Premiere Pro CC へのアップデートをご利用いただけます。

詳しくは、新機能の概要を参照してください。


このドキュメントでは、2013 年 6 月リリースの Premiere Pro CC の新機能と変更された機能について説明します。

注意:

重要:この記事で紹介されている機能以外に、Premiere Pro CC 6 月のリリースには Premiere Pro を使用する際に生産性を高めるために役立ついくつかの機能が組み込まれています。詳しくは、Premiere Pro CC 2013 年 6 月(バージョン 7.0)の新機能を参照してください。

Premiere Pro CC の新機能の概要

Premiere Pro CC の新機能の概要
Al Mooney がこのリリースの新機能を説明しているビデオをご覧ください。
Al Mooney

Adobe Creative Cloud を使用する同期設定

新しい同期設定機能により、ユーザーは環境設定、プリセット、設定を Creative Cloud に同期することができます。

Premiere Pro を複数のマシンで使用している場合、同期設定機能により、マシン間でこれらの設定を簡単に同期できます。同期は Adobe Creative Cloud アカウントを介して実行されます。すべての設定が Creative Cloud アカウントにアップロードされ、他のマシンにダウンロードして適用できます。

詳しくは、Premiere Pro CC の設定を同期を参照してください。

Adobe Anywhere の統合

Adobe Anywhere では、ビデオチームが効率的に共同作業を行い、標準ネットワークを介して共有メディアにアクセスできます。ローカルまたはリモートのネットワークを使用して、リモートに保存されているメディアに同時にアクセス、ストリーミング、および作業を行うことができます。サイズの大きなファイル転送、メディアの重複、プロキシファイルは不要です。

Premiere Pro で Adobe Anywhere を使用するには、ファイルAdobe Anywhereサインインを選択します。Adobe Anywhere へのサインインダイアログボックスに必要な情報を入力します。

詳しくは、Adobe Anywhere for Video を参照するか、このビデオを視聴してください

Adobe Anywhere:概要

Adobe Anywhere:概要
このショートビデオで、Adobe Anywhere の概要を学習してください。
Adobe TV

ユーザーインターフェイスの向上

高解像度での表示とユーザーエクスペリエンス全体の向上

Premiere Pro では高解像度のユーザーインターフェイスによる高度な表示のために HiDPI がサポートされるようになりました。HiDPI ディスプレイは、新しい MacBook Pro モデルを含めて、Apple の Retina Mac コンピューターのような最新のモニターで利用できます。

次に、ユーザーインターフェイスへのその他の機能強化をご紹介します。

  • タイトルセーフガイドおよびアクションセーフガイドの機能強化
  • 1 回のクリックによるビデオとオーディオ波形の切り替え
  • ツールヒントのオンとオフの切り替え
HiDPI のサポートによる表示エクスペリエンスの向上

A. 1 回のクリックでビデオまたはオーディオを表示 B. タイトルセーフガイドおよびアクションセーフガイドの機能強化 

カスタマイズ可能なトラックヘッダーが組み込まれ、再設計されたタイムライン

Premiere Pro には再設計されたカスタマイズ可能なタイムラインパネルがあり、表示内容を選択でき、コントロールに素早くアクセスできます。

ボリューム、パン、録音、およびオーディオ測定のためのトラックコントロールにより、素早く、効率的な作業が可能になりました。

再設計されたタイムライン

タイムラインパネルのトラックヘッダーがカスタマイズ可能になり、表示されるコントロールを指定できるようになりました。ビデオトラックとオーディオトラックでコントロールが異なるため、トラックタイプごとにボタンエディターがあります。

ビデオトラックヘッダーまたはオーディオトラックヘッダーを右クリックし、カスタマイズを選択します。必要に応じて、ボタンをドラッグ&ドロップします。例えば、トラックメーターコントロールを選択し、オーディオトラックにドラッグすることができます。

ソースシーケンスを他のシーケンスにネストせずに簡単に編集できます。機能強化された「属性をペースト」により、1 つのクリップから別のクリップにエフェクトをコピーすることもできます。

オフラインメディアの再リンク

ファイルの移動、名前の変更、別の形式へのトランスコードも可能です。Premiere Pro では、新しいメディアをリンクダイアログボックスにより、このようなファイルの検索や再リンクが容易になりました。

A. 不明なメディアの検索 

オフラインメディアが含まれているプロジェクトを開くと、メディアをリンクダイアログにファイル名、最後に開いたパス、メタデータのプロパティなどの情報が表示されます。この情報を使用して、Premiere Pro ではメディアを素早く検索して再リンクし、プロジェクトで使用するためにオンラインに戻すことができます。

詳しくは、オフラインメディアの再リンクを参照してください。

重複フレームの検出

Premiere Pro は重複フレームマーカーを表示することによって、同じシーケンス内で複数回タイムラインに使用されているクリップを特定します。重複フレームマーカーは、各重複フレームに対してクリップの下部で実行する色付きのストライプのインジケーターです。

重複フレームマーカーを表示するには、タイムライン表示設定をクリックして、重複フレームマーカーを表示を選択します。

重複フレームマーカーを表示

 

Premiere Pro は重複クリップのある各マスタークリップに対して自動的に色を割り当てます。最大 10 色が割り当てられます。10 色が使用されると、10 番目の色が再利用されます。

例えば、複数のカメラを使用してスポーツイベントを撮影するとします。イベント全体で、群衆の複数のショットを使用できます。同じ群衆ショットを複数回使用する場合、重複フレームの検出により色付きのストライプが表示されて重複クリップが警告されます。

注意:

重複フレームマーカーは静止画像やタイムリマップには使用できません。

ビデオ:重複フレームを自動的に検出する

ビデオ:重複フレームを自動的に検出する
重複フレームディテクタでカラーコードを使用して、プロジェクトで複数回使用されるクリップやフレームを識別する方法を学習します。
Jeff Sengstack

クローズドキャプション

Premiere Pro で別のクローズドキャプションオーサリングソフトウェアを使用せずに、クローズドキャプションテキストを処理できるようになりました。

Premiere Pro のクローズドキャプションツール

A. クローズドキャプションと内容を表示 B. キャプションをタイムラインで表示 

Premiere Pro でクローズドキャプションテキストをインポートし、適切なクリップにリンクして、テキストを編集し、タイムラインでのデュレーションを調整することができます。完了したら、シーケンスにクローズドキャプションを埋め込むか、またはサイドカーファイルとしてテープへ書き出し、または Adobe Media Encoder で書き出します。

Premiere Pro でのクローズドキャプションの操作について詳しくは、クローズドキャプションを参照してください

巧妙な編集機能の強化

ビデオ:Premiere Pro CC での巧妙な編集機能の強化

ビデオ:Premiere Pro CC での巧妙な編集機能の強化
再設計されたタイムライン、直感的なトラックのターゲット設定、多数の新しいショートカットなど、巧妙な編集機能の強化について学習します。
Al Mooney

複数のカメラアングルの自動同期

新しいマルチカメラモードでは、プログラムモニター内にマルチカメラ編集インターフェイスが表示されます。複数のカメラによる複数のアングルから、または特定のシーンの複数のテイクからのクリップショットにより、編集可能なシーケンスを作成できます。

マルチカメラソースシーケンスを作成」オプションを使用して、共通のインポイントやアウトポイントまたは重複するタイムコードがあるクリップをマルチカメラシーケンスに結合することができます。クリップのビンからマルチカメラソースシーケンスを作成できます。マルチカメラシーケンスを作成する場合、-100 ~ +100 フレームの範囲のビデオを基準にオーディオをコントロールを利用できるようになりました。

詳しくは、マルチカメラソースシーケンスの作成を参照してください。

「マルチカメラソースシーケンスの作成」オプションを使用して、複数のカメラアングルを自動的に一致させます。

オーディオ波形を使用するクリップの自動同期

Premiere Pro ではオーディオ波形を使用してクリップを結合することもできます。2 番目のソースから録音したオーディオを使用して、マルチカメラとオーディオ波形を使用して結合されたクリップを自動的に同期して作成することができます。

ビデオ:オーディオ波形を使用するクリップを自動的に統合する

ビデオ:オーディオ波形を使用するクリップを自動的に統合する
Premiere Pro のオーディオ波形の自動同期機能を使用して、プロジェクトパネル、タイムライン、マルチカメラプロジェクトの設定時に自動的にクリップを整列して結合する方法について学習します。
Jeff Sengstack

ソースのパッチとトラックのターゲット設定

より迅速で効率的な編集のために、ソースのパッチとトラックのターゲット設定が再設計されました。挿入や上書き編集のためのパッチソース、コピー/ペースト、マッチフレーム、その他の編集操作を 1 回のクリックで実行できるようになりました。

共通のパッチシナリオのためにプリセットを作成し、1 つのコマンドでタイムラインを再構成できます。

詳しくは、ソースのパッチとトラックのターゲット設定を参照してください。

ネストされていないシーケンスの他のシーケンスへの編集

元のソースクリップとトラックのレイアウトを変更せずに、ソースシーケンスを他のシーケンスに編集できるようになりました。この機能を使用すると、コピー/ペーストと同様に、個々のソースクリップ、編集ポイント、トランジション、エフェクトが含まれている他のシーケンスのセグメントを使用できます。

ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書き」切り替えコマンドを使用すると、ネストされたビヘイビアーとネストされていないビヘイビアーを切り替えることができます。「ネストとしてまたは個別のクリップとしてシーケンスを挿入または上書き」切り替えコマンドは、タイムラインヘッダーのソースインジケーターのコンテキストメニューから使用できます。

詳しくは、ソースモニターに読み込まれたシーケンスからの編集を参照してください。

スルー編集を結合

新しいスルー編集を結合機能を使用して、クリップにスルー編集を結合できるようになりました。

タイムラインパネルで、結合するクリップの編集ポイントを選択します。次に、選択した編集ポイントを右クリックするか(Windows)、Ctrl キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューからスルー編集を結合を選択します。

クリップの元のフレームシーケンスを分割しない不要な編集にスルー編集インジケーターが表示されます。スルー編集にスルー編集を結合を使用する場合、Premiere Pro はカットを修復し、連続する部分から長いクリップを作成します。

レーザーツールのスナップ

タイムライン上でドラッグすると、再生ヘッドをアイテムにスナップできるようになりました。スナップが有効になっている場合、レーザーツールが選択され、再生ヘッドが含まれているスナップターゲットにカーソルがスナップされます。

すべてのトラック上で複数のレーザーツールを使用するには、Shift キーを押します。一時的にビデオとオーディオのリンクを無視するには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押します。

新しい再生ヘッドをスナップ環境設定

スナップが有効になっている場合に、タイムラインで再生ヘッドをスナップ」は、スクラブ中の再生ヘッドの動作を制御する新しい環境設定オプションです。この環境設定を選択すると、再生ヘッドがすべての編集ポイントにスナップされます。

この環境設定オプションは、環境設定ダイアログボックスの「一般環境設定」カテゴリーにあります。



ネストされたシーケンスに名前を付ける

タイムラインの「ネスト」コマンドでネストされたシーケンスを作成する場合、ネストされたシーケンス名ダイアログボックスが表示されます。ネストされたシーケンスに選択した名前を入力できます。

ネスト化したシーケンス」コマンドを使用するには、タイムラインパネルでクリップを右クリックするか(Windows)、Ctrl キーを押しながらクリックして(Mac OS)、コンテキストメニューからネストを選択します。

デュレーションをゼロにトリミング

キーボードまたはマウスを使用して、クリップのデュレーションをゼロにトリミングします。詳しくは、Josh Weiss によるこのビデオを参照してください。

属性をペーストの機能強化

属性をペーストダイアログボックスでは、複数のクリップ間でオーディオエフェクトやビジュアルエフェクトを簡単に追加または削除できます。

エフェクトが含まれているクリップをコピーした後、このダイアログボックスでタイムラインで選択されている目的のクリップにペーストするエフェクトを選択できます。

ビデオクリップまたはオーディオクリップにユーザーが適用した追加エフェクトが含まれている場合、これらのエフェクトを選択することもできます。エフェクトのグループや特定のエフェクトを選択することもできます。

詳しくは、このビデオチュートリアルを参照してください。

リップル削除後、再生ヘッドが編集ポイントに移動する

タイムラインパネルでクリップをリップル削除すると、再生ヘッドがその場所に止まるのではなく、編集ポイントの先頭に自動的に移動します。最初に再生ヘッドを再配置する必要なしに、ただちに編集を置換できます。


オーディオの機能強化

ビデオ:Premiere Pro CC でのオーディオの機能強化

ビデオ:Premiere Pro CC でのオーディオの機能強化
新しいオーディオクリップミキサー、機能が強化されたマルチカメラ編集、オーディオ波形を使用するフッテージの同期などについて学習します。
Al Mooney

名前が変更されたオーディオミキサーパネル

オーディオミキサーパネルは、オーディオトラックミキサーという名前に変更されました。この名前の変更により、オーディオトラックミキサーパネルと新しいオーディオクリップミキサーパネルを区別しやすくなりました。

オーディオトラックミキサー

オーディオトラックミキサーのポップアップメニューが再設計され、オーディオプラグインが迅速に選択できるようにサブフォルダーに分類されて表示されるようになりました。

機能強化されたタイムライントラックヘッダー

オーディオトラックヘッダーで水平方向のトラックメーターを利用できるようになりました。

トラックメーター

タイムラインのカスタマイズ可能なトラックヘッダー領域で、オーディオトラックのパンやトラックボリュームを調整するために、2 つの新しいコントロールを使用できます。

マルチチャンネルマスターへのトラックの複数ステレオの割り当て

マルチチャンネルメーターのチャンネルの複数のペアにモノラルトラックまたは標準トラックを割り当てることができるようになりました。パンナーのアサインダイアログで、トラックに割り当てるステレオチャンネルのペアを設定します。

詳しくは、マルチチャンネルマスターへのトラックの複数ステレオの割り当てを参照してください。

新規クリップミキサーパネル

オーディオクリップミキサーでは、タイムラインパネルにフォーカスがあるときに、シーケンス内のボリュームとパンを監視したり、調整したりできます。同様に、ソースモニターパネルにフォーカスがあるときに、オーディオクリップミキサーではソースモニター内のクリップを監視できます。

オーディオクリップミキサー

オーディオクリップミキサーにアクセスするには、メインメニューからウィンドウオーディオクリップミキサーを選択します。

詳しくは、オーディオクリップミキサーを使用するモニタークリップのボリュームおよびパンを参照してください。

オーディオ波形の変更点

オーディオ波形が Adobe Audition の波形と同様に表示されるようになりました。さらに、ネスト化したシーケンスにオーディオ波形が表示されるようになりました。パネルメニューで標準のオーディオ波形に戻すことができます。

また、オーディオ波形にラベルカラーを使用できるようになりました。タイムラインパネルで「オーディオ波形でラベルの色を使用」を選択します。

新しいオーディオプラグインマネージャーとオーディオプラグイン

オーディオプラグインマネージャーはオーディオエフェクトと一緒に使用できます。オーディオトラックミキサーパネルとエフェクトパネルから、オーディオプラグインマネージャーにアクセスできます。また、オーディオ環境設定ダイアログから、オーディオプラグインマネージャーにアクセスすることもできます。

Premiere Pro ではサードパーティの VST3 プラグインにサポートできるようになりました。Mac では、オーディオユニット(AU)プラグインも使用できます。

マルチチャンネル QuickTime の書き出し

マルチチャンネルのマスターシーケンスを書き出す場合、書き出しメディアダイアログのオーディオチャンネル設定がポップアップメニューに変更されます。このメニューでは、書き出しに含めるチャンネルを選択できます。


コントロールサーフェスのサポート

Premiere Pro では、EUCON プロトコルや Mackie プロトコルを使用するコントロールサーフェスとインタラクティブにオーディオをミキシングできるようになりました。また、これらのプロトコルをサポートしているサードパーティのタブレットベースのコントローラーも使用できます。

コントローラーを Premiere Pro に接続するには、環境設定ダイアログボックスのコントロールサーフェスを選択します。デバイスクラスメニューからコントローラープロトコルを選択します。

これらのデバイスのフェーダー、ノブ、ボタンを使用して、トラックミキサーフェーダーおよびトラックのパンやバランスなどのパラメーターを制御します。Avid MC Artist や Mackie XT など、サポートされるデバイスに接続し、トラックミキサーのコントロールを指定できます。

詳しくは、コントロールサーフェスのサポートを参照してください。

色に関する機能強化

Lumetri Deep Color Engine の統合

Premiere Pro に Lumetri Deep Color Engine が組み込まれました。Premiere Pro 内からシーケンスに SpeedGrade の .look ファイルや事前に作成された参照テーブル(LUT)を瞬時に適用されます。

エフェクトパネルの新しい統合された Looks ブラウザーを使用してプリセットのカラーグレーディングエフェクトを適用したり、SpeedGrade から書き出された .looks や他のシステムから書き出された LUT を検索したりできます。

詳しくは、Premiere Pro 内で SpeedGrade のカラー補正を適用を参照してください。

Premiere Pro に統合された Looks ブラウザー

Adobe Premiere Pro の機能を拡張

Adobe Story パネル

Premiere Pro の Adobe Story パネルでは、Adobe Story で作成されたスクリプトを関連メタデータと一緒に書き出し、編集をガイドすることができます。

作業中に特定のシーン、場所、会話、および文字に素早く移動できます。スピーチからテキストへ検索を使用して、必要なクリップを検索し、Premiere Pro 編集環境でスクリプトを編集できます。

詳しくは、Story でのスクリプトベースのビデオ編集を参照してください。

Adobe Exchange パネル

Premiere Pro に統合された Adobe Exchange パネルでは、最新のプラグインおよび拡張機能を簡単に参照したり、インストールしたり、サポートを検索したりできます。

ウィンドウエクステンションAdobe Exchange を選択し、Adobe Exchange パネルを開きます。無料の拡張機能と有料の拡張機能の両方を検索できます。


新しいキーボードショートカットと変更されたキーボードショートカット

シーケンス内の次のクリップ、前のクリップを選択する

「次のクリップを選択」「前のクリップを選択」キーボードショートカットを使用すると、現在のクリップ選択に素早く移動したり、シーケンス内の隣接するクリップを選択したりできます。

再生ヘッドの下またはイン~アウト範囲を選択する

シーケンス内のクリップを 2 種類の少し異なる範囲で選択するための 2 つの新しいキーボードショートカットがあります:再生ヘッドでクリップを選択およびインからアウトを選択

選択したクリップを別のトラックに移動

クリップの選択範囲を上に移動キーボードショートカットとクリップの選択範囲を下に移動キーボードショートカットを使用して、選択したクリップを上のトラックまたは下のトラックに移動します。

使用できるキーボードショートカットの完全な一覧については、Premiere Pro CC のキーボードショートカットを参照してください。

その他の変更

GPU 処理の変更

最小要件を満たしているカード(1-GB の RAM、基本シェーダーテスト)で OpenCL または CUDA の処理を有効にできます。

書き出しパフォーマンスの向上のために、NVIDIA Quadro K2000 および K4000 デュアル GPU で CUDA 処理が利用可能になりました。

Windows で基本要件を満たしているカードに対する OpenCL 処理が利用できるようになりました。

mezzanine コーデック、ネイティブ形式のサポート

Premiere Pro で業界標準の mezzanine コーデックおよび次のようなネイティブビデオ形式がサポートされるようになりました。

  • ネイティブ MXF でラップされた DNxHD
  • Apple ProRes(Windows版ではデコードのみ)
  • Sony XAVC
  • Panasonic AVC-Intra 200

Avid および Final Cut Pro プロジェクトの読み込み/書き出しワークフローの向上

Avid および Final Cut Pro プロジェクトの読み込み/書き出しを行う場合のワークフローが拡張され、強化されました。AAF プロジェクトをより高い精度で書き出すことができ、
DNxHD を含めて、より多くのビデオ形式がサポートされます。

形式のサポートの拡張

形式のサポートの拡張
Rich Harrington による Premiere Pro の形式のサポートの拡張のデモンストレーションをご覧ください。
Rich Harrington

テープへ書き出し(シリアルデバイス)

シリアルデバイスが接続されている場合、編集したシーケンスをコンピューターからビデオテープに直接書き出し、例えば、マスターテープを作成することができます。これを行うには、ファイル書き出しテープ(シリアルデバイス)を選択します。

注意:

テープへ書き出し(シリアルデバイス)機能には、サードパーティー製の SDI テープ書き出しソリューションが必要です。Premiere では、シリアルデバイスコントロールを使用してテープに書き出すことはネイティブにはサポートされません。

他の多数の新機能について詳しくは、Premiere Pro CC の新機能を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー