この Live Text テンプレートの使用手順を示すチュートリアルでは、Premiere Pro シーケンスで、After Effects で作成したアニメーション化されたテキストのモーショングラフィックスを読み込み、編集する方法について学習します。

注意:

エッセンシャルグラフィックスパネルを使用して、モーショングラフィックス用のカスタムコントロールを作成し、Creative Cloud ライブラリからモーショングラフィックステンプレートとして、またはローカルファイルとして共有できます。

After Effect でのカスタムコントロールを含むモーショングラフィックステンプレートの作成について詳しくは、After Effect でのモーショングラフィックステンプレートの作成を参照してください。

Premiere Pro でのモーショングラフィックステンプレートの使用およびカスタマイズについて詳しくは、Premiere Pro でのモーショングラフィックステンプレートの使用を参照してください。

Live Text テンプレートについて

Premiere Pro の Live Text テンプレートを使用すると、Premiere Pro で直接 After Effects コンポジションのテキストレイヤーを編集できます。

Live Text テンプレートのテキストの編集

Live Text テンプレートのテキストの編集
Live Text テンプレートのテキストの編集
Brian Maffitt

Live Text テンプレートの使用

重要:Premiere Pro で Live Text テンプレートを使用するには、コンピューターに After Effects CC の 2014 リリースがインストールされている必要があります。

任意の数の Premiere Pro プロジェクトおよびシーケンスで Live Text テンプレートを使用できます。テンプレートファイルへの変更は、そのテンプレートを使用するすべてのプロジェクトおよびシーケンスに反映されます。

次のワークフローでは、Premiere Pro で編集可能なソーステキストが含まれる After Effects のテキストテンプレートコンポジションを作成する手順の概要を説明します。

  1. 1 つ以上のテキストレイヤーがある After Effects コンポジションを作成します。

    After Effects でのコンポジションの作成について詳しくは、コンポジションの基本を参照してください。

  2. テキストをアニメートし、必要に応じてエフェクトを適用します。テキストのアニメートについて詳しくは、After Effects ヘルプ / テキストのアニメートを参照してください。

    テキストレイヤーを Premiere Pro で編集可能にしない場合は、コンポジションパネルでそのレイヤーのロックアイコン をクリックします。

    注意:

    After Effects でレイヤーがロックされている場合、コンポジションパネルでもタイムラインパネルでも選択できません。ロックされたレイヤーを選択または編集しようとすると、タイムラインパネルでそのレイヤーが点滅します。

  3. コンポジション設定ダイアログボックスの「詳細」タブで、「テンプレート(Premiere Pro で編集可能なロックされていないテキストレイヤー)」を選択します。

  4. Premiere Pro で After Effects コンポジションを読み込むには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • メディアブラウザーを使用して After Effects コンポジションに移動します。
    • ファイル読み込みを選択し、読み込むコンポジションを選択します。
  5. コンテキストメニューから「ソースモニターで開く」を選択して、ソースモニターにコンポジションを読み込みます。

  6. Premiere Pro の エフェクトコントロールパネルに、編集可能なテキストテンプレートが表示されます。After Effects コンポジションのテキストの各行は、Premiere Pro で編集可能なテキストの各行として表示されます。

    編集可能なテキストに複数の行がある場合、追加の空のテキストボックスが表示され、改行やテキストの配置を効率的に管理できます。

    エフェクトコントロールパネルの複数行のテキストテンプレート
    エフェクトコントロールパネルに表示される複数行のテキストテンプレート

  7. エフェクトコントロールパネルで、必要に応じてソーステキストアイテムを編集します。Dynamic Link を使用すると、After Effects に移動することなく、読み込んだコンポジションに変更が自動的に反映されます。

重要事項

  • Premiere Pro でテキストレイヤーに対しておこなう変更は Premiere Pro プロジェクトに保存され、After Effects の元の素材には反映されません。したがって、After Effects の元のコンポジションの変更されていないテンプレートの状態が保持されます。
  • Premiere Pro で該当するテキストを変更した後に After Effects でテキストレイヤーの元のテキストを変更した場合、変更は Premiere Pro には反映されません。
  • 読み込まれた After Effects コンポジションがシーケンス内で編集された場合、エフェクトコントロールパネルに編集可能なテキスト(または他のマスタークリップエフェクト)が表示されません。マッチフレーム機能を使用してマスタークリップをソースモニターに読み込むと、編集可能なテキストブロックのリビジョンが表示されます。マスタークリップへのすべての変更がシーケンストラックアイテムのインスタンスに自動的に反映されるので、プログラムモニターですべての変更が更新されます。

複製テンプレートの作成

After Effects で作成されたアニメーション化された画面下部タイトルのグラフィックの編集のために Live Text テンプレートを使用する場合、テンプレートの複製を作成する必要があります。

例えば、複数の対象にインタビューをおこなう場合、異なるテキストの内容で複数のテンプレートを作成する必要が生じることがありますが、アニメーション化された画面下部タイトルのグラフィックは同じです。After Effects コンポジションの複製を作成し、同じアニメーション化された画面下部タイトルのグラフィックを維持しながら、テキスト内容のみを編集することができます。

Premiere Pro でメディアまたはシーケンスを複製したのと同じ方法で、読み込んだ After Effects コンポジションを複製できます。Premiere Pro のプロジェクトパネルで、ソースアイテムを右クリックし、コンテキストメニューから複製を選択します。

注意:

複製されたコンポジションは、Premiere Pro に読み込んだ元の After Effects コンポジションの複製です。Premiere Pro でコンポジションに対しておこなうテキストの変更は、複製されたコンポジションには反映されません。

Premiere Pro での Live Text テンプレートカプセル(.aecap)ファイルの使用

After Effects テキストテンプレート作成者は、プロジェクトおよびそのすべてのアセットを単一のカプセルファイル(*.aecap)に圧縮し、それを Premiere Pro で使用することもできます。ビデオ内のアニメーション化された画面下部タイトルのグラフィックに After Effects テンプレートを使用する場合、After Effects に戻ることなく、Premiere Pro で編集可能なテキストをすばやくカスタマイズできます。

After Effects テキストテンプレート(.aecap ファイル)は、以下の 3 つの方法のうちいずれかを使用して読み込むことができます。

  • ファイル/読み込みを選択し、「Adobe After Effects テキストテンプレート (*.aecap)」を選択して、ファイルを読み込んだり選択したりできる After Effects テキストテンプレートファイルを表示します。
After Effects テキストテンプレートの読み込み
After Effects テキストテンプレートの読み込み

  • ファイル/Adobe Dynamic Link/After Effects コンポジションを読み込みを選択して、ダイアログボックスの左側で .aecap ファイルを選択します。
  • メディアブラウザーを使用します。
    1. メディアブラウザーを使用して After Effects カプセルコンポジション(*.aecap)ファイルに移動します。
    2. ファイル/読み込みを選択し、読み込むコンポジションを選択します。
    3. .aecap ファイル(左側のツリービュー)のコンテキストメニューで読み込みを選択し、カプセルマスターコンポジションをダブルクリックします。カプセルマスターコンポジション(*.aecap)ファイルをプロジェクトパネルにドラッグします。

コンポジション内のテキストレイヤーに対して変更をおこなっても、テキストの周囲の画像やグラフィックは変更されません。

詳細な手順のチュートリアル

Premiere Pro での After Effects からのテキストテンプレートの使用方法

この 10 分間のチュートリアルでは、After Effects で作成されたテキストモーショングラフィックを Premiere Pro シーケンスに読み込み、After Effects を開くことなくテキストを編集できるようにする方法について学習します。

このチュートリアルには、自分で機能を試すためのサンプルファイルが用意されています。


本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー