EPS ファイルの読み込み

Encapsulated PostScript(EPS)は、アプリケーション間でベクターアートワークを受け渡しするときに使用される一般的なファイル形式です。 開くコマンド、配置コマンド、ペーストコマンドおよびドラッグ&ドロップ機能を使用して、EPS ファイルから Illustrator にアートワークを読み込むことができます。

EPS アートワークを使用して作業する場合は、次の点に注意してください。

  • 別のアプリケーションで作成した EPS ファイルを読み込んだり、埋め込んだりすると、そのファイルに含まれているすべてのオブジェクトが Illustrator 形式に変換されます。 ただし、Illustrator で認識できないデータがファイルに含まれている場合、それらのデータは失われる可能性があります。 したがって、EPS ファイルのオブジェクトを個別に編集する必要がない限り、開いたり、埋め込みではなく、リンクを使用してファイルの作業をおこなうことをお勧めします。

  • EPS 形式では透明の設定がサポートされていないため、透明が適用されたアートワークをほかのアプリケーションから Illustrator に配置しないように注意してください。 この場合は、PDF 1.4 形式を使用することをお勧めします。

  • バイナリ形式で保存された EPS ファイル(例えば、Photoshop の初期設定の EPS 形式で保存されたファイルなど)をリンクしているアートワークをプリントまたは保存するときに、エラーメッセージが表示されることがあります。 この場合は、EPS ファイルを ASCII 形式で保存し直すか、リンクファイルを Illustrator アートワークに埋め込むか、ASCII プリントポートではなくバイナリプリントポートで印刷します。または、アートワークを EPS 形式ではなく AI 形式または PDF 形式で保存します。

  • Illustrator ドキュメントでアートワークのカラーマネジメントをおこなっている場合、埋め込まれた EPS はドキュメントの一部であるため、プリンターへの送信時にカラーマネジメントが実行されます。 一方、リンクされた EPS の場合、Illustrator ドキュメントでカラーマネジメントをおこなっても、リンク配置されたアートワークのカラーマネジメントはおこなわれません。

  • EPS ファイルを読み込んだときに、色の構成が異なる同名のカラーがドキュメント内に存在する場合、警告メッセージが表示されます。 「リンクされたファイルのカラーを使用」を選択すると、ドキュメント内のカラーがリンク先ファイルの EPS カラーに置き換えられ、 このカラーが適用されているオブジェクトはすべて適切に更新されます。 「ドキュメントのカラーを使用」を選択すると、ドキュメント内のスウォッチは変更されず、EPS ファイル内のカラーがドキュメント内のカラーで置き換えられます。 EPS ファイルのプレビューは変更されないので、実際のカラーと異なるプレビューが表示される場合がありますが、色分解出力をおこなうと正しい版にプリントされます。 「すべてに適用」を選択すると、選択したオプションに応じて、すべての同名カラーがドキュメントまたはリンク先ファイルのカラーに置き換えられます。

  • 「配置した画像を含む」オプションを選択して保存した Illustrator ドキュメントを開くと、警告メッセージが表示される場合があります。 元の EPS 画像が見つからない場合は、EPS 画像を抽出するように指示されます。 ダイアログボックスの「抽出」オプションを選択すると、表示中のドキュメントと同じフォルダーに画像が抽出されます。 埋め込まれたファイルはドキュメント内では表示用画像が作成されていないため内容を確認できませんが、正しくプリントされます。

  • 初期設定では、リンクされた EPS ファイルは、高解像度のプレビュー画像として表示されます。リンクされた EPS ファイルがドキュメントウィンドウに表示されない場合は、そのファイルのプレビューが失われている可能性があります(プレビューを PICT 形式で保存した EPS ファイルを Mac OS から Windows へ転送すると、プレビューが失われることがあります)。 EPS ファイルのプレビューを復元するには、プレビューを TIFF 形式として EPS ファイルを保存し直します。EPS を配置したときにパフォーマンスが低下する場合は、プレビューの解像度を低くします。編集/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Windows)または Illustrator/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Mac OS)を選択し、「リンクされた EPS に低解像度の表示用画像(プレビュー)を使用」を選択します。

DCS ファイルの読み込み

Desktop Color Separation(DCS)は、標準 EPS 形式の一種です。 DCS 1.0 形式では CMYK 画像だけがサポートされますが、DCS 2.0 形式ではマルチチャンネル CMYK ファイルに加えて複数の特色インキもサポートされます (特色インキは Illustrator のスウォッチパネルでは特色として表示されます)。 Illustrator では、Photoshop で作成した DCS 1.0 および DCS 2.0 ファイルのクリッピングパスが認識されます。 Illustrator では、DCS ファイルをリンクできますが、DCS ファイルを埋め込んだり、開いたりすることができません。

注意:

リンクパネルで DCS 透明の影響を表示するには、リンクパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、「DCS 形式への透明の影響を表示」を選択します。

AutoCAD ファイルの読み込み

注意:

Illustrator では、AutoCAD 2007 以降で保存されたファイルを開くことができません。

AutoCAD ファイルには、DXF と DWG の両方の形式があります。 AutoCAD のバージョン 2.5 から、バージョン 2007 までのファイルを読み込めます。読み込みの際は、拡大・縮小、単位マッピング(AutoCAD ファイルで長さに関するすべてのデータを解釈するためのカスタム単位)、線幅の拡大・縮小を設定できるほか、どのレイアウトを読み込むかやアートワークを中央揃えにするかどうかを指定できます。

Illustrator は、大半の AutoCAD データに対応しています。これには、3D オブジェクト、形状とパス、外部参照、領域オブジェクト、スプラインオブジェクト(元の形状を維持するベジェオブジェクトにマッピング)、ラスタライズオブジェクトおよびテキストオブジェクトが含まれます。外部参照が含まれている AutoCAD ファイルを読み込むと、参照の内容が Illustrator によって読み取られ、Illustrator ファイル内の適切な場所に配置されます。 外部参照が見つからない場合は、ファイル参照のダイアログが開き、ファイルを検索して取得できるようになります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー