重なり順での新規オブジェクトを追加する位置の指定

Illustrator では、オブジェクトは作成した順序で上に重ねられます。

オブジェクトの順序により、重なった部分の表示方法が決まります。オブジェクトの重なり順序は、使用している描画方法によって決まります。新しいレイヤーを標準描画モードで作成している場合、そのレイヤーは作業レイヤーの真上に配置され、新しいオブジェクトは作業レイヤーの最上位に描画されます。一方、背面描画モードでは、新しいレイヤーが作成されると作業レイヤーの真下に配置され、新しいオブジェクトは選択したオブジェクトの背面(オブジェクトを選択していない場合は作業レイヤーの最下位)に描画されます。

アートワーク内のオブジェクトの重なり順(ペイント順ともいう)は、レイヤーパネルを使用するか、オブジェクト/重ね順コマンドを選択することにより、いつでも変更できます。

  1. レイヤーパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 背面描画モードでは、新しいオブジェクトを下に追加するオブジェクトを選択します。

    • 標準描画モードでレイヤーの最上位に新しいオブジェクトを追加するには、そのレイヤーの名前をクリックして作業レイヤーにします。背面描画モードでレイヤーの最下位に新しいオブジェクトを追加するには、そのレイヤーの名前をクリックして作業レイヤーにします。

レイヤーパネルを使用した重なり順の変更

レイヤーパネルの最上位にあるアートワークは、重なり順の最前面に配置され、レイヤーパネルの最下位にあるアートワークは、重なり順の最背面に配置されます。各レイヤー内では、オブジェクトも階層的に重ねられています。アートワーク内に複数のレイヤーを作成して、重なり合うオブジェクトの表示方法を制御することもできます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • 項目名をドラッグして、挿入する位置に黒色の挿入マークが表示されたらマウスボタンを放します。黒色の挿入マークは、レイヤーパネルの 2 つの項目の間に表示される場合と、レイヤーまたはグループの左右の端に表示される場合があります。レイヤーまたはグループの上でマウスボタンを放すと、項目はそのレイヤーまたはグループ内のほかのすべてのオブジェクトの一番上に移動します。

    • 項目の選択コラム(ターゲットアイコンとスクロールバーの間)をクリックし、選択カラーボックスを別の項目の選択カラーボックスにドラッグしてマウスボタンを放します。項目の選択カラーボックスをレイヤーのオブジェクトにドラッグした場合、その項目はそのオブジェクトより上に移動します。レイヤーまたはグループにドラッグした場合、その項目はレイヤーまたはグループ内の他の全オブジェクトの一番上に移動します。

    • レイヤーパネルの項目の順序を反転するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら反転させる項目の名前をクリックします。項目は、レイヤー階層内の同じレベルにある必要があります。例えば最上位レベルにある 2 つのレイヤーを選択することはできますが、異なるレイヤー内にある 2 つのパスを選択することはできません。レイヤーパネルメニューの「順序を反転」を選択します。

      注意:パス、グループ、コンテナをレイヤーパネルの最上部に移動することはできません。レイヤーの階層構造で最も上に配置できるのはレイヤーのみです。

コマンドを使用した重なり順の変更

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • グループまたはレイヤー内の一番上または一番下の位置にオブジェクトを移動するには、移動するオブジェクトを選択して、オブジェクト/重ね順/最前面へ、または、オブジェクト/重ね順/最背面へを選択します。

    • 重なり順の 1 つ上または 1 つ下にオブジェクトを移動するには、移動するオブジェクトを選択して、オブジェクト/重ね順/前面へ、または、オブジェクト/重ね順/背面へを選択します。

イラストレーションの重なり順を変更することでデザインが変わる例については、www.adobe.com/go/learn_ai_tutorials_depth_en を参照してください。このチュートリアルは英語でのみ提供されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー