Premiere Pro CC (バージョン 12.1.x)の 2018 年 4 月リリースにおける既知の問題の一覧

安定度

  • Mac OS で Premiere Pro (バージョン 12.1.x)の 2018 年 4 月リリースにアップデートすると、起動時にアプリケーションがクラッシュし、エラーメッセージも表示されません。この問題の解決策の詳細については、mac OS で起動中にアプリケーションがクラッシュするを参照してください。
  • ワークスペース間の切り替えが早すぎると、Premiere Pro がクラッシュすることがあります。
  • カスタム仮想記憶ディスク設定は、プロジェクトと同じ設定にリセットしても引き続き維持され、レンダリング中に Premiere Pro がクラッシュすることがあります。
  • Windows で Premiere 12.1.x がクラッシュし、次のエラーメッセージが表示されます。アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000005)。詳細については、「「アプリケーションを正しく起動できませんでした(0xc0000005)」というエラーメッセージが表示されてクラッシュする」を参照してください。
  • 名前を付けて保存」オプションを使用してファイルを保存する際に、同じ名前の既存のプロジェクトファイルを置き換える選択をすると、Premiere Pro はプロジェクトファイルを閉じて、空のワークスペースを表示します。一部のユーザーは、Premiere Pro がクラッシュしたと思い強制終了することもあります。プロジェクトをもう一度開く際に、すべてのシーケンスはタイムラインパネルから閉じられるため、ユーザーは空のタイムラインパネルを見て、作業が失われたと考えてしまいます。
    中断した箇所から続行するには、プロジェクトパネルからシーケンスの名前をダブルクリックしてシーケンスを開きます。この状況全体を回避するには、プロジェクト名の文字数を増やします(例えば、「プロジェクト名_001」)、プロジェクトファイルを別のファイル名で保存する、またはプロジェクトファイルを別の場所に保存します。

メディア関連

  • クローズドキャプション付きの Premiere Pro シーケンスには、ネイティブレンダリングがオフになっていると AME にオフラインメディアが表示されます。このエラーは、Adobe Premiere Pro の DL を Adobe Media Encoder に読み込んで、「キャプションをビデオに書き出す」を有効にした場合に発生します。エンコードしようとすると、キャプションが焼き込めません。さらに、キャプションを「なし」に設定すると、ビデオ画像が空白になります。この問題を回避するには、Adobe Media Encoder で、「シーケンスをネイティブ形式で読み込む」を有効にします。
  • プロジェクトにオーディオ再生がありません。この問題を回避するには、オーディオを再生するトラックをソロとソロ解除にしてから、プロジェクトを保存して Premiere Pro を閉じます。もう一度 Premiere Pro を開いて問題を解消します。
  • Premiere Pro の動画の編集中にクリップに緑色と紫色の筋が現れます。この問題は、システム上のデバイスドライバーと互換性がない場合に発生します。詳細については、「ソースモニターおよびプログラムモニターに緑色または紫色の筋が表示される」を参照してください。
  • 読み込んだ H264 AV ファイルが、特定のマシンのオーディオ専用ファイルとして読み込まれます。
  • 一部の Nikon カメラのファイルが、間違ったフレームレートで Premiere Pro に読み込まれます。
  • QuickTime ファイルが正しく読み込まれず、最新のプロジェクトではオフラインとして表示されます。この問題は、QuickTime 7 時代の形式とコーデックがサポートされなくなったために発生します。詳細については、「QuickTime 7 時代の形式およびコーデックのサポートの中止」を参照してください。

プロジェクト関連

  • Bins がサムネイル表示になっていると、「プロジェクトで表示」が機能しません。
  • プロジェクトウィンドウにおいて、メタデータ表示ダイアログボックス(プロジェクトウィンドウでリストビューを選択しているとき)を使用してプロパティを追加すると、Bins を閉じて変更を保存する際にプロパティが保存されません。カスタムプロパティを保持するには、Bins を所定の場所で開き、メタデータを変更してからプロジェクトを保存します。
  • プロジェクトパネルがアイコンモードになっていて、Bins が閉じている場合、シーケンス内のクリップで「プロジェクトで表示」をクリックすると、Premiere Pro がクラッシュします。
  • プロジェクトパネルの検索ボックスが無効になることがあります。

フォント

一部の Type 1 PostScript フォントがフォントメニューに表示されません。

回避策

以下の回避策のいずれかを使用して問題を解決します。

  • フォント変換ユーティリティを使用して、フォントを OpenType フォントまたは TrueType フォントに変換します。
  • Typekit を検索して、同じフォントまたは類似のフォントを探してインストールします。
  • Photoshop または Illustrator でテキストを作成し、PSD レイヤーまたは AI レイヤーを Premiere Pro に読み込みます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー