マニュアル キャンセル

パスの描画と編集

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツール
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
        5. アートボード
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. ズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

Illustrator iPad 版でペン、鉛筆、ブラシ、消しゴム、ダイレクト選択ツールの各ツールを使用して、ベクターアートワークを簡単に描画し、編集する方法について説明します。

Illustrator iPad 版と Apple Pencil があれば、作成したベクター描画をペイントして、これまでにないレベルの画像に仕上げることができます。ペン、鉛筆、ブラシ、塗りブラシ、消しゴムなど、Illustrator でよく使われる描画ツールやペイントツールを使用すると、iPad でスムーズに正確なデザインを作成できます。これらのツールは、Illustrator デスクトップ版と同様、左側のツールバーに用意されており、簡単に見つけて使用することができます。詳しくは、Illustrator iPad 版のワークスペースを参照してください。

描画とペイント

描画、ペイントツール

ペンツールを使用した描画

  • 左側のツールバーで、ペンツールをタップします。
  • アンカーポイントを作成するには、アートボードをタップしてコーナーポイントを作成するか、またはタップしてドラッグし、スムーズポイントを作成します。ペンツールを使用しているときに、別のツールに変更することなく、スムーズポイントのハンドルを調整することもできます。

役立つヒントとコツ

プライマリタッチショートカットとして使用するには、タッチショートカットの円をタッチして押したままにします。セカンダリショートカットを使用するには、ショートカットをタッチして押したままにした後、指で外部リングにドラッグします。タッチショートカットについて詳しくは、「タッチショートカットとジェスチャー」を参照してください。

以下は、ペンツールで使用できる便利なタッチショートカットの例です。

  • ハンドルペアの解除:ペンツールを使用して描画する場合は、プライマリタッチショートカットをアクティベートし、アンカーポイントのハンドルをドラッグしてペアを解除します。
削除
ハンドルのペアリングを解除

  • ポイントの追加と削除:ポイントを追加するには、パス上の任意の場所をタップします。既存のポイントを削除するには、そのポイントを長押しします。セカンダリ修飾キーを使用して、新しいアンカーポイントの位置を変更することができます。
  • アンカーハンドルの削除:アンカーハンドルを削除するには、方向ハンドルの端を選択し、右側のタスクバーで「削除」を選択します。
  • パスに沿ってポイントを移動:描画時にパス上にアンカーポイントを移動するには、セカンダリタッチショートカット(外側の円リング)を有効にします。
  • コーナーをスムーズに切り替え:ポイントをダブルタップして、点を角から曲線へ、またはその逆に変換します。

ペンツールで描画する場合、キーボードショートカットを使用してアンカーポイントを制御できます。

関連項目:Illustrator デスクトップ版でのペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画

鉛筆ツールを使用した描画

  1. 左側のツールバーで、鉛筆ツールをタップします。
  2. フリーハンドでパスを描画するには、アートボード上を鉛筆ツールで自由にドラッグします。
  3. 描画中に停止してさらに描画を続けるとコーナーポイントが作成されます。
  4. 鉛筆ツールで描画しているときに、いつでもプライマリタッチショートカットキーを押すと、自由形式の直線を作成できます。
  5. 鉛筆ツールで描画しているときにセカンダリタッチショートカットキーを押すと、45 度や 90 度の直線を描くことができます。

 

 

 

鉛筆の滑らかさの設定

鉛筆ツールの滑らかさを設定するには、ツールバーの下部にある をタップします。

滑らかさの値を指定するか、スライダーを使用して値を選択します。滑らかさの最小値は 0 で、最大値は 10(最も滑らかな曲線)です。

鉛筆の滑らかさ
鉛筆の滑らかさは、0~10 のいずれかの値を設定できます。

ブラシツールで描画

ブラシツールを使用して、パスのアピアランスをスタイル設定します。ブラシストロークを既存のパスに適用したり、ブラシツールを使用してパスを作成すると同時にブラシストロークを適用したりできます。

ブラシツールパネルには、ドキュメント、アート、カリグラフィなど、様々な種類のブラシが表示されます。これらのブラシを使用すると、次の効果が得られます。

ブラシ

効果

ドキュメント

新規または既存のパスのデフォルトブラシのコレクションです。

アート

新規または既存のパスに、芸術的なパターンのストロークを作成します。

カリグラフィ

ペン先が斜めにカットされたカリグラフィペンで描いたようなストロークを、パスの中心を基準に作成します。

ブラシツールパネル

ブラシツールの基本については以下のとおりです。
  1. をダブルタップしてを選択し、ブラシツールを使用します。
  2. ツールパネルのすべてセクションからブラシを選択します。
  • お気に入りのブラシをお気に入りセクションに追加します。
  • +」をクリックして、独自のアートブラシまたはカリグラフィブラシを作成します。
ブラシツールパネル
ブラシツールパネル

独自のブラシを作成

ドキュメント、アート、またはカリグラフィブラシを作成

次に、独自のブラシを作成する方法を説明します。
  1. をタップして、ブラシとして使用するオブジェクトを選択します。
  2. をタップし、ブラシツールパネルの下部にある「+」をクリックします。
  • 新規アートブラシ:ブラシ伸縮オプション、方向、着色などのパラメーターを設定し、「ブラシを保存」をクリックして新しいアートブラシを作成します。
  • 新規カリグラフィブラシ:真円率、角度、サイズ、筆圧変化などのパラメーターを設定し、「ブラシを保存」をクリックして新しいカリグラフィブラシを作成します。

パスへのブラシスタイルの適用

ドキュメント、アート、またはカリグラフィブラシを適用

パスにブラシを適用する方法は次のとおりです。
  1. をタップして、アートボード
    からブラシを適用するパスを選択します。
  2. をタップして、ドキュメント、アート、またはカリグラフィのブラシを作成します。
  3. 右側のツールバーのをタップし、プロパティセクションを使用してブラシのアピアランスと線を変更します。

お気に入りに追加

次に、お気に入りにブラシを追加する方法について説明します。

  1. 左側のツールバーのをタップします。
  2. もう一度タップしてを選択し、ブラシツールパネルを使用します。
  3. 追加する「アート」または「カリグラフィブラシ」オプションをクリックします。
  4. スターのアイコンをクリックして、お気に入りセクションに選択したブラシを保存します。

塗りブラシツールを使ったペイント

塗りが適用されたシェイプを塗りブラシツールでペイントすることにより、同じカラーの別のシェイプと重ねて結合させることができます。

塗りブラシ
塗りブラシの設定

塗りブラシツールの基本については以下のとおりです。
  1. 左側のツールバーで、鉛筆ツールをダブルタップまたは長押しします。ネストされたツールグループの中に、塗りブラシツール が表示されます。塗りブラシをクリックします。
  2. 塗りブラシツールを選択した後に表示されるオプションで、ブラシの種類や丸みを選択します。デフォルトのブラシの種類は、「ラウンド」です。
  3. アートボード上にポイントを作成するには、アートボード上をタップします。アンカーポイントをドラッグして編集します。

塗りブラシのサイズの設定

塗りブラシのサイズを設定するには、ツールバーの下部にある をタップします。サイズをポイント単位で入力するか、スライダーで最適なサイズを選択します。デフォルトのサイズは 8 pt です。

塗りブラシの滑らかさの設定

塗りブラシの滑らかさを設定するには、ツールバーの下部にある をタップします。

滑らかさの値を指定するか、スライダーを使用して値を選択します。滑らかさの最小値は 1(スムージングなし)で、最大値は 100(最も滑らかな曲線)です。

塗りブラシでストロークのスムージング
塗りブラシでストロークのスムージング

ストロークの描画中または描画後に塗りブラシでスムージング効果を設定する方法については、アプリケーションの環境設定の管理」を参照してください。

塗りブラシのオプションの設定

塗りブラシ
塗りブラシのオプション

ブラシ設定を表示するには、塗りブラシが選択されているときにツールバーに表示される アイコンをクリックします。

ブラシ設定には、次の項目があります。

  • 真円率:ブラシの真円率を設定します。プレビューボックス内で黒い点を外側または内側にドラッグするか、「真円率」テキストボックスに値を入力します。この値を大きくするほど、ペン先が丸くなります。
  • 角度:ツールの回転角度を指定します。プレビューボックス内の矢印をドラッグするか、「角度」テキストボックスに値を入力します。
  • 筆圧変化:ダイナミックブラシ線を描画するためのスタイラスペン(Apple Pencil)の筆圧を指定します。ブラシ線の太さは、iPad で描画するときに、スタイラスに適用される筆圧によって変化します。関連項目:アプリケーションの環境設定の管理
  • ブラシストロークを結合:このオプションをタップすると、既存の線に同じ塗りカラーが適用されている場合に、その線に描画された新しい線が結合されます。
  • 尖端設定:ブラシストロークの影響を制御し、ブラシストロークの開始と終了を変更します。

尖端設定を変更するには、以下の手順を実行します。

  1. 尖端設定」をタップして、その他のオプションを表示します。
  2. 尖端モードで、「長さ」または「速度」を選択します。
  3. 開始の尖端」または「終了の尖端」のスライダーをドラッグして、ブラシストロークの開始と終了を変更します。

消しゴムツールを使用した編集

クイック編集をおこなうには、ツールバーにあらかじめ用意されている消しゴムツールを選択します。 をタップして、消しゴムツールを使用します。消しゴムのサイズを設定するには、ツールバーの下部にある「消しゴムのサイズ」オプションでサイズを指定するか、スライダーを使用して値を選択します。

消しゴムツールを使用するには、消去する領域をドラッグします。

関連項目:Illustrator デスクトップ版での消しゴムツール

ダイレクト選択ツールを使用したパスの編集

パス上のアンカーポイントを表示するには、ツールバーで をタップします。

ダイレクト選択ツールを使用すると、デザイン内に簡単に角度や曲線を作成できるとともに、パスの方向を容易に変更できます。

アンカーポイントを選択すると、よく使われる操作を表示するコンテキストウィジェットがカンバス上に表示されます。このウィジェットで次のオプションをタップすると、カンバスから直接かつ迅速にパスを編集できます。または、アンカーポイントをタップし、それらのパス編集オプションをタスクバーから選択することもできます。

関連項目:パスセグメントの調整

コンテキストオプションを使用したパスの編集

パスを編集するには、パスを選択したときに表示されるコンテキストウィジェットを使用するか、タスクバーで をタップしてパス編集オプションを使用します。

Illustrator iPad 版
パスのオプションの編集

A)パスをカット:このオプションをタップすると、パスをカットするためのパス上のアンカーポイントが削除されます。関連項目:Illustrator デスクトップ版でのオブジェクトのカット、分割およびトリミング

B)スムーズに切り替え:アンカーポイントをタップした後、このオプションをタップすると、接続パスが曲線になります。

C)コーナーに切り替え:アンカーポイントをタップした後、このオプションをタップすると、曲線のパスがコーナーポイントになります。このアンカーポイントを結合するパスは、直線に変換されます。

D)パスを連結:このオプションをタップすると、2 つのパスがアンカーポイントで結合されます。関連項目:Illustrator デスクトップ版での複数のパスの連結

E)パスを単純化:このオプションをタップすると、元のパスシェイプに大きな変更を加えずに、不要なアンカーポイントを削除し、複雑なアートワークに対して最適化されたシンプルなパスを作成できます。関連項目:Illustrator デスクトップ版でのパスの単純化

F)スマート削除:アンカーポイントをタップし、このオプションをタップすると、パスを切断せずにアンカーポイントが削除されます。パスは、最も近くにあるアンカーポイントと自動的に結合されます。

G)削除:アンカーポイントをタップし、このオプションをタップすると、アンカーポイントが削除されます。

削除
アンカーポイントの削除

次のステップ

ご質問またはアイデアの共有

コミュニティで質問する

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。ご意見をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン