Creative_Cloud_mnemonic_RGB_128px

Premiere Pro CC へのアップデートをご利用いただけます

詳しくは、新機能の概要を参照してください。


このドキュメントでは、Premiere Pro CC 2013 年 10 月リリースの新機能および変更された機能について説明します。

ビデオ:Al Mooney による新機能の概要

ビデオ:Al Mooney による新機能の概要
Al Mooney

Premiere Pro と SpeedGrade の間の Direct Link のワークフロー

新しい Direct Link 機能により、Premiere Pro と SpeedGrade の間でより緊密で効率的なワークフローを実現します。

Direct Link を使用すると、Premiere Pro プロジェクトを SpeedGrade に送信するか SpeedGrade で直接開き、カラーグレーディングの変更を適用し、Premiere Pro に戻すことができます。Direct Link のワークフローでは、プロジェクトを書き出したり読み込んだりする必要がなく、相互交換形式、またはあらゆる種類のファイル変換で処理します。

詳しくは、Premiere Pro と SpeedGrade の間の Direct Link のワークフローを参照してください。

Finesse の編集の機能強化

複数のシーケンスのレンダリング

この機能は IBC 2013 で Just Do It(JDI)機能として紹介されました。JDI 機能について詳しくは、このビデオを参照してください。

Premiere Pro では、複数のシーケンスを 1 つずつレンダリングするのではなく、同時にレンダリングできるようになりました。プロジェクトパネルからレンダリングするシーケンスを選択し、シーケンス/ワークエリアでエフェクトをレンダリングを選択します。

シーケンスのレンダリング方法について詳しくは、シーケンスのレンダリングとプレビューを参照してください。

リップルシーケンスマーカー

Premiere Pro の以前のバージョンでは、シーケンスマーカーがタイムラインに固定されていました。クリップの一部を削除して、リップル削除を使用して間隔を詰めたり、インサート編集を使用してクリップを挿入したりしても、マーカーはクリップと同じようには移動しませんでした。

Premiere Pro では、リップルシーケンスマーカーを使用してタイムラインで切断やトリミングを行った場合に、マーカーをアップストリームまたはダウンストリームにリップルすることができます。例えば、インサート編集の後では、挿入ポイントの後のすべてのシーケンスマーカーがダウンストリームにリップルされます。同様に、リップル削除の後では、最後に削除されたフレームの後のすべてのシーケンスマーカーがアップストリームにリップルされます。

リップルシーケンスマーカーをオンまたはオフにするには、マーカーリップルシーケンスマーカーを選択します。

シーケンスマーカーの改善

シーケンスマーカーに対して次の改善が行われました。

  • Premiere Pro の以前のバージョンでは、マーカーをクリックすると、再生ヘッドがマーカーの場所に自動的に移動していました。現在のバージョンの Premiere Pro では、タイムライン上の別の場所に再生ヘッドを移動できるようになり、マーカーをドラッグしてタイムラインにスナップできるようになりました。
  • タイムラインでマーカーをドラッグしている間に、プログラムモニター内のクリップのプレビューが表示され、マーカーのドラッグ先を表示することができます。

メディアブラウザーに「戻る」ボタンを追加

メディアブラウザーの「戻る」ボタンを使用して、以前に表示したディレクトリにすばやく移動できるようになりました。

戻る」ボタンを複数回クリックして、複雑なディレクトリ構造の中を簡単に移動することができます。

Premiere Pro メディアブラウザー
Premiere Pro メディアブラウザー

シーケンスをアイコン表示のサムネールとして表示

Premiere Pro では、アイコン表示のサムネールでシーケンスを表示できるようになりました。以前は、シーケンスを表示するためにタイムラインまたはソースモニター内のシーケンスを開く必要がありました。

他のメディアと同様に、アイコン表示で示されるシーケンスの場合でも、動画をスクラブに合わせて表示する機能を使用できるようになりました。つまり、カーソルをシーケンスアイコンの上に置くと、マウスのドラッグに合わせて、クリップが前後に再生されます。

アイコン表示でのサムネールとしてのシーケンス
アイコン表示でのサムネールとしてのシーケンス

メディアの終了インジケーター

再生ヘッドがタイムライン上のメディアの最後のフレームを通り過ぎた後にクリップがない場合、クリップまたはシーケンスの最後のフレームの右端に沿って黒いフレームが表示されます。

メディアの終了インジケーターは、常にオンになり、プログラムモニター、ソースモニター、プロジェクトパネルのビデオ領域のメディアクリップに表示されます。

メディアの終了インジケーター
メディアの終了インジケーター

A. メディアの終了インジケーター 

トラックターゲットを上書きする「編集点を追加」コマンド

編集点を追加」コマンドを使用すると、コマンドがトラックターゲットを上書きして、再生ヘッドのある選択されたすべてのクリップにコマンドを適用します。この機能強化により、最適な結果を得るために各トラックを個別にターゲットにする必要がなくなりました。

J キー、K キー、L キーのキーボードの再生ショートカットをサポートするテープへ編集ダイアログ

Premiere Pro では、テープへ編集ダイアログで、J キー、K キー、L キーの再生キーボードショートカットをサポートするようになりました。

ファイル書き出しテープ(シリアルデバイス)を選択してテープへ編集ダイアログを開きます。J キー、K キー、L キーを押して、再生を制御することもできます。J キーを押すと再生が巻き戻され、L キーを押すと早送り、K キーを押すと一時停止します。J キー、L キーを押すたびに巻き戻しや早送りの速度が速くなります。

J キー、K キー、L キーのキーボードショートカットの再生速度の向上

J キー、K キー、L キーの再生キーボードショートカットで、より高速な 1、2、4、8、16 および 32 倍速までを使用できるようになりました。

注意:

再生のパフォーマンスはハードウェア、ビデオフレームの解像度、ビデオコーデックによって変化することがあります。

逆再生にマイナスの速度値を設定する

クリップを逆に再生するために、クリップ速度・デュレーションダイアログにマイナスの速度値を入力できるようになりました。

  1. タイムラインパネルまたはプロジェクトパネルで、1 つまたは複数のクリップを選択します。
  2. クリップを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)して、速度・デュレーションを選択します。
  3. クリップ速度・デュレーションダイアログボックスで、マイナスの速度値を入力します。例えば、「-50」と入力します。

マイナスの速度値を入力すると、「逆再生」チェックボックスが自動的に選択されます。

QuickTime 書き出し中のチャンネルのレイアウト選択

サウンドメディア付きの QuickTime ムービーの書き出し中に、QuickTime ムービーに含まれている 5.1 または 8 オーディオチャンネルのレイアウトを選択するように要求されます。

  1. 書き出し設定ダイアログで、「オーディオ」タブを選択します。
  2. チャンネルのレイアウトの下に、チャンネルオーダーメタデータが表示されます。書き出しを行うチャンネルのレイアウトを選択できます。

注意:

書き出しを行うチャンネルのレイアウトを選択できるようにするには、オーディオコーデック非圧縮に設定されていていることと、基本オーディオ設定のチャンネルが 5.1 または 8 チャンネルに設定されていることを確認してください。そうでない場合は、チャンネルのレイアウトが「ラベルなし」と表示されます。

新しいメタデータ項目

Premiere Pro では、次の 2 つの新しいメタデータの項目を表示できるようになりました。

  • サウンドのタイムコード 
  • サウンドロール

これらの項目を表示するには、プロジェクトパネルメニューからメタデータの表示設定を選択し、メタデータの表示設定ダイアログを開きます。サウンドのロールおよびサウンドのタイムコードの横にあるチェックボックスをオンにします。

ビデオ:Premiere Pro CC 2013 年 10 月リリースの主な新機能

ビデオ:Premiere Pro CC 2013 年 10 月リリースの主な新機能
Josh Weiss

トランジションとエフェクト

クリップ名エフェクトの新しいオプション

クリップ名エフェクトでは、クリップにラベルを付ける様々なオプションが提供され、画面に表示できるようになりました。次のオプションから選択して、シーケンス名、プロジェクト名、またはファイル名を表示できます。

  • シーケンスクリップ名
  • プロジェクトクリップ名
  • ファイル名
シーケンスアイテム名を表示
シーケンスアイテム名を表示

タイムコードエフェクトの機能強化

タイムコードエフェクトはソースクリップの時間単位パラメーター(またはタイムベース)に自動的に一致します。

トランジションをコピーして複数の編集ポイントにペーストする

トランジションをコピー&ペーストして、シーケンス内の複数の編集ポイントにトランジションをすばやく追加できます。この機能はトランジションの初期設定を変更し、変更後のトランジションを再度使用する場合に役立ちます。 

  1. タイムラインでトランジションを選択して、編集コピーを選択するか、キーボードショートカットの Ctrl + C(Windows)または Cmd + C(Mac OS)を使用してトランジションをコピーします。
  2. 編集ポイントの周囲の選択範囲をドラッグするか、Shift キーを押しながら任意のトリムツールを使用して、複数の編集ポイントを選択します。
  3. 編集ペーストを選択するか、キーボードショートカット Ctrl + V(Windows)または Cmd + V(Mac OS)を使用してトランジションをペーストします。

要点:

  • 編集ポイントを選択せずにトランジションをペーストすると、トラックターゲットを上書きすることなく、再生ヘッドのある、または再生ヘッドの近くにある編集ポイントにトランジションがペーストされます。
  • 選択した編集ポイントに既にトランジションがあり、
    • ペーストしたトランジションが既存のトランジションと異なる場合、トランジションの種類は変更されますが、既存のトランジションのデュレーションと配置は保持されます。例えば、クロスディゾルブトランジションを倉庫の扉トランジションにペーストする場合です。
    • ペーストしたトランジションが既存のトランジションと同じ場合、デュレーションと配置が変更されます。例えば、両方ともクロスディゾルブトランジションの場合です。
  • コピーしたトランジションの配置は、プリセットの一部に配置が設定されている場合は保持されますが、カスタム設定の場合は保持されません。

エフェクトパラメーターの「個別リセット」ボタン

その他のパラメーター値をリセットせずに、エフェクトの特定のパラメーター値だけをリセットできるようになりました。

エフェクトパネルでは、パラメーターを初期設定値にリセットする際に使用できる「パラメーターをリセット」ボタンが各パラメーター値にあります。

エフェクトのすべてのパラメーター値をリセットするには、エフェクト名の横にある「エフェクトをリセット」ボタンをクリックします。

パラメーター値をリセット
パラメーター値をリセット

A. エフェクトをリセット B. パラメーターをリセット 

モニターオーバーレイでのメタデータの表示設定

Premiere Pro では、選択したメタデータをオーバーレイとしてプログラムモニターソースモニターに表示できます。

次のメタデータをオーバーレイとして表示できます。

  • ソースクリップタイムコード
  • 編集ポイントインジケーター
  • メディア限界インジケーター
  • マーカーのコメント
  • クリップ名、マルチカメラアングル、シーケンスタイムコードなどのその他のメタデータ

プログラムモニターソースモニターのポップアップメニューからオーバーレイを選択して、オーバーレイのオン/オフを切り替えることができます。オーバーレイ設定ダイアログでは、オーバーレイプリセットとしてカスタマイズや適用が可能なオーバーレイの表示を指定できます。

オーバーレイの使用について詳しくは、モニターオーバーレイを参照してください。

クローズドキャプションの機能強化

プロジェクトの読み込みに埋め込みキャプションを含める

埋め込みクローズドキャプションのあるファイルがプロジェクトに含まれている場合、Premiere Pro ではクローズドキャプションデータをプロジェクトに読み込みます。埋め込みクローズドキャプションファイルにある埋め込みクローズドキャプションデータを検出して読み込むには、クローズドキャプションデータをプロジェクトに読み込む設定を選択します。環境設定ダイアログのメディアの下にある「読み込みにキャプションを含める」チェックボックスをオンにします。

埋め込みクローズドキャプションデータのワンタイムスキャン

Premiere Pro では、クローズドキャプションの操作で初めてファイルを開く時にのみ、クローズドキャプションデータのメディアファイルをスキャンしてパフォーマンスを最適化します。2 回目以降にファイルを開く場合には、クローズドキャプションデータの再スキャンを行いません。

注意:

埋め込みクローズドキャプションのある QuickTime ムービーファイル(.MOV)では、ファイルを開くたびにファイルの再スキャンを行います。

MXF ファイルのキャプションのサポート

Premiere Pro では、MXF OP1a ファイルの読み書きキャプションをサポートしています。キャプションは MXF OP1a ファイルにある SMPTE 436M 付属のデータトラックから読み込まれ、書き込まれます。

CEA-708 キャプションのサポート

Premiere Pro では、CEA-708 キャプションの読み込みと書き出しがサポートされます。CEA-708 クローズドキャプションファイルは、.mcc または .xml ファイル名形式のサイドカーファイルとして書き出すことができます。MXF OP1a ファイルの SMPTE 436M 付属のデータトラックにある CEA-708 キャプションを埋め込むこともできます。

QuickTime ムービーの埋め込みキャプションの拡張サポート

以前は、QuickTime ムービーの埋め込みキャプションの読み込みに関するサポートはビデオコーデックで制限されていました。例えば、MPEG-2 および H.264 ビデオコーデックはサポートされていませんでした。現在は、使用するビデオコーデックに関わらず、QuickTime ムービーのキャプションを読み込めるようになりました。

DFXP ファイルのサポート

Premiere Pro では、*.dfxp ファイル名拡張子のキャプションファイルを読み込めるようになりました。

注意:

DFXP キャプションファイルは XML ベースのファイルです。つまり、キャプションパネルでキャプションを表示できるだけでなく、テキストエディターで表示することもできます。

 

クローズドキャプションについて詳しくは、Premiere Pro でのクローズドキャプションワークフローを参照してください。

マルチカメラワークフローの改善

Premiere Pro CC のマルチカメラ機能の改善

Premiere Pro CC のマルチカメラ機能の改善
Adobe Premiere Pro CC での以前よりも簡単にマルチカメラ編集を行える機能について学習します
Maxim Jago

カメラアングルをトラック名またはクリップ名として表示

マルチカメラソースシーケンスを作成すると、カメラ名をクリップ名またはトラック名として表示できます。カメラ 1、カメラ 2 などのカメラ番号名を使用する初期設定のオプションに加えて、これらのオプションを使用することができます。

このオプションは、カメラ名の下にあるマルチカメラソースシーケンスを作成ダイアログボックスから使用できます。

ソースシーケンスオプション
マルチカメラソースシーケンスオプション

選択した「カメラ名」オプションに応じて、カメラアングルがトラック名、クリップ名、またはカメラ番号としてソースモニターに表示されます。ソースモニターのマルチカメラシーケンスを表示するには、シーケンスを右クリックして「マルチカメラ」を選択します。

クリップ名として表示されるカメラアングル
ソースモニターでクリップ名として表示されるカメラアングル

モニターのマルチカメラモードで表示するカメラアングルの整理および選択

Premiere Pro では、アングルを整理および選択してソースモニターのマルチカメラモードで表示することができます。 

ソースモニターのポップアップメニューから「カメラを編集」を選択します。

カメラを編集ダイアログボックスに、すべてのクリップがシーケンストラックで配置された元の順序で表示されます。クリップをドラッグ&ドロップしてシーケンスの順番を変更できます。クリップを選択または選択解除して有効または無効にすることもできます。

マルチカメラ表示モードでプログラムモニター上の完全な再生を表示する

プログラムモニターのマルチカメラ表示モードで、通常の再生モードと同じように完全に合成された出力が表示できるようになりました。マルチカメラモードでは、再生中に適用されたエフェクトを表示できます。

同期タイムコードに基づいた迅速なマルチカメラ編集

同期タイムコードに基づいて迅速にマルチカメラ編集を行うことができます。

ソースクリップが現在の再生位置にあるタイムコードのフレームに一致するように切り替えている間に、修飾キー Ctrl(Windows)または Cmd(Mac OS)を押します。

Final Cut Pro からの マルチクリップシーケンスの読み込み

Final Cut Pro からマルチクリッププロジェクトを書き出して、Premiere Pro の Final Cut Pro プロジェクト XML ファイルに読み込むことができます。Premiere Pro では、マルチクリップシーケンスはすべての Final Cut Pro プロジェクト設定を保持したマルチカメラシーケンスとして表示されます。


マルチカメラのワークフローについて詳しくは、マルチカメラの編集ワークフローを参照してください。

新しいカメラ形式のサポート

読み込みでサポートされているファイル形式

Premiere Pro では、次の新しいカメラ形式の読み込みがサポートされています。

  • Apple ProRes 64 ビット
  • Blackmagic Cinema DNG
  • ネイティブ MJPEG(1DC)
  • RED DRAGON および ROCKET-X
  • Panasonic AVC Ultra Long GOP(画像のグループ)
  • Phantom Cine
  • Sony RAW(F65、F55、F5、FS700)
  • Sony XAVC Long GOP

要点:

  • 非圧縮 Cinema DNG ファイルを Blackmagic Cinema Camera から直接 Premiere Pro に読み込むことができます。複数の Cinema DNG ファイルを 1 つのクリップとして選択し、統合した A/V クリップとして読み込むことができます。
  • Cinema DNG ファイルを Premiere Pro に読み込むと、メディアブラウザーを使用してファイルのサムネールを表示したり、スクラブしたり、スクラブに合わせて表示したりできます。
  • ソースモニターの DNG ファイルを開くこともできます。または、Windows エクスプローラー(Windows)や Finder(Mac OS)で DNG ファイルを表示します。

書き出しがサポートされているファイル形式

Premiere Pro では、次の新しいカメラ形式への書き出しがサポートされています。

  • Panasonic AVCI-100 50p、60p
  • Panasonic AVCI-200
  • Sony XAVC Intra

QuickTime 64 ビット書き出しのサポート

Premiere Pro では、QuickTime ムービーを 64 ビット処理で書き出すことのできる、次の新しいビデオコーデックおよびオーディオコーデックがサポートされています。

ビデオコーデック

Apple ProRes コーデック(Mac OS 10.8 以降のみ)

  • Apple ProRes 422、422(HQ)、422(LT)、422(Proxy)、4444

DV コーデック

  • DV/NTSC 24p
  • DV25 NTSC、PAL
  • DV50 NTSC、PAL
  • DVCPRO HD 1080i50、1080i60、1080p25、1080p30、720p50、720p60

YUV コーデック

  • 非圧縮 YUV 10 bit 4:2:2、8 bit 4:2:2

Apple None コーデック

  • 非圧縮 RGB 8 bit、24 bit、32 bit

オーディオコーデック

非圧縮

注意:

重要事項:

  • ムービーがサポートされていないオーディオコーデックとビデオコーデックの組み合わせを使用している場合、QuickTime 64 ビットの書き出しは QuickTime 32 ビットの書き出しに戻ります。サポートされていない組み合わせの例としては、サポートされているビデオコーデックとサポートされていないオーディオコーデック、またはサポートされているオーディオコーデックとサポートされていないビデオコーデックがあります。
  • Windows では、QuickTime for Windows がインストールされていなくても、サポートされているコーデックについて 64 ビット処理で QuickTime ムービーを書き出すことができます。

新しい設定と変更された設定

トリミングタイプを変更する設定

Premiere Pro では、以前に選択した編集ポイントのトリミングタイプを変更するオプションを提供しています。

環境設定ダイアログボックスのトリミングの下にある「選択ツールで既に選択された編集ポイントのトリミングタイプを変更可能にする」を選択します。

この設定を選択すると、選択済みの編集ポイントをクリックして現在のツールのトリミングタイプに変更できます。カーソルが編集ポイントの上にあるかどうかに関わらず、あらゆる編集ポイントのトリミングタイプを変更することもできます。デフォルトでは、この設定が選択されています。

注意:

設定を選択解除すると、Alt/Opt 修飾キー(Mac OS)または Shift(Windows)修飾キーを押さない限り、選択済みの編集ポイントのトリミングタイプを変更できません。 

新しいキーボードショートカットと変更されたキーボードショートカット

一般環境設定ダイアログを開く新しいキーボードショートカット

(Mac OS のみ)キーボードショートカット「Cmd + ,」を使用して、一般環境設定カテゴリーにフォーカスする環境設定ダイアログを開けるようになりました。 

その他の機能強化

MJPEG ファイルのパフォーマンスの向上

Canon EOS 1DC カメラの MJPEG(Motion JPEG)ムービーファイルを再生する際のパフォーマンスが向上しました。

QuickTime 参照レガシーファイル形式のサポート

QuickTime 参照ムービーを MPEG 422 ファイル形式で読み込めるようになりました。 


強化された Blackmagic Cinema Camera のサポート

CinemaDNG フッテージを Blackmagic Cinema Camera から直接 Premiere Pro に読み込むことができます。フッテージメタデータに基づき、Premiere Pro のデフォルトでは中間色のトーンカーブが読み込まれた CinemaDNG フッテージに適用されます。次に、Premiere Pro 内で調整の範囲を適用し、カラーアピアランスを変更できます。

Adobe After Effects と Adobe SpeedGrade では、Premiere Pro とは異なる方法で Blackmagic Cinema Camera からフッテージを読み込みます。例えば、CinemaDNG フッテージを SpeedGrade に直接読み込む場合、トーンカーブは適用されません。SpeedGrade ではフッテージの変更されていない raw ピクセル値が保持され、必要に応じて露光量を変更し、カラーバランスを適用することができます。CinemaDNG フッテージを直接 After Effects に読み込む場合、デフォルトのカラートーンカーブが適用され、CinemaDNG フッテージの元のカラーアピアランスが最適化されます。

別の製品とのワークフローで CinemaDNG フッテージを使用する場合、このフッテージは Premiere Pro と同様に処理されます。例えば、Premiere Pro と SpeedGrade の間で Direct Link を使用する場合や、SpeedGrade で Premiere Pro プロジェクトを開く場合、Premiere Pro で適用される中間色のトーンが SpeedGrade で維持されます。同様に、Premiere Pro と After Effects の間で Dynamic Link を使用する場合、Premiere Pro の中間色のトーンが After Effects で保持されます。

注意:

After Effects または Premiere Pro のいずれかから、CinemaDNG フッテージを他のプロジェクトパネルにコピー&ペーストする場合、フッテージの表示が各アプリケーションで異なる可能性があります。

 

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー