マニュアル キャンセル

アートワークの書き出し

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

アートワークの書き出し

  1. ファイル書き出しを選択します。

  2. ファイルの場所を選択し、ファイル名を入力します。

  3. ファイルの種類」(Windows)または「フォーマット」(Mac OS)でファイル形式を選択します。

  4. 保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。

出力用のファイルを保存する方法では、Illustrator からのコンテンツの書き出しに関するビデオをご覧いただけます。

バックグラウンドでの書き出し

ファイル書き出し画面に書き出しオプションを使用してファイルからアセットを書き出すと、Illustrator の書き出し処理がバックグラウンドで実行されます。これにより、書き出し中でも、作業を続行できます。ファイルのサイズが小さい場合は、バックグラウンドの書き出し処理をそれほど意識する必要はありませんが、大きなファイルの場合は、バックグラウンド処理によって時間と手間を大幅に節減できます。

進行状況の確認

バックグラウンドの書き出し処理の進行状況を確認するには、メニューバーで進行状況アイコンをクリックします。 

複数のファイルがバックグラウンドで同時に書き出し中の場合は、そのすべてのファイルの進行状況が個別に表示されます。書き出しが完了すると、メッセージが表示されます。

任意のファイルについて書き出し処理を停止する場合は、プログレスバーのキャンセルボタン「×」をクリックします。

デフォルトでは、ファイルは常にバックグラウンドで書き出されます。バックグラウンドでの書き出しをオフにするには、環境設定ファイル管理・クリップボードバックグラウンドで書き出しを選択します。

注意:
  • 現在、バックグラウンドで書き出せるのは、ラスターファイル形式(.png および .jpg)のみです。.svg および .pdf ファイル形式は、標準の書き出し処理に従います。
  • ラスターファイル形式と svg/.pdf ファイル形式の組み合わせを選択した場合、書き出し処理はバックグラウンドで実行されません。
クイックヒント

ヒント
書き出し中でもファイルの操作を続行できるため、ファイルの最新の変更を忘れずに保存または書き出してください。

アートワーク書き出し時のファイル形式

注意:

複数のアートボードを書き出すことができる形式は、SWF、JPEG、PSD、PNG および TIFF のみです。

AutoCAD Drawing と AutoCAD Interchange File(DWG および DXF)形式

AutoCAD 図面は、AutoCAD で作成されたベクターグラフィックを保存するための標準的なファイル形式です。 AutoCAD Interchange File は、AutoCAD 図面の書き出しや、他のアプリケーションからの図面の読み込みに使用される形式です。 詳しくは、AutoCAD 書き出しオプションを参照してください。注意:初期設定で、Illustrator アートワークの白い線または塗りは、黒い線または塗りとして AutoCAD 形式に書き出されます。同様に、Illustrator の黒い線または塗りは、白い線または塗りとして AutoCAD 形式に書き出されます。

BMP 形式

標準の Windows 画像形式です。 アートワークをラスタライズするためのカラーモード、解像度、アンチエイリアス設定を指定できます。また、形式(Windows または OS/2)およびカラーの総数(またはモノクロ階調数)を決めるピクセルあたりのビット数も指定できます。 Windows 形式を使用した 4 ビットと 8 ビットの画像には、RLE 圧縮も指定できます。

Enhanced Metafile(EMF)形式

Windows アプリケーションでベクターグラフィックデータの書き出しに使用するデータ交換用ファイル形式として広く使用されています。 Illustrator では、アートワークを EMF 形式に書き出すときに、一部のベクターデータがラスタライズされることがあります。

JPEG(Joint Photographic Experts Group)形式

写真の保存に広く使用されています。 JPEG では画像のカラー情報がすべて保持されますが、データの一部が破棄されてファイルサイズが圧縮されます。 JPEG は Web 上で画像表示に使用される標準ファイル形式です。 詳しくは、JPEG 書き出しオプションを参照してください。「Web およびデバイス用に保存」コマンドを使用して、画像を JPEG 形式で保存することもできます。注意:JPEG 形式でファイルを保存するたびに、波状のパターンや濃淡にむらのあるバンディングなど、余分なものが追加され、画質に影響があります。JPEG ファイルを保存するときは、前に保存した JPEG からではなく、必ず元の画像から保存してください。

Macintosh PICT 形式

Mac OS のグラフィックアプリケーションと DTP アプリケーションで、アプリケーション間の画像転送に使用されます。 PICT 形式は、単色の範囲が大きい画像の圧縮に特に効果的です。

Photoshop(PSD)形式

標準の Photoshop 形式です。 Photoshop ファイル形式に書き出すことができないデータがアートワークに含まれている場合、Illustrator では、ドキュメントのレイヤーを結合するか、アートワークをラスタライズすることで、アートワークのアピアランスが保持されます。 その結果、適切な書き出しオプションを選択しても、レイヤー、サブレイヤー、複合シェイプ、編集可能なテキストが Photoshop ファイルに保存されない場合があります。 詳しくは、Photoshop 書き出しオプションを参照してください。

PNG(Portable Network Graphics)形式

劣化しない圧縮と Web 上の画像の表示に使用されます。 GIF とは異なり、PNG は 24 ビット画像をサポートしており、ギザギザしたエッジのない透明な背景を生成します。ただし、一部の Web ブラウザーでは PNG 画像はサポートされません。 PNG では、グレースケール画像および RGB 画像の透明部分は保持されます。 詳しくは、PNG 書き出しオプションを参照してください。 「Web およびデバイス用に保存」コマンドを使用して、画像を PNG 形式で保存することもできます。

Targa(TGA)形式

Truevision® ビデオボードを搭載したシステムで使用されるファイル形式です。 アートワークをラスタライズするためのカラーモデル、解像度、アンチエイリアス設定を指定できます。また、カラーの総数(またはモノクロ階調数)を決めるピクセルあたりのビット数も指定できます。

テキスト(TXT)形式

アートワーク内のテキストをテキストファイルに書き出すときに使用します (テキストファイルへのテキストの書き出しを参照)。

TIFF(Tagged-Image File Format)形式

アプリケーション間とコンピュータープラットフォーム間でファイルを受け渡しする場合に使用されます。 TIFF は、多くのペイントアプリケーション、画像編集アプリケーションおよび DTP アプリケーションでサポートされているビットマップ画像形式です。 多くのデスクトップスキャナーは TIFF ファイルを出力できます。 詳しくは、TIFF 書き出しオプションを参照してください。

Windows Metafile(WMF)形式

16 ビット Windows アプリケーションで使用される中間データ交換用ファイル形式です。 WMF 形式は、ほとんどすべての Windows 描画およびレイアウトプログラムでサポートされています。 WMF 形式ではベクターオブジェクトのサポートに制限があるので、可能であれば、WMF 形式の代わりに EMF 形式を使用してください。

AutoCAD 書き出しオプション

アートワークを DXF 形式または DWG 形式で書き出すときには、以下のオプションを設定できます。

AutoCAD バージョン

書き出すファイルをサポートする AutoCAD のバージョンを指定します。

拡大/縮小

拡大/縮小単位の値を入力して、AutoCAD ファイルを作成するときに長さの単位を Illustrator でどのように解釈するかを指定します。

線幅を拡大/縮小

書き出すファイルで、図面の他の部分とともに線幅を拡大/縮小します。

カラー数

書き出すファイルのカラー深度を指定します。

ラスタライズファイル形式

書き出し時にラスタライズされる画像とオブジェクトを PNG と JPEG のどちらの形式で保存するかを指定します。 透明設定は PNG でしかサポートされていません。画像とオブジェクトのアピアランスを最大限に保持する必要がある場合は、PNG を選択してください。

アピアランスを保持

アピアランスを保持する必要があり、書き出すファイルを編集する必要がない場合に選択します。 このオプションを選択すると、編集機能が大きく損なわれる可能性があります。 例えば、テキストはアウトライン化され、効果はラスタライズされる場合があります。このオプションと「編集機能を最大限に保持」オプションはいずれか 1 つを選択できますが、両方を選択することはできません。

編集機能を最大限に保持

AutoCAD でファイルを編集する必要性の方がアピアランスを保持する必要性より高い場合に選択します。 このオプションを選択すると、スタイル効果を適用した場合は特に、アピアランスが大きく損なわれる可能性があります。 このオプションと「アピアランスを保持」オプションはいずれか 1 つを選択できますが、両方を選択することはできません。

選択したアートだけを書き出し

書き出し時にファイル上の選択したアートワークのみを書き出します。 アートワークが選択されていない場合は、空のファイルが書き出されます。

アピアランスのパスを変更

元のアピアランスを保持するため、AutoCAD のパスを必要に応じて変更します。 例えば、書き出し時にパスが他のオブジェクトと重なり、オブジェクトのアピアランスを変えてしまう場合に、このオプションを使用すると、オブジェクトのアピアランスを保持できるようにパスが変更されます。

テキストのアウトライン化

アピアランスを保持するために、書き出し前にすべてのテキストをパスに変換します。 Illustrator と AutoCAD では、テキスト属性の解釈が異なる場合があります。 このオプションを選択すると、視覚的な精度を最大限に保持できますが、編集機能は損なわれます。 AutoCAD でテキストを編集する必要がある場合は、このオプションを選択しないでください。

プリセット

書き出しで使用するプリセットオプション設定ファイルを指定します。 初期設定を変更した場合、このオプションは「カスタム」に切り替わります。 カスタムオプション設定を新しいプリセットとして保存すると、他のファイルで再使用できるようになります。 オプション設定をプリセットとして保存するには、「プリセットを保存」をクリックします。

書き出し形式

Illustrator レイヤーの変換方法を指定します。

AI ファイルを SWF ファイルに変換

アートワークを 1 つのフレームに書き出します。 レイヤーのクリッピングマスクを保持する場合は、このオプションを選択します。

AI レイヤーを SWF フレームに変換

各レイヤー上のアートワークを別々の SWF フレームに書き出し、アニメーション SWF を作成します。

AI レイヤーを SWF ファイルに変換

各レイヤー上のアートワークを別々の SWF ファイルに書き出します。 この方法では複数の SWF ファイルが作成され、各ファイルには Illustrator の 1 レイヤーのアートワークが 1 フレームとして保持されます。

AI レイヤーを SWF シンボルに変換

各レイヤーのアートワークをシンボルに変換し、単一の SWF ファイルに書き出します。 AI レイヤーは、SWF ムービークリップシンボルとして書き出されます。 シンボルの名前は、対応するレイヤー名に基づいて決定されます。

AI アートボードを SWF ファイルに変換

選択したアートボードをそれぞれ別々の SWF ファイルに書き出します。 保存ダイアログボックスで複数のアートボードを保持することを選択した場合に使用できるのはこのオプションのみです。このオプションを選択してプリセットを保存した場合、そのプリセットは複数のアートボードを含むファイルにのみ使用できます。

アートボードサイズにクリップ

選択したアートボードの境界線の内側にある Illustrator アートワークを SWF ファイルに書き出します。アートボードの境界線の外側にあるアートワークは書き出されません。複数のアートボードを書き出す場合、このオプションが選択され無効になっています。

アピアランスを保持

アートワークを書き出す前に単一のレイヤーに統合するには、「アピアランスを保持」を選択します。 このオプションを選択すると、ファイルの編集機能が制限されます。

テキストのカーニング情報を無視

カーニング値を使用せずにテキストを書き出します。

メタデータを含める

ファイルに関連付けられたメタデータを書き出します。 ファイルサイズを抑えるため、最小限の XMP 情報のみが書き出されます。 例えば、サムネールは除外されます。

読み込みから保護する

書き出した SWF ファイルの変更を禁止します。

曲線の精度

ベジェ曲線 ( パス ) の精度を指定します。 値を小さくすると、書き出されるファイルのサイズは小さくなりますが、曲線の精度はわずかに低下します。 値を大きくすると、ベジェ曲線の表示精度は高くなりますが、ファイルサイズが大きくなります。

背景色

書き出す SWF ファイルの背景色を指定します。

ローカルでの再生に関するセキュリティ

再生時にローカルファイルへのアクセスのみを許可するか、ネットワークファイルへのアクセスも許可するかどうかを指定します。

詳細オプションを指定するには、「詳細」をクリックし、次のいずれかを指定します。

JPEG 画質

書き出す画像の細部のレベルを指定します。 画質が高いほど、ファイルサイズが大きくなります (このオプションは、「劣化あり(JPEG)」を選択した場合にだけ使用できます)。

方式

JPEG 圧縮の種類を指定します。 「ベースライン(標準)」では標準タイプの圧縮を適用し、「ベースライン(最適化)」では最適化を適用します (これらのオプションは、「劣化あり(JPEG)」を選択した場合にだけ使用できます)。

解像度

ビットマップ画像のスクリーン解像度を調整します。 書き出された SWF ファイルの解像度は、72 ~ 600 ピクセル/インチ(ppi)になります。 解像度の値を高くすると画質は高くなりますが、ファイルサイズが大きくなります。

ブレンドをアニメーション化

ブレンドオブジェクトをアニメーションにするかどうかを指定します。 このオプションを選択すると、書き出す前に手作業でブレンドオブジェクトをレイヤーに分配したのと同じ結果になります。 ブレンドは、レイヤーの順序に関係なく、常に先頭から順にアニメーション化されます。

「ブレンドをアニメーション化」を選択した場合は、ブレンドの書き出し方法を選択します。

シーケンス内

ブレンド内の各オブジェクトを、アニメーション内の別々のフレームに書き出します。

ビルド内

アニメーションフレームでオブジェクトを累積的に重ね合わせます。 例えば、ブレンドの一番下のオブジェクトはすべてのフレームに表示され、ブレンドの一番上のオブジェクトは最後のフレームだけに表示されます。

レイヤーの順序

アニメーションのタイムラインを指定します。 「下から上へ」を選択すると、レイヤーパネルの一番下のレイヤーから順にレイヤーが書き出されます。 「上から下へ」を選択すると、レイヤーパネルの一番上のレイヤーから順にレイヤーが書き出されます (このオプションは、「AI レイヤーを SWF フレームに変換」を選択した場合にだけ使用できます)。

静的レイヤーの書き出し

書き出したすべての SWF フレームで静的コンテンツとして使用するレイヤーまたはサブレイヤーを指定します。 選択したレイヤーまたはサブレイヤーの内容が、書き出したすべての SWF フレームで背景画像として使用されます (このオプションは、「AI レイヤーを SWF フレームに変換」を選択した場合にだけ使用できます)。

JPEG 書き出しオプション

ドキュメントに複数のアートボードが含まれる場合、アートボードを書き出す方法を指定してから、書き出しダイアログボックスの「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。各アートボードを個別の JPEG ファイルとして書き出すには、書き出しダイアログボックスの「各アートボードごと」を選択します。アートボードの一部だけを書き出すには、書き出す範囲を指定します。その後、「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックし、次のオプションを指定します。

画質

JPEG ファイルの画質とサイズを指定します。 画質メニューでオプションを選択するか、「画質」テキストボックスに 0 ~ 10 の範囲で値を入力します。

カラーモデル

JPEG ファイルのカラーモデルを指定します。

「方式」および「スキャン」

「ベースライン(標準)」を選択すると、ほとんどの Web ブラウザーで認識される形式が使用されます。「ベースライン(最適化)」を選択すると、カラーが最適化され、ファイルサイズがわずかに小さくなります。「プログレッシブ」を選択すると、画像のダウンロード時に徐々に鮮明に表示されるように画像がスキャンされます。「プログレッシブ」を選択した場合はスキャンの段階を指定できます。 「ベースライン(最適化)」と「プログレッシブ」のオプションが指定された JPEG 画像は Web ブラウザーによってはサポートされない場合があります。

深度

JPEG ファイルの解像度を指定します。 「カスタム」を選択して解像度を指定することもできます。

アンチエイリアス

エッジのサンプリングを行い、アートワークのギザギザを取り除きます。 このオプションをオフにしておくと、ラインアートをラスタライズするときにハードエッジが保持されます。

イメージマップ

イメージマップ用のコードを生成します。 このオプションを選択した場合は、「クライアント側(.html)」または「サーバー側(.map)」を選択して、生成するファイルの種類を指定できます。

ICC プロファイルを埋め込む

JPEG ファイル内に ICC プロファイルを保存します。

Photoshop 書き出しオプション

ドキュメントに複数のアートボードが含まれる場合、アートボードを書き出す方法を指定してから、書き出しダイアログボックスの「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。各アートボードを個別の PSD ファイルとして書き出すには、書き出しダイアログボックスの「各アートボードごと」を選択します。アートボードの一部だけを書き出すには、書き出す範囲を指定します。その後、「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックし、次のオプションを指定します。

カラーモデル

書き出すファイルのカラーモードを指定します。 CMYK ドキュメントを RGB モードで書き出す場合、または RGB ドキュメントを CMYK モードで書き出す場合は、透明部分のアピアランス(特に描画モードが含まれるもの)が予期しない結果になることがあります。 カラーモードを変更する場合は、アートワークを統合画像として書き出す必要があります(「レイヤーを保持」オプションは使用できません)。

解像度

書き出すファイルの解像度を指定します。

統合画像

すべてのレイヤーを結合し、Illustrator アートワークをラスタライズ画像として書き出します。 このオプションを選択すると、アートワークのアピアランスが保持されます。

レイヤーを保持

グループ、複合シェイプ、ネストレイヤーおよびスライスを編集可能な個別の Photoshop レイヤーとして書き出します。 6 レベル以上の深さのネストレイヤーは、単一の Photoshop レイヤーに結合されます。 透明オブジェクト(不透明マスク、100%未満の一定の不透明度または標準以外の描画モードが設定されたオブジェクト)を編集可能な Photoshop ライブレイヤーとして書き出すには、「編集機能を最大限に保持」を選択します。

テキストの編集機能を保持

レイヤー内の横組みおよび縦組みのポイントテキスト(最大 5 レベルのネストレイヤーを含む)を編集可能な Photoshop テキストに書き出します。 これによってアートワークのアピアランスが損なわれる場合は、このオプションを選択解除してテキストをラスタライズすることができます。

編集機能を最大限に保持

アートワークのアピアランスに影響がない場合、Illustrator の各上位レイヤーのサブレイヤーを Photoshop レイヤーとして書き出します。 上位レイヤーは Photoshop のレイヤーセットになります。 透明オブジェクトは編集可能な透明オブジェクトのままです。 このオプションではまた、アートワークのアピアランスに影響がない場合、上位レイヤーの各複合シェイプの Photoshop シェイプレイヤーを作成します。 実線が適用された複合シェイプを書き出すには、「連結」の種類を「ラウンド結合」に変更します。 このオプションを選択するかどうかに関係なく、6 レベル以上の深さのレイヤーはすべて単一の Photoshop レイヤーに結合されます。注意:Illustrator では、グラフィックスタイル、破線およびブラシが適用された複合シェイプは書き出せません。これらの複合シェイプはラスタライズされます。

アンチエイリアス

エッジのサンプリングを行い、アートワークのギザギザを取り除きます。 このオプションをオフにしておくと、ラインアートをラスタライズするときにハードエッジが保持されます。

ICC プロファイルを埋め込む

カラーマネジメントされたドキュメントを作成します。

PNG 書き出しオプション

ドキュメントに複数のアートボードが含まれる場合、アートボードを書き出す方法を指定してから、書き出しダイアログボックスの「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。各アートボードを個別の PNG ファイルとして書き出すには、書き出しダイアログボックスの「各アートボードごと」を選択します。アートボードの一部だけを書き出すには、書き出す範囲を指定します。その後、「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックし、次のオプションを指定します。

解像度

ラスタライズする画像の解像度を指定します。 解像度の値を高くすると画質は高くなりますが、ファイルサイズが大きくなります。注意:アプリケーションによっては、PNG ファイルは指定した解像度に関係なく 72ppiで開かれることがあります。この場合、画像のサイズは変更されます (例えば、150ppiで保存したアートワークは 72ppiで保存したアートワークの 2 倍以上の大きさになります)。したがって、目的のアプリケーションで 72ppi 以外の解像度がサポートされることを確認した場合にだけ、解像度を変更してください。

カラー

透明部分に適用するカラーを指定します。 「透明」を選択すると透明が保持されます。「ホワイト」を選択すると透明部分にホワイトが適用され、「ブラック」を選択すると透明部分にブラックが適用されます。「その他」を選択すると、透明部分に適用するカラーを選択できます。

アンチエイリアス

エッジのサンプリングを行い、アートワークのギザギザを取り除きます。 このオプションをオフにしておくと、ラインアートをラスタライズするときにハードエッジが保持されます。

インターレース

ブラウザー内にファイルが完全にダウンロードされるまでの間、低解像度の画像を表示します。 インターレースを使用するとダウンロード時間が短く感じられますが、ファイルサイズが大きくなります。

TIFF 書き出しオプション

ドキュメントに複数のアートボードが含まれる場合、アートボードを書き出す方法を指定してから、書き出しダイアログボックスの「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックします。各アートボードを個別の TIFF ファイルとして書き出すには、書き出しダイアログボックスの「各アートボードごと」を選択します。アートボードの一部だけを書き出すには、書き出す範囲を指定します。その後、「保存」(Windows)または「書き出し」(Mac OS)をクリックし、次のオプションを指定します。

カラーモデル

書き出すファイルのカラーモデルを指定します。

解像度

ラスタライズする画像の解像度を指定します。 解像度の値を高くすると画質は高くなりますが、ファイルサイズが大きくなります。

アンチエイリアス

エッジのサンプリングを行い、アートワークのギザギザを取り除きます。 このオプションをオフにしておくと、ラインアートをラスタライズするときにハードエッジが保持されます。

LZW 圧縮

LZW 圧縮を適用します。LZW 圧縮は、画像の細部を保持する可逆圧縮(劣化なし)方式です。 このオプションを選択するとファイルサイズが小さくなります。

バイト順序

画像ファイルを書き出すときの適切なバイト順序を、プラットフォームを選択して指定します。 Illustrator や最近のアプリケーションのほとんどは、いずれかのプラットフォームのバイト順序を使用しています。 ファイルを開くプログラムの種類がわからない場合は、ファイルを読み込むプラットフォームを選択してください。

ICC プロファイルを埋め込む

カラーマネジメントされたドキュメントを作成します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン