Illustrator パッチバージョン 19.0.1 は Illustrator CC 2015(バージョン 19.0.0、2015年6月)で、エラーやクラッシュを発生させる重大なバグを修正します。

重要 Illustrator CC 2015 をインストールしている場合、1 件のアップデートが Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションで利用可能です。「アップデート」を選択し、クリックして、いくつかの重大/重要なバグ修正を受信します。

Web ダイアログで保存

Web ダイアログで保存を使用している場合、Illustrator CC 2015がクラッシュした。このバグは修正されています。

SVG または SVGZ ファイル

SVG または SVGZ ファイルが複数のアートボードオプションにチェックマーク付きで保存された場合、そのファイルが次に開く場合、これらのファイルが空で表示された。このバグは修正されています。

レガシードキュメント

Illustrator CC 2015 がレガシードキュメントを保存しようとしている際にクラッシュする。このバグは修正されています。

ファイルを開くのが遅れる

いくつかのファイルを開く際に長くかかる。この修正(バージョン 19.0.1)が適用された後、そのファイルの内容を 1 つの新しいファイルにコピーし、保存します。その新しいファイルで作業を続行します。

GPU エラーおよびクラッシュ

次のエラーが GPU 関連問題に関して修正されています :

Mac エラー :

  • 絵筆ブラシ、なげなわツールおよび注釈用に空のパスを描画するツールを使用して、パスを作成する際にクラッシュが発生する。
  • 筆圧を使用するブラシが GPU モードで期待どおりに応答しない。
  • 1 つのオブジェクト(星型状のポリゴン)を描画しながら、上矢印または下矢印を押す場合、描画される側面の数が予期せずに急に増加する。
  • カンバスカラーを白に設定する場合、アートボードまたは裁ち落とし線が可視でなくなる。
  • OpenGL エラーが検出される場合、CPU レンダリングにフォールバックが発生する。ユーザーはダイアログボックスにより通知されます。

Windows エラー :

  • OpenGL エラーが検出される場合、CPU レンダリングにフォールバックが発生する。ユーザーはダイアログボックスにより通知されます。

Adobe Line CC からのファイル

ユーザーが Adobe Line CC で作成されたファイルの解像度を変更してから、Illustrator に転送することができなかった。この問題は修正されています。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー