Adobe Illustrator で効果、アピアランスパネルおよびグラフィックスタイルパネルを使用すると、オブジェクト、グループまたは、レイヤーのアピアランスを変えることができます。また、1 つのオブジェクトを複数の必須部分に分割して、オブジェクト要素を個別に修正することもできます。

アピアランス属性について

アピアランス属性は、基本構造を変更せずにオブジェクトの外観にのみ作用するプロパティです。 アピアランス属性には、塗り、線、透明度および効果があります。 オブジェクトにアピアランス属性を適用した後、その属性を編集または削除した場合でも、基本となるオブジェクトや、そのオブジェクトに適用されている他の属性は変更されません。

アピアランス属性はレイヤー階層のどのレベルに対しても設定できます。 例えば、あるレイヤーにドロップシャドウ効果を適用すると、そのレイヤー上のすべてのオブジェクトにドロップシャドウが適用されます。 ただし、オブジェクトをレイヤーの外に移動すると、ドロップシャドウ効果は失われます。これは、ドロップシャドウ効果がレイヤー上の各オブジェクトに対してではなく、レイヤーに対して適用されているためです。

アピアランスパネルは、アピアランス属性の操作に使用します。 レイヤー、グループ、オブジェクト、さらには塗りや線にもアピアランス属性を適用できるので、アートワーク内の属性の階層が非常に複雑になることがあります。 例えば、ある効果をレイヤー全体に適用し、別の効果をそのレイヤーのオブジェクトに適用した場合、どちらの効果によってアートワークが変化したのかを判断することが困難な場合があります。 アピアランスパネルには、オブジェクト、グループまたはレイヤーに適用している塗り、線、グラフィックスタイルおよび効果が表示されます。

アピアランスパネルとグラフィックスタイルパネルの使用に関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid4022_ai を参照してください。

アピアランスパネルの概要

アピアランスパネル(ウィンドウ/アピアランス)を使用して、オブジェクト、グループまたはレイヤーのアピアランス属性を表示し調整します。 塗りと線は重なり順に表示されます。パネルの一番上がアートワークの最前面、一番下が最背面にあたります。 効果は、アートワークに適用した順序で上から順に表示されます。

アピアランスパネルとグラフィックスタイルパネルの使用に関するビデオについては、www.adobe.com/go/lrvid4022_ai を参照してください。

グループ化されたオブジェクトの各属性を示すアピアランスパネル
グループ化されたオブジェクトの各属性を示すアピアランスパネル

A. 線、塗り、ドロップシャドウ効果が適用されたパス B. 効果が適用されたパス C. 新規線を追加ボタン D. 新規塗りを追加ボタン E. 新規効果を追加ボタン F. アピアランスを消去ボタン G. 選択した項目を複製ボタン 

アピアランスパネルの項目内容の表示

他の項目が含まれたレイヤーやグループなどを選択すると、アピアランスパネルに内容項目が表示されます。

  • 「内容」項目をダブルクリックします。

アピアランスパネルでのテキストオブジェクトの文字属性の表示

テキストオブジェクトを選択すると、アピアランスパネルに文字項目が表示されます。

  1. アピアランスパネルの文字項目をダブルクリックします。

    Note:

    アピアランスが混在したテキストの個々の文字属性を表示するには、その文字を選択します。

  2. パネルの上部にある「テキスト」をクリックして、メインビューに戻ります。

選択したオブジェクトの属性のオンとオフの切り替え

  • 個々の属性をオンまたはオフにするには、属性の横にある目のアイコンをクリックします。

  • 非表示の属性をすべてオンにするには、アピアランスパネルメニューから「すべての非表示属性を表示」を選択します。

属性の編集

  • 属性行をクリックして、値を表示し設定します。

  • 下線付きのテキスト文字をクリックして、表示されるダイアログボックスに新しい値を指定します。

アピアランスパネルでのサムネールの表示または非表示

  • アピアランスパネルメニューの「サムネールを表示」または「サムネールを隠す」を選択します。

アピアランス属性を新しいオブジェクトに適用する方法の指定

新しいオブジェクトにアピアランス属性を継承させるか、または基本属性のみを適用するかを指定できます。

  • 塗りと線だけを新しいオブジェクトに適用するには、パネルメニューの「新規アートに基本アピアランスを適用」を選択します。

  • 現在のアピアランス属性をそのまま新しいオブジェクトに適用するには、パネルメニューの「新規アートに基本アピアランスを適用」の選択を解除します。

アピアランス属性の項目のターゲット設定

レイヤー、グループまたはオブジェクトにアピアランス属性を設定したり、スタイルや効果を適用したりする場合は、事前にレイヤーパネルでターゲット項目を指定しておく必要があります。 オブジェクトやグループを何らかの方法で選択すると、そのオブジェクトやグループはレイヤーパネルでもターゲットとして指定されます。ただし、レイヤーをターゲットとして指定するには、必ずレイヤーパネルを使用する必要があります。

アピアランス属性を含む項目はレイヤーパネル内のグレーのターゲットアイコンで表示されます。
アピアランス属性を含む項目はレイヤーパネル内のグレーのターゲットアイコンで表示されます。

A. ターゲット指定とアピアランスのコラム B. 選択コラム C. アピアランス属性を持つグループ D. アピアランス属性を持つレイヤー E. アピアランス属性を持つオブジェクト 

ターゲットアイコンは、レイヤー階層の項目がアピアランス属性を持っているかどうか、およびターゲットとして指定されているかどうかを示します。

  • は、その項目がターゲットとして指定されておらず、1 つの塗りと 1 つの線以外にアピアランス属性を持っていないことを示します。

  • は、その項目がターゲットとして指定されていませんが、アピアランス属性を持っていることを示します。

  • は、その項目がターゲットとして指定されていますが、1 つの塗りと 1 つの線以外にアピアランス属性を持っていないことを示します。

  • は、その項目がターゲットとして指定されており、アピアランス属性を持っていることを示します。

    レイヤーパネルで項目をターゲットに指定するには、項目のターゲットアイコンをクリックします。二重リング または は、その項目がターゲットとして指定されていることを示します。さらに別の項目をターゲットとして追加指定するには、Shift キーを押しながら目的の項目をクリックします。

    注意:オブジェクトまたはグループを何らかの方法で選択すると、その項目はレイヤーパネルでもターゲットとして指定されます。一方、レイヤーをターゲットとして指定するには、レイヤーパネルでターゲットアイコンをクリックする必要があります。

アピアランス属性の操作

アピアランス属性の編集と追加

効果などのアピアランス属性を開き、いつでも設定を変更できます。

  • アピアランスパネルで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • 属性を編集するには、青い下線付きの属性の名前をクリックし、表示されるダイアログボックスに変更を指定します。

    • 塗りのカラーを編集するには、塗りの行をクリックして、カラーボックスから新しいカラーを選択します。

    • 新しい効果を追加するには、新規効果を追加アイコン  をクリックします。

    • 属性を削除するには、属性の行をクリックして、削除アイコン  をクリックします。

アピアランス属性の複製

  • アピアランスパネルで属性を選択し、次のいずれかの操作をおこないます。

    • アピアランスパネルで選択した項目を複製ボタン をクリックするか、パネルメニューの「項目を複製」を選択します。

    • パネル内で、選択した項目を複製ボタンの上にアピアランス属性をドラッグします。

アピアランス属性の重なり順の変更

  • アピアランスパネル内でアピアランス属性を上下にドラッグします(項目の横にある三角形の切り替えボタンをクリックすると、内容が表示されます)。ドラッグしているアピアランス属性のアウトラインが適切な位置に表示されたら、マウスボタンを放します。

    線に適用したドロップシャドウ効果(上部)および塗りに移動した同じドロップシャドウ効果(下部)
    線に適用したドロップシャドウ効果(上部)および塗りに移動した同じドロップシャドウ効果(下部)

アピアランス属性の削除または非表示

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • アートワークに適用された属性を一時的に非表示にするには、アピアランスパネルの表示アイコン をクリックします。もう一度クリックすると、適用された属性が再び表示されます。

    • 特定の属性を削除するには、アピアランスパネルでその属性を選択して、削除アイコン をクリックします。または、パネルメニューの「項目を削除」を選択するか、属性を削除ボタンにドラッグします。

    • 塗りと線以外のすべてのアピアランス属性を削除するには、パネルメニューの「基本アピアランスを適用」を選択します。または、レイヤーパネルで項目のターゲットアイコンを、削除ボタンにドラッグします。

    • 塗りまたは線を含むすべてのアピアランス属性を削除するには、アピアランスパネルでアピアランスを消去ボタン をクリックするか、パネルメニューの「アピアランスを消去」を選択します。

オブジェクト間でのアピアランス属性のコピー

アピアランス属性をドラッグするか、スポイトツールを使用すると、アピアランス属性をコピーまたは移動できます。

ドラッグによるアピアランス属性のコピー

  1. アピアランスをコピーするオブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • アピアランスパネルの上部にあるサムネールをドキュメントウィンドウのオブジェクトに向かってドラッグします。サムネールが表示されていない場合は、パネルメニューの「サムネールを表示」を選択します。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、コピーしたいアピアランス属性を持つターゲットアイコンを適用先の項目までドラッグします。

    • アピアランス属性を移動するには、レイヤーパネルで、目的の属性を持つ項目のターゲットアイコンを、その属性を適用する項目にドラッグします。

スポイトツールを使用したアピアランス属性のコピー

スポイトツールを使用して、文字オブジェクトの文字、段落、塗り、線の属性も含めて、あるオブジェクトのアピアランス属性を別のオブジェクトにコピーすることができます。 スポイトツールは、初期設定では、選択されているオブジェクトのすべての属性をコピーします。スポイトツールの対象となる属性を変更するには、スポイトダイアログボックスを使用します。

  1. 変更するオブジェクト、テキストオブジェクトまたは文字列を選択します。

  2. スポイトツール  を選択します。

  3. 抽出する属性を持つオブジェクトの上にスポイトツールを移動します。文字の上に正しく移動すると、ポインターに小さな T 字が表示されます。

  4. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • スポイトツールをクリックすると、すべてのアピアランス属性が抽出され、選択したオブジェクトに適用されます。

    • Shift キーを押しながらグラデーション、パターン、メッシュオブジェクトまたは画像の一部をクリックすると、クリックした場所のカラーだけが抽出され、選択した塗りや線に適用できます。

    • オブジェクトのアピアランス属性を、選択したオブジェクトのアピアランス属性に追加するには、Shift + Alt キー(Windows)または Shift + Option キー(Mac OS)を押しながらオブジェクトをクリックします。または、最初にオブジェクトをクリックしてから Shift + Alt キー(Windows)または Shift + Option キー(Mac OS)を押しても同じ結果になります。

      注意:また、選択されていないオブジェクトをクリックして、その属性を抽出し、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら別の選択されていないオブジェクトをクリックして、属性を適用することもできます。

スポイトツールを使用したデスクトップからの属性のコピー

  1. 選択ツールで、属性を変更するオブジェクトを選択します。

  2. スポイトツールを選択します。

  3. ドキュメント内をクリックし、そのままマウスボタンを押し続けます。

  4. マウスボタンを押したまま、コピーする属性を持つデスクトップ上のオブジェクトまでマウスポインターを移動します。オブジェクトの上で、マウスボタンを放します。

    Note:

    現在のドキュメント以外の場所でスポイトツールを使用すると、RGB カラーのみが抽出されます。スポイトツールの右側に表示される黒い正方形は、画面から RGB カラーを抽出していることを示します。

スポイトツールを使用してコピーできる属性の指定

  1. スポイトツールをダブルクリックします。

  2. スポイトツールでコピーする属性を選択します。透明、塗りと線の各種プロパティなどに加えて、文字列と段落のプロパティのアピアランス属性も抽出できます。

  3. ラスタライズ画像からの抽出ポップアップメニューで、サンプルを抽出するエリアサイズを選択します。

  4. 「OK」をクリックします。

This work is licensed under a Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License  Twitter™ and Facebook posts are not covered under the terms of Creative Commons.

Legal Notices   |   Online Privacy Policy