シャープの概要

シャープを適用すると、画像のエッジの輪郭が強調されます。デジタルカメラやスキャナーの画像を含むほとんどの画像は、シャープを適用することで画質が向上します。画像にシャープを適用する場合は、次の点に注意してください。

  • シャープ効果では、あまりに不鮮明な画像は補正できません。

  • 後で調整が必要になった場合に再びシャープを適用できるように、別のレイヤーで、シャープを適用します。レイヤーの描画モードを「輝度」に設定して、エッジでのカラーシフト(色ずれ)を防ぎます。シャープ適用後にハイライトやシャドウ部分が軽減された場合は、レイヤーの描画コントロールを使用して、ハイライトやシャドウにシャープを適用しないようにします。

  • 画像のノイズを軽減する必要がある場合は、ノイズを軽減してからシャープを適用し、ノイズが強調されないようにします。

  • シャープは何回かに分けて少しずつ適用します。最初は、スキャナーやデジタルカメラでキャプチャされたぼけを補正するためにシャープを適用します。その後、カラーを補正して画像のサイズを変更してから、もう一度シャープを適用します。

  • 可能であれば、画像を出力してシャープの効果を確認します。必要なシャープの量は、画像の用途(印刷や Web ページでの表示など)によって異なります。

画像をシャープにする

自動シャープコマンドを使用すると、シャープを適用しすぎることなく、画像の鮮明度や焦点を改善することができます。

シャープツールでは、写真のソフトな輪郭を明確にして、鮮明度や焦点を向上させます。シャープを適用しすぎると、粒子が粗く見えるようになります。オプションバーの「強さ」の値を下げることで、シャープの過度な適用を防ぐことができます。シャープを少しずつ適用し、必要に応じて適用する部分を何度かドラッグしてシャープを段階的に上げていくことをお勧めします。

シャープダイアログボックスでは、シャープツールや自動シャープにはないシャープコントロールを利用できます。シャープアルゴリズムを設定したり、シャドウまたはハイライト領域に適用するシャープの量を制御できます。

画像を自動的にシャープにする

  1. 画質調整/自動シャープを選択します。

画像の領域をシャープにする

cr_15
元の画像(上)、2 人の顔を適切にシャープを適用した状態(左下)、2 人の顔にシャープを適用しすぎた状態(右下)

  1. シャープツール を選択します。
  2. オプションバーで、オプションを設定します。

    モード

    適用するペイントが画像内の既存のピクセルにどのように合成されるかを指定します。

    ブラシ

    ブラシ先端を設定します。ブラシサンプルの横にある矢印をクリックしてブラシメニューからブラシのカテゴリを選択し、使用するブラシのサムネールを選択します。

    サイズ

    ブラシのサイズをピクセル数で設定します。サイズポップアップスライダーをドラッグするか、テキストボックスにサイズを入力します。

    強さ

    1 回のストロークで適用するシャープの度合いを指定します。

    全レイヤーを対象

    表示されているすべてのレイヤーにシャープを適用します。このオプションが選択されていない場合、シャープツールはアクティブなレイヤーにのみ適用されます。

    ディテールを保護

    「ディテールを保護」を選択すると、ディテールを際立たせ、ピクセルの斑点を最小限に抑えます。シャープ効果を強調する場合は、このオプションを選択解除します。

  3. 画像内で、シャープにする部分をドラッグします。

画像を正確にシャープにする

  1. 画質調整/シャープを調整を選択します。
  2. 「プレビュー」チェックボックスを選択します。
  3. 次のいずれかのオプションを設定して画像にシャープを適用し、「OK」をクリックします。

    シャープの量を調整します。ボックスに数値を入力するか、スライダーをドラッグして、エッジのピクセル間のコントラストを増減し、シャープの効果を調整します。

    半径

    エッジ周辺のどれくらいの範囲にシャープを適用するかをピクセル数で指定します。ボックスに数値を入力するか、スライダーをドラッグして、半径の値を変更します。半径を大きくすると、シャープの効果がより顕著になります。

    除去

    画像に適用するシャープのアルゴリズムを設定します。「ぼかし(ガウス)」は、アンシャープマスクフィルターで使用する手法です。「ぼかし(レンズ)」は、画像のエッジとディテールを検出し、ディテールにより鮮明なシャープを適用して、シャープによるハロー効果を軽減します。「ぼかし(移動)」は、カメラや被写体の動きによるぼけを軽減します。ポップアップメニューからぼかしオプションを選択します。

    角度

    除去コントロールの「ぼかし(移動)」オプションを選択した場合の移動の方向を設定します。ボックスに数値を入力するか、角度ダイヤルをドラッグして、角度の比率を左(反時計回り)または右(時計回り)に変更します。

    精細

    ファイルの処理速度を下げて、より正確にぼかしを削除できるようにします。

アンシャープマスクフィルターの使用

アンシャープマスクフィルターを使用すると、従来の写真撮影技術で行われるのと同様に、画像の輪郭をはっきりさせることができます。撮影、スキャン、再サンプル、プリント作業によって発生するぼけを補正します。プリント用の画像やオンライン表示用の画像の補正に便利です。

アンシャープマスクは、指定したしきい値に従って周囲にあるピクセルとは異なるピクセルの場所を検索し、そのピクセルのコントラストを指定した量だけ強くします。指定した半径内にある周囲のピクセルに対しては、明るいピクセルをより明るく、暗いピクセルをより暗くします。

アンシャープマスクフィルターの効果は、高解像度でプリントするよりも、画面上の方が強く表れます。プリントを目的とする場合は、いろいろ試行して、自分の画像に最適な設定を探してください。

cr_UnsharpMask
アンシャープマスクフィルターは、コントラストを強くして画像のあいまいさを軽減します。

  1. 編集ワークスペースで、画像、レイヤーまたは領域を選択します。
  2. 画質調整/アンシャープマスクを選択します。
  3. 「プレビュー」オプションを選択します。
  4. いずれかのオプションを設定し、「OK」をクリックします。

    ピクセルのコントラストを強くする割合を指定します。通常、高解像度プリント画像の場合は、150 % ~ 200 %が最適です。

    半径

    シャープを適用する範囲を、輪郭の周囲のピクセル数で指定します。通常、高解像度プリント画像の場合、半径は 1 ~ 2 に設定することをお勧めします。値を低くすると輪郭のピクセルのみにシャープが適用され、値を高くすると輪郭の幅を広げてシャープが適用されます。ピクセル半径に 2 を指定しても、高解像度プリントでは極めて小さい範囲になるため、シャープの効果は画面で表示されるよりも弱くなります。

    しきい値

    周囲との差がどの程度あれば、輪郭ピクセルと見なし、シャープを適用するかを指定します。ノイズの発生を避けるには(肌色が含まれる画像の場合など)、しきい値を 2 ~ 20 で試してください。初期設定のしきい値(0)では、画像のすべてのピクセルにシャープを適用します。

ぶれの軽減

Photoshop Elements 14 の新機能

写真撮影時にカメラや写真撮影者に振動があると、カメラのぶれで写真がぼけます。カメラのぶれを避けるために速いシャッタースピードを維持することが常に可能とは限りません。光が弱い状態で写真を撮るためにシャッターを長時間開かなければならない場合があり、これによりカメラの振動によるぼけが発生します。また、走行する車から写真を撮ると、起伏の激しい道でぶれにより画像がぼける場合があります。

カメラのぶれによる写真のぼけを軽減するには、自動と手動の 2 つの方法があります。

自動ぶれ軽減

  1. フォトエリアから写真を開きます。

  2. 画質調整/ぶれの自動軽減を選択します。

  3. (オプション)結果に満足がいかない場合は、画質調整/自動ぶれ軽減をクリックしてこのプロセスを再度実行します。

  4. 自動モードでぶれが軽減されない場合は、手動オプションでぶれを軽減します。

手動ぶれ軽減

  1. フォトエリアから写真を開きます。

  2. 画質調整/ぶれの軽減の順にクリックします。

  3. ぶれの軽減ダイアログが起動したら、Photoshop Elements により画像上にぶれの軽減領域が特定され、画像のぶれが発生している部分が解析されます。解析が完了すると、ぶれ補正が写真全体に適用されます。

    ぶれの軽減ダイアログ
    ぶれの軽減ダイアログ

  4. 感度スライダーを使用して、ぶれのしきい値を変更します。感度を上げると画像の仕上がりが改善される場合があります。

  5. ぶれの軽減領域の中央でピン()を使用して領域を動かします。ぶれの軽減領域を動かすと、領域のエリアのぶれ補正のため再解析され、画像が再度最適化されます。

  6. 写真をさらに解析し、ぼけを解消するには、ぶれの軽減領域をさらに追加します。

    1. 次のいずれかの操作を行います。
      • マウスを使用して、写真の任意の部分に長方形のシェイプを描画します。
      • ぶれの軽減ダイアログでぶれの軽減領域アイコン()をクリックします。
    2. 感度スライダーを使用して、ぶれのしきい値を変更します。

    新しいぶれの軽減領域が解析され、補正が適用されます。

    注意:

    ぼけが目に見えて顕著な画像の領域にぶれの軽減領域を描画します。

    ぶれの軽減
    ぶれの軽減ダイアログ。右下隅のぶれの軽減領域の処理中で、進捗バーが表示される

    注意:

    作成したぶれの軽減領域にぶれの量をサンプリングするための十分な領域または情報がない場合は、警告 ()がぶれの軽減領域に表示されます。ぶれの軽減領域のハンドルを使って、ぶれの軽減領域のサイズを拡大します。

  7. (オプション)ぶれの軽減領域を使用したくない場合:

    • 一時的に写真の解析にぶれの軽減領域を使用しないようにするには、ピンをクリックして領域が除外されていることを示します()。
    • ぶれの軽減領域を削除するには、領域のピンを選択して、ぶれの軽減領域の右上隅の削除アイコン()をクリックします。
  8. 前 / 後を切り替えるボタンを使うと、元の画像や補正後の現在の画像を素早く表示できます。

  9. 続行するには、「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー