Adobe Creative Cloud メディアアプリケーションが Mac OS でクラッシュする

  • Adobe Media Encoder が起動時にクラッシュする。
  • 「ファイル/書き出し/メディア」を使用して Adobe Premiere Pro から書き出すと、クラッシュします。
  • 「取り込み」ボタンを押すか、「ファイル/Adobe Prelude に取り込む」を選択してメディアを取り込むと、クラッシュします。

この問題は Mac OS X でのみ発生します。

最新のアップデートの Creative Cloud アプリケーションをインストールする

ほとんどのユーザーがこの問題を解決できる Creative Cloud のアップデートがリリースされています。一般に、Creative Cloud はログイン時に自動的にアップデートをダウンロードしてインストールします。一部、Creative Cloud デスクトップアプリケーションでログアウトしてログインする必要がある場合があります。

別の解決策

ユーザーアカウントに Adobe Preferences フォルダーへの読み取り/書き込みアクセス許可を与えます。

注: Creative Cloud デスクトップアプリケーションの最新バージョンにアップデートすることをお勧めします。以下の情報は古いため、参照用として提供します。

次の操作を実行します。

  1. 新しい Finder ウィンドウを開きます。
  2. option キーを押したまま、移動メニューをクリックしてから、「ライブラリ」を選択します。(option キーを押したままにしないと、ライブラリは表示されません。)
  3. Preferences フォルダーの場所を確認して開きます。
  4. Preferences フォルダー内の Adobe フォルダーの場所を確認します。
  5. Adobe フォルダーをクリックし、Command + I キーを押して「Adobe の情報」を表示します。
  6. Adobe の情報ウィンドウの下部にある「共有とアクセス権」セクションにユーザーアカウントがリストされていることを確認します。また、その権限が「読み/書き」に設定されていることを確認します。
  7. ユーザーアカウントがリストされていない場合は、次の別の手順に従います。
    1. ウィンドウの下部にある南京錠アイコンをクリックします。 
    2. 画面の指示に従い、ユーザー認証情報を入力します。
    3. + ボタンをクリックして、ご使用のユーザーアカウントを追加します。
    4. ご使用のユーザーアカウントをクリックし、「選択」を選択します。
    5. 「読み取り専用」をクリックし、「読み取りと書き込み」に変更して、ご使用のユーザーアカウントの権限を「読み取りと書き込み」に変更します。
    6. アクセス許可の変更を終了したら、もう一度ロックをクリックしてください。 
  8. ご使用のユーザーアカウントが既にリストされていても、「読み取り専用」に設定されている場合は、上記と同じ手順(手順 c および d を除く)を実行します。 

追加情報

Creative Cloud デスクトップアプリケーションの最近のアップデートにより、Preferences フォルダー内の Adobe フォルダーに適切なユーザーアクセス許可が与えられないという不具合が発生しました。Creative Cloud アプリケーションがこのフォルダーにアクセスしようとすると、書き込みができず、クラッシュします。エンジニアリングチームはこの問題を認識しており、その対処に取り組んでいます。その間、手動で Adobe フォルダーのアクセス許可を修正することで、アプリケーションを正しく起動できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー