マニュアル キャンセル

ドキュメントの作成

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

空白のカンバスから始める必要はありません。ドキュメントの作成は、多種多様な Adobe Stock のテンプレートや空白のプリセットの選択から始まります。

Illustrator でのドキュメント作成は、空白のカンバスからではなく、Adobe Stock のテンプレートを含む多種多様なテンプレートの選択から始めることができます。テンプレートには、プロジェクトを完了するために使用できる素材やイラストが付属しています。Illustrator でテンプレートを開いて、Illustrator の他のすべてのドキュメント(.ai)と同じように操作できます。

テンプレートの他に、Illustrator で使用できる多数のプリセットを選択してドキュメントを作成することもできます。

テンプレートとプリセット

テンプレート

には、ドキュメントで再利用できる創造性を刺激する表現力豊かなコンテンツが含まれています。Illustrator 内から直接、高品質のグラフィックやイラストを含む Adobe Stock からテンプレートをダウンロードできます。これらのテンプレートを土台として使用して、一般的な設定とデザイン要素を共有するドキュメントを簡単に作成できます。Illustrator には、サイズと一般的なタスク用の設定があらかじめ定義された空白のテンプレートも用意されています。テンプレートは Illustrator で .ai ファイルとして開かれ、通常は複数のアートボードが含まれています。

空白のドキュメントプリセット

これは、サイズと設定があらかじめ定義された空白のドキュメントです。プリセットを使用すると、特定のデバイスのフォームファクターやユースケースを簡単にデザインできます。例えば、プリセットを使用して、iPad Pro 用のデザインを簡単に開始できます。空白のドキュメントプリセットでは、サイズ、カラー、モード、単位、方向、位置、裁ち落としおよび解像度の設定があらかじめ定義されています。プリセットを使用してドキュメントを作成する前に、これらの設定を変更できます。

 

テンプレートとプリセットは、以下のセットに分類されます。

  • モバイル
  • web 関連
  • 印刷
  • フィルムとビデオ
  • アートとイラスト

新規ドキュメントダイアログへのアクセス

  1. Illustrator を起動します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • ファイル/新規を選択します。
    • スタート」ワークスペースで、「新規」または「新規開始」をクリックします。
    • 次のキーボードショートカットを使用します。
      • (Mac)Command + N
      • (Windows)Ctrl + N
    • 開いているドキュメントのタブを右クリックして、コンテキストメニューの「新規ドキュメント」を選択します。

概要:新規ドキュメントダイアログ

新規ドキュメントダイアログでは、次の操作を実行できます。

  • Adobe Stock の様々なカテゴリー(モバイル、web、プリント、フィルムとビデオおよびアートとイラスト
    )から選択したテンプレートを使用してドキュメントを作成する
  • Adobe Stock でその他のテンプレートを検索し、検索したテンプレートを使用してドキュメントを作成する
  • 最近アクセスしたファイル、テンプレートおよびアイテムにすばやくアクセスする(「最近使用したファイル」タブ)
  • Adobe Stock からダウンロードしたテンプレートにすばやくアクセスする(「保存済み」タブ)
  • 複数のカテゴリーとデバイスのフォームファクター用の空白のドキュメントプリセットを使用してドキュメントを作成する。プリセットを開く前に、設定を変更できます。
「モバイル」タブ | 新規ドキュメントダイアログボックス

プリセットを使用したドキュメントの作成

  1. 新規ドキュメントダイアログボックスで、カテゴリータブ(モバイル、web、プリント、フィルムとビデオまたはアートとイラスト)をクリックします。

  2. プリセットを選択します。

  3. 必要に応じて、選択したプリセットの設定を、右側のプリセットの詳細ペインで変更します。方法については、プリセットの変更を参照してください。

  4. 作成」をクリックします。Illustrator で、プリセットに基づく新規ドキュメントが開きます。

プリセットの変更

プリセットを使用してドキュメントを開く前に、右側のペインで設定を変更できます。

  1. ドキュメントの名前を指定します。

  2. 選択したプリセットの次のオプションを指定します。

    幅と高さ:アートボードのサイズを指定します。ポップアップメニューから単位を選択します。

    方向: ドキュメントの方向(横置きまたは縦置き)を指定します。

    アートボードドキュメントのアートボードの数を指定します。

    裁ち落としアートボードの各辺の裁ち落としの位置を指定します。各辺で異なる値を使用するには、チェーン()アイコンをクリックして寸法のリンクを解除します。

    カラーモードドキュメントのカラーモード(RGB または CMYK)を指定します。カラーモードを変更すると、選択した新規ドキュメントプロファイルの初期設定の内容(スウォッチ、ブラシ、シンボル、グラフィックスタイル)が新しいカラーモードに変更され、その結果、カラーが変更されます。

  3. その他のオプションを指定するには、「詳細設定」をクリックします。

    ラスタライズ効果:ドキュメントのラスタライズ効果の解像度を指定します。高解像度のハイエンドプリンターで出力する場合は、このオプションを「高解像度」に設定することが特に重要です。プリントプロファイルでは、初期設定でこのオプションが「高解像度」に設定されます。

    プレビューモード:ドキュメントの初期設定のプレビューモードを設定します。

    • デフォルト」では、ドキュメントに作成されたアートワークを、フルカラーのベクターで表示します。ズームインまたはズームアウトしても、曲線の滑らかさは保持されます。
    • ピクセル」では、アートワークをラスタライズ(ピクセル化)されたアピアランスで表示します。内容が実際にラスタライズされるわけではなく、内容をラスタライズした場合をシミュレートしてプレビューを表示します。
    • オーバープリント」では、色分解出力において、ブレンド、透明度、オーバープリントがどのように印刷されるかをシミュレートします。

    注意:プレビューモードは、表示メニューを使用していつでも変更できます。

  4. プリセットの設定を使用してドキュメントを開くには、「ドキュメント作成」をクリックします。

注意:

詳細設定ダイアログは、以前のバージョンの Illustrator の新規ドキュメントダイアログのオプションに似ています。これらのオプションについて詳しくは、ファイルとテンプレートを参照してください。

Stock のテンプレートを使用したドキュメントの作成

Illustrator には、タブレットのイラスト、モバイルのイラスト、ラップトップのイラスト、レターヘッド、封筒、名刺など、Adobe Stock の様々なテンプレートが付属しています。フォントのレイヤーがあるテンプレートでは、基本フォントまたは Adobe Typekit から同期できるフォントを使用します。

テンプレートを使用してドキュメントを作成するには、次のいずれかの操作を行います。

  1. 新規ドキュメントダイアログボックスで、カテゴリータブ(モバイル、web、プリント、フィルムとビデオまたはアートとイラスト)をクリックします。

  2. テンプレートを選択します。

  3. テンプレートのプレビューを表示するには、「プレビューを表示」をクリックします。プレビューはテンプレートの画像表現であり、テンプレートを確認してライセンス認証するかどうかを決定するために使用できます。

  4. ダウンロード」をクリックします。

    Adobe Stock のテンプレートをライセンスすることを求めるメッセージが表示されます。ライセンス認証と、関連する考慮事項について詳しくは、Adobe Stock のヘルプを参照してください。素材の権利付与やクレジットを使用してテンプレートをライセンス認証した後、テンプレートを Illustrator ドキュメント(.ai)として開いて操作できます。

    テンプレートのライセンス認証が進行中

  5. テンプレートのダウンロードが終わったら、「開く」をクリックします。テンプレートを開くときに、Typekit のフォントを同期することを求めるメッセージが表示された場合は、「OK」をクリックします。

Illustrator で開いたドキュメントは、他の .ai ドキュメントと同じように操作できます。

注意:

ダウンロードしたテンプレートは、Stock テンプレートという名前の Creative Cloud ライブラリに追加されます。このライブラリには、ライブラリパネルでアクセスできます。

注意:

Illustrator のテンプレートでは、ファイル拡張子として .ait が使用されます。ただし、テンプレートを開くと、そのインスタンスは拡張子 .ai の付いたドキュメントとして開きます。.ai ドキュメントを変更しても、元の .ait テンプレートは変更されません。

Adobe Stock での他のテンプレートの検索

Adobe Stock から事前に選択されたテンプレートに加えて、その他のテンプレートを新規ドキュメントダイアログから直接検索してダウンロードできます。

  • 新規ドキュメントダイアログでの作業中に、「Adobe Stock でその他のテンプレートを検索」ボックスに検索文字列を入力します。または、「Go」をクリックして、使用可能なテンプレートすべてを参照します。

新しいブラウザーウィンドウに Adobe Stock の web サイトが開きます。プロジェクトの要件に最も適しているテンプレートをライセンス認証してダウンロードします。Adobe Stock について詳しくは、Adobe Stock の使用を参照してください。

Adobe Stock の web サイトでテンプレートを見つけ、ライセンス認証

空白のテンプレートを使用したドキュメントの作成

空白のテンプレートを使用すると、パンフレット、名刺、CD ジャケット、T シャツなどを簡単にデザインできます。空白のテンプレートを使用してドキュメントを作成するには、次の操作を行います。

  1. ファイル/テンプレートから新規を選択します。

  2. テンプレートから新規ダイアログで、空白のテンプレートフォルダーを開きます。

    注意:

    または、新規ドキュメントウィンドウから空白のテンプレートフォルダーを直接開くこともできます。新規ドキュメントダイアログで、「詳細設定」をクリックし、「テンプレート」をクリックします

  3. テンプレートを選択します(例:商品券封筒.ait)。「新規」をクリックします。

    選択した空白のテンプレートに基づいて新規ドキュメントが作成されます。ドキュメントは、他の .ai ドキュメントと同じように操作できます。

注意:

Illustrator のテンプレートでは、ファイル拡張子として .ait が使用されます。テンプレートを開くと、そのインスタンスは拡張子 .ai の付いたドキュメントとして開きます。.ai ドキュメントを変更しても、元の .ait テンプレートは変更されません。

従来のファイル/新規の選択の使用

必要であれば、最新の「新規ドキュメント」インターフェイスを無効にして、Illustrator のバージョン CC 2015.3 以前でデフォルトで指定されていたインターフェイスに戻すことができます。

  1. 編集環境設定一般を選択します。

  2. 以前の「新規ドキュメント」インターフェイスを使用」を選択します。「OK」をクリックします。

    従来の操作を有効にする(非推奨)

注意:

以前の新規ドキュメントダイアログのオプションについて詳しくは、ファイルとテンプレートを参照してください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン