シャープ

特定のピクセル間のコントラストを強調する画質調整テクニックです。

元の画像(左)は、ピントは合っていますが、ディテールがややソフトな印象になっています。この画像にシャープを強くかけると、見た目がより鮮明になります(右)。ディテールからわかるとおり、シャープを強くかけすぎると、画像がゆがんだり望ましくないテクスチャが生じたりすることがあります。