問題点: タイムラインにクリップをドラッグすると Premiere Pro CC 2015 がフリーズする

この問題の対象者は Premiere Pro CC 2015 (9.1、9.2)の Windows ユーザーです。

  1. タイムラインにクリップをドラッグすると Premiere Pro がフリーズします。 
  2. アプリケーションをもう一度操作するには強制終了が必要です。 

解決策:クリップをタイムラインにドラッグする前にインマークとアウトマークを削除する

クリップをタイムラインにドラッグする前に、インマークとアウトマークを削除することで問題を回避できます。

この問題は、Premiere Pro CC 2015 の既知の問題です。この問題は、タイムラインでインマークとアウトマークよりも、ソースクリップに時間が長くかかるときに発生します。

Premiere Pro の次期バージョンを対象にバグフィックスを開発中です。この問題が発生している場合は、バグをファイルしてください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー