マニュアル キャンセル

エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上

  1. Adobe Premiere Pro ユーザーガイド
  2. ベータ版のリリース
    1. ベータ版プログラムの概要
    2. Premiere Pro ベータ版ホーム
    3. ベータ版機能
      1. オーディオカテゴリのタグ付け
      2. インタラクティブなフェードハンドル
      3. Frame.io でレビュー用に共有
      4. プロジェクトを共同編集する共同作業者の招待
  3. はじめに
    1. Adobe Premiere Pro の概要
    2. Premiere Pro の新機能
    3. Premiere Pro の更新のベストプラクティス
    4. Premiere Pro のキーボードショートカット
    5. Premiere Pro のアクセシビリティ
    6. よくある質問
    7. リリースノート
  4. ハードウェアおよびオペレーティングシステムの要件
    1. 推奨ハードウェア
    2. 必要システム構成
    3. GPU および GPU ドライバーの要件
    4. GPU アクセラレーションレンダリングとハードウェアによるエンコード/デコード
  5. プロジェクトの作成
    1. 新規プロジェクトの作成
    2. プロジェクトを開く
    3. プロジェクトの移動または削除
    4. 複数の開いているプロジェクトの操作
    5. プロジェクトのショートカットの操作
    6. Premiere Pro プロジェクトの下位互換性
    7. Premiere Rush プロジェクトを Premiere Pro で開いて編集する
    8. ベストプラクティス:独自のプロジェクトテンプレートを作成する
  6. ワークスペースとワークフロー
    1. ワークスペース
    2. 読み込みと書き出しに関する FAQ
    3. パネルの操作
    4. Windows タッチおよびジェスチャーによる操作
    5. デュアルモニターセットアップでの Premiere Pro の使用
  7. Frame.io
    1. Frame.io のインストールとアクティベート
    2. Premiere Pro および After Effects での Frame.io の使用
    3. Adobe Workfront と Frame.io の統合
    4. よくある質問
  8. メディアの読み込み
    1. 読み込み
      1. ファイルの転送
      2. 静止画の読み込み
      3. デジタルオーディオの読み込み
    2. Avid または Final Cut からの読み込み
      1. Avid Media Composer からの AAF プロジェクトファイルの読み込み
      2. Final Cut Pro 7 および Final Cut Pro X からの XML プロジェクトファイルの読み込み
    3. ファイル形式
      1. サポートされているファイル形式
      2. Blackmagic RAW のサポート
    4. タイムコードの操作
  9. 編集
    1. ビデオの編集
    2. シーケンス
      1. シーケンスの作成と変更
      2. ソースモニターでのインポイントとアウトポイントの設定
      3. シーケンスにクリップを追加
      4. クリップの並べ替えと移動
      5. シーケンス内でのクリップの検索、選択およびグループ化
      6. シーケンスからクリップを削除
      7. シーケンス設定の変更
      8. ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集
      9. シーケンスの簡易化
      10. シーケンスのレンダリングとプレビュー
      11. マーカーの操作
      12. ソースのパッチ適用とトラックのターゲティング
      13. シーン編集の検出
    3. クリップのカットとトリミング
      1. クリップの分割またはカット
      2. クリップのトリミング
      3. トリミングモードでの編集
      4. J カットと L カットの実行
      5. クリップの作成と再生
      6. トリミングと再生の環境設定の調整
    4. ビデオ
      1. クリップの統合によるオーディオとビデオの同期
      2. メディアをレンダリングして置き換え
      3. 取り消し、履歴、イベント
      4. フレームの固定と保持
      5. 縦横比の操作
    5. オーディオ
      1. Premiere Pro のオーディオの概要
      2. ソースモニターでのオーディオクリップの編集
      3. オーディオトラックミキサー
      4. ボリュームレベルの調整
      5. エッセンシャルサウンドパネルを使用したオーディオの編集、修復および向上
      6. スピーチを強調
      7. スピーチを強調に関する FAQ
      8. 自動ダッキングオーディオ
      9. リミックスオーディオ
      10. オーディオクリップミキサーを使用したクリップボリュームおよびパンのモニタリング
      11. オーディオバランスとパンについて
      12. 高度なオーディオ - サブミックス、ダウンミキシング、およびルーティング
      13. オーディオエフェクトおよびトランジション
      14. オーディオトランジションの操作
      15. オーディオへのエフェクトの適用
      16. ラウドネスレーダーエフェクトを使用したオーディオの測定
      17. オーディオミックスの録音
      18. タイムラインでのオーディオの編集
      19. Premiere Pro でのオーディオチャンネルのマッピング
      20. Premiere Pro で Adobe Stock オーディオを使用する
    6. 文字起こしベースの編集
      1. 文字起こしベースの編集
      2. 文字起こしベースの編集に関する FAQ
    7. 高度な編集
      1. マルチカメラ編集ワークフロー
      2. Premiere Pro でイマーシブビデオ用にヘッドマウントディスプレイの設定および使用
      3. VR の編集
    8. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:オーディオミックスの高速化
      2. ベストプラクティス:効率的な編集
      3. 長編映画の編集ワークフロー
  10. ビデオエフェクトとトランジション
    1. ビデオエフェクトとトランジションの概要
    2. エフェクト
      1. Premiere Pro のエフェクトの種類
      2. エフェクトの適用と削除
      3. エフェクトプリセット
      4. Premiere Pro のメタデータエフェクト
      5. 様々なソーシャルメディアチャンネル用にビデオを自動的にリフレーム
      6. カラー補正エフェクト
      7. エフェクトマネージャー
      8. クリップのデュレーションと速度を変更する
      9. 調整レイヤー
      10. フッテージのスタビライズ
    3. トランジション
      1. Premiere Pro でのトランジションの適用
      2. トランジションの変更とカスタマイズ
      3. モーフカット
  11. タイトル、グラフィック、キャプション
    1. エッセンシャルグラフィックスパネルの概要
    2. タイトル
      1. タイトルの作成
    3. グラフィック
      1. シェイプの作成
      2. ペンツールによる描画
      3. オブジェクトの整列と分布
      4. テキストとシェイプの外観の変更
      5. グラデーションの適用
      6. グラフィックへレスポンシブデザイン機能の追加
      7. モーショングラフィックステンプレートのインストールと使用
      8. モーショングラフィックステンプレートでの画像またはビデオの置き換え
      9. データに基づくモーショングラフィックステンプレートの使用
    4. キャプション
      1. 音声テキスト化
      2. 文字起こし用言語パックのダウンロード
      3. キャプションの操作
      4. スペルチェックおよび検索と置換
      5. テキストの書き出し
      6. 音声テキスト変換に関する FAQ
    5. ベストプラクティス:グラフィックワークフローの高速化
    6. レガシータイトルの廃止に関する FAQ
    7. レガシータイトルからソースグラフィックへのアップグレード
  12. フォントと絵文字
    1. カラーフォント
    2. 絵文字
  13. アニメーションとキーフレーム
    1. キーフレームの追加、移動、設定
    2. エフェクトのアニメート
    3. モーションエフェクトを使用したクリップの編集およびアニメーション
    4. キーフレームのオートメーションの最適化
    5. キーフレームの移動とコピー
    6. エフェクトとキーフレームの表示および調整
  14. 合成
    1. 合成、アルファチャンネル、クリップの不透明度の調整
    2. マスクとトラッキング
    3. 描画モード
  15. カラー補正とグレーディング
    1. 概要:Premiere Pro のカラーワークフロー
    2. カラー設定
    3. 自動カラー補正
    4. Lumetri Look を使用したカラーでクリエイティブに
    5. RGB および色相/彩度カーブを使用したカラーの調整
    6. ショット間のカラーを修正および一致
    7. Lumetri カラーパネルでの HSL セカンダリコントロールの使用
    8. ビネットの作成
    9. Look と LUT
    10. Lumetri スコープ
    11. カラーマネジメントの表示
    12. タイムライントーンマッピング
    13. 放送用 HDR
    14. DirectX HDR サポートを有効にする
  16. メディアの書き出し
    1. ビデオの書き出し
    2. プリセットマネージャーの書き出し
    3. 書き出しのワークフローと概要
    4. クイック書き出し
    5. Web およびモバイルデバイス向けの書き出し
    6. 静止画像の書き出し
    7. 他のアプリケーション用のプロジェクトの書き出し
    8. Pro Tools で使用する OMF ファイルの書き出し
    9. Panasonic P2 形式への書き出し
    10. 書き出し設定
      1. 書き出し設定のリファレンス
      2. 基本ビデオ設定
      3. エンコード設定
    11. ベストプラクティス:書き出しの高速化
  17. 共同編集
    1. Premiere Pro での共同作業
    2. 共同ビデオ編集の基本を学ぶ
    3. チームプロジェクトの作成
    4. Team Projects でのメディアの追加と管理
    5. 共同作業者の招待と管理
    6. 変更点の共同作業者との共有および管理
    7. Team Projects の自動保存結果とバージョンの表示
    8. チームプロジェクトの管理
    9. リンクされているチームプロジェクト
    10. よくある質問
  18. 長編とエピソードのワークフロー
    1. 長編とエピソードのワークフローガイド
    2. プロダクションの使用
    3. プロダクション内のプロジェクト間でクリップがどのように動作するかを説明します
    4. ベストプラクティス:プロダクションの操作
  19. 他のアドビアプリケーションの操作
    1. After Effects および Photoshop
    2. Dynamic Link
    3. Audition
    4. Prelude
  20. アセットの整理と管理
    1. プロジェクトパネルでの操作
    2. プロジェクトパネルでのアセットの整理
    3. アセットの再生
    4. アセットの検索
    5. Creative Cloud ライブラリ
    6. Premiere Pro の同期設定
    7. プロジェクトのコンソリデート、トランスコードおよびアーカイブ
    8. メタデータの管理
    9. ベストプラクティス
      1. ベストプラクティス:ブロードキャストでのプロダクションから学習する
      2. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
  21. パフォーマンスの向上とトラブルシューティング
    1. 環境設定の設定
    2. 環境設定のリセットおよび復元
    3. リカバリモード
    4. プロキシの使用
      1. プロキシの概要
      2. 取り込みとプロキシのワークフロー
    5. システムが Premiere Pro と互換性があるかどうかの確認
    6. Apple シリコン用 Premiere Pro
    7. ちらつき削除
    8. インターレースとフィールドオーダー
    9. スマートレンダリング
    10. コントロールサーフェスのサポート
    11. ベストプラクティス:ネイティブ形式で作業する
    12. ナレッジベース
      1. 既知の問題
      2. 修正された問題
      3. Premiere Pro クラッシュの問題の修正
      4. Premiere Pro の更新後に設定を移行できない
      5. Premiere Pro または Premiere Rush での緑とピンクのビデオ
      6. Premiere Pro でメディアキャッシュを管理する方法
      7. レンダリングまたは書き出し時のエラーの修正
      8. Premiere Pro の再生とパフォーマンスに関する問題のトラブルシューティング
  22. 拡張機能とプラグイン
    1. Premiere Pro でのプラグインと拡張機能のインストール
    2. サードパーティのデベロッパーの最新のプラグイン
  23. ビデオとオーディオのストリーミング
    1. Secure Reliable Transport(SRT)
  24. アセットとオフラインメディアの監視
    1. アセットのモニタリング
      1. ソースモニターとプログラムモニターの使用
      2. リファレンスモニターの使用
    2. オフラインメディア
      1. オフラインクリップの操作
      2. オフライン編集用のクリップの作成
      3. オフラインメディアの再リンク

このページでは、Premiere Pro のエッセンシャルサウンドパネルについて説明します。

Premiere Pro でエッセンシャルサウンドパネルを使用する方法について詳しくは、このビデオをご覧ください(2 分)

エッセンシャルサウンドは、ミキシング操作および修復オプションの広範なツールセットを提供するオールインワンのパネルです。この機能は、よく使用するオーディオミキシングタスクに役立ちます。このパネルは、音量レベルの統一、サウンドの修復、明瞭度の向上および特殊効果の追加をおこなうためのシンプルなコントロールを提供します。これらのコントロールを利用すれば、プロのオーディオエンジニアがミキシングしたようなビデオプロジェクトを容易に作成できます。適用した調整をプリセットとして保存して再利用できるので、オーディオをさらに微調整する際に役立ちます。 

Premiere Pro では、オーディオクリップをボイス、ミュージック、効果音または環境音として分類できます。また、プリセットを設定して、同じタイプまたは複数のクリップに属している一連のクリップに適用することもできます。

ボイスオーバークリップに対してオーディオタイプ(ボイスなど)を選択すると、エッセンシャルサウンドパネルの「ボイス」タブにいくつかのパラメーターグループが表示されます。これらのグループを使用して、様々な録音を一般的なラウドネスに統一したり、バックグラウンドノイズを軽減したり、コンプレッションや EQ を追加するといった、ボイスに関連付けられた一般的なタスクを実行できます。エッセンシャルサウンドパネルのオーディオタイプは、相互に排他的です。つまり、あるクリップに 1 つのオーディオタイプを選択すると、別のオーディオタイプを使用してそのクリップに対しておこなった以前の変更が取り消されます。

エッセンシャルサウンドパネルコントロールを使用しておこなうすべての変更は、より高度なクリップ設定に反映されます。リストアや明瞭度などのエフェクトに関して、オーディオエフェクトは、クリップラックに挿入されます。上級ユーザーの場合、エッセンシャルサウンドパネルのプライマリ編集から始めて、次に高度な内部エフェクト設定に進み、最後の仕上げを適用できます。 

エッセンシャルサウンドパネルを起動するには、ウィンドウ/エッセンシャルサウンドを選択します。

オーディオのラウドネスの統一

  1. エッセンシャルサウンドパネルで、クリップタイプに「ボイス」、「ミュージック」、「SFX」または「環境音」を選択します。

  2. ラウドネスレベルをクリップ全体で均等にするには、「ラウドネスを統一」を展開し、「自動一致」をクリックします。Premiere Pro によってクリップに自動的に統一して適用されるラウドネスレベル(LUFS)が、「自動一致」ボタンの下に表示されます。

ラウドネスの統一
ラウドネスの統一

ボイストラックの修復

クリップにボイスのオーディオデータが含まれている場合は、エッセンシャルサウンドパネルの「ボイス」タブの下にあるオプションを使用してノイズ、雑音、ハムおよび歯擦音を軽減することで、サウンドを修復できます。

  1. マルチトラックセッションでトラックにオーディオクリップを追加します。

  2. オーディオクリップを選択し、エッセンシャルサウンドパネルで、クリップタイプに「ボイス」を選択します。

  3. 修復」チェックボックスをオンにして、セクションを展開します。

  4. 変更するプロパティのチェックボックスをオンにします。次に、スライダーを使用して、以下のプロパティのレベルを 0 ~ 10 の間で調整します。

    • ノイズを軽減:スタジオ内の床の音や、マイクのバックグラウンドノイズ、クリック音など背景の不要なノイズのレベルを軽減します。ノイズをどの程度軽減するかは、バックグラウンドノイズのタイプと、品質の低下をどの程度まで許容できるかによって異なります。
    • 雑音を削減:雑音を削減します。ここでいう雑音とは、80 Hz 帯域より下の帯域の超低周波ノイズで、ターンテーブルモーターやアクションカメラなどが発するものです。
    • ハムノイズ音を除去:ハムノイズ音を軽減または除去します。ハムノイズ音とは、50 Hz 帯域(ヨーロッパ、アジアおよびアフリカで一般的)または 60 Hz 帯域(北米と南米で一般的)の単一周波数で構成されるノイズです。例えば、オーディオケーブルと電源コードの位置が近すぎることで発生する電気的干渉には、このようなノイズを使用できます。ハムノイズレベルはクリップに応じて選択できます。
    • 歯擦音を除去:不快な高周波数の歯擦音を軽減します。例えば、マイクの前でのボーカルの呼吸や空気の振動によって発生する歯擦音がボーカル録音に含まれることがあります。
    • リバーブを低減:録音からリバーブを減らすか、削除します。このオプションにより、各種ソースのオリジナルの録音を使用して、同じ環境で録音されたかのような響きにすることができます。

ボイストラックの明瞭度の向上

シーケンスのボイストラックの明瞭度の向上は、様々な要因に依存しています。これは、50 Hz ~ 2 KHz の範囲の人間の声と、それに付随する他のトラックのコンテンツのボリュームおよび周波数が多種多様であるからです。会話のオーディオの明瞭度を向上させるために使用されるいくつかの一般的な手法には、録音のダイナミックレンジの圧縮または伸長、録音の周波数応答の調整および男性と女性の声の強調などがあります。

  1. マルチトラックセッションで空のトラックにオーディオクリップを追加します。

  2. クリップを選択し、エッセンシャルサウンドパネルで、クリップタイプに「ボイス」を選択します。

  3. 明瞭さを向上」チェックボックスをオンにして、セクションを展開します。

  4. 変更するプロパティのチェックボックスをオンにします。次に、スライダーを使用して、以下のプロパティのレベルを 0 ~ 10 の間で調整します。

    ダイナミック:録音のダイナミックレンジを圧縮または伸長して、録音のインパクトを変更します。レベルをナチュラルから集中まで変更できます。

    EQ:選択された周波数を録音内で減少またはブーストします。オーディオで使用できる EQ プリセットを一覧から選択し、スライダーを使用して値を調整できます。EQ プリセットの設定を変更するには、エフェクト/オーディオエフェクト/グラフィックイコライザを選択して、再生中に調整できるグラフィックイコライザを表示し、変更内容を保存します。

    スピーチを強調:処理するボイスを男性または女性として選択し、適切な周波数で強調します。

    明瞭度の向上
    明瞭度の向上

サウンドエフェクトクリップの操作

Premiere Pro では、オーディオ用の人工的なサウンドエフェクトを作成できます。効果音を使用すると、ステレオフィールドでの特定の位置から発生する音楽や、反射音やリバーブが適切に効いた部屋やフィールドの環境音など効果的なサウンドを作成できます。 

オーディオに効果音を追加するには

  1. マルチトラックセッションで空のトラックにオーディオクリップを追加します。

  2. オーディオクリップを選択し、ウィンドウ/エッセンシャルサウンド/SFX を選択します。

  3. リバーブエフェクトを設定するには、クリエイティブの下の「リバーブ」チェックボックスを選択します。

  4. プリセット」ボックスで、ニーズに最適なリバーブプリセットを選択します。

    リバーブプリセットの選択
    リバーブプリセットの選択

プリセットの作成

プロフェッショナルユーザーは、同様のオーディオアセットを利用して作業するユーザーやプロジェクトに有効なプリセットを作成できます。これにより、ユーザーやプロジェクト間で一貫性を維持できる共に、時間も節約できます。 

プリセットを作成するには

  1. ボイス用のプリセットを作成するには、エッセンシャルサウンドパネルを選択し、パネルメニューをクリックします。

  2. 既にボイスに使用可能なプリセットがここに一覧表示されます。 

    ボイスに使用可能なプリセット
    ボイスに使用可能なプリセット

  3. 追加のプリセットをカスタマイズして作成する場合は、必要な設定を選択できます。必要な設定を選択したら、プリセットドロップダウンの横にある設定をプリセットとして保存ボタンをクリックします。

    新しいプリセットの設定の保存
    新しいプリセットの設定の保存

その他の機能

  • 異なるオーディオタイプのクリップが選択されていない場合は、エッセンシャルサウンドパネルで使用可能なオーディオタイプセレクターが、特定のオーディオタイプのクリップをすべて選択するためのクイック選択ツールの役割を果たします。
  • 特定のクリップに対してオーディオタイプが選択されていない場合、プリセットセレクターはネストされたメニューの役割を果たすので、1 クリックでオーディオタイプとプリセットを直接割り当てることができます。
  • オーディオエフェクトプラグインの基になるエフェクト設定がエッセンシャルサウンドパネルの設定と異なる場合(ユーザーが手動でエフェクト設定を変更した場合)は常に、エッセンシャルサウンドパネルのコントロールの横に警告記号が表示されます。異なる設定で複数選択がおこなわれている場合にも、エッセンシャルサウンドパネルに警告記号が表示されます。
プリセットのカスタマイズと保存
プリセットのカスタマイズと保存

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合