ドキュメント設定オプションの指定

ドキュメント設定ダイアログボックスでは、ドキュメントに関する測定単位、透明グリッドの表示、背景色、入力設定(言語、引用符の種類、上付き文字と下付き文字のサイズ、裁ち落とし、書き出し形式など)の初期設定オプションをいつでも変更できます。「アートボードを編集」ボタンをクリックすると、このダイアログボックスが閉じて、アートボードツールがアクティブになります。

  1. ファイル/ドキュメント設定を選択するか、コントロールパネルの「ドキュメント設定」ボタンをクリックします。このボタンは、何も選択されていない場合に使用できます。
  2. 必要に応じて、オプションを指定します。
  3. アートボードを編集する場合(例えば、方向を縦置きから横置きに変更する場合)、「アートボードを編集」をクリックしてアートボード編集モードに移行します。

    注意:

    ドキュメントを色付きの紙に印刷する場合は、「紙色のシミュレート」オプションが役立ちます。例えば、イエローのアートボード背景にブルーのオブジェクトを描画すると、オブジェクトはグリーンに見えます。 このシミュレーションは、透明グリッドが表示されていないときだけ実行されます。

プリント分割について

作成したアートボードは、初期設定では 1 枚の用紙にプリントされます。ただし、アートワークがプリンターで使用できる用紙サイズより大きい場合は、複数の用紙に分けて印刷するように設定できます。

プリンターで使用できる用紙サイズに合わせてアートボードを分割することを、タイリングと呼びます。アートボードをタイリングするには、プリントダイアログボックスの「一般」セクションでタイルオプションを選択します。アートボードのプリント分割境界を表示するには、表示/プリント分割を表示を選択します。

複数のページに分割したアートボード
複数のページに分割したアートボード

アートボードを複数のタイルに分割すると、ページには、左から右、上から下に向かって、ページ 1 から始まる番号が付けられます。ページ番号は画面上に表示されますが、プリントされません。 このページ番号を使用して、ファイル全体や特定のページのみをプリントできます。

ズームインまたはズームアウト

アートワークをズームインまたはズームアウトする方法はいくつかあります。

  • ズームツール を選択します。 ポインターが、中央にプラス(+)記号のある拡大鏡に変わります。 拡大する領域の中央をクリックするか、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら縮小する領域の中央をクリックします。 クリックするたびに、あらかじめ設定された倍率で表示が拡大または縮小されます。

注意:

Illustrator CC 2017 リリース以降、ズームツールまたはそのショートカットキーを使用して、アートワークの編集中にズームインまたはズームアウトすると、選択したアートが中央に表示されるようになりました。また、選択範囲にアンカーポイントまたはセグメントがある場合に、ズームインまたはズームアウトすると、それらのアンカーポイントが中央に表示されます。選択範囲に合わせたズームを無効にするには、環境設定選択範囲とアンカー表示に移動し、「選択範囲に合わせてズーム」オプションの選択を解除します。

zoom-to-selection_3
  • ズームツールを選択し、マーキーと呼ばれる点線の長方形をドラッグして、拡大する領域を囲みます。マーキーを移動するには、スペースバーを押しながら、新しい位置にマーキーをドラッグします。
  • 表示ズームインまたは表示ズームアウトを選択します。クリックするたびに、あらかじめ設定された倍率で表示が拡大または縮小されます。
  • メインウィンドウの左下またはナビゲーターパネルでズームレベルを設定します。
  • ファイルを 100%表示するには、表示100% 表示を選択するか、ズームツールをダブルクリックします。
  • 選択されたアートボードをウィンドウに全体表示するには、表示アートボードを全体表示を選択するか、手のひらツールをダブルクリックします。
  • ウィンドウにすべてのアートボードを表示するには、表示すべてのアートボードを全体表示を選択します。

表示領域の変更

次のいずれかの操作を行うと、アートボードの別の領域を表示することができます。

  • 表示/100% 表示を選択すると、100%表示ですべてのアートボードを確認できます。
  • すべてのアートボードがスクリーンに表示されるようにズームアウトするには、表示/すべてのアートボードを全体表示を選択します。
  • 作業アートボードにズームインするには、表示/アートボードを全体表示を選択します。
  • ナビゲーターパネルのサムネール表示で、ドキュメントウィンドウに表示する場所をクリックします。 または、サムネール表示内のビューボックスを目的の場所までドラッグします。
  • 手のひらツール  を選択し、アートワークを移動する方向にドラッグします。

ナビゲーターパネル(ウィンドウ/ナビゲーター)では、サムネール表示を使用してアートワークの表示をすばやく変更できます。 ビューボックスと呼ばれるナビゲーターパネル内の枠線は、アートワークウィンドウの現在の画面範囲を示します。

ナビゲーターパネル
ナビゲーターパネル

A. アートワークのサムネール表示 B. パネルメニューボタン C. ズームボックス D. ズームアウトボタン E. ビューボックス F. ズームスライダー G. ズームインボタン 

ナビゲーターパネルは以下のようにしてカスタマイズできます。

  • ナビゲーターパネルにアートボードの境界外部のアートワークを表示するには、パネルメニューの「アートボード上のみ表示」の選択を解除します。
  • ビューボックスのカラーを変更するには、パネルメニューの「パネルオプション」を選択します。 カラーメニューでカラーを選択するか、カラーボックスをダブルクリックしてカスタムカラーを選択します。
  • ドキュメントの破線をナビゲーターパネルでは実線で表示するには、パネルメニューの「パネルオプション」を選択し、「破線を実線として描画」を選択します。

アートワークのアウトライン表示

初期設定では、すべてのアートワークをカラーでプレビューできるように表示が設定されます。 ただし、アートワークのアウトライン(つまりパス)だけを表示することもできます。 ペイント属性を隠してアートワークを表示すると、複雑なアートワークを扱う場合でも再表示が高速に行われます。

アウトライン画面の初期設定では、リンクファイルは内部に X のあるアウトラインボックスとして表示されます。 リンクファイルの内容を表示するには、ファイル/ドキュメント設定を選択し、「アウトライン画面で配置した画像を表示」を選択します。

  • すべてのアートワークをアウトラインとして表示するには、表示/アウトラインを選択します。 アートワークをカラーでプレビューするには、表示/プレビューを選択します。
  • レイヤー内のすべてのアートワークをアウトラインとして表示するには、レイヤーパネルで Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらレイヤーの目のアイコンをクリックします。 もう一度 Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながらクリックすると、アートワークのカラープレビューに戻ります。 アウトライン表示にすると目のアイコンが白抜き になり、プレビュー表示にすると目のアイコンが黒塗り になります。
  • 選択していないレイヤー内の項目をすべてアウトラインとして表示するには、Alt+Ctrl キー(Windows)または Option+Command キー(Mac OS)を押しながら、選択したレイヤーの目のアイコンをクリックします。 または、レイヤーパネルメニューの「その他をアウトライン表示」を選択します。

    ヒント:レイヤーパネルメニューの「すべてのレイヤーをプレビュー」を選択すると、レイヤーパネルのすべての項目をプレビュー表示に戻すことができます。

複数ウィンドウと複数表示の使用

1 つのドキュメントの複数のウィンドウを同時に開くことができます。 各ウィンドウは異なる表示設定を持ちます。 例えば、あるウィンドウでは表示倍率を高くして特定のオブジェクトを綿密に編集しながら、別のウィンドウでは表示倍率を低くして、ページ全体のオブジェクトの配置を調整することができます。

注意:

(Windows)ウィンドウメニューのオプションを使用して、複数開いたウィンドウの配置を必要に応じて変更することができます。 「重ねて表示」を選択すると、ウィンドウが画面の左上から右下に積み重ねて表示されます。「並べて表示」を選択すると、ウィンドウが端から端まで並べて表示されます。「アイコンの整列」を選択すると、プログラムウィンドウ内のウィンドウが最小化されます。

複数ウィンドウを作成するもう一つの方法は、複数表示を作成することです。 1 つのドキュメントにつき、最大 25 種類の表示を作成して保存できます。

複数ウィンドウと複数表示は、次のように異なります。

  • 複数表示はドキュメントと共に保存されますが、複数ウィンドウは保存されません。

  • 複数ウィンドウは同時に表示できます。

  • 複数表示は、複数ウィンドウを開いて表示する場合にのみ同時に表示できます。 表示を変更すると現在のウィンドウが変更され、新しいウィンドウは開かれません。

新しいウィンドウの作成

  • ウィンドウ/新規ウィンドウを選択します。

新規表示の作成

  • 表示を設定し、表示/新規表示を選択し、新規表示の名前を入力して「OK」をクリックします。

表示の名前変更または削除

  • 表示/表示の編集を選択します。

表示の切り替え

  • 表示メニューの下部から表示名を選択します。

アートワークの最終出力媒体によるプレビュー

Illustrator では、アートワークをプリントしたとき、または Web やモバイルデバイスで表示したときに、アートワークの内容がどのように表示されるかを、以下の方法でプレビューすることができます。

オーバープリントプレビューモード(表示/オーバープリントプレビュー)

色分解出力において、ブレンド、透明度、オーバープリントがインキとしてどのように見えるかを予測できます

分版プレビューモード(ウィンドウ/分版プレビュー)

印刷したときに分解がどのように見えるかをプレビューできます。

ピクセルプレビューモード(表示/ピクセルプレビュー)

Web ブラウザーでラスタライズされて表示されたときにアートワークがどのように見えるかを予測します。

分割・統合プレビューパネル(ウィンドウ/分割・統合プレビュー)

保存またはプリントするときに分割・統合の特定の条件を満たすアートワークの領域をハイライト表示します。

簡易校正

特定の種類のモニターまたは出力デバイスでドキュメントのカラーがどのように見えるかを予測します。

アンチエイリアス

ベクターオブジェクトを画面上で滑らかに表示します。これにより、PostScript® プリンターでプリントしたときにベクターアートワークがどのように見えるかが示されます。ベクターアートワークは高解像度で印刷されるのに対し、ディスプレイの解像度は比較的低いので、アンチエイリアスを使用すると便利です。アンチエイリアスを有効にするには、編集/環境設定/一般(Windows)または Illustrator/環境設定/一般(Mac OS)を選択し、「アートワークのアンチエイリアス」を選択して「OK」をクリックします。

Device Central(ファイル/Device Central)

ドキュメントが特定の携帯電話やモバイルデバイスでどのように表示されるかをプレビューすることができます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー