macOS Sierra 10.12.4 が応答しなくなる

macOS Sierra 10.12.4 は、GPU を有効にした状態で Illustrator CC 2017 または InDesign CC 2017 (2017 年 4 月リリース)を使用していると、応答しなくなります。

解決策: macOS の最新バージョンにアップグレードする

macOS Sierra 10.12.5 の最新バージョンにアップグレードした後に、Adobe Creative Cloud アプリケーションの最新バージョンをインストールします。詳細については、「お使いの mac のソフトウェア更新プログラムを入手するには」をご覧ください。

回避策:グラフィックス処理ユニット(GPU)を無効にする

macOS 10.12.4 で作業中にこの問題を回避するには、アプリケーション内から GPU を無効にします。

  1. Illustrator を起動します。

  2. 編集環境設定パフォーマンス(Windows)または Illustrator環境設定パフォーマンス(macOS)を選択します。

  3. GPU パフォーマンス」を選択解除します。

  4. 最後に「OK」をクリックします。

  5. Illustrator を終了して再起動します。

Mavericks のアップグレード後、起動時に Illustrator がクラッシュする

OS X Mavericks 10.9 にアップグレード後に、Illustrator を起動しようとするとクラッシュします。

解決策

  1. Finder で、Illustrator プラグインが含まれているフォルダーに移動します。

  2. すべてのサードパーティ製のプラグインを別のフォルダーに移動します。

  3. (重要)Command キー + Option キー + Shift キーを押しながら Illustrator を起動し、Illustrator が起動するまでキーを押し続けます。この手順で、Illustrator のすべての設定をクリアします。

    注意:

    キーボードの組み合わせ(Command キー + Option キー + Shift キー)は、上記と同じ順序で押します。

  4. (オプション)Illustrator を使用するときにサードパーティ製のプラグインが必要な場合は、1 つずつプラグインを追加します。プラグインの追加ごとに、手順 3 に従って Illustrator を起動します。

追加情報

Mavericks と互換性のないサードパーティ製のプラグインを使用すると、起動時に Illustrator がクラッシュする原因となることがあります。

Suitcase Fusion 5 をインストールすると、Illustrator が起動時にクラッシュする

Extensis Suitcase Fusion 5 がインストールされていると Illustrator CC 2014 (2014 年 10 月 リリース、バージョン 2014.1) がクラッシュします。

解決策

Extensis Suitcase Fusion 5 を最新バージョンにアップデートします。

アップデートリンク

http://www.extensis.com/support/product-support/suitcase-fusion-5/

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー