Premiere Pro の 2018 年 4 月(バージョン 12.1 および 12.1.1)リリースでのバグ修正の一覧については、この文書をご覧ください。

2018 年 4 月(バージョン 12.1.1)リリースで修正されたバグ

Premiere Pro バージョン 12.1.1 リリースでは、以下のバグが修正されています。

  • PostScript Type 1 フォントを読み込む際に起動時にクラッシュする問題を修正しました(これらのフォントは読み込まれません)。
  • アルファを含む PNG ファイルは、ストレートアルファのデフォルトの解釈で正しく表示されます。
  • 一部の PNG フレームシーケンスの書き出しで、フレームが混在(重なり合う)ことがなくなりました。
  • Sony F5 RAW ファイルの再生後に終了すると、アプリケーションがハングアップしなくなりました。

2018 年 4 月(バージョン 12.1)リリースで修正されたバグ

安定度

  • 添付したソースフッテージファイルの「RED カメラの向き」チェックボックスを切り替える際にクラッシュします
  • (Mac のみ) Opencl_runtime におけるクラッシュ
  • Premiere プロジェクトを特定の VST3 のオーディオプラグインで起動すると、起動時にクラッシュします
  • プロジェクトを開くときにメタデータキャッシュデータベースによってクラッシュが発生します
  • HMD においてトラックアイテムを削除してプレビューするときに Premiere Pro がクラッシュします
  • メディアブラウザーがサムネイル表示の場合にファイルを再リンクするとクラッシュします
  • ALE ファイルをインポートする際に Premiere Pro がクラッシュします
  • マウントされていないドライブで「プロジェクトの自動保存」を行うと、複数の不明なエラーダイアログが表示されてクラッシュすることがあります
  • (Mac のみ)イメージ(および、たぶんディスク)をアンマウントするときにメディアブラウザーが時折クラッシュします
  • PProHeadless が初回の起動時にクラッシュします
  • プロジェクトパネルにおいてタイムラインをダブルクリックすると、内容のないタイムラインパネルが開きます。この問題により Premiere Pro がクラッシュすることがあります
  • 数ファイルを 1/2 解像度で再生するとクラッシュします
  • Lumetri スコープが開いているときにメタルレンダリングに変更すると、Premiere Pro がクラッシュすることがあります
  • Loudness Radar が AJA io4k ハードウェアで反応しません
  • VOB クリップの破損により Premiere Pro が読み込み時にクラッシュします
  • OpenCL/Metal で「基本 3D」エフェクトを使用すると、オペレーティングシステムがフリーズすることがあります

再生とパフォーマンス

  • 再生がフル解像度より低く設定されていると、HEVC クリップの再生時にすべてのフレームがドロップします
  • 複数のプロジェクトを開くと予期しないメモリ割り当て量が発生します
  • 再生エンジンの変更は、カルティスト/レンダーバーを自動更新しません

ファイル形式のサポート

  • 4K DPX シーケンスは、Premiere Pro バージョン 12.0.1 でメモリリークを発生させます
  • インストール後の初回の読み込み時に、特定の ARRIRAW MXF ファイルで MXF デコードエラー報告されています
  • 複数の mov ファイルがネイティブライブラリを使用しません
  • Lumitri スコープにおいて XF-AVC ファイル(YCC、Canon Log 2)がフルレンジを表示しません
  • GH5 HEVC ファイルは読み込みまたは再生できません
  • CUEUP.XML ファイルがファイル構造に存在しない場合、XDCAM-HD が認識されません
  • マスタークリップエフェクトにおいて R3D ソース設定をオフにできません
  • 複数の R3D ファイルが自動的にフリップされません
  • Rec709 から Slog 2 または 3 への XOCN マスタークリップカラースペースの変更が機能しません

キャプション

  • サンプルファイルの読み込み時にキャプションを解析すると、ファイルはメディア保留メッセージを無期限に表示します
  • キャプションパラメーターを変更しても、書き出した stl ファイルには影響しません
  • Dalet からのクローズドキャプションを含む MOV ファイルはメディア保留として読み込み、キャプションを表示しません
  • キャプション(STL および SRT)に対するスタイル変更はタイムラインで更新されません
  • キャプションに関するビデオ設定を変更しても、フォントサイズには影響しません
  • コンテキストメニューの「新しいキャプション」オプションを使用してタイムラインに長いキャプションを作成する場合、Captions Block Inspector はスクロールバーを作成しません

読み込みとプロジェクト

  • プロジェクト間でクリップを編集すると、プロジェクトの重複がチェックされている間に Premiere がハングアップします
  • メタデータパネルは読み取り専用プロジェクトでアクティブです
  • 「Alt/Option キーを押しながらダブルクリック」のキーボードショートカットを使用するとき、プロジェクトエイリアスはプロジェクトを新しいウィンドウで開きません
  • プロジェクトの切り替え時にキーフレーム書き込みモードが保持されません
  • コンポーネントクリップが bin に埋め込まれている場合、Multicam は別のプロジェクトに正しくコピーしません
  • 「プロジェクトを開く」は、閉じた「プロジェクトパネル」タブを開きません
  • コンピューター 2 でイン/アウトを変更するとき、メディアブラウザーはコンピューター 1 では更新されません
  • AFP を使用してマウントすると、メディアブラウザーは Studio Network Solutions ネットワークドライブからのファイルを表示できません
  • アイテムラベルの色を追跡しても、新しいプロジェクトにはコピーされません
  • 「Bin」において複数のアイテムを選択する場合、メタデータパネルには 2 つの情報エントリのみが追加されます

編集とエフェクト

  • 新しい .cube ファイルを Lumetri フォルダーにコピーすると、以前に設定した LUT が破損します
  • 変形カットで クリップ A と B の中央のみが許されます。
  • 「Shift キーを押しながらマウスをドラッグする」を使用するマスク関数のサイズ変更は機能しません
  • 「トラックの選択」を切り替えて W キーを押すと、別々の結果が表示されます
  • クリップタイムコード設定は、代替タイムコード設定に自動リセットされます
  • 初期設定のトランジションのデュレーションは Premiere 環境設定で正しくないペインを開きます
  • エフェクトフライアウトメニューから初期設定のトランジションのデュレーションを設定すると、正しくない設定ダイアログに移動します
  • アンカーポイントの変換は xml 書き出しでピクセルから外れています
  • トラックマットキーエフェクトは、マスク付きのクリップ上で適用すると破損します
  • Wacom タブレットで数字をスライドできません
  • フィールドオーダーの設定を編集できるよう、マージしたクリップに対して「フッテージを変換」を有効にします
  • トラックフェーダーヒットエリアは、フェーダーを最低設定で開始すると、オフになります
  • ソースフッテージをプロキシ .mov から高解像度 .mxf へ再リンクすると、参照されるオーディオを含むシーケンストラックがオフラインになります
  • スコープに深刻な描画問題があります
  • マスタークリップエフェクトの無効化は bin では機能しません
  • クリップミキサーで、「Alt キーを押しながら「キーフレーム書き込み」をクリック」が正しく機能しません
  • Esc キーを押すと、Mac ではソースビュープレーヤーの問題が発生し、Windows ではプレーヤーを閉じます
  • 選択した複数のアイテムにメタデータを追加すると、メタデータは最後のクリップに追加されません
  • プロジェクトのコピーを保存してから、そのプロジェクトを開くと、既存のプロジェクトタブデコレーションが誤って bin として表示されます
  • 名前を付けて保存」または「コピーを保存」を使用してプロジェクトを保存すると、フィルター Bin コンテンツと検索 Bin が破損します

書き出しとレンダリング

  • 新たに展開したエクスポータープリセットを使用すると、書き出しが切り捨てられます
  • R.128 ラウドネス正規化を含むビデオでタイムチューナーを使用すると、EBU .STL サイドカーファイルにセグメント化とちらつきが生じます
  • 以前に削除したファイルと同じ名前のメディアを書き出すと、Premiere Pro は、プロジェクトに同じファイルが既に存在することを示すメッセージを表示します
  • MOG ファイルを MXF Op1a AVC-Intra 100 に書き出すときのエンコーディングエラー
  • レンダリングエラーの原因となるピクセルモーションブラーエフェクトを使用すると、低レベルの例外エラーが発生します
  • 複数の mp3 ファイルにおけるエンコーディングエラー
  • Barco Escape ProRes444 をデータバーンで Vimeo mp4 に書き込み、または処理を行えません

インターオペラビリティ

  • After Effects からのオーディオ付きクリップをコピー/ペーストすると、Premiere Pro はクリップの最初の 1 秒以外はコピーしません
  • AE Comp で置換すると、さらに暗いコンポジションになります
  • Audition に送る高サンプルレートオーディオには正しくないサンプルレートが発生します

オーディオ

  • AAF ファイルを書き出す際の歪みまたはガベージオーディオ
  • マルチクリップを平坦化すると、オーディオはユニティ(ゼロ dB)にリセットされます
  • オーディオトラックミキサーラッチ/タッチオートメーションモードが失敗して、オートメーションキーフレームを上書きする書き込みモードに切り替わることがあります
  • バイノーラル化されたモニタリングの使用時に Ambisonics シーケンスに配置されるステレオオーディオクリップで、ノイズアーチファクトが発生します
  • MXF ファイルを含む Windows 10 上で、ピークファイルに拡張子がありません

Adobe イマーシブ環境

  • Mac システムでは、HMD ハンドコントローラーのうちの 1 つしか動作しません
  • Adobe イマーシブ環境が有効になっているときにオーディオのみのクリップをプレビューしようとすると、低レベルの例外が発生します
  • 「一時停止解像度」と「再生解像度」が異なる値に設定されていると、ソースモニターから HMD への Mac Premiere 転送で、ガベージフレームが 1 つまたは 2 つ生成されます
  • バイノーラライゼーションを有効にした状態で、Mono 4 チャンネルとして読み込んだ Ambisonics オーディオをプレビューしようとすると大きなガベージが再生されます
  • トラックアイテムの色を変更すると、HMD タイムバーで自動的には反映されません
  • HMD タイムバー上のシーケンスの名前を編集しても、自動的には更新されません
  • HMD タイムラインのズームバーは、フルズームインのポジションでは、移動が非常に難しくなります。無理に移動しようとすると、通常は、ビューをスクロールせず、ズームスケールが変更されます。
  • HMD タイムバーに 3 分以上のコンテンツがある場合、ズームコントロールバーは十分にズームインできません
  • 再生時に HMD タイムバービューをスクロールすることはできません
  • HMD タイムラインのズームバーの空の部分をクリックしても、タイムラインビューはスクロールしません
  • HMD タイムラインのズームバーの設定が、新しいクリップに切り替えた後のタイムラインの表示と一致しません
  • HMD タイムラインのズームバーアートは、フルズームインのポジションで切り捨てられます。
  • HMD タイムラインのズームバーの開始点または終了点を調整するヒットスポットへのアクセスは難しくてできません
  • HMD への Premiere Pro の転送は Mac 上での起動が極端に遅く、HMD がスタンバイモードになってからは、まったく動作しないこともあります
  • オフラインのトラックアイテムが HMD タイムラインに赤色で表示されません
  • HMD ソースモニターのタイムラインを表示している際に、ソースモニターに設定した IN マーカーおよび OUT マーカーが表示されません
  • プログラムモニターの「ヘッドマウントディスプレイを追跡」オプションは、別のシーケンスに切り替えると、オフに切り替わります
  • ジョギング直後に CTI を動かすと、オーディオプレビューが数秒間表示されてから停止します
  • 180 度を超えるハンドコントローラーのジョグコマンドスワイプを拡張すると、HUD ディスプレイと触覚フィードバックに問題が生じます
  • IN または OUT マーカーが置かれた直後には、HMD タイムバーはタイムルーラーを強調表示しません
  • ソースモニター内に既にあるクリップに追加する VR プロパティは、HMD 表示を有効にしません
  • Premiere Pro は JauntVR のツールで生成した .mp4 ファイルを開けません

その他

  • 翻訳およびその他のローカリゼーションの修正
  • その他の UI 修正

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー