メタデータとは、ファイルに関する標準化された情報のセットです。具体的には、作者名、解像度、カラースペース、著作権、ファイルに適用するキーワードなどです。

ドキュメント情報パネルのファイル情報には、一般的なファイル情報とオブジェクトの特性が、グラフィックスタイルの数とスタイル名、特色、グラデーション、フォント、配置画像などと共に表示されます。

XMP 標準について

Adobe Bridge および Adobe Creative Suite コンポーネントでのメタデータの処理

ドキュメント情報パネルの概要

ドキュメント情報パネルを使用すると、ドキュメントの情報やオブジェクトの情報、また、グラフィックスタイル、特色、パターン、グラデーション、フォントおよび配置画像の名前と数を確認することができます。このパネルを表示するには、ウィンドウ/ドキュメント情報を選択します。

  • 別の種類の情報を表示するには、パネルメニューでオプションを選択します。オプションには、「ドキュメント」、「オブジェクト」、「グラフィックスタイル」、「ブラシ」、「特色オブジェクト」、「パターンオブジェクト」、「グラデーションオブジェクト」、「フォント」、「リンクされた画像」、「埋め込まれた画像」、「フォントの詳細」があります。

  • 選択したオブジェクトの情報だけを表示するには、パネルメニューの「選択内容のみ」を選択します。このオプションの選択が解除されている場合は、ドキュメント全体の情報が一覧表示されます。

  • ファイル情報をテキストファイルに保存するには、パネルメニューの「保存」を選択します。ファイル名と場所を指定して、「保存」をクリックします。

  • アートボードのサイズを表示するには、アートボードツールをクリックし、パネルメニューから「ドキュメント」を選択して、目的のアートボードを選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー