Adobe Illustrator では、他のアプリケーションで作成されたファイルからベクトル描画とビットマップイメージの両方を読み込むことができるので、最初から新規にアートワークを作成する必要はありません。Illustrator では、一般的なファイル形式がすべて認識されます。 Adobe 製品間の緊密な統合と、幅広いファイル形式のサポートにより、読み込み、書き出し、コピー、ペーストをおこなうことでアプリケーション間で簡単にアートを移動することができます。

リンクアートワークと埋め込みアートワークについて

グラフィックを配置する場合、グラフィックを表示して位置決めできるように、ファイルは画面解像度に基づいてレイアウト表示されます。しかし、実際のグラフィックファイルは、リンク埋め込みのいずれかになります。

  • リンクされたアートワークは、リンク先のドキュメントから独立したままドキュメントに配置されます。その結果、ドキュメントのサイズは埋め込みの場合より小さくなります。 リンクされたアートワークは変形ツールおよび効果を使用して編集できますが、アートワークの各構成要素を選択して編集することはできません。 リンクされたグラフィックは、ドキュメントのサイズを大幅に拡大することなく、何度も使用できます。また、すべてのリンクを一度にまとめて更新することもできます。 書き出しまたは出力をおこなうと、元のグラフィックが取得され、元データの解像度から最終的な出力が生成されます。

  • 埋め込まれたアートワークは、データそのままの解像度でドキュメントにコピーされます。その結果、ドキュメントのサイズはリンクの場合より大きくなります。 アートワークが埋め込まれているドキュメントは完全に独立していて、いつでも更新できます。

アートワークがリンクと埋め込みのどちらであるかを確認したり、アートワークのステータスを変更したりするには、リンクパネルを使用します。

埋め込まれたアートワークに複数のオブジェクトが含まれる場合は、各構成オブジェクトを個別に編集することができます。 例えば、アートワークに含まれるベクトルデータは Illustrator のパスに変換され、Illustrator のツールおよびコマンドを使用して編集できるようになります。 また、ファイル形式によっては、埋め込まれたアートワーク内のオブジェクト階層(グループやレイヤーなど)が Illustrator でも保持されます。

アートワークファイルの配置(読み込み)

ファイルを読み込むには、配置コマンドを使用する方法が一般的です。この方法でサポートされているファイル形式、配置オプション、カラーが最も多いためです。 ファイルを配置した後は、リンクパネルを使用して、ファイルの識別、選択、監視、更新を実行します。

  1. アートワークを配置する Illustrator ドキュメントを開きます。

  2. ファイル/配置を選択し、配置するテキストファイルを選択します。

  3. 選択したファイルに対するリンクを作成するには「リンク」を選択します。アートワークを Illustrator ドキュメントに埋め込むには「リンク」の選択を解除します。

  4. 「配置」ボタンをクリックします。

  5. 必要に応じて次のいずれかの操作をおこないます。

    • 複数のページで構成された PDF ファイルを配置する場合は、配置するページとアートワークのトリミング方法を選択できます。

    • Adobe® Photoshop® ファイルを埋め込む場合は、レイヤーの変換方法を選択できます。ファイルにレイヤーカンプが含まれる場合は、読み込む画像のバージョンも選択できます。

パス/シェイプへのテキストの読み込み

Illustrator CC 2017 リリースで導入

サポートされているファイルのテキストをシェイプなどのオブジェクト内に配置します。.txt 形式、.rtf 形式、およびワープロソフトのファイルがサポートされています。例えば、.rtf ファイルのテキストを多角形のシェイプに配置できます。

  1. 長方形ツール、Shaper ツール、ペンツールなどの描画ツールを使用して、パス/シェイプを作成します。このシェイプの中にテキストファイルを配置します。

  2. ファイル/配置を選択し、配置するファイルを選択します。

  3. 配置」ボタンをクリックします。

  4. テキストファイルが配置アイコンに読み込まれた後、シェイプのパスをクリックします。

    テキストは、シェイプの内側に配置されます。これで、テキストに目的のスタイルとエフェクトを適用できます。

    テキストファイルのテキストを多角形のパス/コンテナに配置します

すべてのリンクアートワークや埋め込みアートワークを表示および管理するには、リンクパネルを使用します。 パネルにはアートワークの小さなサムネールが表示され、アートワークの状態がアイコンで示されます。

リンクパネル
リンクパネル

A. 透明の影響 B. リンク切れのアートワーク C. 埋め込みアートワーク D. 変更されたアートワーク E. リンクアートワーク 

リンクしているファイルは、次の状態がリンクパネルに表示されます。

最新のファイル

最新のファイルには、ファイル名と、ドキュメント内に配置されているページ(Adobe® InDesign®)だけが表示されます。

変更されたファイル

変更されたファイルは、ディスク上のファイルのバージョンが、ドキュメント内のバージョンよりも新しいファイルです。 例えば、Illustrator に配置済みの Photoshop のグラフィックを他のユーザーが変更した場合にこのような状況が発生します。

無効なファイル

無効なファイルは、グラフィックが他の場所にある可能性があるが、読み込み元の場所にはないファイルです。 例えば、グラフィックをドキュメントに読み込んだ後で、オリジナルのファイルが他のフォルダーやサーバーに移動された場合などに表示されます。 元のグラフィックへのリンクが復元されるまでは、グラフィックが最新のものかどうかは判断できません。 このアイコンが表示されているときにドキュメントの印刷または書き出しをおこなうと、グラフィックは元の解像度で印刷または書き出しできない場合があります。

埋め込み

リンクしているファイルの内容を埋め込むと、そのリンクの管理機能は停止します。

  • パネルを表示するには、ウィンドウ/リンクを選択します。 リンクしているファイルと自動的に埋め込まれたファイルは、それぞれファイル名で識別できます。

  • リンクされたグラフィックを選択して表示するには、リンクを選択し、リンクへ移動ボタン をクリックするか、リンクパネルメニューで「リンクへ移動」を選択します。選択したグラフィックが中央に表示されます。

  • サムネールのサイズを変更するには、リンクパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、サムネールの表示オプションを選択します。

  • リンクを別の順序で並べ替えるには、パネルメニューで目的の順序を選択します。

  • サムネールを非表示にするには、リンクパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、「なし」を選択します。

  • DCS 透明情報を表示するには、リンクパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、「DCS 形式への透明の影響を表示」を選択します。

リンクファイルまたは埋め込みファイルにメタデータが含まれる場合は、リンクパネルを使用してメタデータを表示できます。リンクファイルに関連付けられたメタデータを編集したり置換したりすることはできませんが、そのメタデータのコピーをテンプレートとして保存し、別のファイルに適用することができます。

  1. リンクパネルでファイルを選択し、パネルメニューから「リンクファイル情報」を選択します。

  2. メタデータをテンプレートとして保存するには、メタデータが表示されているダイアログボックスの最上部にあるポップアップメニューから「メタデータテンプレートの保存」を選択します。

リンクオブジェクトまたは埋め込みオブジェクトに関するファイル情報の表示

  • 次のいずれかの操作をおこないます。

    • リンクパネルで、リンクをダブルクリックします。 または、リンクを選択し、パネルメニューの「リンク情報」を選択します。

      注意:リンクパネルメニューの「リンク情報」と「リンクファイル情報」を混同しないようにしてください。「(リンク)ファイル情報」はメタデータを参照します。

    • アートワークウィンドウでリンクアートワークを選択します。 コントロールパネルで、ファイル名をクリックして、「リンク情報」を選択します。

注意:

リンクアートワークまたは埋め込みアートワークがドキュメントウィンドウのどこにあるか見つけるには、リンクを選択して、リンクへ移動ボタンをクリックします。 または、パネルメニューの「リンクへ移動」を選択します。

  • 特定のリンクを更新するには、リンクパネルで変更されたリンク を選択し、リンクを更新ボタン をクリックするか、リンクパネルメニューから「リンクを更新」を選択します。

  • 特定のリンクを更新するには、アートボード上のリンクオブジェクトを選択します。 コントロールパネルで、ファイル名をクリックして、「リンクを更新」を選択します。

注意:

初期設定では、リンク元ファイルが変更されると、リンクを更新するか問い合わせる画面が表示されます。 リンクを自動更新するか手動更新するかを指定するには、編集/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Windows)または Illustrator/環境設定/ファイル管理・クリップボード(Mac OS)を選択し、「リンクを更新」オプションを設定します。

無効なリンク(リンクパネルにリンク切れアイコン が表示されるリンク)を復元したり、任意のリンクファイルを別のリンク元ファイルと置き換えたりすることができます。

  1. ページ上のリンクオブジェクトを選択するか、リンクパネルでリンク名を選択します。

  2. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • リンクパネルで、リンクを再設定ボタン をクリックするか、パネルメニューから「リンクを再設定」を選択します。

    • コントロールパネルのリンクファイル名をクリックし、「再リンク」を選択します (このオプションを表示するには、リンクオブジェクトを選択する必要があります)。

  3. 表示されたダイアログボックスで、次のいずれかの操作をおこないます。

    • リンクを置き換えるファイルを探して選択します。

    • リンクを置き換えるファイルの名前の先頭の文字または先頭の数文字を入力して、目的のファイルを見つけ、選択します。

  4. 「配置」ボタンをクリックします。

注意:

ドキュメントに配置されたすべての無効なリンクが同じフォルダーにある場合、すべてのリンクを一度に復元できます。 リンクパネルで、すべての無効なリンクを選択してそのいずれかを復元すると、配置ダイアログボックスが開いたままになり、その他のリンクを再度選択できます。

リンクアートワークの配置オプションの設定

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • アートワークウィンドウでリンクアートワークを選択します。 コントロールパネルで、ファイル名をクリックして、「配置オプション」を選択します。

    • リンクパネルで、リンクを選択して、パネルメニューの「配置オプション」を選択します。

  2. 「保持」のオプションを選択します。

    「置き換え」または「バウンディングボックスに合わせる」以外のオプションを選択した場合は、バウンディングボックスを基準としてアートワークを揃える位置を基準点アイコンで指定できます。 アートワークがバウンディングボックスからはみ出さないようにする場合は、「バウンディングボックスでクリップ」を選択します。

リンクファイルの埋め込み

ファイルへのリンクをドキュメントに配置する代わりに、ファイルそのものをドキュメント内に埋め込む(保存する)ことができます。 ファイルを埋め込むと、元のファイルへのリンクは失われます。 リンクがないので、元のファイルが変更されてもリンクパネルに警告は表示されず、ファイルが自動的に更新されることもありません。

オリジナルにリンクするのではなくファイルを埋め込むと、ドキュメントのファイルサイズが大きくなる点に注意してください。

  1. リンクパネルでファイルを選択し、パネルメニューから「画像を埋め込み」を選択します。

  2. アートワークウィンドウでリンクアートワークを選択します。 コントロールパネルで「埋め込み」ボタンをクリックします。

リンクパネル上で、ファイルは表示されたまま、埋め込みリンクアイコン が表示されます。

  1. リンクパネルで少なくとも 1 つの埋め込みファイルを選択します。

  2. リンクを再設定ボタン をクリックするか、リンクパネルメニューの「リンクを再設定」を選択し、元のファイルを見つけて選択したら、「配置」をクリックします。

元のオブジェクトの編集

「オリジナルを編集」(Illustrator)および「元データを編集」(InDesign)コマンドを使用すると、ほとんどのグラフィックオブジェクトは、作成時のアプリケーションで開いて、必要な編集をおこなうことできます。元のファイルを保存すると、そのファイルをリンクしたドキュメントが新しいバージョンに更新されます。

  1. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • リンクパネルでリンクを選択し、オリジナルを編集 (Illustrator)または元データを編集(InDesign)ボタンをクリックします。または、パネルメニューの「オリジナルを編集」(Illustrator)または「元データを編集」(InDesign)を選択します。

    • ページ上のリンクオブジェクトを選択し、編集/「オリジナルを編集」(Illustrator)または「元データを編集」(InDesign)を編集を選択します。

    • ページ上のリンクオブジェクトを選択し、コントロールパネルの「オリジナルを編集」ボタンをクリックします。

  2. 元のアプリケーションで変更を加えた後、ファイルを保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー