チームプロジェクトでのメディアの追加と管理

チームプロジェクトへのメディアの追加方法とメディア管理機能の使用方法を説明します。

メディアの追加

チームプロジェクトは、アドビの Creative Cloud でホストされているデータベースに保存されているメタデータおよびメディア参照で構成されています。チームプロジェクトで使用されるメディアは、ネットワーク共有ストレージ、ローカルハードドライブまたは Creative Cloud フォルダー、Dropbox または OneDrive などのデスクトップと同期されたクラウドストレージなど、様々な場所に保存できます。

チームプロジェクトにメディアを読み込むには:

手順 1:メディアを共有する場所を決めます。

すべてのチームメンバーがアクセスできる共有場所を選択することをお勧めします。Creative Cloud を含むクラウドベースのファイル共有オプションは、リモートから簡単にアクセスできます。NAS などの共有ストレージへのアクセスは、すべてのユーザーがリモートでアクセスできる場合に機能します。VPN は通常、メディアアクセスに時間がかかります。最後に、メディアセットに変更がない場合は、すべての共同作業者に送信されたメディアのコピーを含む外部ドライブも機能します。

手順 2:共有ストレージに関して合意したメディアを読み込みます。

プロジェクトに新しいメディアを追加する場合は、まずそのメディアを共有の保存場所にコピーし、Premiere Pro または After Effects に 読み込んで編集することをお勧めします。これにより、外部ユーザーは、メディアの表示を共有場所にマップし、すべてにアクセスできるようになります。サブフォルダーを追加してメディアを整理することもできますが、このプロジェクトのすべてのメディアを同じフォルダーに配置することをお勧めします。すべての共有場所で同じフォルダー階層を維持すると、Premiere Pro と After Effects が自動的に動作するので、時間を節約できます。

  1. ファイル/読み込みを選択するか、メディアブラウザーパネルを使用します。ローカルドライブ、ネットワークドライブ、Creative Cloud、Dropbox またはデスクトップと同期された Box フォルダーから、メディアを読み込むことができます。

    メディアブラウザー

  2. フォルダーを参照して、追加するメディアを選択し、コンテキストメニューから読み込みを選択します。

メディアの管理

手順 3:各チームメンバーは、この共有メディアの特定の場所をこのプロジェクトにマッピングします。

各チームメンバーは、異なるフォルダーにメディアを保存できるので、チームプロジェクトでは、各ユーザーがメディアマッピング(そのメディアフォルダーへのユーザー固有のパス)を作成できます。これにより、1 人のユーザーがユーザー固有のメディアパスを使用してメディアをプロジェクトに読み込むことができますが、他のチームメンバーは特定のメディアパスを使用して、そのメディアの場所を理解します。

メディアマッピングを作成する最も良い方法は、共有フォルダーのルートをプロジェクトのメディアのルートにマップすることです。ルートフォルダーにメディアマッピングを作成すると、チームプロジェクトで個々のメディアファイルを自動的に検索するのに役立ちます。最上位の共有フォルダーが複数ある場合(多くのプロジェクトで共有されているアートワークまたは音楽のフォルダーが 1 つでもある場合)、そのフォルダーのメディアマッピングも作成します(既存のフォルダーがない場合)。

注意:

現在、Drop Box と Creative Cloud ストレージがこのメディアマッピングを自動的に処理します。

チームプロジェクトで使用されるメディアはローカルマシンに残ります。Creative Cloud アセット、ネットワーク共有ストレージまたは代わりのクラウドストレージオプションを使用して、チームとアセットを共有します。メディアが不足している場合は、メインメニューから編集/チームプロジェクト/メディア管理を選択してメディア管理ツールにアクセスします。

チームプロジェクトの各共同作業者は、チームプロジェクトで使用されるメディアのコピーへのアクセス権を持っている必要があります。そうでない場合、メディアはオフラインで表示されます。ただし、チームプロジェクトではユーザー専用のメディアマッピングが可能なので、共同作業者は、別の場所のメディアにアクセスできます。これは、ネットワーク共有ストレージのメディアを使用するユーザーが、異なる(多くの場合クラウドと同期された)保存場所にあるメディア(プロキシファイルなど)にアクセスするリモートユーザーと共同作業する場合に便利です。

  1. 編集/チームプロジェクト/メディア管理を選択します。

  2. 下にスクロールして、不足しているメディアを探します。

  3. いずれかのメディアを選択し、「新しいメディアマッピング」をクリックします。

  4. メディアを保存しているフォルダーの場所に移動します。

  5. 適切なメディアを選択し、「選択」をクリックします。

  6. すべての異なるフォルダー内の残りのメディアに対して、この手順を繰り返します。

  7. 不足しているメディアをすべてマッピングしたら、「閉じる」をクリックします。

  8. メディアがオンラインと表示されるようになり、作業を開始または続行できます。

その他の関連ヘルプ