オブジェクトのグループ化の切り替え

複数のオブジェクトを 1 つにまとめて、1 つのグループとして扱うことができます。オブジェクトをグループ化すると、各オブジェクトの属性や相対的な位置を変えずに、まとめて移動や変形処理ができます。例えば、ロゴを構成するオブジェクトをグループ化すると、ロゴ全体を 1 つのグループとして移動したり、拡大縮小したりできます。

グループ化したオブジェクトは、アートワークの同じレイヤー上に配置され、そのグループの最前面のオブジェクトの背面に順次重ねられます。したがって、グループ化すると、オブジェクトが別のレイヤーに移動したり、レイヤー上でのオブジェクトの重なり順が変わってしまったりする場合があります。異なるレイヤーのオブジェクトを選択してからグループ化した場合は、選択したオブジェクトの最前面のレイヤーにオブジェクトがグループ化されます。

グループはネスト構造にすることもできます。ネストとは、グループを他のオブジェクトやグループの中に組み入れて、より大きなグループにすることをいいます。グループは、レイヤーパネル上では <グループ> 項目として表示されます。レイヤーパネルを使用すると、グループ内の一部のオブジェクトをグループ外に移動したり、他のグループに移動したりできます。

  1. グループ化するオブジェクトまたは、グループ化を解除するグループを選択します。

  2. オブジェクト/グループまたは、オブジェクト/グループ解除を選択します。

オブジェクトの分割・拡張

オブジェクトの分割・拡張を使用すると、1 つのオブジェクトを、そのアピアランスを構成する複数のオブジェクトに分割できます。例えば、単色カラーの塗りが適用された円と線などの単純なオブジェクトを分割・拡張した場合、塗りと線は別々のオブジェクトとなります。パターンの塗りが適用されたオブジェクトなど、複雑なアートワークを分割・拡張すると、パターンはその構成要素である個々のパスに分割されます。

通常、オブジェクトのアピアランス属性や構成要素のプロパティを変更する場合に、オブジェクトを分割・拡張します。また、オブジェクトの分割・拡張は、Illustrator 独自のオブジェクト(メッシュオブジェクトなど)を、そのオブジェクトを認識しない他のアプリケーションで使用する場合に便利です。

塗りと線からなるオブジェクトを分割・拡張する前(左)と分割・拡張した後(右)
塗りと線からなるオブジェクトを分割・拡張する前(左)と分割・拡張した後(右)

注意:

透明効果、3D オブジェクト、パターン、グラデーション、線、ブレンド、フレア、エンベロープまたはシンボルをうまくプリントできない場合は、分割・拡張が役立ちます。

  1. オブジェクトを選択します。

  2. オブジェクト/分割・拡張を選択します。

    オブジェクトにアピアランス属性が適用されている場合は、オブジェクト/分割・拡張コマンドは薄く表示され、使用できません。その場合は、オブジェクト/アピアランスを分割を選択してから、オブジェクト/分割・拡張を選択します。

  3. オプションを設定して「OK」をクリックします。

    オブジェクト

    ブレンド、エンベロープ、シンボルセット、フレアなどの複雑なオブジェクトが分割・拡張されます。

    塗り

    塗りが分割・拡張されます。

    線が分割・拡張されます。

    グラデーションメッシュ

    グラデーションが 1 つのメッシュオブジェクトに分割・拡張されます。

    指定

    カラー分岐点間のカラー値の許容値を設定します。大きい数を指定するとグラデーションが滑らかになり、小さい数を指定するとバンディングが発生しやすくなります。

    注意:

    Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらオブジェクト/分割・拡張を選択すると、分割・拡張ダイアログボックスで最後に入力した設定でグラデーションが分割・拡張されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー