Adobe Illustrator では、選択したプリンターの PPD ファイルで定義されている初期設定の用紙サイズが、通常は適用されます。ただし、用紙サイズは、PPD ファイルに定義されている他のサイズに変更することができます。また、用紙の方向(縦または横)も同様に変更できます。指定できる最大の用紙サイズは、使用する出力機器の最大プリント可能範囲によって異なります。

注意:プリントダイアログボックスで変更した用紙サイズおよび方向は、プリント時のみ有効です。アートボードの用紙サイズまたは方向を変更するには、アートボードオプションダイアログボックスまたはコントロールパネルのアートボードオプションを使用します(アートボードの編集を参照してください)。

 

用紙サイズと方向を指定するときは、次の点に注意してください。

  • 用紙サイズを変更(例えば B5 から A4 に変更)すると、プレビューウィンドウのアートワークの表示も変更されます。これは、プレビューウィンドウにプリント可能範囲をすべて表示する機能があり、用紙サイズが変更された場合、それに応じてプレビューウィンドウのプリント可能範囲の表示が自動的に調整されるためです。

    注意:用紙サイズ(A4 など)が同じでも、使用する PPD ファイルによってプリント可能範囲が異なる場合があります。これは、プリンターや出力機器のプリント可能範囲のサイズ設定が異なるためです。

  • ページがフィルム上または用紙上に配置される初期設定の位置は、プリントに使用する出力機器によって異なります。

  • アートワークだけでなく、トリムマークやレジストレーションマークのように、印刷処理に必要な情報がすべて収まる用紙サイズを選択してください。出力機器で使用するフィルムや用紙を節約する場合は、アートワークと必要なプリント情報が収まる最小限のサイズを選択します。

  • 縦長のアートワークを横向きにしても出力機器のプリント可能範囲の横幅に収まる場合は、「幅と高さを入れ換え」オプションを選択するかプリントのアートワークの方向を変更することで、フィルムや用紙を節約できます。詳しくは、使用する出力機器のマニュアルを参照してください。

  1. ファイル/プリントを選択します。
  2. サイズメニューから用紙サイズを選択します。選択できる用紙サイズは、現在のプリンターと PPD ファイルによって決まります。プリンターの PPD ファイルでサポートされている場合、「カスタム」を選択して、「幅」および「高さ」テキストボックスでカスタム用紙サイズを指定できます。
  3. いずれかの用紙の方向ボタンをクリックして、用紙の方向を設定します。

    縦(上向き)

    右側を上にして、縦方向にプリントします。

    横(左向き)

    左に回転して、横方向にプリントします。

    縦(下向き)

    上下を逆にして、縦方向にプリントします。

    横(右向き)

    右に回転して、横方向にプリントします。

  4. (オプション)「幅と高さを入れ替え」を選択すると、アートワークを 90 度回転してプリントできます。このオプションを使用するには、幅と高さを入れ換えてプリントする機能およびカスタム用紙サイズをサポートする PPD を使用する必要があります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー