クリップのログについて

ログクリップをオフラインクリップとして作成することで、ソーステープ上の特定のショットを指定し、使用したい部分だけを抽出することができます。デバイスコントロールオプションを使用してカメラやデッキをリモート制御するように環境設定ダイアログボックスで設定している場合は、キャプチャパネルのクリップログコントロールでオフラインクリップを作成します。オフラインクリップを作成しておくと、「バッチキャプチャ」コマンドを使用して、あらかじめログしたクリップを使用してまとめてキャプチャすることができます。

インポイントとアウトポイントで作成されたリストから、オンラインのデバイスを使用せずにログクリップを作成できます。ログクリップは、各ショットのインポイントとアウトポイントを入力し、「ログクリップ」ボタンをクリックして作成します。外部のログおよびスプレッドシートプログラムを使用して、フレーム番号をログすることもできます。この場合は、作成したスプレッドシートをオフラインクリップのリストとして Premiere Pro に読み込みます。

ソーステープの再生中にインポイントとアウトポイントを設定して、クリップをインタラクティブにログすることもできます。

バッチキャプチャ用のクリップのログ

  1. キャプチャパネルのプレビューの上に表示されるステータスで、デバイスがオンラインになっていることを確認します。
  2. デバイスにテープを挿入します。テープ名を指定するように求められます。ログするテープ名には、必ず固有の名前を指定してください。
  3. キャプチャパネルのコントロールを使用して、最初のショットの先頭のフレームに移動し、「インを設定」ボタンをクリックします。次に、ショットの最後のフレームに移動し、「アウトを設定」ボタンをクリックします。
  4. 「ログ」ペインの「設定」エリアで、キャプチャメニューからメディアタイプを選択します。
  5. 各クリップのインポイントの前とアウトポイントの後ろに予備フレームを含めてキャプチャするには、キャプチャパネルの「予備」エリアに予備フレーム数を入力します。
  6. 「ログ」ペインの「タイムコード」エリアにある「ログクリップ」ボタンをクリックして、指定したクリックをログします。ダイアログボックスが表示されたら、クリップの名前を入力します。クリップのオフラインクリップがプロジェクトパネルに配置され、クリップがログされます。
  7. 手順 2 ~ 6 を繰り返して、バッチキャプチャする各ショットをログします。

注意:

HDV および他の Long GOP 形式のログを行う場合は、キャプチャパネルの「予備」エリアに予備フレームを追加します。Long GOP 形式では、実際のメディアコンテンツが不正確な場合があります。予備フレームを追加することで、編集に必要な適切なフレームを保持し、必要に応じて再キャプチャすることができます。

インタラクティブなクリップのログ

  1. デバイスが接続されていて、カメラモードではなく VTR またはビデオモードになっていることを確認し、ファイル/ キャプチャを選択します。
  2. 「ログ」ペインの「設定」および「クリップデータ」セクションで、初期設定値を入力します。
  3. テープを再生しながら任意の「インを設定」と「アウトを設定」ボタンをクリックして、ログクリップを作成します。取り込みたいポイントが設定できるまで、この作業を繰り返します。
  4. インポイントとアウトポイントを設定したら、「ログクリップ」をクリックし、クリップデータを確認して「OK」をクリックします。

    注意:

    タイムコードは、「+」(プラス)または「-」(マイナス)記号を入力して微調整することができます。例えば、アウトポイントの最後に 5 フレームを追加するには、アウトポイントのタイムコード全体を選択し、「+5」と入力して Enter キーまたは Return キーを押します。

クリップをインタラクティブにログする際のヒント

  • キャプチャパネルの「ログ」ペインのオプションを設定します。Premiere Pro は、今後のログクリップに対して、「設定」および「クリップデータ」セクションの現在のデータを初期設定値として使用します。一連のクリップを同じビンに同様のログデータでログする場合は、それらのクリップのログを開始する前に、クリップデータを指定して作業内容を保存します。「ログクリップ」ボタンをクリックすると、クリップデータを確定または変更するためのダイアログボックスが表示されます。

  • 「クリップデータ」セクションで、テープ名を指定します。バッチキャプチャを開始するたびに、この名前の入力が求められます。

  • 「クリップデータ」セクションの「クリップ名」で番号を指定すると、番号の値が自動的に加算されるようになります。例えば、先頭が「Car Chase」という名前で始まるひと続きのクリップに連番を振る場合は、「Car Chase 01」と入力して、クリップ名が数字で終わるようにします。次のクリップがログされると、初期設定では、「Car Chase 02」のように、その次の番号が与えられます。

  • キャプチャパネルの設定はいつでも変更できます。例えば、テープを再生しているときにアクションに変化があった場合は、後続のクリップをログするビンを変更したり、別の説明やシーン名を入力したりして、新しいアクションをキャプチャすることができます。設定を変更するときにテープを止める必要はありません。

  • キーボードを使用してデバイスを操作したり、クリップをログしたりすることができます。キャプチャパネルコントロールのツールヒントを参照するか、編集/キーボードショートカットを選択し、ショートカットを確認または変更します。

  • 新しいオフラインクリップを作成するには、「ログクリップ」をクリックします。テープが一時停止され、新しいオフラインクリップのクリップデータを確認できます。

バッチキャプチャについて

Premiere Pro は、バッチキャプチャをサポートしています。バッチキャプチャとは、制御可能なデバイスから複数のクリップを自動的にキャプチャすることです。このバッチキャプチャの処理は、あらかじめ用意しておいたログクリップを選択して定義します。ログされたクリップは、オフライン(プレースホルダー)クリップとしてプロジェクトパネルやビンに表示されます。ログされたオフラインクリップを選択し、ファイル/バッチキャプチャを選択すると、任意の数のオフラインクリップをキャプチャすることができます。キャプチャを開始すると、キャプチャを効率的に実行できるように、テープ名とタイムコードのインポイント順に自動的にエントリが並べ替えられます。

手動でログするクリップの数を減らして時間を節約するために、「シーン検出」を使用することをお勧めします。自動シーン検出を使用したクリップのログを参照してください。

ログされた(オフライン)クリップをバッチキャプチャするには、プロジェクトパネルでクリップを選択し、ファイル/バッチキャプチャを選択します。オフラインクリップをビンに振り分けた場合は、ビンを選択することで、ビン全体をバッチキャプチャすることができます。

Premiere Pro はビデオをバックグラウンドでキャプチャするので、キャプチャ中に別のタスクを実行することができます。つまり、Premiere Pro で手動キャプチャまたはバッチキャプチャを開始した後に、Premiere Pro アプリケーションを最小化したり、別のアプリケーションに切り替えたりしてもキャプチャは停止しません。キャプチャを停止するには、Premiere Pro ウィンドウを元のサイズに戻して、ウィンドウの任意の部分をクリックします。ただし、キャプチャ中にシステムに負荷をかけるタスクを実行すると、フレームがドロップアウトする場合があります。デュアルプロセッサーシステムなど、システムのパフォーマンスが高い場合は、ドロップフレームが発生する可能性は低くなります。

注意:

テープの先頭と最後の部分では、タイムコードや検出操作に関する問題が発生する可能性があるので、テープの先頭と最後の 30 秒間をキャプチャする場合は、バッチキャプチャではなく、手動でキャプチャしてください。

バッチキャプチャ設定の選択

ログされたクリップのバッチリストは、オフラインクリップのリストとしてプロジェクトパネルに表示されます。クリップを大量にキャプチャする場合は、各オフラインクリップを専用のビンに直接ログできるように、プロジェクトパネルにビンを作成しておくと便利です。バッチキャプチャを行うと、キャプチャされたクリップとオフラインクリップが置き換えられますが、事前に設定しておいたビンの構成は変更されません。

初期設定では、オフラインクリップをバッチキャプチャするときにはプロジェクトのキャプチャ設定が使用されます。オフラインクリップに独自のキャプチャ設定が指定されている場合は、キャプチャ時にクリップの設定が使用されます。そして、同じ設定を使用して簡単に再キャプチャできるように、キャプチャされたクリップにキャプチャ設定が保持されます。例えば、オフラインクリップの形式が HDV で、プロジェクトのキャプチャ設定で指定されている形式が DV の場合は、クリップのキャプチャ設定を変更しないかぎり、HDV 形式でクリップがキャプチャされます。クリップのキャプチャ設定は、バッチキャプチャダイアログボックスの「キャプチャ設定を上書き」を選択すると上書きできます。

オフラインクリップにキャプチャ設定が指定されているかどうかの確認

オフラインクリップに独自のキャプチャ設定が指定されているかどうかを確認することができます。

  1. プロジェクトパネルで、「キャプチャ設定」項目まで右にスクロールします。項目が表示されていない場合は、プロジェクトパネルメニューから「メタデータの表示」を選択します。「Premiere プロジェクトメタデータ」の隣の三角形をクリックし、項目の名前を表示します。「キャプチャ設定」を選択します。「OK」をクリックします。

    オフラインクリップに独自のキャプチャ設定が指定されている場合は、この項目のチェックボックスがオンになっています。

オフラインクリップのキャプチャ設定の変更

オフラインクリップのキャプチャ設定を変更することができます。例えば、最初にクリップがキャプチャまたはログされたときより高い解像度でキャプチャできます。

  1. プロジェクトパネルでクリップを選択します。
  2. クリップ/キャプチャ設定/キャプチャ設定を選択します。

    キャプチャ設定ダイアログボックスが表示されます。

  3. キャプチャ設定の指定を参照してください。

オフラインクリップのキャプチャ設定の消去

  1. プロジェクトパネルでクリップを選択します。
  2. クリップ/キャプチャ設定/キャプチャ設定を消去を選択します。

    初期設定では、クリップはプロジェクトのキャプチャ設定を使用してキャプチャされます。

クリップのバッチキャプチャ

  1. キャプチャするオフラインクリップを選択し、ファイル/バッチキャプチャを選択します。
  2. バッチキャプチャダイアログボックスで、次のいずれかの操作を行います。
    • バッチ内の各クリップのインポイントの前とアウトポイントの後ろに予備フレームを含めてキャプチャするには、「予備フレームを含めてキャプチャ」を選択して、予備フレーム数を入力します。

    注意:

    ここに入力したフレーム数は、キャプチャパネルで予備フレームとして設定した数に加算されます。

    • バッチ内の個々のクリップのキャプチャ設定をプロジェクトの初期設定値に変更するには、「キャプチャ設定を上書き」を選択します。

  3. デッキとソースビデオテープが正しく設定されていることを確認し、「OK」をクリックします。
  4. テープの挿入ダイアログボックスで、指定されたテープを挿入して「OK」をクリックします。複数のテープからキャプチャする場合は、指示が表示されたらテープの入れ替えができるように準備しておきます。
  5. バッチキャプチャを停止する場合は、キャプチャパネルの停止ボタンをクリックするか、Esc キーを押します。

バッチキャプチャのトラブルシューティング

デバイスコントロールとプロジェクトのキャプチャ設定に誤りがなく、ログしたオフラインクリップのデータに矛盾がなければ、バッチキャプチャは問題なく実行することができます。バッチキャプチャで問題が発生した場合は、バッチキャプチャの対象となるクリップがすべて正しく設定されていることを確認します。

  • 各クリップのステータスは、オフラインになっている必要があります。プロジェクトパネルのリスト表示でステータスを確認します。クリップがオフラインでない場合は、プロジェクトパネルでクリップを選択し、プロジェクト/メディアのリンク解除を選択します。複数のクリップを選択している場合、オンラインのクリップはキャプチャされず、オフラインのクリップのみキャプチャされます。

  • オフラインクリップを編集ダイアログボックスで、各オフラインクリップの「テープ名」、「メディア開始」および「メディア終了」が指定されていることを確認します。選択したオフラインクリップのいずれかに、これらの設定が指定されていれば、「バッチキャプチャ」コマンドを選択することができます。ただし、キャプチャされるのは 3 つの設定すべてが指定されているクリップだけです。必要に応じて、プロジェクトパネルのリスト表示でこれらの設定を確認するか、オフラインクリップをダブルクリックして設定を編集します。

  • 選択したキャプチャデバイスで、ビデオの録画やオーディオの録音、またはこの両方の操作がサポートされていることを確認します。例えば、キャプチャデバイスがオーディオのキャプチャに対応していない場合、オーディオはキャプチャされません。キャプチャに対応していない設定が検出されると、バッチキャプチャが停止され、キャプチャ設定のエラーが表示されます。

  • 各クリップのファイル名(キャプチャ設定ダイアログボックスで指定した名前)が、既存のクリップのファイル名と重複していないことを確認します。必要に応じて、各オフラインクリップをダブルクリックして、ファイル名が固有であることを確認します。同じ名前の付いたオフラインクリップをバッチキャプチャ用に選択すると、キャプチャ時にクリップ名が自動的に一部変更されます。これにより、同じ名前の付いた別のファイルが上書きされることがなくなります。

キャプチャ設定のエラーが表示された場合にキャプチャエラーを解決するには、次のいずれかの操作を行います。

  • リスト内の任意のクリップのキャプチャ設定を修正するには、リストから 1 つまたは複数のファイルを選択し、「設定を編集」をクリックします。

  • キャプチャ設定が無効なクリップを除外して残りのバッチキャプチャを続けるには、「スキップ」をクリックします。スキップしたクリップはリストから削除され、キャプチャされません。

  • バッチキャプチャを停止するには、「キャンセル」をクリックします。クリップはキャプチャされません。

バッチリストの読み込みと書き出し

バッチリストとして読み込みが可能なファイル形式は、タブ区切りテキスト(TXT、TAB)、カンマ区切り値(CSV)および PBL です。ファイルを読み込むと、テキストのバッチリストの各エントリがプロジェクトパネルのオフラインクリップとして表示されます。また、ログしたクリップをプロジェクトやワークステーションの間で転送できるように、オフラインクリップを CSV 形式のバッチリストとして書き出すこともできます。バッチリストの形式を確認するには、リストをファイルとして書き出し、メモ帳などのテキストエディターやスプレッドシートアプリケーションでファイルを開きます。バッチリストのテキストファイルは、Adobe Premiere 6.5 や、Pipeline Autolog などのログユーティリティ、またはカスタムビデオ製作ソフトウェアでも用意することができ、これらのプログラムでは、データベースやスプレッドシートを利用してバッチリストを生成できます。

バッチリストを読み込む場合は、リスト内のフィールドがテープ名、インポイント、アウトポイント、クリップ名、コメントの順に配置されている必要があります。オフラインクリップをバッチリストとして書き出すと、テープ名、インポイント、アウトポイント、クリップ名、ログの注釈、説明、シーン、テイクの順にフィールドが配置されます。書き出されるフィールドデータは、プロジェクトパネルのリスト表示の対応する列から抽出されます。

  • バッチリストタイムコードログを読み込むには、プロジェクトを開き、プロジェクト/バッチリストを読み込むを選択します。目的のファイルを探して選択し、「開く」をクリックします。
  • バッチリストタイムコードログを書き出すには、ログに書き出すファイルを選択し、プロジェクト/バッチリストを書き出しを選択します。ファイル名と場所を指定して、「保存」ボタンをクリックします。

クリップの再キャプチャ

既存のプロジェクト上のクリップをバッチキャプチャを使って再度取り込むことが可能です。クリップを再度取り込むことができるのは、クリップがソースファイルからリンクが解除されてオフラインの状態になっており、「テープ名」フィールドに名前が指定されていて、ソースメディアにタイムコードが含まれている場合だけです。

  1. 再キャプチャする際に、現在のキャプチャ設定から変更したい場合は、クリップのキャプチャ設定を変更します。
  2. プロジェクトパネルで、再キャプチャするクリップをすべて選択します。複数のビンのクリップを選択する場合は、リスト表示を使用して目的のビンを表示します。
  3. プロジェクト/オフラインにするを選択します。選択したクリップは、現在のソースファイルとの関連付けが解除されます。
  4. オフラインにするダイアログボックスで、ソースメディアファイルをディスクに残すか削除するかを指定します。
  5. オフラインクリップを選択した状態で、ファイル/バッチキャプチャを選択します。必要に応じて設定を調整します。
  6. デッキとソースビデオテープが正しく設定されていることを確認し、「OK」をクリックします。
  7. 再キャプチャが終了したら、プロジェクトを保存します。

オフラインの統合クリップを再キャプチャすることができます。統合されたクリップは、すべてのコンポーネントクリップをキャプチャしないとオンラインクリップになりません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー