マニュアル キャンセル

効果の操作

  1. Illustrator ユーザーガイド
  2. Illustrator とは
    1. Illustrator の概要
      1. Illustrator の新機能
      2. よくある質問
      3. Illustrator の必要システム構成
      4. Apple Silicon での Illustrator の使用
    2. ワークスペース
      1. ワークスペースの基本
      2. ドキュメントの作成
      3. ツールバー
      4. デフォルトのショートカットキー
      5. ショートカットキーのカスタマイズ
      6. アートボード入門
      7. アートボードの管理
      8. ワークスペースのカスタマイズ
      9. プロパティパネル
      10. 環境設定の指定
      11. タッチワークスペース
      12. Illustrator での Microsoft Surface Dial のサポート
      13. 復帰、取り消し、履歴、自動処理
      14. ビューを回転
      15. 定規、グリッド、ガイド
      16. Illustrator でのアクセシビリティ
      17. セーフモード
      18. アートワークの表示
      19. Illustrator での Touch Bar の使用
      20. ファイルとテンプレート
    3. Illustrator のツール
      1. ツール一覧
      2. 選択ツール
        1. 選択
        2. ダイレクト選択
        3. グループ選択
        4. 自動選択
        5. 投げ縄
        6. アートボード
      3. ナビゲートツール
        1. 手のひら
        2. ビューを回転
        3. ズーム
      4. ペイントツール
        1. グラデーション
        2. メッシュ
        3. シェイプ形成
      5. テキストツール
        1. 文字
        2. パス上文字
        3. 縦書き文字
      6. 描画ツール
        1. ペン
        2. アンカーポイントの追加
        3. アンカーポイントの削除
        4. アンカーポイント
        5. カーブ
        6. 直線セグメント
        7. 長方形
        8. 角丸長方形
        9. 楕円形ツール
        10. 多角形
        11. スター
        12. ペイントブラシ
        13. 塗りブラシ
        14. 鉛筆
        15. Shaper
        16. スライス
      7. ツールを変更
        1. 回転
        2. リフレクト
        3. 拡大/縮小
        4. シアー
        5. 自由変形
        6. スポイト
        7. ブレンド
        8. 消しゴム
        9. はさみ
  3. Illustrator iPad 版
    1. Illustrator iPad 版のご紹介
      1. Illustrator iPad 版の概要
      2. Illustrator iPad 版についてのよくある質問
      3. 必要システム構成 | Illustrator iPad 版
      4. Illustrator iPad 版で実行できる操作とできない操作
    2. ワークスペース
      1. Illustrator iPad 版のワークスペース
      2. タッチショートカットとジェスチャー
      3. Illustrator iPad 版のキーボードショートカット
      4. アプリ設定を管理
    3. ドキュメント
      1. Illustrator iPad 版でのドキュメントの操作
      2. Photoshop および Fresco ドキュメントの読み込み
    4. オブジェクトの選択と配置
      1. リピートオブジェクトの作成
      2. オブジェクトのブレンド
    5. 描画
      1. パスの描画と編集
      2. シェイプの描画と編集
    6. 文字
      1. テキスト編集とフォントの操作
      2. パス上のテキストデザインの作成
      3. カスタムフォントを追加
    7. 画像を操作
      1. ラスタライズ画像のベクター化
    8. カラー
      1. カラーとグラデーションの適用
  4. クラウドドキュメント
    1. 基礎知識
      1. Illustrator クラウドドキュメントの操作
      2. Illustrator クラウドドキュメントの共有と共同作業
      3. Adobe Illustrator 用のクラウドストレージのアップグレード
      4. Illustrator クラウドドキュメント | よくある質問
    2. トラブルシューティング
      1. Illustrator クラウドドキュメントの作成または保存時のトラブルシューティング
      2. トラブルシューティング:Illustrator クラウドドキュメントで発生する問題
  5. コンテンツの追加と編集
    1. 描画
      1. 描画の基本
      2. パスの編集
      3. ピクセルパーフェクトなアートの描画
      4. ペンツール、曲線ツール、または鉛筆ツールを使用した描画
      5. 単純な線とシェイプの描画
      6. 画像トレース
      7. パスの単純化
      8. 遠近グリッドの定義
      9. シンボルツールとシンボルセット
      10. パスセグメントの調整
      11. 5 つの簡単なステップで花をデザイン
      12. 遠近描画
      13. シンボル
      14. Web ワークフローのピクセル整合パスの描画
    2. 3D 効果と Adobe Substance マテリアル
      1. Illustrator の 3D 効果について
      2. 3D グラフィックの作成
      3. 3D オブジェクトへのアートワークのマッピング
      4. 3D オブジェクトの作成
      5. 3D テキストの作成
    3. カラー
      1. カラーについて
      2. カラーの選択
      3. スウォッチの使用と作成
      4. カラー調整
      5. Adobe Color テーマパネルの使用
      6. カラーグループ(カラーハーモニー)
      7. Color テーマパネル
      8. アートワークの再配色
    4. ペイント
      1. ペイントについて
      2. 塗りと線を使用したペイント
      3. ライブペイントグループ
      4. グラデーション
      5. ブラシ
      6. 透明と描画モード
      7. オブジェクトにストロークを適用する
      8. パターンの作成と編集
      9. メッシュ
      10. パターン
    5. オブジェクトの選択と配置
      1. オブジェクトの選択
      2. レイヤー
      3. オブジェクトのグループ化と分割・拡張
      4. オブジェクトの移動、整列、分布
      5. オブジェクトの重ね合わせ    
      6. オブジェクトのロック、非表示、および削除
      7. オブジェクトの複製
      8. オブジェクトの回転とリフレクト
    6. オブジェクトのリシェイプ
      1. 画像の切り抜き
      2. オブジェクトの変形
      3. オブジェクトの組み合わせ
      4. オブジェクトのカット、分割、トリミング
      5. パペットワープ
      6. オブジェクトの拡大・縮小、傾斜、および変形
      7. オブジェクトのブレンド
      8. エンベロープを使用した変形
      9. 効果を使用したオブジェクトの変形
      10. Shaper ツールやシェイプ形成ツールを使ったシェイプの新規作成
      11. ライブコーナーの操作
      12. リシェイプワークフローの強化とタッチ操作のサポート
      13. クリッピングマスクの編集
      14. ライブシェイプ
      15. シェイプ形成ツールを使用したシェイプの作成
      16. オブジェクトを一括選択
    7. 文字
      1. テキストの追加とテキストオブジェクトの操作
      2. ブレットリストおよび番号リストの作成
      3. テキストエリアの管理
      4. フォントとタイポグラフィ
      5. 書式設定の種類
      6. テキストの読み込みと書き出し
      7. 段落の書式設定
      8. 特殊文字
      9. パステキストの作成
      10. 文字スタイルと段落スタイル
      11. タブ
      12. テキストと文字
      13. 環境に無いフォントの検索(Typekit のワークフロー)
      14. Illustrator 10 からのテキストの更新
      15. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
      16. フォント | FAQ とトラブルシューティングのヒント
      17. 3D テキスト効果を作成
      18. クリエイティブなタイポグラフィデザイン
      19. 文字の拡大・縮小と回転
      20. 行間と字間
      21. ハイフネーションと改行
      22. テキストの機能強化
      23. スペルチェックと言語の辞書
      24. 日本語の書式設定
      25. アジア言語スクリプト用コンポーザー
      26. ブレンドオブジェクトを使用したテキストデザインの作成
      27. 画像トレースを使用したテキストポスターの作成
    8. 特殊効果の作成
      1. 効果の操作
      2. グラフィックスタイル
      3. ドロップシャドウの作成
      4. アピアランス属性
      5. スケッチとモザイクの作成
      6. ドロップシャドウ、光彩、ぼかし
      7. 効果のまとめ
    9. Web グラフィック
      1. Web グラフィック作成に対する最善の取り組み
      2. グラフ
      3. SVG
      4. アニメーションの作成
      5. スライスと画像マップ
  6. 読み込み、書き出し、保存
    1. インポート
      1. 複数ファイルの配置
      2. リンクされたファイルと埋め込みファイルの管理
      3. リンク情報
      4. 画像の埋め込み解除
      5. Photoshop からのアートワークの読み込み
      6. ビットマップ画像の読み込み
      7. Adobe PDF ファイルの読み込み
      8. EPS ファイル、DCS ファイルおよび AutoCAD ファイルの読み込み
    2. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ 
      1. Illustrator の Creative Cloud ライブラリ
    3. 保存
      1. アートワークの保存
    4. 書き出し
      1. Photoshop での Illustrator アートワークの使用
      2. アートワークの書き出し
      3. アセットの収集と一括書き出し
      4. ファイルのパッケージ
      5. Adobe PDF ファイルの作成
      6. CSS の抽出 | Illustrator CC
      7. Adobe PDF オプション
      8. ファイル情報とメタデータ
  7. プリント
    1. プリントの準備
      1. プリントするドキュメントの設定
      2. 用紙のサイズと方向の変更
      3. 切り抜きまたは整列用のトリムマークの指定
      4. 大きなカンバスサイズの使用
    2. プリント
      1. オーバープリント
      2. カラーマネジメントを使用したプリント
      3. PostScript によるプリント
      4. プリントプリセット
      5. トンボと裁ち落とし
      6. 透明が使用されているアートワークのプリントおよび保存
      7. トラッピング
      8. 色分解のプリント
      9. グラデーション、メッシュ、カラーブレンドのプリント
      10. 白のオーバープリント
  8. 自動処理
    1. 変数パネルを使用したデータ結合
    2. スクリプトによる自動処理
    3. アクションによる自動処理
  9. トラブルシューティング 
    1. クラッシュの問題
    2. クラッシュ後のファイルの回復
    3. ファイルの問題
    4. サポートされるファイル形式
    5. GPU デバイスドライバーの問題
    6. Wacom デバイスの問題
    7. DLL ファイルの問題
    8. メモリの問題
    9. 環境設定ファイルの問題
    10. フォントに関する問題
    11. プリンターの問題
    12. クラッシュレポートをアドビと共有
    13. Illustrator のパフォーマンスの改善

Illustrator には様々な効果が含まれ、オブジェクト、グループまたはレイヤーに適用してその特性を変更することができます。

オブジェクトに効果を適用すると、その効果がアピアランスパネルに表示されます。 効果は、編集、移動、複製、削除したり、グラフィックスタイルの一部として保存したりすることができます。 効果を使用する場合、新しいポイントにアクセスするには、オブジェクトをまず展開する必要があります。

効果メニューの上半分の効果はベクター効果です。これらの効果を、アピアランスパネルでベクターオブジェクトのみ、またはビットマップオブジェクトの塗りまた線のみに適用することができます。なお、効果メニューの上半分のうち、3D 効果、SVG フィルター、ワープ効果、変形効果、ドロップシャドウ、ぼかし、光彩(内側)、光彩(外側)の効果および効果カテゴリはこの規則の例外であり、ベクターオブジェクトとビットマップオブジェクトの両方に適用できます。

効果メニューの下半分の効果はラスタライズ効果です。これらの効果はベクターオブジェクトかビットマップオブジェクトに適用できます。

効果の適用

  1. オブジェクトまたはグループを選択するか、レイヤーパネルでターゲットレイヤーを指定します。

    塗りや線などの特定のオブジェクト属性に効果を適用する場合は、オブジェクトを選択してから、アピアランスパネルで属性を選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 効果メニューからコマンドを選択します。

    • アピアランスパネルの新規効果を追加アイコン  をクリックし、効果を選択します。

  3. ダイアログボックスが表示された場合は、オプションを設定して、「OK」をクリックします。

    注意:

    最後に使用した効果と設定を適用するには、効果/[効果名] を適用を選択します。 最後に使用した効果を適用してそのオプションを設定するには、効果/[効果名] を選択します。

ラスタライズ効果について

ラスタライズ効果とは、ベクターデータではなくピクセルを生成する効果です。ラスタライズ効果には、SVG フィルター、効果メニューの下部にある Illustrator 効果、および効果/スタイライズサブメニューの「ドロップシャドウ」、「光彩(内側)」、「光彩(外側)」および「ぼかし」 コマンド が含まれます。

Illustrator の解像度に依存しない効果(RIE)によって、次の機能が可能になります。

  • ドキュメントのラスタライズ効果設定(DRES)の解像度が変更された場合、効果のアピアランスの変化が最小限になるか、変化しないように、効果のパラメーターが異なる値に変換されます。効果ダイアログボックスに新しく変更されたパラメーターの値が反映されます。

  • 複数のパラメーターを持つ効果の場合は、ドキュメントのラスタライズ効果の解像度設定に関連するパラメーターのみが変換されます。

    例えば、ハーフトーンパターンダイアログボックスには異なるパラメーターがあります。ただし、DRES が変更された場合には、サイズの値のみが変更されます。

解像度の値を 300 ppi から 150 ppi に変更する前後のハーフトーンパターン効果
解像度の値を 300 ppi から 150 ppi に変更する前後のハーフトーンパターン効果

解像度の値を 300 ppi から 150 ppi に変更する前後のハーフトーンパターン効果
解像度の値を 300 ppi から 150 ppi に変更する前後のハーフトーンパターン効果

ドキュメントのラスタライズオプションを設定するには、効果ドキュメントのラスタライズ効果設定を選択します。 (ラスタライズのオプションを参照してください)。

注意:

画面上では効果が適切に表示されていても、プリントするとディテールが失われたり、エッジがギザギザに見えたりする場合は、ドキュメントのラスタライズ効果の解像度を高くしてください。

CS2、CS3 以降のスポットカラーと透明度

Illustrator は、スポットカラーと透明度を使用して、ファイルコンテンツを操作し、PostScript をはじめとする透明度平滑化プロセスでアートワークの画質を維持することがあります。Illustrator が平滑化プロセス中にコンテンツを操作するときに、特定の透明度シナリオに関与するスポットカラーはプロセスカラーに変換する必要があることがあります。これより以降のバージョンの Illustrator では、このような状況はあまり発生しませんが、次の項目は、Illustrator CS3 およびそれ以降と CS2 で透明と相互作用するときに、スポットカラーの保持に対する残りの制限を解決します。

ラスタライズ効果

Illustrator CS2 で、ラスターベースの効果(たとえば、ラスタライズやガウスぼかし)をオブジェクト、グループ、またはレイヤーレベルで、複数のスポットカラーを持つまたはスポットカラーとプロセスカラーの組み合わせを持つオブジェクトに適用すると、Illustrator はオブジェクトのカラーを、文書のプロセスカラー空間、グレースケール、またはビットマップに変換します。これらのオプションの 1 つをラスタライズ効果設定ダイアログボックスで選択できます。例えば、スポットカラーの塗りつぶしとプロセス黒ストロークを持つ単純な四角形では、このスポットカラー塗りつぶしはプロセスカラーに変換されます。ただし、オブジェクト、グループ、またはレイヤーの属性のすべてが単一のスポットカラーで色付けされている場合は、効果を適用する場所に無関係に、スポットカラーは保持されます。Illustrator CS3 以降では、前述のいずれのシナリオでもスポットカラーは保持されます。

CS2 以前のバージョンで作成された Illustrator ファイルを開くと、ラスタライズ効果設定ダイアログボックスの「可能な場合はスポットカラーを保持」チェックボックス(CS2)または「スポットカラーを保持」チェックボックス(CS3 以降)は、初期設定では選択されないことに注意してください。この設定を使用すると、これらのファイルの印刷動作は以前のバージョンの Illustrator と一貫性があります。Illustrator CS2 ファイルでの「可能な場合はスポットカラーを保持」チェックボックスの選択は、ファイルを再度開いたときにも保持されます。

グラデーションとグラデーションメッシュ

Illustrator CS3とそれ以降 および CS2 (または Cs2 およびそれ以降) は、スポットカラー間のグラデーションとスポットカラー-プロセスカラー間のグラデーションを、不透明なシナリオと透明なシナリオの両方で保持します。 グラデーションシナリオでスポットカラーを印刷および書き出すには、オブジェクト/透明の平滑化ダイアログボックスで「オーバープリントおよびスポットカラーを保持」を選択します。

Illustrator CS2 で、グラデーションメッシュに複数のスポットカラーが含まれているとき、またはプロセスカラーとスポットカラーが含まれているときは、Illustrator はメッシュを文書のプロセスカラー空間に変換します。Illustrator CS3 以降では、前述のどちらのグラデーションメッシュシナリオの場合でも、スポットカラーは保持されます。

スポット-スポットブレンド

2 つの異なるスポットカラーオブジェクト間でブレンドを作成するときに、Illustrator は中間ステップのすべてを文書のプロセスカラー空間に変換します。

ラスタライズ

Illustrator CS2 では、オブジェクト/ラスタライズコマンドを選択すると、すべてのスポットカラーを、文書のプロセスカラー空間、グレースケール、またはビットマップに変換できます。ラスタライズすると、スポットカラーは保持されません。効果/ラスタライズコマンドは、(上記の)ラスタライズ効果で説明した効果の制限を受け、ラスタライス効果設定ダイアログボックスで「可能な場合はスポットカラーを保持」オプションを選択したときは「可能な場合はスポットカラーを保持」します。

Illustrator CS3およびそれ以降では、オブジェクト/ラスタライズダイアログボックスと効果/文書ラスタライズ効果設定ダイアログボックスのそれぞれで「スポットカラーを保持」オプション選択することで、オブジェクト/ラスタライズおよび効果/ラスタライズコマンドを使用したときに、スポットカラーを保持できます。

ラスタライズのオプション

以下のオプションは、ドキュメント内のすべてのラスタライズ効果に対して設定できます。ベクターオブジェクトをラスタライズするときにも設定できます。

カラーモデル

ラスタライズ時に使用するカラーモデルを指定します。ドキュメントのカラーモードに応じて、RGB カラー画像または CMYK カラー画像を生成できます。また、グレースケール画像やモノクロ 2 階調(1 ビット)画像も生成できます。1 ビット画像は、選択した背景オプションに応じて、白黒または黒と透明の組み合わせになります。

解決策

ラスタライズ画像の 1 インチあたりのピクセル数(ppi)を指定します。ベクターオブジェクトをラスタライズする場合は、「ドキュメントのラスタライズ効果の解像度を使用」を選択して、グローバルな解像度設定を使用します。

背景

ベクターグラフィックの透明領域をピクセルに変換する方法を指定します。 透明領域を白いピクセルで塗りつぶす場合は「ホワイト」を選択し、背景を透明にする場合は「透明」を選択します。 「透明」を選択した場合は、1 ビット画像以外のすべての画像に対して、アルファチャンネルが作成されます。アートワークを Photoshop に書き出した場合、アルファチャンネルは保持されます(このオプションでは、「クリッピングマスクを作成」オプションよりも美しいアンチエイリアスが適用されます)。

アンチエイリアス

アンチエイリアスを適用して、ラスタライズ画像のエッジがギザギザに表示されるのを防ぎます。 ドキュメントのラスタライズオプションを設定するときは、このオプションの選択を解除して、細い線や小さな文字の鮮明さが保持されるようにします。

ベクターオブジェクトのラスタライズ時は、「なし」を選択して、アンチエイリアスを適用せず、ラスタライズ時にラインアートのハードエッジが保持されるようにします。 「アートに最適(スーパーサンプリング)」を選択すると、文字のないアートワークに最適なアンチエイリアスが適用されます。 「文字に最適(ヒント)」を選択すると、文字に最適なアンチエイリアスが適用されます。

クリッピングマスクを作成

ラスタライズした画像の背景を透明にするマスクが作成されます。 「背景」に「透明」を選択した場合、クリッピングマスクを作成する必要はありません。

オブジェクトの周囲に追加

ラスタライズした画像に、指定したピクセル数の幅のパディングまたは境界線を追加します。 画像のサイズは、元のサイズに「オブジェクトの周囲に追加」で設定した値を加えたものになります。 この設定を使用して、スナップ写真のような効果を作成することもできます。それには、「オブジェクトの周囲に追加」で値を指定し、「背景」で「ホワイト」を選択します。「クリッピングマスクを作成」の選択は解除します。 画像を囲む縁のように見える白い境界線が元のオブジェクトに追加されます。この画像に、ドロップシャドウ効果または光彩(外側)効果を適用すると、元の画像がスナップ写真のように見えます。

取り込まれたラスター形式

ラスター形式から取り込まれたスポットカラーを適用する方法は、以前のバージョンに比べIllustrator CS3 とそれ以降 および CS2ではかなり改善されています。 Illustrator CS2 は、特色で塗りつぶされ、オーバープリントに設定された四角形の上に、ラスタライズ不透明マスクとして埋め込まれたネイティブ Photoshop ファイル内の特色を保持します。Illustrator CS3 以降では、画像が DeviceN ラスタライズオブジェクトに変換されます(すべての特色およびプロセスカラーは NChannel 形式で一緒に保持されます)。 Illustrator CS3 とそれ以降、および CS2 (またはCSとそれ以降)は、スポットカラーを埋め込まれたPDFファイルに、出力フレンドリーだがネイティブではないアートとして保持します。 . 唯一の重要なラスター形式制限は下記にリストされており、すべてIllustrator CS3およびそれ以降では修正されています。

  • TIFF: Illustrator CS2 で TIFF ファイルのスポットカラーを読み込むことはできません。 CMYK、RGB、またはグレースケールの部分のみが読み込まれます。 Illustrator CS3 以降では、Photoshop から書き出された TIFF ファイル内のスポットカラーを読み込みます。
  • PSD ダブルトーン:Illustrator CS2 では PSD ダブルトーンのリンクや埋め込みはできません。 これらの操作を行うとエラーメッセージが表示され、配置機能を実行しても何も起きません。 Illustrator CS3 では PSD Duotone ファイルを正しくリンクおよび埋め込むことができ、スポットカラーは保持されます。
  • EPS ダブルトーン: Illustrator CS2 では、埋め込まれた EPS ダブルトーンファイルの特色はプロセスカラーに変換されます。 Illustrator CS3 以降では、埋め込まれた EPS Duotone ファイル内のスポットカラーを保持します。
  • DCS 2.0 EPS:Illustrator CS2 は、DCS EPS が透明と相互作用するときに、DCS EPS ファイルに含まれているスポットカラーまたは高解像度データをサポートしません。 この場合、コンポジットデータのみが保持されます。Illustrator CS2 は、非透明な別個のワークフロー内でのみ DCS EPS をサポートします。Illustrator CS3 は、透明および非透明のホスト分割ワークフローで、DCS 2.0 EPS ファイルおよびスポットカラーの保持をサポートします。 DCS 1.0 EPS ファイルは、Illustrator CS3 と CS2 のいずれの場合も(CS2 以降)、これまでと同様、非透明のホスト分割ワークフローに制限されています。

注意: 非ネイティブアートについて詳しくは、Illustrator CS3、CS2 ヘルプの「Adobe PDF ファイルのモノトーン、ダブルトーン、トリプルトーン画像の読み込み」を参照してください。

アルファチャンネル透明度

Illustrator CS2 以降では、アルファチャンネル透明度と相互作用するスポットカラーを保持します(例えば、不透明マスク、ライブラスタライズ効果、および透明画像)。以前のバージョンの Illustrator は、これらのシナリオではスポットカラーをプロセスカラーに変換します。

ビットマップ画像への効果の適用

効果を使用すると、ベクターオブジェクトと同じようにビットマップオブジェクトにも特殊効果を適用できます。 例えば、印象派的な効果を適用したり、照明を変化させたり、画像を変形したりすることで、様々な視覚的効果を得ることができます。

ビットマップオブジェクトに対して効果を適用するときは、以下の点に注意してください。

  • 効果は、リンクされたビットマップオブジェクトには適用されません。 リンクされたビットマップに効果を適用すると、元のビットマップではなく、ファイルに埋め込まれたビットマップのコピーに効果が適用されます。 効果を元のオブジェクトに適用するには、元のビットマップオブジェクトをドキュメントに埋め込む必要があります。

  • Adobe Illustrator は、アドビ製品(Adobe Photoshop など)の効果に加え、サードパーティのソフトウェア会社で開発されたプラグインフィルターの一部もサポートしています。インストールしたプラグインの効果は効果メニューに表示され、ビルトインの効果と同じように使用できます。

  • 効果の中には、特に高解像度のビットマップ画像に適用すると、大量のメモリを必要とするものがあります。

効果のパフォーマンスの向上

一部の効果は非常に多くのメモリを必要とします。以下のテクニックは、このような効果を適用するときにパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

  • 効果のダイアログボックスで「プレビュー」を選択すると、意図したとおりの結果を得ることができ、時間を節約できます。

  • 設定を変更します。 「ガラス」などのコマンドは、非常に多くのメモリを使用します。 設定を調整して処理速度を確認してください。

  • グレースケールのプリンターでプリントする場合は、効果を適用する前にビットマップ画像のコピーを用意し、グレースケールに変換しておきます。 ただし、カラーのビットマップ画像に効果を適用してからグレースケールに変換した場合と、グレースケール画像に同じ効果を適用した場合とでは結果が異なる可能性があるので注意してください。

効果の修正または削除

アピアランスパネルを使用して、効果を修正または削除します。

  1. 効果を使用しているオブジェクトまたはグループを選択します。またはレイヤーパネルでレイヤーをターゲットとして指定します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • 効果を修正するには、アピアランスパネルで青い下線付きの名前をクリックします。 効果のダイアログボックスで、必要に応じてオプションを変更して、「OK」をクリックします。

    • 効果を削除するには、アピアランスパネルで効果を選択して、削除ボタンをクリックします。

ライブトレースツール

Illustrator CS3とそれ以降および CS2は、スポットカラーが Illustrator で適用されているときに、グレースケールラスタライズオブジェクトでスポットカラーを保持します。 リンクまたは埋め込みのいずれの場合もすべての他のラスタライズ形式ファイルのスポットカラーは、ライブトレースコマンドを使用するときに、プロセスカラーに変換されるか、または無視されます。

SVG フィルター

Illustrator CS2 で SVG フィルターを適用すると、スポットカラーは文書のプロセスカラー空間に変換されます。

以前の形式

ファイルを Illustrator バージョン 8 以前に保存するときに保存ダイアログボックスで「アピアランスとオーバープリントを保持」を選択すると、すべてのスポットカラーオブジェクトはプロセスカラーオブジェクトに変換されます。

その他の関連ヘルプ

ご質問または共有するアイデアがある場合

コミュニティで質問(英語)

ご質問がある場合や、ご共有いただけるアイデアをお持ちの場合は、Adobe Illustrator コミュニティにご参加ください。皆様からのご意見や作品をお待ちしております。

アドビのロゴ

アカウントにログイン