出力機器の名前およびモデルに対応します。システムの設定によっては、.ppd というファイル拡張子が表示されます。使用する PPD ファイルのある場所を指定してファイルを選択し、「開く」をクリックします。

      注意:イメージセッタの PPD でよくある特定の PPD 機能の中には、Illustrator のプリントダイアログボックスからアクセスできないものがあります。これらのプリンター固有の機能を設定するには、プリントダイアログボックスの「セットアップ」(Windows)、「プリンター」(Mac OS)ボタンをクリックします。

PPD ファイルの追加

最適なプリント結果を得るには、出力デバイスの最新バージョンの PPD ファイルを出力デバイスの製造元から入手することをお勧めします。 多くの印刷・出力会社は、自社で使用するイメージセッタの PPD を保有しています。 PPD ファイルは、オペレーティングシステムによって指定された場所に保存してください。 詳しくは、オペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

  1. Windows および Mac OS では、プリンターの追加と同じ方法で PPD ファイルを選択します。PPD ファイルを選択する手順はプラットフォームによって異なります。詳しくは、使用しているオペレーティングシステムのマニュアルを参照してください。

長く複雑なパスのプリント

極端に長くて複雑なパスのあるファイルをプリントすると、ファイルがプリントされず、プリンターで limitcheck エラーが発生する場合があります。複雑で長いパスを単純にするには、複数のパスに分割します。曲線の近似に使用する直線の数を変更して、プリンター解像度を調整することもできます。

ベクターオブジェクトのプリントに使用する直線セグメントの数の変更

PostScript インタープリターでは、アートワーク内の曲線を、連続する短い直線セグメントとして扱うため、この直線セグメントが短いほど曲線を正確に再現できます。直線セグメントの数が増えると、曲線が複雑化します。使用するプリンターとメモリ容量によっては、曲線が複雑すぎて PostScript インタープリターでラスタライズできないことがあります。この場合、PostScript の limitcheck エラーが発生し、曲線はプリントされません。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. 「プリンター」で、「PostScript プリンター」、「Adobe PostScript ファイル」または「Adobe PDF」を選択します。
  3. プリントダイアログボックスの左側にある「グラフィック」を選択します。
  4. 「自動」の選択を解除し、平滑度スライダーを使用して曲線の精度を設定します。

    値を低く設定(「高画質」寄りに設定)すると、直線セグメントが小さくなって数が増え、曲線の近似精度が高くなります。値を高く設定(「速度」寄りに設定)すると、直線セグメントが長くなって数が減少し、曲線の精度は劣りますが、パフォーマンスが向上します。

プリント用のパスの分割

分割されたパスは、個別のオブジェクトとして処理されます。このため、分割後のパスを変更する場合は、個々のオブジェクトを 1 つずつ編集するか、パスを連結して 1 つのオブジェクトに戻してから編集する必要があります。

パスの分割をおこなう前に元のアートワークのコピーを保存しておくことで、必要に応じて分割前の状態に復帰することができます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • 線が適用されたパスを分割するには、はさみツール を使用します。

    • 複合パスを分割するには、オブジェクト/複合パス/解除を選択して、複合パスを解除します。次に、はさみツールを使用してパスを分割し、分割したパスを複合パスとして再定義します。

    • マスクを分割するには、オブジェクト/クリッピングマスク/解除を選択して、マスクを解除します。次に、はさみツールを使用してパスを分割し、分割したパスをマスクとして再定義します。

      ヒント:分割したパスを再び結合するには、元のオブジェクトを構成する分割されたパスをすべて選択して、パスファインダーパネルで「合体」ボタンをクリックします。パスが連結され、分割されていたパスの連結部分にアンカーポイントが追加されます。

プリンターに対するフォントのダウンロード方法の制御

プリンター搭載フォントとは、プリンターのメモリまたはプリンターと接続されたハードディスクに保存されているフォントです。PostScript フォント(Type 1, CID)、OpenType フォントおよび TrueType フォントは、プリンターまたは使用しているコンピューターのどちらかに保存されています。フォントが使用しているコンピューターのハードディスクにインストールされている場合は、Illustrator によって必要なフォントがダウンロードされます。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. 「プリンター」で、「PostScript プリンター」、「Adobe PostScript ファイル」または「Adobe PDF」を選択します。
  3. プリントダイアログボックスの左側にある「グラフィック」を選択し、フォントにあるいずれかの「ダウンロード」オプションを選択します。

    なし

    PostScript ファイルにフォントの参照情報を追加します。この PostScript ファイルによって、RIP またはポストプロセッサーにフォントの使用場所が示されます。このオプションは、該当するフォントがプリンターに搭載されている場合に使用できます。TrueType フォントには、フォント内の PostScript 名に対応した名前が付けられますが、アプリケーションの中には TrueType フォント名を解釈できないものがあります。TrueType フォントの正確な解釈が確実におこなわれるようにするには、他のフォントダウンロードオプションを使用します。

    サブセット

    ドキュメントで使用されている字形だけがダウンロードされます。字形は、各ページにつき 1 回ダウンロードされます。通常、このオプションを 1 ページのみのドキュメントまたはテキストの少ない短いドキュメントで使用すると、PostScript ファイルの処理が高速化され、サイズが小さくなります。

    すべてのフォント

    プリントジョブの最初にドキュメントで要求されるすべてのフォントがダウンロードされます。通常、このオプションを複数のページにわたるドキュメントで使用すると、PostScript ファイルの処理が高速化され、サイズが小さくなります。

    注意:フォントの製造元によっては、フォントの埋め込みを制限している場合があります。制限は、フォントをコピーする際に適用されます。フォントを使用する場合は、著作権法および使用許諾契約を遵守してください。アドビ システムズ社がライセンスを提供しているフォントでは、ユーザーが特定のファイルに使用したフォントを印刷会社などの業者に持ち込むことが許可されており、その業者がユーザーのファイルを処理するためにそのフォントを使用することも許可されています。ただし、業者がそのフォントを使用する権限があることをユーザーに知らせた場合に限られます。その他のフォントに関しては、製造元から許可を得てください。

プリント用の PostScript レベルの変更

PostScript ファイルや PDF ファイルに出力する場合、出力機器に適した PostScript レベルが自動的に選択されます。Postscript ファイルの PostScript レベルまたはデータ形式を変更する場合は、次の操作をおこないます。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. 「プリンター」で、「Adobe PostScript ファイル」または「Adobe PDF」を選択します。
  3. プリントダイアログボックスの左側にある「グラフィック」を選択します。
  4. 「PostScript」で、PostScript の出力機器で使用されるインタープリターとの互換性のレベルを選択します。

    「レベル 2」の場合、PostScript レベル 2 以上の出力機器でプリントされるグラフィックのプリント速度と品質が向上します。「3」の場合、PostScript 3 の出力機器でプリントした場合に、速度と品質が最も向上します。

  5. (オプション)プリンターとして「Adobe PostScript ファイル」を選択した場合、「データ形式」のオプションを選択して、Illustrator で画像データをコンピューターからプリンターに送信する方法を指定します。

    「バイナリ」を選択すると、画像データはバイナリコードとして書き出されます。ASCII よりもコンパクトですが、すべてのシステムと互換性があるわけではありません。「ASCII」を選択すると、画像データは ASCII テキストとして書き出されます。旧式のネットワークおよびパラレルプリンターと互換性があり、マルチプラットフォームでグラフィックを使用する場合に最適です。通常、Mac OS のみで使用するドキュメントにも最適です。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン