HD ビデオのキャプチャ

SDI ポート付きの HD デバイスからオーディオおよびビデオをキャプチャすることができます。ただし、サポートされている SDI キャプチャカードがあり、そのドライバーおよびソフトウェアがコンピューターにインストールされている必要があります。また、HD フッテージを XDCAM SDI ソースからキャプチャすることもできます。ただし、サポートされている XDCAM キャプチャカードがあり、そのドライバーがインストールされている必要があります。インストールが正しく行われると、HD プリセットが新規シーケンスダイアログボックスの使用可能なプリセットパネルに追加され、HD 形式がプロジェクト設定ダイアログボックスの「一般」タブのキャプチャ形式メニューに追加されます。

一般的に、HD デバイスをコンピューターに接続するには、SDI ポートを BNC コネクタ付きの同軸ケーブルを使用します。デバイスのシリアルポートをコンピューターの RS-422 または RS-232 ポートに接続すると、デバイスコントロールが利用できるようになります(Windows のみ)。詳しくは、キャプチャカードのメーカーから提供されているセットアップマニュアルを参照してください。

Premiere Pro で AJA デバイスからテープをキャプチャして設定する方法について詳しくは、Walter Biscardi によるこのビデオを参照してください。

注意:

DVCPRO HD アセット、XDCAM HD および XDCAM EX アセット、AVCHD アセットは、キャプチャすることなくそれぞれのメディアから転送して読み込むことができます。キャプチャは転送より時間がかかり、一部のメタデータしか保持されません。詳しくは、非テープ方式の形式のアセットの読み込みを参照してください。

DV または HDV ビデオのキャプチャ

FireWire ケーブルを使用してデバイスをコンピューターに接続することで、オーディオおよびビデオを任意の DV または HDV デバイスからキャプチャできます。Premiere Pro では、オーディオおよびビデオ信号をハードディスクに書き出したり、FireWire ポートを介してデバイスを制御することができます。

DV または HDV フッテージを SDI ポートを介して XDCAM または P2 デバイスからキャプチャできます。ただし、サポートされているサードパーティ製キャプチャカードまたはデバイスが取り付けられており、それに対応するドライバーがコンピューターにインストールされている必要があります。

DV または HDV シーケンスプリセットのいずれかを使用して作成したシーケンスでは、キャプチャ設定はそれぞれ「DV キャプチャ」または「HDV キャプチャ」に設定されます。ただし、キャプチャ設定は、作成されたプロジェクトのキャプチャパネルで DV または HDV に変更できます。

DV ビデオのプレビューについては、プレビュー中およびキャプチャ中を選択できます。また、Windows の場合、HDV フッテージは、キャプチャウィンドウでプレビューすることはできますが、HDV フッテージのキャプチャ中には、キャプチャウィンドウでプレビューすることはできません。HDV フッテージのキャプチャ中は、キャプチャウィンドウに「キャプチャ中」と表示されます。

注意:

DVCPRO HD アセット、XDCAM HD および XDCAM EX アセット、AVCHD アセットは、キャプチャすることなくそれぞれのメディアから転送して読み込むことができます。キャプチャは転送より時間がかかり、一部のメタデータしか保持されません。詳しくは、非テープ方式の形式のアセットの読み込みを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー