Adobe® Premiere® Pro CC には、Premiere Pro CC 2013 年 6 月の新機能(バージョン 7.0)に一覧表示された機能の他に、多数の便利な機能があります。

Premiere Pro CC の新機能の一覧を作業領域別に分類して表示します。

編集とタイムライン関連

コンテキストメニューコマンドを使用してトラックを追加または削除する

コンテキストメニューコマンドを使用して 1 つのトラックを追加または削除できます。トラックヘッダー領域を右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、「トラックを追加」または「トラックを削除」を選択します。このコマンドは以前のトラックの追加コマンドおよびトラックの削除コマンドに追加されました。実行すると、複数のトラックの追加や削除を行うダイアログボックスが開かれます。

ツールヒントのオン/オフの切り替え

一般設定ダイアログボックスから「ツールヒントを表示」を使用してツールヒントのオン/オフを切り替えます。

Mercury Transmit からビデオプレビューを有効/無効にするコマンド

Mercury Transmit からビデオプレビューのオン/オフを切り替えるキーボードショートカットを割り当てることができます。割り当てを行うには、編集キーボードショートカットを選択します。キーボードショートカットダイアログボックスで、「送信を有効にする」を選択してキーボードショートカットを割り当てます。

ダブルクリックしてタイムラインのトラックを展開/縮小する

タイムライン」トラックヘッダーボタンの右側にある空白部分をダブルクリックします。ヘッダーディバイダーを右にドラッグすると、このターゲットのサイズを拡大できます。

新しいタイムライントラックの高さプリセット

新しいタイムライントラックの高さプリセットがプリセットブラウザーから使用できるようになりました。

書き出したフレームやムービーのプロジェクトへの自動読み込み

プロジェクトに読み込む 」オプションを使用して書き出したフレームやムービーを、現在開いているプロジェクトに自動的に読み込むことができます。次の書き出しオプションがサポートされています。

  • 静止フレームの書き出し
  • 直接書き出し
  • 実行待ちの書き出し(Adobe Media Encoder を使用)

ビデオチュートリアル:プロジェクトパネルに直接読み込む

ビデオチュートリアル:プロジェクトパネルに直接読み込む
「プロジェクトに読み込む」オプションを使用して、メディアのアセットまたはクリップおよびシーケンスをハードドライブに書き出し、プロジェクトパネルに直ちに表示する方法を学習します。
Jeff Sengstack

メディアブラウザーを使用した Premiere Pro プロジェクトファイルの参照

メディアブラウザーを使用して Premiere Pro プロジェクトファイル(.prproj)を参照し、プロジェクトのすべてのビン、シーケンス、クリップにアクセスします。クリップをスクラブに合わせて、ビン、クリップ、シーケンスを読み込むこともできます。

シーケンス内の範囲で使用する「コピー」コマンドの強化

タイムラインパネルで使用する場合に、既存の「コピー」コマンド(編集コピー、Ctrl + C(Windows)、Command + C(Mac OS)が強化されました。クリップやキーフレームが選択されておらず、インポイントまたはアウトポイントが設定されている場合、インポイントとアウトポイント間の時間差がクリップボードにコピーされます。

カスタマイズ可能な取り消しレベル数

ヒストリーパネルのポップアップメニューから、ヒストリー状態の取り消し手順のカスタム数を 10 ~ 100 まで選択できます。

クリップをプログラムモニター内で移動させるキーボードショートカット(位置プロパティの変更)

プログラムモニターが直接操作モード(クリップを空間にドラッグできるモード)の場合、矢印キーを使用してクリップの位置プロパティを変更できます。矢印を 1 回ずつ押すたびに、その方向にクリップが 1 ピクセルずつ動きます。Shift キーを押したまま各矢印キーを押すと、クリップを 10 ピクセルずつ移動できます。

ハードサブクリップ、ソフトサブクリップを利用可能

ハードサブクリップを使用すると、サブクリップ境界の外側のメディアを間違ってトリミングすることがありません。ソフトサブクリップでは元のマスタークリップのメディアのどの部分でもトリミングできます。

以前はサブクリップに「ハード」インポイントとアウトポイントがあり、ビデオのクロスディゾルブやオーディオのクロスフェードに長いヘッドフレームやテイルフレームが必要な場合の柔軟性に制限がありました。Premiere Pro で「ソフト」編集を使用してサブクリップを作成できるようになったため、サブクリップの元のインポイントやアウトポイントの制限がなくなりました。

詳しくは、次のビデオを参照してください。

ビデオ:柔軟な編集ポイントでソフトサブクリップを作成する

ビデオ:柔軟な編集ポイントでソフトサブクリップを作成する
Jeff Sengstack

カスタマイズ可能なタイムライン

マーカー、スルー編集、および重複フレームマーカーの表示 / 非表示など、タイムラインをカスタマイズできます。

オーディオやビデオの非同期インジケーター

リンク解除されたり、同期から除外されている場合でも、オーディオやビデオの非同期インジケーターが表示されるようになりました。

ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書き

ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書きできるようになりました。

マーカーの検索

マーカーパネルからマーカーを検索できるようになりました。タイムライン次の/前のクリップマーカーに移動します。「次の/前のマーカー」コマンドでタイムラインのシーケンスとクリップマーカーの両方に移動できるようになりました。

マーカーデュレーションを設定

マーカーデュレーションをすばやく設定するには、ソースモニター、プログラムモニター、またはタイムラインの「マーカー」アイコンを Alt キーを押しながらクリック(Windows)または Option キーを押しながらクリック(Mac OS)します。1 フレームのデュレーションが設定されました。フレームのいずれかの側のハンドルをクリックしてドラッグし、フレームのデュレーションを調整できます。

MarkerDuration
プログラムモニターのマーカーのデュレーションを設定する

トランジションとエフェクト

クリップ名エフェクト

新しいクリップ名エフェクトでは、プログラム内のクリップ名をエフェクトのコントロールで指定された位置、サイズ、透明効果でレンダリングします。このエフェクトは GPU 高速処理に対応しています。

GPU 高速処理対応のワイプトランジションとスライドトランジション

ワイプおよびスライドビデオトランジションは Premiere Pro CC が CUDA に使用する GPU ビデオカードを使用する場合や OpenCL 処理を行う場合に GPU によって高速処理されます。

選択したクリップをレンダリングする「選択範囲をレンダリング」コマンド

シーケンス選択範囲をレンダリングを選択して、最初に選択したクリップのインポイントと最後に選択したクリップのアウトポイント間の所要時間のプレビューファイルをレンダリングします。

トランジションを対称的にトリミング

トランジションの境界をドラッグすると、カットポイントの各側から対照的にトリミングできるようになりました。片側だけをトリミングするには、Shift キーを押しながらドラッグします。

切り抜き時の新しい境界のぼかしエフェクト

エフェクトコントロールパネル(ウィンドウエフェクトコントロール)の切り抜き機能に、切り抜いたビデオの境界をぼかすエフェクトである境界のぼかし機能が追加されました。エフェクトコントロールパネルから切り取りの下にある「境界のぼかし」ボタンをクリックして、ぼかしエフェクトの値を入力します。

切り取ったビデオの境界に、次のようなぼかしエフェクトが表示されます。

EdgeFeatherCropEffect
境界のぼかし切り取りエフェクトを適用する前と後

オーディオ

ソースモニターのビデオ波形とオーディオ波形の切り替え

ソースモニターパネルでクリップにオーディオ波形を表示するには、画面の下部にあるオーディオのみドラッグをクリックします。ビデオのみドラッグをクリックすると、ビデオ表示に戻ります。

オーディオユニット時間を表示するコンテキストメニューコマンド

タイムルーラー内で右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して「オーディオユニット時間を表示」を選択し、オーディオユニット時間の表示を有効/無効にします。

クリップボリュームを調整するコマンド

次に、キーボードショートカットダイアログボックスにエントリがあるコマンドを示します。

  • クリップボリュームを上げる(1 dB)
  • クリップボリュームを大幅に上げる(6 dB)
  • クリップボリュームを下げる(1 dB)
  • クリップボリュームを大幅に下げる(6 dB)

新しい調整されたオーディオ波形

新しい調整されたオーディオ波形機能では、オーディオ波形を表示する別の方法が提供されます。

Rectified-Audio
調整されたオーディオ波形と標準のオーディオ波形

調整されたオーディオ波形」オプションは、デフォルトではオンになっています。タイムラインパネルのポップアップメニューで「調整されたオーディオ波形」を選択解除すると、このオプションをオフにできます。

RectifiedAudioWaveform
タイムラインポップアップメニューの「調整されたオーディオ波形」オプション

 

その他の機能強化

  • Mercury Transmit のオーディオ出力マッピング環境設定
  • ネスト化したシーケンス用に作成されたオーディオ波形
  • パンの値を変更するキーボードショートカット
  • シーケンス内のクリップからオーディオプラグインエフェクトダイアログを開く機能
  • スクラブ中にオーディオのオン/オフを切り替える機能

書き出し

スマートレンダリングの向上

Pro-Res 422 などの QuickTime ファイルの書き出しパフォーマンスが向上しました。

QuickTime オーディオを個別のトラックで書き出し

マルチチャンネルマスターシーケンスを書き出す際のメディアの書き出しダイアログのオーディオチャンネル設定がポップアップメニューに変更され、書き出しに含めるオーディオチャンネルを選択できるようになりました。

16 ビット DPX サポート

Premiere Pro CC に 16 ビット DPX サポートが追加されました。

プロジェクト管理

ユーザーが指定した自動保存フォルダーの場所

プロジェクト設定ダイアログボックスと新しいプロジェクトダイアログボックスの「スクラッチディスク」タブには、プロジェクトの自動保存コントロールが表示されています。このコントロールを使用すると、自動保存フォルダーの場所を指定できます。デフォルト設定では「プロジェクトファイルと同じ」です。

Premiere Pro の起動時にスタートアップスクリーンをスキップする環境設定

一般環境設定」カテゴリーで、起動時ポップアップメニューからスタートアップスクリーンを表示または最新のプロジェクトを開くを選択できます。環境設定が最新のプロジェクトを開くに設定されている場合、最後に使用したプロジェクトが再び開かれます。最後に使用したプロジェクトが見つからない場合は(削除済みの場合など)、スタートアップスクリーンが開きます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー