行間と字間

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツールデフォルトのキーボードショートカット | Illustrator
      4. ショートカットキーのカスタマイズ
      5. アートボード
      6. ワークスペースのカスタマイズ
      7. プロパティパネル
      8. 環境設定の指定
      9. タッチワークスペース
      10. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      11. 復帰、取り消し、自動処理
      12. ビューを回転
      13. 定規、グリッド、ガイド
      14. Illustrator でのアクセシビリティ
      15. セーフモード
      16. アートワークの表示
      17. Illustrator での Touch Bar の使用
      18. ファイルとテンプレート
      19. Adobe Creative Cloud で設定を同期
    3. Illustrator のツール
      1. 選択ツール
        1. 概要
        2. 選択ツール
        3. ダイレクト選択ツール
        4. 投げ縄
      2. ナビゲーション
        1. 概要
        2. 3D カメラをズーム
        3. ビューを回転
      3. ペイント
        1. 概要
        2. グラデーション
        3. シェイプ形成
      4. 文字
        1. 概要
        2. 文字
        3. パス上文字
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリケーション設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. 書体とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. 画像を操作
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトの作成
      4. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの作成
      2. フォントとタイポグラフィ
      3. 書式設定の種類
      4. テキストの読み込みと書き出し
      5. 段落の書式設定
      6. 特殊文字
      7. パステキストの作成
      8. 文字スタイルと段落スタイル
      9. タブ
      10. テキストと文字
      11. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      12. Illustrator 10 からのテキストの更新
      13. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      14. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      15. 3D テキスト効果を作成
      16. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      17. 文字の拡大・縮小と回転
      18. 行間と字間
      19. ハイフネーションと改行
      20. テキストの機能強化
      21. スペルチェックと言語の辞書
      22. 日本語の書式設定
      23. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      24. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      25. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. アートワークファイルの読み込み
      2. ビットマップ画像の読み込み
      3. Photoshop からのアートワークの読み込み
      4. 複数ファイルの配置 | Illustrator CC
      5. 画像の埋め込み解除
      6. Adobe PDF ファイルの読み込み
      7. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
      8. リンク情報
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. エクスポート
      1. アートワークの書き出し
      2. アセットの収集と一括書き出し
      3. ファイルのパッケージ
      4. Adobe PDF ファイルの作成
      5. CSS の抽出 | Illustrator CC
      6. Adobe PDF オプション
      7. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. 起動時にクラッシュが起こる問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. GPU デバイスドライバーの問題
    5. Wacom デバイスの問題
    6. DLL ファイルの問題
    7. メモリの問題
    8. 環境設定ファイルの問題
    9. フォントに関する問題
    10. プリンターの問題
    11. クラッシュレポートをアドビと共有

行送りの設定

行と行の垂直方向の間隔は行送りと呼ばれます。 行送りとは、1 つのテキスト行のベースラインからその上の行のベースラインまでの距離を示します。 ベースラインとは、文字の下の部分を結ぶ見えない線を指します。

初期設定である「自動」行送りでは、行送りが書体サイズの 120 %に設定されます(例えば、10 ポイントの文字の行送りは 12 ポイントになります)。「自動」オプションが使用されている場合は、文字パネルの行送りメニューに行送り値が括弧で示されます。 この初期設定の自動行送りの値を変更するには、段落パネルメニューの「ジャスティフィケーション設定」を選択して、0 ~ 500 %の範囲で値を指定します。

初期設定では、行送りは文字の属性として指定されるので、1 つの段落に複数の行送り値を適用することができます。 1 つの行に複数の行送り値が指定されている場合は、最大値がその行の行送りになります。

注意:

横組みの日本語テキストでは、行送りの基準を行のベースラインにするか、行の上端にするかを指定できます。

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。 テキストを選択しなかった場合、行送りは新しく作成するテキストに適用されます。
  2. 文字パネルで、行送りオプション (縦組みテキストの場合は )を設定します。

ベースラインのシフト

「ベースラインシフト」オプションを使用すると、横組みテキストのベースラインに相対して文字を上下に移動することができます(縦組みテキストの場合は、左右に移動)。 ベースラインの移動は、分数を手動で作成したり、絵文字フォントの位置を調整したりする場合に使用します。

  1. 変更する文字列またはテキストオブジェクトを選択します。テキストを選択しなかった場合、ベースラインの移動は新しく作成するテキストに適用されます。
  2. 文字パネルで、ベースラインシフトオプションを設定します。 正の値を入力すると、選択した文字のベースラインが周囲の文字のベースラインよりも上に移動します。負の値を入力すると、下に移動します。
    ベースラインシフト値を設定した文字
    ベースラインシフト値を設定した文字

カーニングと字送りの調整

カーニングとは、特定の文字の組み合わせの文字間隔を調整する処理です。 トラッキングとは、選択したテキストまたはテキストブロック全体の文字間隔を調整する処理です。

注意:

カーニング値および字送り値は日本語のテキストにも有効ですが、通常、これらのオプションは欧文文字間のアキを調整するために使用されます。

メトリクスカーニングまたはオプティカルカーニングを使用すると、自動的に文字をカーニングすることができます。 メトリクスカーニング自動カーニングとも呼ばれます)では、ほとんどのフォントに含まれるペアカーニング情報が使用されます。 ペアカーニングには、特定の文字の組み合わせに対する間隔情報が定義されています。 この文字の組み合わせには、LA、P.、To、Try、Ta、Tu、Te、Ty、Wa、WA、We、Wo、Ya、Yo などがあります。 メトリクスカーニングを使用するように初期設定されているので、テキストの入力または読み込み時に、特定の文字の組み合わせに対して自動的にカーニングが行われます。

欧文フォントの中には、固有のペアカーニング情報を持っているフォントもありますが、 最小限のカーニングしか定義されていないか、まったくカーニングが定義されていないフォントを使用する場合や、1 行内に異なるフォントやサイズを使用している場合は、オプティカルカーニングオプションを使用してカーニングを調整します。 オプティカルカーニングでは、文字の形状に基づいて、隣接する文字の間隔が調整されます。

カーニングとトラッキングのオプション
カーニングとトラッキングのオプション

A. 元のテキスト B. オプティカルカーニングを行ったテキスト C. W と a に手動カーニングを行ったテキスト D. トラッキングを行ったテキスト E. カーニングとトラッキングを行ったテキスト 

手動カーニングを使用して、2 つの文字間の間隔を調整することもできます。 トラッキングと手動カーニングで設定した値はテキストに対してそれぞれ適用されるので、まず個々の文字間隔を調整してからテキストブロック全体の文字間隔を調整すると、文字間の相対的なカーニングを保持できます。

文字間をクリックして挿入ポイントを置くと、文字パネルにカーニング値が表示されます。 オプティカルカーニング値(既定のペアカーニング値)は、かっこ内に表示されます。 同様に、単語またはテキストの範囲を選択すると、文字パネルにトラッキング値が表示されます。

字送りとカーニングの値は、現在の書体サイズを基準とした 1/1000 em 単位で指定します。 1 em は、6 ポイントのフォントでは 6 ポイントになり、10 ポイントのフォントでは 10 ポイントになります。 カーニングと字送りは、現在の書体サイズに比例します。

注意:

カーニング値およびトラッキング値は日本語のテキストにも有効ですが、通常これらのオプションは欧文文字間のアキを調整するために使用されます。

カーニングの調整

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 選択した文字のフォントに定義されたカーニング情報を使用するには、文字パネルのカーニングオプションで「自動」または「メトリクス」を選択します。

    • 選択した文字の間隔をその文字サイズに基づいて自動的に調整するには、文字パネルのカーニングオプションで「オプティカル」を選択します。

    • 手動でカーニングを調整するには、2 つの文字の間に挿入ポイントを置き、文字パネルでカーニングオプションの値を設定します (テキストの一部を選択している場合は、手動カーニングを行うことはできません。 代わりにトラッキングを使用します)。

      ヒント:Alt+ 右 / 左向き矢印キー(Windows)または Option+ 右 / 左向き矢印キー(Mac OS)を押して、2 つの文字間のカーニングを増減します。

    • 選択した文字のカーニングをオフにするには、文字パネルでカーニングオプションを 0(ゼロ)に設定します。

      その他:文字の操作方法の一覧を表示するには、ヘルプで「ショートカットキー」を検索します。

トラッキングの調整

  1. 調整する文字範囲またはテキストオブジェクトを選択します。
  2. 文字パネルで、トラッキングオプションを設定します。

文字幅の調整をオフまたはオンにする

このソフトウェアでは初期設定で、「文字幅を調整」オプションが使用されます。 そのため、文字間隔は一定ではなく、1 ピクセル未満の単位で文字幅が調整されることもあります。

多くの場合、「文字幅を調整」オプションを選択すると、テキストの見た目と読みやすさの両方の点で最適な文字間隔が設定されます。 ただし、小さいサイズの文字(20 ポイント未満)をオンライン表示する場合、「文字幅を調整」オプションが選択されていると、文字同士がくっついたり間隔が開きすぎたりして読みにくくなります。

「文字幅を調整」をオフにして、文字間隔を全ピクセル増分に固定すると、小さいテキスト同士がくっついてしまうのを防ぐことができます。 「文字幅を調整」オプションの設定は、テキストレイヤー上のすべての文字に適用されます。選択した文字だけに適用することはできません。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • ピクセル単位でドキュメント全体の文字間隔を設定するには、文字パネルメニューの「システムレイアウト」を選択します。

    • 文字幅の調整を再び有効にするには、文字パネルメニューの「文字幅を調整」を選択します。

アドビのロゴ

アカウントにログイン