Illustrator CC では、インド言語のサポートが強化されており、インド言語のテキストを使用してドキュメントを作成できます。中東言語および南アジア言語のコンポーザーが追加され、数多くの非西洋文字の字面を正しく整えます。

中東言語および南アジア言語コンポーザーは、次のインド言語をサポートしています。

  • ベンガル語
  • グジャラート語
  • ヒンディー語
  • カンナダ語
  • マラヤーラム語
  • マラーティー語
  • オリヤー語
  • パンジャーブ語
  • タミル語
  • テルグ語

この機能は環境設定メニュー(Ctrl + K)で有効にできます。このオプションは、環境設定テキストインド言語のオプションを表示で使用できます。

注意:

以前のバージョンの Illustrator の「日本語オプションを表示」オプションは、「東アジア言語のオプションを表示」に変更されました。

環境設定でインド言語オプションを有効にします
環境設定でインド言語オプションを有効にします

インド言語オプションを有効にすると、段落パネル(コントロールパネルまたは Ctrl + T で利用可能)メニューで以下の 2 種類の追加コンポーザーが利用できるようになります。

  • 中東言語および南アジア言語単数行コンポーザー
  • 中東言語および南アジア言語段落コンポーザー
インド言語のサポートを有効にすると、2 つの新しいコンポーザーが利用できるようになります
インド言語のサポートを有効にすると、2 つの新しいコンポーザーが利用できるようになります

注意:

環境設定テキストで、インド言語とアジア言語の両方のオプションを同時に選択することはできません。両方をオフにするか、どちらか一方のみを選択できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー