トラッピングについて

別の色版のカラーが重なり合ったり隣接したりしている場合、版ずれが生じると、カラー間に隙間があくことがあります。このような版ずれを防ぐために、出力センターや印刷会社ではトラッピングという手法を使用します。この手法では、隣接するカラーの境界線上に、両者をわずかに重なり合わせた部分(トラップ)を作成することで、版ずれの発生を防止します。トラッピング処理は、専用プログラムを使用すると自動的におこなうことができますが、Illustrator を使用して手作業でおこなうこともできます。

トラップには、スプレッドチョークの 2 種類があります。スプレッドトラップは、明るいカラーのオブジェクトが広がって暗いカラーの背景に重なります。チョークトラップは、明るいカラーの背景が広がって暗いカラーのオブジェクトに重なり、オブジェクトが縮小したように見えます。

スプレッド(オブジェクトを背景の上に重ねる方法)とチョーク(背景をオブジェクトの上に重ねる方法)

重なり合うオブジェクトに共通するカラー構成要素がある場合は、そのカラー部分で版ずれがカバーされるため、トラップが不要なことがあります。例えば、重なり合うオブジェクトの両方の CMYK 値にシアンが含まれる場合は、隙間ができても、背面にあるオブジェクトのシアンでカバーされます。

文字をトラッピングする場合、特別な問題が生じることがあります。ポイントサイズの小さい文字には、混合プロセスカラーや色合いの差のあるプロセスカラーを使用しないでください。版ずれが発生した場合に、文字が読みにくくなります。同様に、ポイントサイズの小さい文字にトラップを作成すると、文字が読みにくくなる場合があります。文字にトラップを作成する場合も、必要な設定について、出力センターや印刷会社にお問い合わせください。例えば、ブラックの文字をカラーの背景にプリントするときは、単純に文字を背景にオーバープリントするだけで、十分に適切な結果を得られる場合があります。

トラップの作成

トラップコマンドを使用すると、オブジェクトと背景のカラーが比較され、明るい方のカラーが暗い方のカラーにオーバープリント(トラッピング)されます。これは、単純なオブジェクトにトラップを作成するときに便利です。トラップコマンドは、パスファインダーパネルから適用するか、効果として適用することができます。トラップ効果の利点は、いつでもトラップ設定を変更できることです。

A. オーバープリントの領域 B. 切り抜かれる領域 C. 背景色 D. 描画色
トラップコマンドの使用結果

A. オーバープリントの領域 B. 切り抜かれる領域 C. 背景色 D. 前景色 

また、重なり合うオブジェクトのカラーにあまり差がないと、どちらのカラーが暗いのかを判断できない場合があります。この場合にトラップコマンドを実行すると、カラーのわずかな差を基準にしてトラップが作成されます。トラップするカラーを逆にする場合は、パスファインダー(トラップ)ダイアログボックスで「逆トラップ」オプションを選択します。

  1. ドキュメントが RGB モードに設定されている場合は、ファイル/ドキュメントのカラーモード/CMYK カラーを選択して、CMYK モードに変更します。
  2. トラップを作成する重なり合うオブジェクトを選択します。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。
    • オブジェクトに直接コマンドを適用するには、ウィンドウ/パスファインダーを選択し、パネルメニューの「トラップ」を選択します。

    • 効果としてコマンドを適用するには、効果/パスファインダー/トラップを選択します。効果を確認するには、「プレビュー」を選択します。

  4. トラップオプションを設定して「OK」をクリックします。

トラップオプション

太さ

線幅を 0.01 ~ 5000 ポイントの範囲で指定します。適切な設定値については、出力センターや印刷会社にお問い合わせください。

高さ/幅

垂直なカラー境界でのトラップ幅に対する水平なカラー境界でのトラップ幅の比率を指定します。縦横比を指定することにより、印刷時の紙の伸縮率などを考慮したトラップを作成できます。ここで設定する値については、出力センターや印刷会社にお問い合わせください。初期設定では、縦と横のトラップ幅が同じになるように 100 %の値が設定されています。「高さ/幅」テキストボックスの値を 100 %よりも大きく設定すると、垂直なカラー境界でのトラップ幅は変わらずに水平なカラー境界でのトラップ幅が広がります。「高さ/幅」テキストボックスで 100 %以下の値を設定すると、垂直なカラー境界でのトラップ幅は変わらずに水平なカラー境界でのトラップ幅が狭まります。

「高さ/幅」の値が 50 %の場合(左)と 200 %の場合(右)
「高さ/幅」の値が 50 %の場合(左)と 200 %の場合(右)

濃度の減少

トラップする明るいカラーの濃度を減らします。暗いカラーの濃度は 100 %のままです。このオプションは、明るいカラーを使用した 2 つのオブジェクトにトラップを作成すると、重なり合った 2 つのカラーが混ざって、トラップの部分に線がプリントされる場合に便利です。例えば、明るいイエローのオブジェクトを明るいブルーの背景に対してトラップすると、トラップ部分が明るいグリーンの線としてプリントされます。適切な濃度の設定値は、使用する出力機器、インキ、用紙の種類などによって異なるので、出力センターや印刷会社にお問い合わせください。

濃度の減少の値
「濃度の減少」の値を 100 %に設定した場合(明るい方のカラーの 100 %の濃度でトラップが作成される)と「濃度の減少」の値を 50 %に設定した場合(明るい方のカラーの 50 %の濃度でトラップが作成される)

プロセスカラーでトラップ

特色トラップを対応するプロセスカラーに変換します。このオプションを選択すると、特色の明るい方のカラーでオブジェクトを作成し、それがオーバープリントされます。

逆トラップ

暗いカラーを明るいカラーにトラッピングします。このオプションは、CMY カラーを使用したブラック(特色)には使用できません。

精度(効果のみ)

オブジェクトのパスをどの程度正確に計算するかを指定します。計算の精度が高いほどオブジェクトがより正確に作成され、パスの生成に要する時間が長くなります。

余分なポイントを削除(効果のみ)

不要なポイントを削除します。

スプレッドまたはチョークの作成

より正確なトラップを作成したり、複雑なオブジェクトをトラッピングしたりする場合は、オブジェクトに線を設定して、その線をオーバープリントする方法でトラップ効果を作成します。

  1. 重なり合う 2 つのオブジェクトのうち、前面にあるオブジェクトを選択します。
  2. ツールパネルまたはカラーパネルの「線」ボックスで、次のいずれかの操作をおこないます。
    • スプレッドトラップを作成する場合は、オブジェクトの塗りカラーを線のカラーに適用します。線に適用するカラーを変更する場合は、「線」ボックスを選択して、カラーパネルでカラー値を調整します。オブジェクトの塗りと同じカラーを線に適用すると、オブジェクトが広がったように見えます。

    塗りのカラーを線に適用したオブジェクト
    塗りのカラーを線に適用したオブジェクト

    • チョークトラップを作成する場合は、カラーパネルを使用して、背景と同じカラー(明るい色)を線に適用します。この結果、オブジェクトの線と塗りには、異なるカラーが適用されます。このように、暗いカラーのオブジェクトの線に背景のカラーを適用すると、オブジェクトが縮小したように見えます。

  3. ウィンドウ/線を選択します。
    背景と同じカラーの線で囲んだオブジェクト
    背景と同じカラーの線で囲んだオブジェクト

    A. チョークトラップの効果を出すためにオーバープリントした線 B. 抜きの塗り領域 C. トラップされる領域 D. 切り抜かれる領域 
  4. 「線幅」テキストボックスに、0.01 ~ 1000 ポイントの範囲で線幅を入力します。適切な設定値については、出力センターや印刷会社にお問い合わせください。

    例えば、線幅を 0.6 ポイントにするとトラップ幅は 0.3 ポイントとなり、線幅を 2.0 ポイントにするとトラップ幅は 1.0 ポイントとなります。

  5. ウィンドウ/属性を選択します。
  6. 「線にオーバープリント」オプションを選択します。

線のトラップ

  1. トラップする線を選択します。
  2. ツールパネルまたはカラーパネルの「線」ボックスで、線のカラーをホワイトにします。
  3. 線パネルで線幅を設定します。
  4. 線をコピーして、編集/前面へペーストを選択します。このコピーを使用してトラップが作成されます。
  5. ツールパネルまたはカラーパネルの「線」ボックスを使用して、コピーした線に適切なカラーを適用します。
  6. 線パネルで、背面の線より広い線幅を設定します。
  7. ウィンドウ/属性を選択します。
  8. 前面の線に「線にオーバープリント」を設定します。
    線をコピーして作成したスプレッドトラップ
    線をコピーして作成したスプレッドトラップ

    A. スプレッドトラップの効果を出すためにオーバープリントした前面の線 B. 背面の線による抜き C. 切り抜かれる領域 D. トラップされる領域 

オブジェクトの一部のトラップ

  1. トラップする部分の外周に沿って線を作成します。オブジェクトが複雑な場合は、ダイレクト選択ツール   を使用して、トラップする外周部のパスを選択し、コピーします。次に、編集/前面へペーストを選択して、コピーをオリジナルのパスに重ねます。
    トラップを使用したドロップシャドウ(左)と、オブジェクトとドロップシャドウの交わる位置に描かれた基準線(右)
    トラップを使用したドロップシャドウ(左)と、オブジェクトとドロップシャドウの交わる位置に描かれた基準線(右)

  2. ツールパネルまたはカラーパネルの「線」ボックスを使用して、線にカラーを適用し、スプレッドトラップまたはチョークトラップを作成します。
  3. ウィンドウ/属性を選択します。
  4. 「線にオーバープリント」オプションを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー